つれづれ蕎麦 
    鐘ヶ淵 「生粉亭」
    2007年02月15日 (木) 20:16 | 編集
    人形町での用事が昼過ぎに終わり、外に出てみると風は強いけどいいお天気。 
    ちょっと、遠出でもしてみようかな、と、久しぶりに亀有の「吟八」さんに行こうかと思ったが、なんっと今日は定休日。
    だったら・・・、行ってみたいなぁと、前々から思っていたが、土地勘がなくてなかなか向かえなかったお店へ思い切って行ってみることに。

    北千住に出、東武伊勢崎線に乗り継ぎ、「鐘ヶ淵」で下車する。
    なんとものどかな商店街をくぐり、墨堤通りに出るとほどなく、大通りに面した道沿いに風情を感じる、緑の暖簾のお店に行き当たる。

    20070215200813.jpg

    鐘ヶ淵 「手打そば 生粉亭」 

    やっと・・・、来ることが。。hahha.gif

    大通りに面しているというのに、なんだかのどかな空気。これはこの辺りの町の気質なんだろうなぁ、と、下町の良さを感じさせられる。
    20070215195201.jpg
    さて・・・、入ろうと入り口の階段に向かうと、ホワイトボードに手書きで書かれたランチのメニュー。
      
    なんでも、拘りのあるお蕎麦屋さんだと思っていたけど、親しみやすさを感じてきちゃうなぁ。
    このランチメニューすごく魅力的♪   


    すでに、2時を回ろうか・・という時分。階段を上って開いた扉の中は、とってもあったか~な空気いっぱいの家庭的なお店。
    奥の4人がけのテーブルでは、すでに楽しげに杯を重ねたのだろう近所の方々が楽しげに憩ってる。
    4席ほどのカウンターに、入り口横に2人がけのテーブルが2つ並ぶが、もうひとつある4人がけのテーブルをどうぞ、と通され贅沢に一人で座らせて頂く。

    座るとすぐに、お茶を出して下さり、置かれた品書きを広げる。
    ん?思ったよりも、ずうっとリーズナブルな数々の品書きの中、「当店おすすめ」には別の蕎麦が書かれてる。
    「これは・・・どう違うんですか?」と尋ねると、うれしくなっちゃうくらいの笑顔で、奥様がひとつひとつ説明して下さり・・・
    こちらので蕎麦は、北海道の蕎麦で打つ生粉打ちと、茨城の契約農家から仕入れた蕎麦で打つ二八の田舎、それとブレンドした蕎麦で打つ二八そばの三種類とのこと。

    でも・・・、なんだかこの暖かい空気の中、ちょっとゆっくりしたいな futt.gif と、まずは「真澄」を冷やでお願いする。
    20070215195344.jpg
    ほどなく出される「真澄」は、陶器の片口の器で。
    「よかったらどうぞ・・・niko.gif
    と出された蕎麦味噌が、とっても美味しい♪

    ふわっとした甘みがあり、お聞きすると蕗味噌を混ぜているとのこと。カリカリとした蕎麦の実の歯ごたえもよく、一味をも混ぜたそうで後にぴりりっとくる辛味が程よいアクセント。


    それと、ホワイトボードに書かれたお料理の「薩摩揚げ(イカ・エビ)」もお願いする。
    軽やかに揚げる音の後ろでは、静かにピアノ曲のBGM。家庭的でのどかな雰囲気の、ほっとする空気がゆったりと広がっているよう。

    しばしして、目の前に海老でお願いした、「薩摩揚げ」。

    20070215200110.jpg
     
    揚げたての熱々の薩摩揚げは、まるで「海老真丈」かのようなふわりとしたもの。すり身の甘さがほんわりとして、すこぶる美味しいっ 練り物好きとしてはたまらない一品。
    この絶品薩摩揚げに、お酒がまたとてもよくって、もういっぱい頂きたくなってしまいそうな程♪
    ・・・いやいや、と切り上げ、三種類頂ける「三色蕎麦」をお願いする。

    20070215200133.jpg

    程なくして出された「三色蕎麦」は、均等にたっぷりの3つの山に盛られて出される。

    なま

    まずは、北海道の蕎麦で打たれた十割、「生粉打蕎麦」から。
    かなり細切りのそれを手繰り寄せると、清々しさのある大地の香り。箸先にも分かる、ピンとした勢いのある蕎麦は、口に含むとぎゅっと詰まったような穀物感がすごい。
    蕎麦という穀物の素朴感が、ありのまま打たれたかのような印象をしみじみと感じさせてくれる蕎麦。ここまで細いのに、こんなに野趣さにあふれているのがすごい。
    かみ締めると、濃厚な甘みを感じ、すっかり満足~ love.gif

    続いて、茨城の契約農家から仕入れた蕎麦で打った、挽きぐるみの「田舎そば」。

    20070215200359.jpg

    濃い目のグレーの蕎麦はやや太めに切られている。「おまけを付けましたよ futt.gif 」と、平打ちの太いものが一本脇に添えられて。
    手繰り寄せると、こちらは茨城の蕎麦らしい滋味な香ばしい深い蕎麦の香り。しっかりとした腰の蕎麦で、もちもち感がすごい。かみ締めるとこれも濃厚な蕎麦の風味がいっぱいに広がる。
    添えられた塩で頂くとさらに甘みをも感じられ、これで飲んでみたくなってしまう。特におまけの一本の太打ちの蕎麦なんて、蕎麦の刺身のようでこれはいいなぁ~。

    最後に、いわゆる「せいろそば」として出している二八の蕎麦。

    20070215200709.jpg

    香りはこちらも豊か。口に含むと滑らかな感じで、こちらはやや優しい腰加減。風味も十分感じられるし、これだけだったら、これで満足できるもの。ただ、先の二枚があんまり美味しかったから、ちょっとこれは印象が薄くなってしまう。
    20070215195408.jpg
    ・・・とonpu.gif ここで、生粉や田舎では惜しくて使わなかった薬味の鶉の卵を汁に落として・・・。
    んんん~♪、
    これはやっぱり大好き。
    薬味に鶉がつくだけで、本当~にうれしくなっちゃう。
    さらに大根おろしを加えて、味の変化を楽しむ。


    頃合を見て出された蕎麦湯は、ナチュラルで熱々のもの。汁に注ぎ、鶉の散った蕎麦湯を頂くと非常に満足。盛りもしっかりとしてるので、満足な上に、お腹もいっぱ~い。

    すっかり満喫し、ほのぼのとした一時に。帰りがけにちょっとお話しした、奥様とご主人がうれしくなってしまうくらい人柄のいい、本当に笑顔が素敵な方。家庭的にもてなしてくれるのが、とてもうれしくて、心からこういうお店が近くにあったら・・・と思われる。
    いやぁ、いいお店だ・・。
    遠いけど、また是非訪れてみたいと心から思う。

    今日はご馳走さまでした~hahha.gif 。

    思い切って来てみて、よかったなぁ。・・・それにしても、風がつよーいっっ。


    *お品書き
    三色せいろ 1,365円、生粉打ち 840円、生粉打ち半 470円、田舎 735円、
    田舎半 420円、生粉打半 470円、せいろ 525円、鴨せいろ 1,050円、天せいろ 1,365円、種物も各種あり

    さつま揚げ 380円、牡蠣天 525円、白もつ、蛍烏賊、豆腐よう 630円、鴨刺し 970円、鴨焼き 840円、おしんこ 400円、そばがき 840円など
    真澄、一の蔵、八海山、無濾過純米大吟醸、かんなびの花など 630円~


    20070215195316.jpg
    「手打そば 生粉亭」

    墨田区墨田5-5-3
    03-3610-1935
    11:30~15:00 / 17:00~20:00
    水曜、第3火曜定休
    (第4土曜はそば教室のため休み)



    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    エンゲルみかか様
    常々又行きたいな~・・・
    と思っている、有力候補のお店の一つなんですよー。

    ただただ、アクセスが…(涙)
    ああ、行きたい。
    あの、蕎麦に、
    あの、薩摩揚げに、
    そして、にこにことしたご主人に、

    会いたい・・・・です。。(又涙)
    2010/02/14(日) 22:39:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    今年の蕎麦は絶品!
    すんごい甘い蕎麦になっていますよ。

    さつま揚げもオイチッ!

    ご主人の丸顔、ますますまん丸に(笑)。
    2010/02/14(日) 20:21:42 | URL | エンゲルみかか #-[編集]
    蕎麦喰い師様
    でしょでしょでしょでしょ。
    私、とっても満足に、美味しかったの。
    そして・・、
    あのご主人に、奥様の・・。
    お人柄が、とってもあったかくて、なんだかうれしくて・・。
    今すぐにも、やさしい笑顔が脳裏に浮かんできそうです


    また、行きたくなっちゃった!っ。
    2007/04/03(火) 22:50:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    日常の蕎麦屋
    たった今、生粉亭の帰りで、何故かテリトリーの飲み屋の片隅。
    今日のは良かった!甘さは足らんが、色、香り、打ち方は十二分。そして店主の人柄も。
    でもね、自家製粉出来ない事情やら、蕎麦の仕入れやら・・・笑顔で辛そうだった。
    良い蕎麦屋ですよね。
    好きなお店だと改めて思いました。
    2007/04/03(火) 22:29:23 | URL | 蕎麦喰い師 #VDz0rjeM[編集]
    蕎麦喰い師様
    おひさしぶりです(^^)
    ええ~、普通じゃないですよぉ、私はこちらの蕎麦も、とても気に入ってしまったの。

    近場のお店が、すっごく気になります。
    千住大橋のお店かしら・・。
    いずれにせよ、いつか案内してもらいたいです♪
    何をおっしゃる、喰い師様は、やっぱり、師なんですから(^^)
    2007/02/17(土) 18:43:08 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蕎麦麩羅座様
    はいっ!いいお店です。
    ご主人と奥様のお人柄は、もう、絶対又来たい!と思ってしまうほど・・。

    天ぷらもちゃーんとありましたし、是非、訪れてみて下さい。私個人的には、普通のせいろよりは、「生粉打ち」か「田舎」をやっぱり食べて頂きたいです。
    ぜひ!報告を楽しみにしてます。
    私も、今度訪れたら、ぜひ、天ぷらを食べてみようかしら・・。
    でも、薩摩揚げ、絶品でしたよ♪
    2007/02/17(土) 18:39:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    下町っ子
    たまには顔を出さないと、忘却の彼方に置いてかれそうだから、っね。
    生粉亭は味は普通だけど、何とも居心地の良いお店ですよね。
    あのロケーションゆえ、夜なんかまさにユッタリ、マッタリ出来ます。
    店主の人柄の良さも、あのお店の大きな色であり味ですね。
    あそこの「鴨さし」は美味いですよ!
    時期々々に旬の刺身やら、ちょっと気の利いた酒のアテやらと日常の中の何の変哲もない時を過ごせます。
    変なメニューでは「白モツ」とありますが、鮮度が良いから「アノ~~ッ それ 塩炒りで 食べたい」 これ、美味いです。

    至近距離にある「菊元」は、絶対に変!!
    「変!」を味わいに、あそこの小上がりに行かれては?

    もう一軒、近いところに何の変哲もない、でも私が好きなお蕎麦屋さんがあります。良い店主ですよ、のんびり飲むには良い店です。ついでに私の大好きな居酒屋さんもあります・・
    いつこご一緒出来たら楽しいかも知れませんね。
    私はここのところyukaさんの追っかけじゃないが「黒森」「中清」・・・
    お師匠、次は私どこへ行ったらよろしいでしょうか? よろしく伝授してください。
    2007/02/17(土) 15:34:57 | URL | 蕎麦喰い師 #ZEqp4aRo[編集]
    悩む・・・どこ行こう・・・
    yukaさん、こんにちは。
    へぇ~、こーゆーお店だったんですかぁ~、いいですねぇ~!
    わたしもここはいつか訪れる予定なのですが、
    実は墨田・向島方面にはこちらの他に、蕎麦屋が1件と
    天麩羅屋が1件、気になっており、どこから探訪するか
    迷っております・・・。
    (かなりマニアック?な店なのですが・・・)

    こちら生粉亭さんの・・・
    >奥様とご主人がうれしくなってしまうくらい人柄のいい・・・
    と、この“人柄のいい・・”にも引かれるなぁ~。天麩羅もあるようだし・・・
    わたしも訪れたら“天せいろ”のご報告申し上げます。

    yukaさん鼻の調子はどうですか?
    それではまた・・・。
    2007/02/17(土) 01:53:49 | URL | 蕎麦麩羅座 #Em2V9n2M[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >