国立 「蕎盧庵」 最後の夜

2007/03/17/00:22  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

今夜は、国立の「蕎盧庵」さんが、移転の為18日をもって閉店するとのことで、これはぜひとも最後に・・・と訪れる。

夜に出向くのは初めて。・・・そして、最後になっちゃうんだなぁ、などと思いながらお店を目の前にすると、何とも感慨深い。

20070317001511.jpg

  国立 粗挽き手打ち蕎麦「蕎盧庵」 

ほんのりと中の灯りが漏れ出でて、しっとりとした和の趣き。
なんだか、なくなってしまうのは、とっても惜しい気持ちでいっぱい。。

扉を開けようとすると、入り口横には移転、閉店のお知らせが貼られてる・・・。

ふっと落ち着く、黒木で覆われた店内は、相変わらず心地がいい。
打ち場もまだ新しく、考えてみたら開店当初に伺った時から、まだ2年余り。去年の11月に伺った時には、そんな雰囲気も全くなかっただけに、惜しまれてならない。
 
でも、静岡に縁のあるご主人とのこと、考えあっての移転なんだろうな・・・。 
20070317001041.jpg
午後7時。 
今夜の皮切りのようで、打ち場のすぐ横のテーブル席をとり、まずは・・、ビールで乾杯♪

寒いとはいえ、駅から歩いてきた喉に恵比寿ビールがとっても美味し~い。


今まで、お昼にしか訪れたことがなかったので、きちんとお料理を頂くのも初めて。
 
20070317001057.jpg20070317001020.jpg

まずは・・・、「ぬか漬け」。200円っ??と思ったら、丁度一人分くらいの量。それでもいい塩梅に漬かったきゅうりと蕪がいい箸休めに。
そして、静岡ならではの「黒はんぺん」。 魚の風味に甘みをも感じられ、山葵で食べるこれがとても美味しい。宇和島のじゃこ天とは又違い、優しい感じもあってこれはいいな~ futt.gif

20070317000708.jpg
となったら、お酒が恋しい。
ビールに変えて、まずは、「正雪」純米吟醸を。
こちらのお酒も、静岡のお酒が中心のよう。

お酒は、備前焼きのようなとっくりで。


そして、前回訪れた時から、食べてみたかった「桜海老づくし」。
んんん~っlove.gif  見ただけでもうれしくなっちゃう盛り合わせ。

20070317001251.jpg

桜海老の刺身に、釜揚げ、それに桜海老の掻き揚げ。まさに「桜海老づくし」。

20070317000849.jpg釜揚げ

刺身は山葵で。ほんのりと美しいピンク色の海老は、透き通りつやつや。口に含むと、まったりとした舌触りにほわ~と甘みが広がりたまらな~い
一方釜揚げは、さっと茹でられた分、身がふわっとしてこれもいい。こちらは、生姜醤油で。
いやぁ、桜海老っていいなぁ・・・と、改めて。もちろん、素材の良さもあるんだろうなあ。

20070317001327.jpg

そして、美しく円に形作られた掻き揚げ。
ぎっしりの桜海老が折り重なるようにして、さくっと揚げられたもの。
塩で頂くもので、桜海老の香ばしさが非常に強く出てて、これもすこぶる美味しい。いつまでもカラっとした衣で、ご主人の天ぷらも見事なもの。
(カルシウムもたっぷり??)

こんなお料理だもの・・、お酒も美味しく、お変わりは(なぜかこれだけ京都のお酒?)「玉の光」に、「初亀」純米吟醸と続いて・・・。

最後に(やっぱり食べておかなくちゃ)の「玉子焼き」。
均等に切り分けられて出され、出し汁をたっぷり含んだような、ジューシーでふわふわの玉子焼き。
20070317001005.jpg20070317000945.jpg

やや甘めの味付けで、熱々の時はあまり感じなかったけど、ちょっと冷めてくると、しっとりと味が落ち着いたようで、美味しさが伝わり日本酒にとてもいい。

いやぁ、どれもこれも、満足なお料理にすっかり満喫。
間に何人かのお客さんが訪れては帰って行くのを横に、すっかり長居しちゃった。
そろそろお蕎麦を・・と、「せいろ」は頂いているので、今日は「辛味大根おろしそば」を。

20070317001436.jpg

こちらの「辛味大根おろし蕎麦」は、別におろしが出されるスタイル。

20070317001412.jpg

見た目にもうれしいくらい、豪華に蕎麦の粒が表面を覆う。
常陸大田の蕎麦を、24メッシュで挽いた蕎麦は、切り幅にもムラがなく丹精な細切り。切り口のエッジも潔いもので、これはいい。

20070317001347.jpg

たぐり寄せると、強烈ではないが、ふわりと蕎麦の香りが立ち込める。口に含むと、期待通りのざらりとやさしく舌をかすめていく、この感触がたまらない。これこれ、この粗挽きがとても好き。
つなぎは1割5分とおっしゃっていたが、つなぎ感はもちろん感じることもなく、粗挽きながらもしなやかさがあり喉越しも爽やか。

しっかりとした返しで作られた濃厚な蕎麦汁、そのままでもこの蕎麦に美味しいものだが、このぴりりっとした大根おろしを加えると、辛味の中に大根の甘みが加わるよう。これと蕎麦とのハーモニーがまたとても楽しい。
いやぁ、これはいいなぁ・・・love.gif

蕎麦湯を注ぎゆっくりと頂きながら心から大満足。
しかも、初めて来た時よりは前回が、そして今回はさらに蕎麦が美味しくなっているように感じる。ますます、移転してしまうのが惜しい限り。

他のお客さんも帰られたこともあり、ちょっと顔を出してくださったご主人は、謙虚さのあるまじめで素敵な方。そして笑顔がとてもいいm001.gifgif

移転先は御殿場とのこと、心から・・・エールを送りたい気持ちでいっぱい。
がんばって欲しいな。
開店は11月頃とのことだから、そちらにも是非訪れてみよう。。

今夜は本当にご馳走さまでした~hahha.gif
最後に来れて、本当によかった・・・。


糠漬け 200円、黒はんぺん 300円、桜海老づくし 1,000円、玉子焼き 700円、
辛味大根おろし蕎麦 1,000円、
ビール大瓶 800円、正雪(純吟)、玉の光(純吟) 700円、初亀(純吟) 1,000円



20070317000638.jpg
自家製粉 粗挽き手打そば
 「蕎盧庵」

国立市中2-5-8 矢沢ビル101
042-573-3070
11:30~14:00 / 17:30~20:30
月曜定休
18日まで


20070317001112.jpg20070317001129.jpg


関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/609-1886dd6e

◄ prev next ►