FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    群馬中之条 「吾妻路」
    2007年04月21日 (土) 23:46 | 編集
    < 4月20日 晴れ > 

    去年、直前で怪我のためにキャンセルしてしまった四万温泉。今年も結婚記念旅行に、再チャレンジで訪れようと、念願の「積善館」へ・・・。

    ちょこちょこと寄り道しながら向かうと、中之条に昼過ぎに到着。いろいろ調べていた中でいくつか行きたいお店があったけど、場所的にも丁度よかったのと、、お店のこれまでを読んでいて、なんだかとっても感動しちゃったお店へ行ってみることに。
    しかも、手挽きで挽いた蕎麦があるそうで、これは楽しみ niko.gif  

    中之条商店街のほど中ほど、先のJAに車を止めて向かうお店は、通り沿いに溶け込んだようにさりげなくある。、小さめの間口のかわいらしい雰囲気もあるが、脇を見ると蔵そのものが建物らしい。これはおもしろい♪

    20070421233011.jpg

    中之条 蕎麦と日本酒 「蔵のそば処 吾妻路」


    そろそろ2時になろうとする時分、くぐった暖簾の先の店内は、小上がりの席が2つにテーブル席が2つという小じんまりとした店内。ほぼ満席状態の賑わう中、なんとか空いていたテーブル席のひとつに通される。おおっ、こんな時間なのに、これはすごいな~・・・。
     
    木の切り株のイスに腰をかけ、ふっと見上げると、吹き抜けになった天井にはお酒がびっしりと並んでる wao.gif
    なるほど・・・、酒蔵を移築したそうだけどこれはすごい~っ。しかもやわらかな光がゆっくりと差し込み、吹き抜けである開放感がなんだかとても心地がいい。

    20070421233159.jpg20070421233134.jpg


    20070421232613.jpg
    にこやかでよく気のつくおばさん(お母様かな?)が、すぐにお茶と、切干大根の小鉢を出してくださる。
    切干し大根がしゃきしゃきとして美味しい。

    さて、品書きを・・
    蕎麦は、「もりそば」と、お目当ての手挽きの「田舎」。それに、いくつかの品々が並び、お料理も揃ってる。

    20070421232706.jpg
    何よりもびっくりするのは、このお酒の品ぞろい。車じゃなかったら是非とも飲んでみたいものがたくさん。

    ・・・と、最後のページにはご主人の言葉。
    「父は命を掛けて蕎麦を打ちました。私は心を込めて蕎麦を打ちます」
    ん~っu-n.gif またちょっと、じ~ん・・・


    それはそうと、注文注文っ。
    品書きの中にあった、「もり」と「田舎」の二色という「吾妻路」というのがあったので、すかさずそれを頼むと・・・、なんとっっnaki.gif 今日はもう、手挽きの田舎は終わってしまったとのこと。
    ざ、残念っっ~っ。
    かなりショックだったが、仕方ない。ので、「野菜天付もりそば」を二人でお願いすることに。

    ほどなくして、まずは「野菜天ぷら」が置かれる。

    20070421233029.jpg

    ふきのとうに、よもぎ、スナップエンドウ、南瓜、ナス、しめじに舞茸。
    これが、薄めの衣で揚げられ非常に美味しい!さくさくっと軽やかで、しかも素材の中の瑞々しさを残し、これはかなりレベルの高いもの。天つゆではなく、抹茶塩が添えられるのも、又、天ぷらだけ先に出す配慮も拘りを感じさせる。

    かなり満足な気持ちになっていると、少し間を置いて「もりそば」が置かれる。

    20070421232944.jpg

    四角の蒸篭に盛られた蕎麦は、かなり細切りのクリーム色の蕎麦。切り幅にもムラのない、切り口も鮮やかさのある丹精なものだが、時期的なものかな・・、香りはあまり感じない。

    口に含むと、しゃきっとした腰があり、きりっと締められた蕎麦でのど越しがとてもいい。個人的には、もう少し太いともっと味わい深いような気もし、ややもったいない感じも。

    お父様から譲り受けた「かえし」とブレンドして作られたという汁は、まろやかで濃厚な辛汁。出汁の味わいもよくしっかりとした旨味もあるのだが、この蕎麦にはやや強すぎる感じも。これは・・、「田舎」にいいのかもしれないなあ。
    20070421232821.jpg
    頃合を見て出された蕎麦湯は、濃厚に白濁した熱々のポタージュ仕立て。
    これを汁に注ぎ頂くと、改めて汁の美味しさを実感できる。
    ん~、この汁で手挽き田舎を是非とも食べてみたかったなぁ。

    美味しい蕎麦湯を、たっぷりと頂くとお腹も満足に。

    お勘定をしながらお聞きすると、蕎麦は地元の物と福井のものを使っているとのこと。
    「ごめんなさいね、手挽きだとあまり数が作れなくて・・」と、最後にすまなそうにおっしゃって下さる。なんだか暖かさを感じてきちゃうな。

    帰り際、「ご馳走さまでした~niko.gif」と、告げると、奥から腰巻きをつけたまだ若そうなご主人も顔を出し、深々と頭をさげて「ありがとうございました」と。。

    とても誠実そうな、素敵なご主人、一目で好感を覚える若主人。
    お父様を受け継ぎ、がんばって欲しい・・。
    又、来ることがあったら、今度はぜひ、手挽きの田舎を食べてみたいです futt.gif


    *お品書き
    もりそば 600円、手挽き田舎 900円、吾妻路(田舎ともり) 1,100円、蔵(田舎とかけ)1,200円、鴨汁もりそば 1,200円、きのこ汁もりそば 1,000円、野菜天付もりそば 1,100円、かけ 700円、花巻 900円、きのこ、にしん 1,000円、天ぷら、ゆばそば 1,100円、鴨南 1,300円など

    野菜天ぷら 600円、鴨焼き、ゆば 500円、にしん 400円、きのこおろし 350円、板わさ、冷奴、茶豆 300円、そばみそ 200円
    墨之江、麓井、正雪、扶桑鶴、庭のうぐいす、栄田、など30種くらい?



    20070421232755.jpg
    蔵のそば処 石臼挽き自家製粉
     「吾妻路」

    群馬県吾妻郡中之条町大字伊勢町954-1
    027-975-3575
    11:30~15:00(夜は予約のみ)
    火曜定休
    P近くのJA使用




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ヒロちゃん様
    「風景」さんは、残念ながら存じないのですが、
    素敵なお店だったんですね(u_u*)~
    2015/02/06(金) 09:41:31 | URL | yuka #-[編集]
    中之条 レストラン『風景』
     レストラン『風景』は、私も好きでした。オーナーの女主人が、愛想が良くて、食事後にノンアルコールのシャンペンを出してくれたのを覚えています。ちょっと高かったのでいつも、ハンバーグしか食べられずステーキは、注文出来ませんでした。店名は『ともゆき』とも書いてありました。最近原町に転勤になって、毎日店のあった所を通って通勤しているのですが、懐かしくてネットで調べてたところ、ここにたどり着きました。他にも情報があれば教えてください。
     今の奥さんと知り合う前に、もとの彼女と行ったところなので、ちょっと心苦しいのですが。
    2015/02/04(水) 23:02:03 | URL | ヒロちゃん #S/6SHKZA[編集]
    …様
    えっ、閉店されてしまうんですかっ!!
    そ、それは…
    とてもとても残念です。
    もう一度、是非、行きたいと思っていたんです。。

    お知らせありがとうございます。
    寂しいですね…
    でも、ずっと思い出を胸に留めておきます。。
    2013/12/02(月) 06:48:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013/11/30(土) 20:47:35 | | #[編集]
    蕎麦喰い師様
    ン??

    こちら、もう一度訪れなくちゃと思っている小お店です。

    温?
    梅マジック?

    ンン?
    2012/10/27(土) 07:28:54 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    冬?夏?  いつも温
    惜しいな・・・
    はてさて、噂によりますと・・
     「手」より 某 梅マジックと同列の温ったかが・・・
     ネッ!?
    2012/10/26(金) 14:17:05 | URL | 蕎麦喰い師 #-[編集]
    aqua_santa様
    なんだか、気になるお話・・・。
    文字オーバーにならないところで、今度ゆっくり聞かせてください♪
    2007/10/05(金) 11:07:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    思い出の中之条
    昔むか~し、大好きなレストランがありました。中之条にあったのです。私はそのレストランに食べに行く為だけに毎年関越に乗って車を走らせておりました。
    最初は“風景”という名前だったんですが、箸袋には“合掌”と書かれていました。
    そのうちそのお店は“合掌”と看板を変えました。まだ20代の頃の話なんです。ブランクが相当あったんですが、7年程前に久々に行ってみたら何とショック!!ぴったり一月前に閉店しましたとの書置き看板が・・・。
    文字数オーバーなのでそのお店のことはここでは書けませんが、こちらのお蕎麦屋さんの写真にも“合掌”とあったのでそのお店を思い出してしまい思わずコメントしました。
    とりとめもない、しかもお蕎麦屋さんではないお店の話なのでレスは要りませんよ。
    2007/10/04(木) 22:11:35 | URL | aqua_santa #fol219KY[編集]
    ・・・様
    はい、見送ってくれた姿に、とても誠実なものを感じました。
    しかも、前のテーブルの方々は、旅行者?っぽかったのですが、リピーターと見えて、田舎を予約していたようです。
    私も、一度ぜひ、田舎を食べてみたいと思ってます。
    2007/04/22(日) 23:43:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2007/04/22(日) 16:03:31 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >