FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    三鷹 「善左衛門」
    2007年05月21日 (月) 23:02 | 編集
    1時には調布方面に向かわなくてはならなく、ちょっと慌しい。
    ランチする時間も難しいっase2.gif

    ん?・・・そういえば、三鷹駅上のロンロンのレストラン街に新しくお蕎麦屋さんができたんだ♪。行ってみよう、と思い立つ。
    20070521225841.jpg
    エスカレーターを上がると、
    あった、あった bikkuri.gif
    こないだちらりと見た張り紙。
    上る先々の壁に、まだ貼られてる。

    奇遇にも私の誕生日にオープンしたとあっては、一度は入ってみなくちゃ、と思っていたんだったっけ。


    広いとは言えないが、それでもいくつかの店舗が入ったレストラン街の奥。こういう場所ではありがちの、ショーケースにサンプルが置かれた想像を超えることのない、所謂レストラン街のお蕎麦屋さんそのものの風情。

    20070521225319.jpg

    三鷹ロンロン 「そば処 善左衛門」

    入り口横に下がった紺地の暖簾には、何やら期待を持たせる向上書きが書かれてる。ちょいっと目を通して、さてさて中へ…。

    「お好きなところにどうぞ~」と通された中は、まだ昼前だからか、ぽつりぽつりとしか人もなく、閑散としている。取り立てて「新しい!」という感じはないが、清潔に整えられ、表から見たスペースの割には、テーブルがいくつもきちんと並べられ、すっきりとまとめられている。ゆっくりと…と、まではいかないかもしれないが、それでも二人がけ用のテーブル席が比較的多いので、一人でも気兼ねなく入れそう。

    座るとすぐにお水を出してくれ、置かれた品書きに手をのばす。蕎麦の品書きも一通り並び、お酒や一品料理も手ごろな値段で揃っているので、さくっと伺うのもよさそうだなぁ。などと思いつつ、今日は表に書かれていた、「開店記念特別割引」の「鴨せいろ」をせっかくなので頂くことに。 

    待つ間に、店内をぐるりと見渡したり、品書きをひっくり返したりしながら、どこかに「手打ち」の文字がないかなぁと探したが、結局その片鱗を捕まえられず。どっちなんだろうな~…hatena.gif、などと思っていると、程なくして目の前に「鴨せいろ」が置かれる。

    20070521225246.jpg

    「北海道、茨城など厳選された国内産蕎麦粉を使用。味とコシの強い蕎麦を作りました。」、との蕎麦は、グレーのやや太めの細切りで、ところどころに蕎麦の欠片が表面に浮かぶ。鴨汁は珍しく蓋付のお椀で。薬味には、ネギ、(練り)山葵、胡麻(?)、そしてうれしい♪鶉の卵に、刻み海苔。

    20070521225337.jpg

    まずはそのまま蕎麦を…と、手繰りよせるとふわりと香る。が、どうも「蕎麦」の香りというよりは、「粉」の香りのような感じも。口に含むと、きりっと冷水で締められた口当たりは気持ちよく、腰もある。ただ、かみ締めると、これも風味を感じるのだが、やはり「蕎麦」というよりは「粉」の味わいが加わったような…。ま、それでも何も感じないものよりはいいかな。

    20070521225304.jpg

    一方鴨汁は、蓋を開けるとほわ~と湯気が立ち込める熱々のもの。やや甘めなではあるが、それでも薄切りながらも結構鴨肉が入っていて、出汁も出ている。しかもたっぷりの葱に加えて、千切りの牛蒡が入っているので、ちょっとけんちんを一緒に頂いているようでお得な気持ちにも。

    この汁に浸しながら食べてみると、これはこれで悪くはない。このお蕎麦、暖かいお蕎麦もいいんじゃないかな。

    ある程度、「素」のままの鴨汁で頂き、少しずつ薬味を加えていく。まずは、葱を加え、山葵を、そして胡麻もいれちゃって…、と微妙に味の変化があるのが楽しい。いよいよ最後には、鶉を溶いて頂くとまろやかさの加わった味わいになり、これはいい♪
    邪道なようだが、こういうことができるのもこういうお店ならではの味わいだなぁ、なんて思ってきちゃう。
     
    食べ終わる寸前に出された蕎麦湯は、ほとんど白湯だが熱々のもの。表の暖簾には、「濃厚なそば湯からは良質な蕎麦の味を実感することができます」と確か書かれていたのだが、まだ開店時間まもなくだから仕方ない、と諦め、たっぷりと注ぎいれて鴨汁を改めて頂く。やっぱり…、ちょっと甘めかなぁ。

    とはいえ、これを飲んだらすっかりお腹もいっぱいだし、何にせよ、お昼を取れたことはありがたい。さて、急いでお勘定を。…と立ち上がってびっくり。いつの間にか店内はほぼ満席状態。そろそろお昼になり、近くで働くサラリーマンの方々や主婦の方達で席が埋まってる。多くの人は、丼とセットになったお得なランチメニューを頼んでいるようで、すっかり人気を掴んだようなんだなぁ~と感心。

    お勘定をしながら、どうしてもやっぱり聞きたくて、レジの花番さんに尋ねると、手打ちではないとのこと。聞いて納得した上で、場所や値段を考、ここもなかなかうれしいお店かも、と思えてくる。
    なんと言ってもすぐ下は駅。疲れ切ってしまった夕ぐれに、ここで一杯やって一休み。な~んていうのもできそうだな・・・。

    さてっ、それはそうと、急がなくちゃっっ。
    ご馳走さまでした~っhahha.gif


    *お品書き
    もり 650円、大もり 800円、おろし 880円、ごま汁 870円、とろろ 880円、なめこ 920円、名代鴨せいろ 890(1,050)円、鶏せいろ 890(1,050) 円、天せいろ 1,480円、小せいろ 150円、卵とじ 880円、力 890円、山かけ 910円、なめこ 920円、鴨南蛮 1,050円、天ぷらそば 1,480円、親子丼 930円、かつ丼 950円、天重 1,500円
    ランチセット(蕎麦と、カツ丼or,イカ天丼、ねぎとろ丼)890円

    冷奴 350円、もろきゅう 350円、枝豆 380円、トマト 390円、お新香 450円、舞茸天 600円、もつ煮 640円、かつ煮 650円、合鴨煮 650円、板わさ 500円、厚焼き卵 580円など
    ビール(小)400円(大)500円、貴尚、八海山、真澄、一ノ蔵 450~600円

     

    20070521225858.jpg

    「そば処 善左衛門三鷹」

    三鷹ロンロン 5Fレストランフロア
    11:00~22:30
    0422-49-0017  
    ロンロンの定休日と同じ





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    てん様
    私は、まだすいている時間だったからよかったのかもしれません。

    でも、こういうお話をお聞きすると、残念でなりません。「だからビル蕎麦は・・」となってしまわなければ、いいのだけれど、と思っているのですが・・。

    改善してくれるといいですよね~っっ、本当に。
    味はもとより、やはり接客ってとっても大事だと思います。
    2007/08/05(日) 22:33:35 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    最悪
    そば処 善左衛門(三鷹ロンロン)にて友人と食事をしておりました。
    食事を食べ終えて、その他に、ソフトドリンクを注文しようと思って
    いたのですが、混雑しているので、後のお客様に席を譲ってくださいと
    言われ追い出されました。
    これは、客商売としていかがなものなのでしょうか?
    正直、こちらは怒りを通り越して唖然としてしまいました。

    こちらはゆっくりと食事をする為に、友人共々入ったのですが
    とても不愉快で、食事をした気がしませんでした。
    こんな思いをするのであれば、ファーストフードの方がよほどマシです。

    後、店に入り初めに案内された席は、2人のみ座る席で私も友人も買い物の
    手荷物があり、その手荷物を置くスペースもありません。
    そこで、4人座れる席が開いていたのでそちらではダメなのかと聞いたところ
    露骨にとても嫌な顔をされて、そちらに案内されました。
    2007/08/04(土) 23:57:05 | URL | てん #-[編集]
    サン様
    コメントありがとうございます。
    お褒めのお言葉、とてもうれしかったです。
    ただただ、蕎麦が、お蕎麦やさんが好きなだけなのですが…。
    こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します。
    サンさんも素敵なお店を見つけられたら、是非♪教えてください。
    京王沿線は馴染みの場所。
    いつか、どこかでご一緒するかもしれないですよね(^^)
    2007/05/29(火) 16:59:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いつも楽しませて頂いています♪
    yukaさん、初めまして。
    勇気を持って書き込みさせて頂きます。
    m(__)m
    おいしいお蕎麦が食べたいなぁ~とネットサーフィンをしていましたらyukaさんのblogに出会えました。

    毎日お蕎麦を召し上がっていらっしゃるのはすごい方だなぁ~!と驚きつつも、yukaさんのお蕎麦への愛着はもちろん、お店や周りの方々への配慮や思いやりも感じられて素敵な方だなぁ♪とすっかり感服致しました。
    住んでいる場所が京王線沿いなのでyukaさんがご紹介してくださっているお蕎麦屋さんも多く、まったく存じ上げなかったお蕎麦屋さんにはぜひこれから訪れたいと思っています。
    これからも暖かい気持ちになって「あーお蕎麦食べたいっ!」と幸せになるyukaさんのお蕎麦にも人にも優しいブログを楽しませて頂きます。
    yukaさんもお身体にお気をつけて美味しいお蕎麦にめぐり合って私たちに幸せを運んでください♪(*^^*)
    これからよろしくお願いいたします。
    2007/05/29(火) 10:02:00 | URL | サン #xfGWKbWo[編集]
    ☆まがり★ 様
    いや・・、
    お店によっては、ゆで汁を使う、もともとの文字通りの「蕎麦湯」でやっているところも、いっぱいありますから・・・(^^;;;
    2007/05/23(水) 10:38:12 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お蕎麦の香り
    には厳しい季節になりつつありますからねぇ
    蕎麦湯が薄いと寂しい気持ちになるのは
    すごーくわかりますとも
    けっこー蕎麦粉を入れて作ることを知らない
    人が多いのでもしかしたら
    お店をやってるって言うのに
    蕎麦湯を作ることを知らないってことも
    あるのかしら?
    とか思っちゃいますね
    2007/05/23(水) 07:03:16 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >