つれづれ蕎麦 
    両国 「玉屋」
    2007年03月11日 (日) 23:42 | 編集
    国技館で、家元のちょっとした祭典があり、久々に両国に。
    昼には入場しなくちゃならないので、あまりゆっくりとお昼を取る時間もないけど…、せっかく、両国に来たんだし、と「大正8年創業」の老舗のお蕎麦屋さんへ。

    朝から降りづづく冷たい雨の中、国技館とは反対側に出て京葉道路に出たらほどなく右手に「そば」の旗がひらめくのが見える。

    20070312104923.jpg
     
    おお、これはいいなぁ~ futt.gif
    下町風情たっぷりの民芸調の店構え。両国らしくお相撲さんの大きなのれんがかかってるのがなんとも言えなくいい感じ。

    「元禄二八そば 両国 玉屋」

    お店の前には、年季の入ったガラスケースがあり、お蕎麦のサンプルが置かれてる。
    20070312104801.jpg 
    ん?
    そのサンプルの下には、お土産のお蕎麦と一緒に、なにやら貼り紙。
    ほぉお「十割蕎麦」もあるんだ…。


    とちょっと思いながら、がらがらと扉を引いて店内へ。
    お昼にはまだ早い時間だから…と、思ったけどすでにお客さんが3組ほど入ってる。 
    外見同様に店内もどっぷりと江戸情緒あふれる、気取りのない風情。
    テーブル席がいくつか並べられ、結構人は入れそう~。
    いすもテーブルも、これもたっぷり年季が入っていて、すっかり両国気分になってくるよう。あちこちにお相撲さんのアイテムがあるのもここならでは、だろうなあ。

    さて…と、テーブルに置かれた品書き手にとると、いやぁ、多いっっ。
    その品々を読んでるだけでも楽しくなってきそうな程、定番から見たこともないような創作蕎麦がずら~と。(と、トマトそば??っ)。
    一緒に置かれている写真つきの品書きには、討入りやら北斎、義士などの聞いただけじゃわからないようば定食が並んでる。

    見てたらどれにしていいか、さんざん迷ってしまう~ u-n.gif
    (こんなに悩んじゃうなんて初めてかもっ) 
    でも、雨に降られて来てすっかり冷え込んでしまった体に、妙~に隣のおば様方の食べている暖かい蕎麦が、とっても美味しそうで、ついつい暖かい蕎麦に目がいってしまい、冬限定の「けんちん蕎麦」をお願いしちゃう。

    20070312210042.jpg
    待つ間に、ぐるりと改めて店内を見渡すと、まだまだまだまだ、品書きがいっぱいあって…、頼んでしまったのに、また迷ってしまいそう。

    と、目の前に「けんちんそば」が置かれる。
    びっくりっ。ま、まさか煮込みうどんのような鉄なべで出てくるとはっっ…。


    これはあったまりそう♪ しかも又具がたっぷり。
    山いもにニンジン、大根、さつま揚げに豚ばら肉などなどが隙間なくたっぷり盛られてる。

    20070312104949.jpg

    刻みねぎを入れて、まずはおつゆを頂くと、優しい味付けで野菜などの出汁が出ていて冷えた体に染み入るように美味しい。お肉も野菜もしっかりと煮込まれたようで味が染みて柔らか。
    うんうん、これは旨いっheart.gif

    20070312104935.jpg

    厳選した風味のある石臼引きのそば粉八割、割粉二割で打たれたという二八そば(と書かれてる)は、白っぽい細切りの蕎麦。暖かいそばにしちゃったので、蕎麦そのものの風味はちょっと分かりずらくなっちゃったけど、暖かいそばでもダレずに、喉越しよくするすると食べられる。蕎麦にも、しっかりおつゆが染まっているようにも・・・。

    結構、きちんとした量もあったけど、なんだか満足に頂いちゃったっniko.gif
    すっかりお汁まで頂いたら、さっきまでの寒さも忘れちゃったくらいほかほか♪

    ・・・と、そろそろお昼の時間。一人、また一人と扉を開けて入ってくるお客さん。それぞれが、お蕎麦との定食を頼む人が多いよう。
    今日は、ちょっとゆっくりはできなかったけど・・、
    また訪れることがあったら、十割のお蕎麦や、私も変わったネーミングのお蕎麦のセットでも頂いてみたいな。。

    こういうお店もまーた、おもしろい。
    何はともあれ、ごちそう様でした~hahha.gif 

    さてさて・・・、楽しみな式典へっと。。


    *お品書き
    もり 500円、たぬき 600円、ごまそば 680円、とじ 750円、肉南蛮、力、カレー、800円、なめこ、とろろ、山かけ 880円、とまとそば 950円、けんちん、地鶏南蛮、地鶏せいろ、鴨せいろ 1,000円、天とじ 1,050円、討入りせいろ 960円、みそせいろ、カレーせいろ 980円、大江戸せいろ 1,400円、北斎御膳 1050円、横綱定食 1600円、ごまだれ天ざる 1300円、義士御膳 1050円 などなど盛りだくさん!

    そばずし 450円、三色でんがく 450円、肉じゃが 550円、煮物、マーボーなす 650円、カレイの煮付け 500円、てんぷら盛り合わせ 2,000円など




    20070312104814.jpg
    「元禄二八そば 両ごく 玉屋」

    墨田区両国3-21-16
    03-3631-3844
    11:00~15:00 / 17:00~20:00
    (日祝日~15:30)
    木曜定休








    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >