FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    亀有 「吟八亭やざ和」 ★
    2005年02月01日 (火) 18:32 | 編集
    昨日からとにかくへこんでしまって、もうどうしようもない・・
    やりきれなくて、とにかくこれはもう、とびきりおいしい蕎麦を食べないとやってられない。
    って、花活けの仕事終わらすと、もう一目散で亀有に向かう。

    吟八亭やざ和。ここは、とにかく、ずっとずっと行ってみたくて仕方のなかったところ。「竹やぶ」の本を読んでからはなおさら・・・。しかも、まだ行ったことがないなんて、恥ずかしくて言えないくらい、今じゃ有名。。

    なんとなく、記憶してた道をずんずん歩く。合ってる??ってふと思って交差点で立ち止まると、なんと、目の前にお店が!
    20050201183043.jpg
    前に雑誌で見た感じとずいぶん変わってる。改装したのか、とてもいい感じのお店。

    ここをくぐると20050201183053.jpg
    こんな階段が。ここもちょっとした空間になってて、どこまでもいい感じだ・・

    階段を上りきったところに 20050201183057.jpg



    どんっと、存在感の大きなドアが。これを引いて入ると、ちょっとのほほんとした、雰囲気も携えた、とっても和む空間が広がる。

    蕎麦は、石臼挽きの「せいろ」と、限定20食の手挽きの「田舎」の二つ。
    奥さんが、なんとなく田舎を薦めてくれたので、そっちを頂くことに。

    20050201183103.jpg


    すごく、きれい!ところどころ☆の入った、ちょっと黒っぽい蕎麦だが、なんとも瑞々しく光ってる。
    器も、とても品のある陶器でそろえらている。

    待ちきれないけど、ちょっと一息いれて、まずはつゆをつけずに口に運ぶと、
    「!」
    何これ?蕎麦ってこんなにもフレッシュな香りだったの?って感じで、すがすがしい蕎麦の、なんていうか香り、風味が口から鼻にかけて広がっていく感じ。
    すこぶる美味しい
    コシも、喉越しも、風味も、蕎麦そのものの味も、すべて欠けるところのない、なんて蕎麦なんだろう!つゆとのバランスも、これがもう、バッチリ。
    わさびはなく、薬味はネギと辛味大根おろし。
    この大根おろしが、これまたすごく蕎麦を引き立てて、さらにさらに奥深くなってる。

    食べ終わってしまったのが悲しくなっちゃったところで、蕎麦湯を注ぐと・・・
    これまた、わたしの愛するポタージュの蕎麦湯。
    とろとろで、これが、又やんなっちゃうくらいおいしい!
    もう少しで全部(一人でっ!)飲みきってしまいそうになっちゃうとこ。。

    はー、これで心の黒点が消えたわけではないけど、すこし慰められた。
    本当に、美味しい蕎麦。亀有まで行くのなんて、全然苦にならないなぁ。
    次回は、石臼挽きの「せいろ」も試してみようか。。
    とにかく、又、是非ともお邪魔したい店に、出会えてよかった・・・

    吟八亭 やざ和
    葛飾区亀有1-27-8  03-3690-8228 木曜、第3水、休

    全体★ 味5 つゆ5 居心地度5 応対5 蕎麦湯 ポタージュでおいしいっ。
    田舎そば ¥1,000

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >