FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    学芸大 「遊山」
    2007年03月31日 (土) 09:42 | 編集
    昨夜は、偶然にも花見も兼ねての、蕎麦屋酒。
    ずっと行ってみたいと思いながらも、夜だけの営業というのでなかなか一人では行きずらくていたお店。
    Tさんと、大の常連というK様と一緒に念願の訪問~hahha.gif  

    20070331092504.jpg

    学芸大の駅に降り立ち、賑やかな商店街から程近くの路地を曲がると、ふっとした暗闇の路地の先。ほんのり明かりが灯るシンプルなお店がすぐ目にはいる。

    学芸大 「十割蕎麦 游山」

    ここだったんだ~・・・futt.gif

    殺風景と言ってもいいくらいの、飾り気のない店構えの扉を開き中へ入ると・・・、すっきりとまとめられた精錬された店内。
    厨房をぐるりと囲むカウンター席は、ゆったりとした作りで座り心地がいい。
    真ん中に、斬新に生けられた桜が美しく、すっかり花見の気分。

    まずは・・・、ビールで乾杯♪ 
    20070331092239.jpg20070331092340.jpg
     
    お通しには、季節もの、大好きな竹の子と蕗のぬた和え。ほんのり山椒の香りがし、口に入れた途端に春の息吹を感じさせる。
    お通しでさえ、とても丁寧な仕事ぶりに早くもお料理が楽しみに・・・heart.gif

    まずは湯豆腐とお造りをお願いし、最初に出されたのが「江戸前活〆スミイカ造り」。

    20070331092544.jpg

    うわぁっと思うくらい、なんて美しいイカ。透けるような透明感のあるイカは、丁寧に飾り切りされていて、崩すのが惜しいよう。
    口に入れると、これがイカなんだ・・・!と思うようぷりぷりとした歯ごたえに、ねっとりした甘みがあり、たまらなく美味しいっlove.gif
    何もつけずに食べてしまえそうだが、添えられたパウダーソルトをほんの少しつけ、カボスを絞ると又、たまらない~

    続いて、宮崎産「初かつお造り」。
    20070331092523.jpg

    早くも初かつおの時期に、季節の移る早さを感じながら頂くと、これも旨いっ。身のしまったかつおにふわりと軽やかに乗った脂がよく、非常に新鮮さを感じられる。こちらのお料理、これは・・ただものではないっっ。
    20070331092037.jpg
    と、たまらなく、すぐにお酒を・・。

    日々ご主人が選ぶお酒は変わるというのも楽しいもの。
    今日あるお酒は、「〆張鶴 本醸造」に「東北泉 しぼりたて生純米」と「瑞冠 いい風”花”純米吟醸」。
    結局順に全部頂いちゃった♪


    このお造りがお酒にたまらず、三人でまったりとやっていると、「大山豆腐の湯豆腐」。
    ノラボーが添えて浮かべられ、大豆の風味が立つ豆腐は、張られた出し汁の旨さもあり、何もつけずとも頂ける。・・・が、添えられた蕎麦汁をかけると、これまた美味しい~。

    20070331092009.jpg20070331092301.jpg

    続いて、鹿児島産の「空豆の塩ゆで」。外皮ごと茹でられて出されるもので、これもパウダーソルトで。湯で加減もばっちりで、自然の甘みが濃く、素材の良さも伺える。

    最後にK様推薦の、愛媛「あさりの酒蒸し」。品書きにきちんと産地が記されているのは素材選びの自信もあるんだろうな・・、としみじみと思わせられる。ぷりぷりとしたあさりの身はもちろん、そのエキスをたっぷりすったワケギがたっぷりで、食べ応えのある一品。

    20070331092402.jpg20070331092318.jpg

    ・・・と、常連のK様のおかげで、ご主人からサービスで出された「カワハギのアラ煮」。とのことだけど、アラなんかじゃなくて、しっかりした身の切り身で♪
    切り昆布と共に炊かれた煮魚の、その味付けのなんて美味しい。。身離れのいいカワハギは、ふわふわとした身でしっかりと味が染み、これもたまらな~いくらい!美味しいっ。

    すっかりご主人のお料理に魅了されっぱなし・・

    これらのお料理で大分杯を重ね、心地いいほろ酔い気分。
    そろそろ、念願のお蕎麦を・・・。こちらの蕎麦はすべて十割。いくつかある種類の中からやっぱり基本の「せいろそば」を。

    20070331094017.jpg

    四角の蒸篭に盛られて出された蕎麦は、かなり細めの、美しく光る丹精なもの。
    手繰り寄せると、はっと目が覚めるような濃い蕎麦の香りが立ち込める。

    20070331092620.jpg

    口に含むと、心地よい腰がありながらとてもしなやかさのあるもの。
    かみ締めると、香り同様のしみじみとした蕎麦の風味が豊かに広がり、後からじわりと甘みを残していく。しかも、たっぷりとお料理を頂いた後にもかかわらず、するりと手繰り進めてしまうほどのど越しがとてもいい。
    さすが・・・、料理だけでなく、この蕎麦も素晴らしい futt.gif

    すっきりとした辛口の汁も、蕎麦とのバランスもよく、蕎麦湯で伸ばして頂くと、すうっかり大満足。いやあ、よかった。。

    一見頑固そうで、ちょっと強面なご主人も話し出すと、とてもユニークで素敵な方。こういうお店が近くにあるK様が、本当にうらやましくなってしまう。

    お聞きすると、実はお昼も営業しているとのこと。お昼には奥様が「ほうとう」をメインに、蕎麦もいくつかやっているそうで、これは素面ででも、又頂いてみてもいいなあ。
    ・・・とはいえ、この本格的な非常に美味しいお料理は捨てがたい。すべて食べてみたいと思ってしまう。
    20070331092056.jpg
    桜も堪能しつつの、素敵な夕べ。
    K様、T様、本当にありがとうございました。
    そして、ご主人、ほんっとに美味しかったです!
    ご馳走さまでした hahha.gif

    又、ぜひぜひ訪れたいな~・・




    *お品書き
    せいろ 900円、きざみそば、ごませいろ、くるみせいろ、納豆 1,200円
    初かつお造り 1,200円、スミイカ造り 1,300円、湯豆腐 800円、そら豆塩ゆで 900円、あさりの酒蒸し 1,000円など
    〆張鶴 700円、東北泉、瑞冠 800円



    20070331092209.jpg
    蕎麦は十割 游山の蕎麦
     「十割蕎麦 游山」

    目黒区鷹番2-19-3
    03-3715-0461
    18:30~翌1:00
    (昼 11:30~13:30くらい)
    日曜休




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    よ、よしのふぁん様
    機会みつけて、ぜひ。

    むむむ、右に左折はなかなか難しい・・・。

    目印は、赤い看板の銀行ですよー(^^)
    2007/04/05(木) 05:59:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ありがとうございます!!
    >南口を、まっすぐいって、右にまがって・・・です!

    そうでしたか!!行く機会に恵まれたら、
    ジェ~ッタイ行きたいですね!!

    誰かが、「そうそう、そこっトコの角を、右に
    左折して!!」っていうからさ・・・
    (無理のイシマツとか、キャッツ石松とか)
    2007/04/04(水) 23:05:26 | URL | よしのふぁん #-[編集]
    よしのふぁん様♪
    うふふ(^^)
    わたしも、プッツン、パッツンよく記憶が・・(ナサケナイ)

    蕎麦を食べてるところまでは覚えているのですが、
    結構、どうやって帰って来たのか分からないことがしばしばです。。

    カワハギ、いいですよねー。
    むかーし、愛媛の居酒屋でカワハギの薄造りを頂いたのをきっかけに、大っ好きな魚です。
    (下手すると、ふぐより美味しい?)
    千葉た・・市?
    いいなー、魚も、そろそろ浅利も・・、温泉も。。
    花摘みなんかもできるんですよね♪
    こちらこそ、裏山椎茸しめじにえのきですよーん。
    2007/04/03(火) 12:06:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まったくねぇ・・・
    オラは酒のあるところにいくと、どっかで記憶がプッツンする
    (最近は酒がなくてもイケルのが特技となっている)
    ので、このような克明なレポはムリだす。

    カワハギと言えば、過日数日を過ごした千葉県はT市の
    旅館でソレの煮物をいただいたのです。
    本当にウンマイ!!ですねえ!
    カワハギには2種類アって・・・ってことを伺ったんですが、
    一つは本カワハギで、もう一つがウマヅラカワハギって
    ことでした。当日オラが嘶いたのは後者の方(だから嘶くんだって!)

    翌日旅館の前で本カワハギを売ってたのですが、お値段ゆえに
    当方の財布が開かず・・・でしたとさ!
    (裏山椎茸でござんす・・・)
    2007/04/03(火) 01:09:52 | URL | よしのふぁん #-[編集]
    Tさま・・
    お礼が遅くなっちゃいました。
    いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます。ここは、本当に行きたくていて、それでいて、なんとなく行きそびれていた所だったので、本当にうれしかったです。
    楽しかったですね~。
    (ちょっと飲みすぎちゃったかしら^^;;)
    これからもよろしくお願い致します。
    2007/04/02(月) 09:06:50 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    同席させていただいたTです。いつもつれづれ蕎麦に載っている蕎麦屋を最優先で訪問していますが、私にはこんなレポートは書けないことを実感しました。yukaさんの表現力にはただただ驚くばかりです。
    2007/04/02(月) 08:20:36 | URL | T #.56ou876[編集]
    よしのふぁん様
    オ・ト・ナ、のスポットでした~(^^v

    えとえと、こちらは南口を、まっすぐいって、右にまがって・・・です!(で分かる???)
    そうそう♪
    昼酒は、夢呆さん。そしって、夜更けもとっぷりにはこちらへ・・

    いやあ、よかったですよ~(^^)
    (でも、このあたりはやっぱりちょっとハイソですねぇぇ)
    2007/04/01(日) 23:52:17 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    大人の
    スポットでしたでしょうか??

    学芸大学といえば、昔、大昔、つ~か~!
    駅だと思っていましたが、シミジミとした
    ジュー宅地ですよねえ・・・

    さて、あまり行かないんだけど、行っても
    駅から南?方面に向かって左折する=
    M呆さんへ向かうのが昼蕎麦酒のシキタリ
    なんで。

    まあっつぐいって、角をしだりへ曲がる??
    んでしたっけ・・・
    記憶も曖昧、あのようなところへ行ったしにゃ、
    しとりじゃけーれなねえかも・・・
    (だからコロモは行ってはいけません)
    2007/03/31(土) 22:30:57 | URL | よしのふぁん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >