FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    埼玉県小川町 「あんどう」
    2007年02月20日 (火) 18:23 | 編集
    骨折後の抜梯手術からほぼ一ヶ月。
    術後検診に・・・、今日は埼玉は小川町の病院までちょっとした旅行。。

    主治医の病院移転で、引継ぎでもよかったのだが、「あの」突然の骨折で駆け込んだ時から見てくれた先生にやっぱりずっと診てもらいたくって、引継ぎではなく患者としても移転を決めて・・。
    私よりもぜんぜん若いドクターだけど、渡辺徹にちょっと似た貫禄たっぷりのドクターで、気軽になんでも話せるのが何よりもうれしい。

    「小川町」と聞いて、当時はぱっとしなかったが、いやはや遠い~ase2.gif
    電車を乗り継ぎ、朝早くからの遠征。 
    それでも、懐かしい先生の声を聴け、レントゲンの結果では抜いたボルトの穴もほぼふさがっているとのこと。
    よかった・・・naki.gif

    会計を済ませ、ほっとすると、途端にど~んとお腹がすいたっっ。
    朝早かったし・・・m002.gifgif

    又しても、駅までがんばって歩き・・・、昨夜、調べておいた駅近くのお店へと、もう、一目散で向かう。

    20070220192635.jpg

    駅すぐ近く、素朴な佇まい。
      「手打ちそば あんどう」。

    よかった・・・。やってる♪
    なんでも、「こいけ」さんで修行なさったというお店とのことで、期待も十分。

    病院近くでお蕎麦屋さんがあったのが、あまりにうれしくて、もう、何の躊躇もなく扉を開ける。

    ほぉ~・・・hahha.gif いい感じ。
    外見の、素朴な田舎風な印象とはちょっと違う、のびのびとした空間。
    高い天井はロッジをも思わさせるような、とてもゆったりとした開放感。
     
    一枚板で作られた12人くらいは座れるだろうか・・・、どっしりとした大テーブルが真ん中にどんっと鎮座し、奥に小上がりが2卓。
    テーブルの真ん中あたりには、和紙で作られた背の高い灯篭が置かれているので、向かい側同士でも気にならない作り。 
    壁や高~い天井などに、さりげなく飾られた和風のかわいらしい飾りつけもよく、何より、ほんのり差し込んでくる柔らかな外の日差しがいい味わい♪。

    お昼ちょっと前だったので、なんっと!私が今日の皮切りらしい。

    贅沢にも、この大テーブルの真ん中に腰を落ち着ける。
    んんん~、ほっとするんなぁ・・・futt.gif   
    20070220191703.jpg
    落ち着いて、品書きを広げる。お、結構お酒も揃ってるじゃないの~と、思うと、打ち場のある部屋の下にはずらっと並んだお酒。

    お茶を出して下さったご主人に、品書きの中の「季節のお酒」や、「秩父の地酒」をお聞きすると、とって~も気さくな方で話しているのが楽しい。


    四季桜・・とも思ったが、せっかく「小川町」にいることだし、小川の地酒の「晴雲」純米吟醸をいただくことに。
    それと・・・、「天ぷら」が500円っ??の安さにうれしくなってしまって、それをお願いする。

    まずは・・、お酒が片口の器で出される。
    20070220191926.jpg20070220191841.jpg

    きりりっとした辛口というよりは、やや甘めの柔らかな口当たり。
    それでいて上品さのあるお酒で、なかなかいいじゃないの♪
    アテには、ちょっと珍しい?お味噌・・の手前のような、甘めの麹みそ。
    こってりとしたもので、これ、お酒にもご飯にもとってもよさそう~。

    そして、あまり待たずにして目の前に「天ぷら」も置かれる。

    20070220192519.jpg

    すごいっっ 盛りだくさん。
    ふきのとうに、しめじ、いんげんに、珍しくじゃがいも。そして、シシトウ、身のしっかりしたピーマンに、ナスに海老。

    ふきのとうのほんのり苦味が春を思わせ、しめじはとても味が濃い。そして何よりも海老が甘い!こんなに美味しい海老の天ぷらは久しぶりかも・・・。
    どれもが、上品にカラッと揚げられたもので、この天ぷらはかなり旨い♪
    添えられた天つゆも、出汁のしっかりとしたとてもいい具合。天ぷらにとてもよかったけど、塩でも頂いてみたいくらいの天ぷら。

    美味しい天ぷらで、くいくいっとやっていると、程なくしてお昼時・・。
    次々とお客さんが、入ってきていい感じの賑わいを見せる。見ていると、大抵のお客さんが冷たい蕎麦を頼んでいるようで、こちらの蕎麦の人気が伺えるよう・・・。

    じゃあ、私もお蕎麦を♪と、後から出向いてきたきれいな奥様に「せいろそば」をお願いする。

    と、程なく・・、目の前にたっぷりの「せいろそば」。

    20070220193049.jpg

    ぴんっとした細切りの蕎麦は、切り幅にムラのない丹精なもの。
    切り口の鮮やかさも潔く立ったもので、見るからに美味しそう。しかも・・、量もたっぷり。
    20070220192726.jpg

    たぐりよせると、ふわりと漂う蕎麦の風味がいい。そのまま口に運ぶと、ぎゅっと締まったような腰。それでいて、たおやかさもあって、のど越しも爽やか。う~ん、これはいいなぁ・・と、かみ締めると、じわじわと蕎麦の味わいが広がる。そのままでも食べてしまえそうな・・・futt.gif   
    汁は、鰹・・・だろうか、とても深い味の出汁の風味のある、辛口でしっかりとした汁。どっぷり・・というよりは、ちょいっと漬けて食べると旨い、江戸前風。共に蕎麦の風味をさらによく感じさせてくれるもので、この汁も美味しい♪

    薬味の、ネギ、山葵も丁寧だし、大根絞られたもの。
    これは・・♪、期待以上の蕎麦に、すっかり大満足

    20070220193109.jpg

    たっぷりのお蕎麦に、それだけで大満足だったのだが・・・、ランチタイムにはかやくご飯がサービスで付いてくるよう。お腹いっぱいだなぁ、と思いながらも、一掬い口に運んでみたこのご飯が又♪美味しい。
    日替わり・・?か、今日のかやくご飯は、浅利の炊き込みご飯で、私好みのやや固めのご飯に、上品な味付け。結局、完食しちゃった niko.gif

    蕎麦湯は、ナチュラルなほんのり白濁した熱々で、注いで頂くと、さらにこの汁の美味しさが実感~。
    いやぁ、すっかり満喫♪

    帰り際に、又ちょっとお話させて頂くと、今のお蕎麦は福井と北海道の蕎麦を石臼で挽き、ブレンドしているとのこと。「こいけ」さんで修行なさってから始められて、もう6年になるという。
    ほんと~に話しているのが楽しい、ちょいっとやんちゃな少年がそのまま大人になったような、まだ若いご主人。
    これから、ますます期待の持てそうなお店。。。

    いやぁ、よかった・・・。
    又、ちょっと間は置くけど、次の診察の時にもぜひぜひ訪れたい。
    今日は、ご馳走さまでした~hahha.gif 

    いいお店だなぁ、ここにあるのがもったいないくらい、などと思いつつ・・・。
    帰りの電車は、心地よい夢心地。。。


    *お品書き
    せいろ 700円、天せいろ 1,000円、もりうどん 600円、天もりうどん、かけ 700円、
    天ぷらそば 1,100円、とろみうどん 700円、ネキ南 850円、鴨せいろ 1,100円
    焼き味噌 400円、鴨たたき、天ぷら 500円、そばチーノ 430円
    四季桜、酒一筋、天狗舞、神亀 各1合 600円、小川の地酒(晴雲)500円


    20070220191537.jpg
    「手打ちそば処 あんどう」

    埼玉県比企郡小川町大塚1184
    0493-72-0229
    11:30~14:00 / 19:30~19:30
    月曜、第4火曜定休
    Pあり






    駅前にあった、足湯もできる情報館にて。
    20070220192000.jpg20070220192048.jpg

    大好きな「甘酒」の文字に惹かれて入って頂いた、「帝松」大吟醸で作られた甘酒(200円)。
    これが、ま~た、すうっごく美味しかった♪

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009/07/08(水) 08:01:48 | | #[編集]
    あ、あんどう様~~
    あれから、通院があり伺おうとしたら、お店を閉められいて…
    とてもとてもとても、残念に思っていたんです。
    (今は、先生、又地元に戻ってきてしまったのですが)

    そうですか…、今は寄居で。
    ぜひ!おとずれます。
    ご主人も打たれているんですか?

    連絡、とてもうれしいです。
    本当に・・・・、ありがとうございました。
    2009/06/29(月) 21:51:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    じつわ~
    2年前に腰の不調により閉店しました・・・
    今は寄居町波久礼にある、金太郎という蕎麦屋で、指導&責任者という形でお世話になっています。近くにお越しの際はお立ち寄りくださいね!
    2009/06/29(月) 21:40:06 | URL | あんどう #-[編集]
    sobasuki 様
    コメント、ありがとうございます♪
    まあっ、地元の方から・・、と、とってもうれしく思っています。
    「あんどう」さんは、偶然と言えば、偶然の出会いだったのですが、とても満足してしまいました。
    ご主人、ほんっといいですよね(^^)

    「こいけ」さんには、まだ行っていなく・・、いずれ是非!にでも、伺ってみたいお店のひとつ。
    とっても楽しみです。
    2007/03/09(金) 22:55:16 | URL | yuka #K2UxwkzQ[編集]
    お気に入りの店の一つです。
    最近、こちらのブログを知りまして…。
    自分は埼玉県民ですので、小川の「あんどう」が載っている!と勢いで初コメントです。

    僕は『こいけ』ファンでして、お弟子さんの店は気に入っていますね~。
    「あんどう」はとにかく美味くて安い!ご主人も気さくな方で。(そこも魅力)
    熊谷の「藍」、石神井の「菊谷」もそれぞれいい!

    ですが、やはり『こいけ』が原点でしょうか。僕の蕎麦好き人生は(笑)

    都内にも時々出向くので、蕎麦屋めぐりの参考にさせてもらいます!
    2007/03/09(金) 11:31:31 | URL | sobasuki #-[編集]
    Mitsugu様
    あまり町のことは詳しくないのですが・・・(初めて伺ったので^^;;;)
    市民会館の前くらいです。
    駅から「いなげや」さんに向かう途中の、左側。
    行ってみてください。
    神亀もありましたよ。(ご主人もお勧めしてくれました)。季節のお酒や、地元のお酒は時期によって変わるらしいので、それも楽しめると思います。お蕎麦はもちろん、てんぷらもとても美味しかったです。
    ぜひ(^^)
    2007/02/22(木) 18:52:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はじめまして。
    小川町…現在すんでます。この蕎麦や知りませんでした。場所は役場のほうでしょうか?
    神亀も飲めるのですね。これは行かなければ。
    「花和楽の湯」から近い先生ってことは日赤のことかな。


    2007/02/22(木) 17:31:51 | URL | Mitsugu #A7QhUyfk[編集]
    BOND28号様
    いろいろなこと・・、ありがとうございます。
    ただただ、通院のために伺った町だったのですが、こうして教えて頂くと、又感慨深いです。
    今度行くときには、もっと深い目で町を歩けそうです。

    しかも、あの、「シマムラ」さんや、「ヤオコー」さんの前進を知って
    、びっくりしちゃいました。(10へーくらい♪)。今は各所で見られるマツモトキヨシも、元は(確か)柏駅前のお店だったはず・・。
    考えると興味深いです。

    こちらのお店は、市民会館のすぐ前です。
    ぜひ、訪れてみてください。おすすめです!
    2007/02/22(木) 11:58:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よしのふぁん様
    し、しんぴんって、新馬のことですか?
    あ、あんなところまで走らせてたなんてっっ。。
    恐れ入りました・・・(__)
    2)は楽しめますね~、この辺りも♪
    私も持ち帰りたかったけど、又、帰りの道中歩かなくちゃならなかったので、断念しました。。

    越生のお店、私も行きたいんです。
    金曜~日曜しか営業していないそうで。。
    そのうち・・と思ってます。今回は東武電車だったし。。
    よしのふぁんさま、行かれたら教えてくださいねー(^^)
    2007/02/22(木) 11:49:50 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    takahiro様
    そう、とても天井が高くて、ほっとできる空間ですよね。
    なるほど・・、和紙の町だからこその、あの和紙で作られた大きな照明があったんだ・・、と今ごろ気づきました。

    ところで、プランター前の看板というと、地面に置いてあった、横長のものですか?
    うふふっ(^^)。
    私、ちゃんと読んできましたよ~♪お教えしてもいいのですが、伺う楽しみがなくなっちゃうかしら。
    2007/02/22(木) 11:36:14 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    生まれ育った
     初めて書き込みいたします。いつも拝読させていただいておりました。「小川町」とあるので、どうしても書き込みしたくなりました。この街は私が小学校低学年まで育った町なものですから。。。。。
     この小さな町に造り酒屋が3軒あります。それは、この町が昔は商人の町として栄えた町だったので、その需要があったのと、秩父山系の水がいいためです。
     与謝野鉄幹が名づけたという「忠七めし」は割烹旅館「二葉(ふたば」です。もう一軒「女郎うなぎ」の「福助」もあります。私が幼少のころは、芸者衆も50人くらいいたようです。
     今でもその気質は残っているようで、「ファッションセンターシマムラ」は、その二葉前にあった小さな洋品店から出発しています。今はその場所は銀行になっているようですが、街路灯の看板がまだ「シマムラ」になっていました。
     また、埼玉の中堅スーパーの「ヤオコー」も、この町の槻川にかかる「馬橋」の袂にあった小さなスーパーが発祥です。

     2ヶ月くらい前、仕事で数十年ぶりにたずね、町の中をぐるっとまわったのですが、この蕎麦屋さんは気づきませんでした。次回たずねたときは、行ってみます。
    2007/02/22(木) 08:22:33 | URL | BOND28号 #-[編集]
    お~、小川町!!
    拙がまだ若かりし頃、しんぴんと伺った
    所だ・・・ゾイ!!

    魅力は大きく三つ!!
    1)わし
    2)さけ
    3)うなぎと与謝野鉄幹由来の宿?お食事
    所?

    だった。
    1)、2)(晴、鶴、帝)は著名。3)もなんか
    人ごみが多くて、最近行かない。

    前は自宅から自転車で往復してたんですヨ~
    (奥武蔵Gラインで150キロほど所要)
    勿論お酒を背負って(1~2本)♪

    そんなところに今度は・・・。
    そう言えば(総入歯・・・これ、これ;;)
    八高線の何処かの駅で(越生とかなんとか
    マイナーな駅の近くで)結構流行のお店も
    あるようにはうかがいます。

    う~ん、自転走(じてそう)でいけそうかどうか??

    20年前を思い出して、DUKUだすか?な?
    2007/02/21(水) 23:25:01 | URL | よしのふぁん #-[編集]
    こんばんは。
    「あんどう」さん、とても良いお店ですね。
    1年前に伺ったのですが、とても天井が高くて、気持ち良い空間だったのを思い出しました。
    小川町らしく、和紙で装飾した店内はなかなか工夫されていて、お蕎麦も美味しかったです。
    ところで、気が付かれたかどうか、お店の前のプランターのところに置いてある木にはなんて書いてあるのでしょう。
    私も後で写真を見て気づいたのですが、うまく文字を読み取れません。どうも、気になります。これは、もう一度言ってみて来いということでしょうかね。
    2007/02/21(水) 21:28:53 | URL | takahiro #-[編集]
    chinen様
    そうだったんですか・・・。
    その「花和楽の湯」、先生に、(駅から歩いてきたと言ったら)、今度は車できて、そこに寄るのもいいよと、薦められたところです♪
    ぜひぜひ、次回は、そうしようかな、と。

    お店もよかったです。
    ほのぼのとした雰囲気がゆったりとできるし、お蕎麦もご主人もとてもよくて・・。
    私も次回の診察のおりには、又寄りたいと思っているところです。

    ところで・・、
    温泉から駅に向かう途中、ampmのある角を左にまがってすぐにあるパン屋さんのクロワッサンも、絶品!(今朝食べました♪)
    ついでに。。ぜひ、オススメです。
    2007/02/21(水) 11:28:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    真秀様
    そう、ここのちょっとした辺りみたいです。
    こちらで、お酒も売ってました~。

    いやぁ、それにしても、ほんとに美味しい甘酒だったんですよー。
    麹とはまた違うのですが、濃厚でしっかりとした甘酒でした♪
    2007/02/21(水) 11:24:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    良い店ですよね・・・。
    小川町は、学生時代の友人がいて、今でもたまに行きます。酒蔵や和紙の街として有名(?)ですよね。近くには数年前に出来た「花和楽の湯」という日帰り温泉施設もあって、僕にとって(温泉+そば至福ツアー)の定番コースとなっています。最近行ってないので、また行きたくなりました。
    2007/02/21(水) 06:41:42 | URL | chinen #-[編集]
    おお、
    そうか、「帝松」は、こちらの方面の銘柄でしたか。
    教えていただいた野方「かわむら」さんでいただいて以来、
    なかなか、気に入った銘柄です。

    ....って、おまけのほうに反応してしまいました。
    脱線、ご容赦。m(_ _)m
    2007/02/20(火) 23:59:58 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >