矢川 「素朴庵」

2007/04/09/20:45  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

昼過ぎの吉祥寺にて。
まだ晴れている。けど、今朝聞いた天気予報がしきりに言っていた言葉が脳裏をかすめる。
「午後から雷を伴う雨が…」と。 なるべく早く戻った方がいいんだろうか~komatta.gif
でもっ、でもっ、桜の時期が落ち着くのを待っていて、昨夜から今日は行ってみよう~と、楽しみにしていただけに、どうしても訪れたい。
20070409203659.jpg
…ってことで、何とかなるさ、
とばかりに一路、矢川へと。


矢川の駅を降り立ち、目の前に伸びる道を左手に歩くと、見慣れた看板が遠目からも目に入り、なんだかうれしくなってくる。


20070409203631.jpg
店の前に置かれた花々が、彩りよく咲いていて、すっかり季節の変わったのを思わせる。

矢川 「手打ち蕎麦 素朴庵」

ここも又、大好きなお店のひとつ…futt.gif


午後2時を回ろうとする昼下がり。
扉の先の店内は、何組かのお客さんが憩い、ほどよく賑わっている。
桜の最盛期はさすが入れなかったかもなぁ、などと思いつつ、空いていた席に腰を下ろす。 

程なくして奥様が、「あら hahha.gif」と、素敵な笑顔で迎えてくださるのが、とてもうれしい。

注文が詰まっているようだし、それに、ここに来たら、ね niko.gif ,と、お酒を常温で頂きがら待つ事に。

20070409203458.jpg20070409205352.jpg

アテには、お決まりの大好きな「素朴煮」。おっ、今日のはとろろが加えられ、麦とろ風に作られていて、さらに美味しい~ heart.gif
20070409203721.jpg
それと…、
前回頂いてとっても美味しかったので、
「自家製塩辛」を。

柚子が散らされたこの塩辛、やっぱりいいなぁ。
お酒に合わないはずがないっ。


と、ちびちびとやりながら待っていると、奥様がご好意で、ちょっとした天ぷらを出して下さる
20070409203602.jpg
ちょっと珍しい天ぷらで、
生麩(ここの生麩は本当に美味しい!)に、
谷中生姜の茎菜、
そして…love.gif 筍の天ぷら。

掻き揚げの美味しさで知ってはいたけど、奥様の揚げる天ぷらは軽やかでとても美味しい。


添えられたピンクソルトで頂いていると、これだけで満足してしまいそう~…、
だけど!やあっぱり、ここではお蕎麦を頂かなくちゃ。

何にしようかな、とちょっと迷ったけど、久しぶりなことだし、いつもの定番「もり」と「田舎」の二種盛りをお願いする。
頼むと程なくして、まずは「もりそば」。もりでさえ、十分に粗挽きの勢いのある十割の蕎麦。

20070409205552.jpg20070409205459.jpg

手繰り寄せるとふわりと香り、しっかりとした腰を感じながらかみ締める。時々掠めるざらつきが心地よく、それでいてするりとのど元へと落ちていく蕎麦。やっぱり美味しいなあ。

食べ終わる頃合を見て、次の「田舎蕎麦」。

20070409203308.jpg

何度見ても、見るたびにはっとしてため息が出そうな、この野趣あふれた、猛々しいまでの面持ち。
挽きぐるみの上、豪華に散った蕎麦の欠片が表面を覆うが、薄く廼されて細切りにされた蕎麦は、繊細さをも合わせもってる。

20070409203058.jpg

しみじみとした蕎麦の香ばしい香りを楽しみながら、口に含む。この独特のぎゅっとこめられたような蕎麦のしっかりとした感触。と同時に、一本一本がまるで生きづいているかのような躍動感を感じさせられる。
噛み締める毎に楽しく、食べ進めると口の中は蕎麦で一杯になるような感覚…love.gif

しかも、改めてこちらの汁が美味しい。出汁の加減、絶妙な甘辛のバランス。この個性的な田舎蕎麦にも負けないしっかりとしたもの。さすが…、研究者だったご主人がきちっと測って作っているのが伺えるよう。

…と、ご主人が「あんまり更科は食べないでしょうけど、うちの更科はちょっと違うよー」とのことで、更科も。こちらの「更科」は本当に久しぶり。

20070409203818.jpg20070409203746.jpg

角の鋭く立った細切りの蕎麦は、純白の、どこまでも白い輪郭が透けるかのような美しい十割。その繋がりも、切り幅もムラのない丹精なし仕上がり。
口に含むと、これもしっかりとした腰で、どこかぷりぷりとした感触。噛み締めると、蕎麦の甘みが広がる。うーん、更科もいいもんだなあ。
20070409203528.jpg
すっかり満足して、熱々のとろとろの蕎麦湯を注ぎ入れる。
これが、又美味しくて。
どこまでも滑らかでクリーミィな蕎麦湯に、汁を注いでマーブル状にかき混ぜる。蕎麦湯のまろやかな旨さが、汁と一体になって、すっかり大満足~♪


ゆっくりと頂ながら、再びご主人と近況などなど、しばしお話なども。
話好きなご主人のお話も楽しく、ああ、やっぱり来てよかったな、としみじみ思う。
美味しいお蕎麦に、暖かく迎えてくれるご主人に奥様。
又、来ようっと、心の中でつぶやきながら…

今日も素敵な時間をも含めて、ご馳走様でした~hahha.gif 


危機一発っっase2.gif 家に着いた途端に土砂降り~っ。 今日は付いてる?♪


「素朴庵」
東京都国立市谷保 6721-1 
042-571-0019
10:00~15:00 17:00~20:00  
第1,3月曜休 Pあり
これまでの訪問
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/629-612c04d9

◄ prev next ►