深大寺 「湧水」

2007/03/25/22:22  [東京都下の蕎麦]調布市 画像あり

先週、調布の「商業祭」でサービス券ももらったことだし、雨も降ってるし(空いてるだろう)、久々に深大寺の蕎麦屋にでも行こうか・・・と、農家の軒先で新鮮な野菜を買いながら向かう。

もらったチケットは、深大寺のお蕎麦屋さんすべてで使えるものだったので・・、駐車場がある、あまねく程ある深大寺のお蕎麦屋さんの中でも比較的安心できるお店へと・・・。 

毎週のように前は通っているのに、ここで食べるのはほんっとに何年ぶりだろうか・・・。

20070325221553.jpg

 深大寺手打ち蕎麦 「湧水」

次第に蕾の膨らみも大きくなったとは言え、開花はまだまだ、しかも雨のそぼろ降る今日。
さすがに空いているだろうな・・・と思いきや、なんっと、入れ替わり立ち代りとお客さんが訪れているようで、賑やかな店内。
すごいっ・・・wao.gif
こりゃあ、桜が開花したら、それこそ大賑わいなんだろうな~・・・。 

それでも、客さばきに慣れた花番さんに笑顔で通され、今空いたばかりのテーブル席に通される。

さてさて・・と品書きを広げ、暖かい蕎麦にしようかと悩んだけど、(割引券もあるし♪)「天ざる」を二人で頼むことに。
本当だったら、「湧水そば」を頼みたいところだけど、これは平日限定なので、迷う余地もない。
20070325221247.jpg
頼むと程なくして、まずは、
薬味と蕎麦汁、天つゆが出される。

まあ、忙しいんだろうなあ。
葱はちょいっと荒めかな。
山葵も練り物らしいが、それも門前蕎麦ということで許しちゃう。


待ちながら、あれこれ二人で見つめる品書きのつまみが安~いっ。
それと、やっぱりここ、深大寺 niko.gif
ビールは、必ず「深大寺ビール」が書かれてる♪(車だから、今日は飲まないケド・・)

と、まずは、「天ぷら」が目の前に置かれる。
んふふっ、アルバイトかな、ここで働いているお兄さん達も、皆感じがいいな~heart.gif

20070325221537.jpg

天ぷらは、大葉に、ナス、カボチャ、三つ葉の掻き揚げに美味しい海老。
からっとしながら、素材はふわりと生かして揚げられたもので、ここの天ぷらはなかなかご機嫌♪ やや天つゆは濃い目ではあるが、それも加減すればいいし・・、テーブルに置かれた粗塩で食べるのもよしっ。

そして、ちょっと遅れてお蕎麦が置かれる。 

20070325221449.jpg

あ、そうか・・、「天もり」じゃなくて、「天ざる」だから海苔がかかってるんだった・・、と思ったが、細切りの蕎麦は、手打ち感が伝わる切り口のざっくりとした姿。

20070325221511.jpg

香りとか風味とか、こういうことはここではナシ。
それよりも、心地よい腰のなんだか懐かしい気持ちになるような素朴で田舎っぽさのある蕎麦が旨い。深大寺の中で、ここは、いい。

汁は出汁は余り感じないが、甘辛の万人向けのタイプ。これも、この蕎麦にはなんだかいい感じ。
ナチュラルだが、しっかりと白濁した蕎麦湯を注ぐと、結構満足になってくる。

そして、お店のクーポン券で頂いた、「蕎麦羊羹」。
これっ、おいっしぃ~

20070325221609.jpg

甘さを、ぐんっと控えめにしたもので、ふわ~と柔らかな舌触り。まるで、蕨もちのような感触で、挟まれた餡子もとっても上品。
まるで、優しい蕎麦掻きの甘味版といった感じで、これは男の人でも喜ばれそう。(彼もペロリ~と)

忙しそうな中でも、とても感じのいい花番さんの対応にも満足し、久しぶりの深大寺蕎麦。

時々は食べにこようかなあ。
それはそうと・・・、来週あたりは、か・な・り、咲いていそう予感 niko.gif
もう・・・、春はすぐそこ。。


*お品書き
もり 600円、とろろ 700円、おろし 620円、なめこおろし 720円、天ざる 1,250円
たぬき 670円、月見 700円、きつね 800円、山かけ 800円、なめこ 800円、天そば 1,000円など

野菜天 400円、海老・野菜天 800円、山菜炊き込ごはん 200円、味噌おでん 270円、ナス煮びたし 300円、板わさ 250円、山菜料理 300円、そば豆腐 250円など・・・
キリンラガー 500円、深大寺ビール 500円、生酒(湧水)650円など



20070325221209.jpg
深大寺手打ちそば 「湧水」

調布市深大寺元町5-9-1
0424-98-1323
木曜定休
駐車場完備
お店のHP



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/616-b03f663e

◄ prev next ►