野方 「かわむら」 かき玉そば

2007/03/16/17:17  [東京の蕎麦]中野区 画像あり

朝からのどが痛い…。どうも調子が今ひとつ。
しかも、朝方には霙なんて降り出していて、すっかり冷え冷え。

こんな日は~、何か暖かくて喉に優しいものが食べたい。だったらpiko-n.gifと、移動中、野方で途中下車。

20070316235732.jpg

相変わらず清楚な感じのする店構え。     
  野方「かわむら」

前回訪れた時に品書きに書かれていた「かき玉そば」を、どうしても寒い間に一度たべておきたくて…。

扉を開けると、日差しがいっぱいに注がれた明るい店内。何だか心まで晴れ晴れとするような空気が気持ちい。
相変わらず、丁寧な対応の若女将さんの笑顔で迎えられ、窓際の席に腰をおろす。
  
さてさて~heart.gif かき玉、かき玉…と、品書きを広げると、ありゃっ、本日のお昼の品書きには既にになくなってる。。変わりに「はまぐりそば」などが書かれていて、これもとって~も惹かれたけど、やっぱり今日はどうしても「かき玉」が…u-n.gif

すかさず女将さんに、「かき玉、終わっちゃったんですかっっ?」と尋ねると、
「ええ…、そうなんでうが、でも、お作りしますよ niko.gif」 と、言ってくれるではないの♪
う、うれしいっとばかりに 「じゃ、お願いしますっ」と頼む。
「やっぱり、ここ、二三日寒い日が続いたので、そうおっしゃるお客さん、結構いらっしゃるんですよ」
とのこと。これは、ますます楽しみ
20070317000131.jpg
暖かい蕎麦茶と一緒に、(お酒を頼まなくても)出してくださる揚げ蕎麦がうれしく、ぽりぽりかじりながらしばし。
待ちながら、壁にかかった季節の品書きなどを見てると、又こちらにもゆっくりと蕎麦前からやりに来たいなぁ~と、しみじみ思えてくる。
シンプルな店内が、なんだか非常に寛げて。


などとぼんやりしてると、ほどなくして「お待たせしました~」と念願のかき玉そばが置かれる。

20070316235708.jpg

お、美味しそうっm001.gifgif
満遍なく落とされた溶き卵でふんわりと模様を描く琥珀色の餡がかけられている。天盛りの三つ葉も美しく、隙間から垣間見える蕎麦も又、凛々しい。

20070316235640.jpg

レンゲと箸で手繰ると、これはちょっと珍しい…。
とてもしっかりとしたあんかけ。汁気をあまり多くせずに、その分しっかりとしたあんかけにしたもの。この中にたっぷりと滑らかに広がってからまる卵。
口に含むと、とっても熱々っっ。
もう少し汁気があっても…と思ったが、この餡が非常に美味しい。前回「かけそば」を食べた時も思ったが、こちらの甘汁の澄んだような出汁の上品な味わいは絶品。蕎麦にたっぷりと卵餡を絡めながら頂くと、しっかりと蕎麦の風味も感じられ、蕎麦と餡とのハーモニーがとてもいい。
こんなにも熱々の餡に絡まれても、しっかりとした腰を残し、それでいて風味をさらに膨らませているかのよう。

よく見ると、やや太めに切られた蕎麦には所々に星が散りばめられ、久しくこちらのせいろを食べていないが、さらに向上しているかのよう。これは、又、せいろも食べてみなくちゃ。


すっかり最後の一掬いの一滴まで残らず頂いて、とても満足。
喉の痛みもちょっと和らいできたかのようで、体も芯からほかほかに。

やっぱりここはいい店だ…。
いつも変わらぬ笑顔の女将さんもうれしいし、こちらの蕎麦にも満足しかり。 

今日もご馳走さまでした~hahha.gif
近々又、ゆっくりと訪れてみようっと。
それはそうと…、舌やけどしちゃったっっase2.gif

*かき玉そば 1,100円

20070317000155.jpg
「手打そば かわむら」

中野区野方5-3-1
03-3338-1690
11:30~15:00 / 17:30~22:00
水曜、第三火曜休
これまでの訪問 : 詳細など





関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/608-608d8f8d

◄ prev next ►