FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    市ヶ谷 「大川や」 
    2007年03月09日 (金) 20:37 | 編集
    新富町から池袋へ移動・・、
    なので久しぶりに市ヶ谷の「大川や」さんでお昼を食べよう~、と途中下車。
    ここは、初めて入った時、衝撃を受けたくらいのお気に入りのお店。
    考えてみたら、ずいぶんご無沙汰だったような・・。 

    20070309203923.jpg

    市ヶ谷から軽い坂を上って向かった先のお店は、相変わらずささやかな間口の、さり気なく風情のある店構え。

    自家挽き手打ちそば 「大川や」  
     

    20070309204320.jpg
    入り口すぐのところには、立て看板に
    「本日の日替わりご膳」が書かれてる。  

    ほー、たまには「日替わり」食べてみてもいいかな♪、などと思いつつのれんをくぐって扉を開ける。


    ・・・とっ bikkuri.gif、もう2時になろうとする時分だというのに、店内はほぼ満席・・。
    いやはや、こんなに人気になっていたとは~。
    何とか、入れ違いに空いた席があって待たずに席に着くことが ase2.gif  よかった・・・。

    ここで出されるのは、蕎麦茶ではなく緑茶。
    出されながら、「日替わり膳」を・・・と、頼もうとしたら、な、なんとっっ、既に終わってしまったとのこと。いやはや・・。
    だったら・・・、以前からずっと常々食べてみたいと思っていた、「活〆穴子の天ぷらせいろ」を、粗挽きのお蕎麦でお願いすることに。
    幸いにも、限定20食の粗挽きが残っていたのが、何よりもうれしいっっ

    出されたお茶を飲みつつ待つ間にも、次々と入れ替わりにお客さんが。
    この辺りは、2時を回っても入れ替わりがすごいんだなぁ・・・。
    などと思っていると、程なくして目の前に「穴子天せいろ」が置かれる。

    20070309204129.jpg

    んんん~ 久々の、「大川や」さんの粗挽き蕎麦。
    やや濃い目のグレーの細切りの蕎麦は、色は濃いながらもどこか透明感がある。
    そして、何よりこの贅沢に散った蕎麦の粒
    記憶の中より、やや細切りになったようにも思うが、見た目だけでうれしくなってしまう、盛り付けられた蕎麦の姿。

    20070309204045.jpg

    まずは・・・と、顔を寄せる・・・とっbikkuri.gif
    こ、濃いっっ。
    むせかえるほどの、蕎麦の香り。まるで珈琲を焙煎したかのような、深く濃いもの。
    これだけで、すでに猫にマタタビのようにうっとりしてしまいそう~m001.gifgif

    20070309203945.jpg

    香りだけでも満足しちゃいそうな蕎麦を手繰り、口に含む。
    この微かにざらりと掠めていく粗挽きの感触がたまらない。
    うれしくなりながら、かみ締めると、これが又、香り以上に非常に濃い蕎麦の味わい。珈琲豆、といおうか香ばしいナッツのようと言うべきかと思うほどの、深い風味。それだけで全部食べてしまえそうな程、味が濃い。
    こういう蕎麦は、それこそ塩ででも食べてみたい、とふと思う。

    しかも噛み締め噛み締め味わう後には、これも非常に濃い甘みが残って行く。
    いやぁ~・・、美味しいっっlove.gif

    山葵の質の良さ、そして薬味のねぎの美しい程丁寧に切られた心配り、流石・・・としみじみ思わせられる。

    ただ、汁が以前に比べてやや弱いような・・。
    以前の、潔いまでの辛口の汁が、やや柔らかくなったのはいいが、ちょっとこの粗挽きには負けそう。こういうガツンとくる蕎麦には、あと少し強い汁でもいいような・・・。

    とはいえ、汁なしでも食べてしまっちゃいそうな蕎麦に、心から満足しちゃってる。

    一方、楽しみにしていた「活〆穴子の天ぷら」。

    20070309204100.jpg

    軽やかな衣でさっくりと揚げられたもので、これが又美味しい♪
    添えられたシシトウも、カラリとし、肝心の穴子の身はふわりとしたもの。バランスのいい天つゆに、ちぃっと浸して口に運ぶと、表面のさくっとした衣がさくさくと歯に心地よく、その後からほろりとこぼれるような穴子の身。
    これは、美味しい。

    白濁した蕎麦湯で、終焉を・・・。
    いやぁ、大満足 futt.gif  
    相変わらず、スタッフの男性陣はみんなイケメン揃いで、これも又、ちょいっとうれしく~heart.gif

    なんだか又、すぐにでも伺いたくなたってしまいそう。
    隣のお客さんの食べていた「小海老のかき揚げ小天丼」も、美味しそうで・・・。

    久しぶりだったけど、やっぱりここは美味しいなぁ・・。
    大満足で、ご馳走様でした hahha.gif 

    今度は、小丼も食べてみようかな。
    それとも・・・、まだ訪れたことのない夜に、しっくりもいいなぁ・・・


    *お品書き
    せいろ、粗挽き(限定20食)600円、大盛200円増し 二色そば 900円
    穴子天せいろ 1,200円、掻き揚げ天せいろ 1,400円、納豆そば 900円
    ランチ(日替わりご飯、小鉢、香の物、せいろ)1,000円、ミニ天丼 600円

    野沢菜、豆腐の味噌漬け 500円、生ゆば刺し 700円、鳥刺し 900円、活〆穴子の天ぷら 750円、小海老の掻き揚げ 900円、身かき鰊 800円、玉子焼き 1,000円、そばがき 1,000円など(夜は別にあるらしい)
    地酒メニューは夜?


    20070309204350.jpg
    「手打そば 大川や」

    東京都千代田区九段南3-4-2
    03-3234-8887
    11:00~15:00 / 17:30~22:00
    日曜、第三土曜休
    前回の訪問





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    岡崎宏一郎様
    そうなんです、そうなんです、
    この、星の散ったお蕎麦、ほんっとに美味しいですよね♪
    満喫されたご様子に、わたしもうれしく思っています。
    夜に伺ったなんて、羨ましい…。

    お酒の燗、これも、本当に奥が深く、美味しいですよ!
    今夜私も、某お蕎麦屋さんで、とても美味しい燗酒を頂いてきました(^^)。
    2009/04/10(金) 23:38:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お勧めの粗挽き、うまかったです~。
    昨夜行って参りました。
    個人的な収穫は燗酒はうまい!ということ。
    お料理も星の散りばめられた蕎麦も
    全部おいしくってですね、とても満足しました。
    お勧め、ありがとうございました。
    そうそう、「潮」は大川さんにも勧められました。
    2009/04/10(金) 11:06:03 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    岡崎宏一郎様
    こちらは、ぜひぜひ!のオススメのお店です。
    (ああ、ちょっとご無沙汰していたので、私も行きたくなっちゃいました~)。

    こちらの蕎麦は、挽きぐるみではあるのですが、「粗挽き」蕎麦なんです。
    熟成は、切った後に寝かせるみたいですよ(私も自分でやったことはないので…(^^;))

    「蕎麦の蘊蓄」、私も読みました♪
    2009/03/31(火) 22:09:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    都心の蕎麦屋といえば
    まだ神田まつやくらいしか行ったことがなくってですね、
    ご紹介のここを狙っているんですよ、大川や。
    衝撃を受けたほど、って旨そうですね~。
    今日は『蕎麦の蘊蓄』を読んでいるのですが、
    ご紹介の蕎麦も前にyukaさんに教わった挽きぐるみ
    なんでしょうか。いやぁ、蕎麦の味が濃いって
    本当に美味しそう。

    ひとつ質問です。蕎麦を熟成させるとは
    どの段階でそうするのですか?
    捏ねた塊を寝かせるのかな。
    2009/03/31(火) 16:42:44 | URL | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[編集]
    池津権太様
    コメントありがとうございます。

    こちらの穴子、さすがにいいですよね♪
    読んでいたら、又すぐにでも行きたくなってしまいました。

    この天ぷらで、一杯頂きたくなってしまいます(^^)
    2007/10/21(日) 21:06:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    穴子天が旨かった!
    昨日、穴子天せいろを食べました。穴子天がふっくらと柔らかく、絶品でした!また行きたいお店のレパートリーに加えました。
    2007/10/21(日) 19:45:07 | URL | 池津権太 #-[編集]
    ☆まがり★様
    よくあるんですよーっ、私も(泣)
    あと、臨時休業だったり、ねぇ。
    ひどくがっかりしちゃうんですよね・・。
    2007/03/13(火) 09:47:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    市谷駅近辺
    学生時代学校の最寄り駅だったので
    懐かしい感じです
    とは言っても会社からも程遠くないとも言えますが
    天麩羅の揚がり具合がすばらしい
    拙者は根津の気になってたお蕎麦屋さん目指してみたら
    支度中~
    ( ´・ω・`) ショボーン
    また言ってみますよ
    負けません
    2007/03/11(日) 20:22:30 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    よしのふぁん様
    今回は、用事が控えていたので、お酒ナシだったのですが・・(泣)
    わたしも、チェックしちゃいました。
    おお、枡酒♪
    なぁんて。

    ここでも、やりたいんですよねぇ、
    昼蕎麦屋酒。
    もうちょっと空いてると、もっとうれしいのですが、それが、人気のお店ってことなんですよね~。
    いやぁ、でも蕎麦、美味しかったです。
    2007/03/11(日) 09:49:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    大川や、といったら・・・
    やっぱり「枡酒」!!かな(笑

    そうそう、あのほっこりした穴子のてんぷら・・・
    とくれば、やっぱり「枡酒」!!(大笑

    1月末日に伺いました。神楽坂の蕎楽亭さんが
    満席だったんで(ええ、外から覗いただけなんですが)、
    1時半コロだったんですが、やおら右に向かって?
    歩き始め、大川やサンに。
    ほんとうに人気の店ですね。それでいて
    ワサワサしてるって感じさせない。流石です。

    当日は、穴子天、鳥わさ!!、せいろと粗挽きの二色。
    枡は2杯まで・・・でした。
    2007/03/11(日) 02:14:02 | URL | よしのふぁん #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2007/03/10(土) 15:27:52 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >