FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    清澄白川 「浅野屋」 山菜づくし
    2007年06月06日 (水) 06:24 | 編集
    山菜の時期ももうタイムリミット。最後に堪能しましょう~と、6人揃い再び「浅野屋」さんに訪れる。 

    20070607195823.jpg

    近くまで行くと、なんっとお店の前でご主人が出ていてお出迎えまで。
    おじゃましま~す・・niko.gif

    清澄白河 「権現板そば 浅野」



    相変わらずにこやかに出迎えてくださる女将さんに招かれるようにして、靴を脱いで店内…というか、お宅に伺う気分。

    おおっ、すでにテーブルには前菜の二皿が用意されてる♪ 

    この山形独特の手作りの刺身こんにゃくが美味しい♪不思議な歯応えはこんにゃくではないみたい。「山ふぐ」と呼ばれるのを納得できるもの。上にかえられて味噌が又美味。
      
    20070606225812.jpg

    三点盛りは、甘めでしっかりと味付けられた玉子焼き。懐かしいような、おにぎりに合いそうな…、それでいてこれが日本酒にとっても合う、この玉子焼きはやっぱりいい。「たたきごぼう」かと思ったごぼうは、ガーリック風味の味付け。変わった風合いだがごぼうの風味を増しオツな一品。この三点だけでも十分飲めてしまいそう。

    20070606230408.jpg20070606230349.jpg

    …と、乾杯ビールから早速お酒に。素敵なガラスの徳利の中身をお聞きすると、「初孫」純米吟醸あさがお。

    さてさて、今日は「山菜尽くし」。まずは、もうこれが最後だという姫筍を「焼き姫筍」で。新鮮ですがすがしい香りに、味わいがあって何もつけなくても旨味がある。これはいいなぁ。

    20070607181225.jpg

    続いて「山菜の天ぷら盛り合わせ」。コシアブラ、アスパラ、ウド、姫筍がカラリと揚げられ、軽やかな天ぷら。これはふわふわのパウダーソルトで頂く。

    20070606225712.jpg

    コシアブラの独特の風味が、名残の春を感じさせられる。
    姫筍は甘みが増し、とってもジューシー

    20070606230237.jpg20070606230211.jpg


    20070606230327.jpg
    盃を重ねつつ、次のお酒は、お店の名前のラベルが貼られた、「発破 」の限定酒 。



    すっかりほろ酔い気分になり、さらに追加で・・・


    しっかりとした身の「イカソーメン」に、「鰊煮」。

    20070606230637.jpg20070606230524.jpg

    ここの味付けは妙に日本酒に合い、それでいて揚がり具合のいい「ゲソ揚げ」。
    (私はちょっと苦手だけど)「煮込み」は、とろっとろでなかなか。

    20070606230613.jpg20070606231558.jpg

    すっかり座も盛り上がったところで、そろそろメインのお蕎麦を・・。
    まずは、ここの目玉の「権現板蕎麦」をお願いして、皆で取り分ける。

    20070606225635.jpg

    挽きぐるみの黒めの粗挽きの蕎麦。自家製粉で十割で打っているとのことで、腰のしっかりとした穀物の素朴な風味が豊かな蕎麦。しっかりと噛み締めて食べるタイプだけど喉越しもよくて、この板そば、癖になりそう~buchu-.gif

    20070606225103.jpg

    汁も、山形蕎麦なのに甘みを抑えたまろやかに鰹の風味の香る辛口のもの。薄めなのでどっぷり浸して食べるのが美味しい。

    続いて前回訪れた時に是非食べてみたいと思っていた、「原木なめこそば」。
    冷と温を選べるところを冷で頼み、これも皆で取り分けて。

    20070606225849.jpg

    よくあるなめことは全く異なる、身厚の大振りのなめこにびっくり。椎茸の風味が濃く、汁を回しかけて食べるとするするっ~・・♪

    さらに・・・、「地鶏そば」。熱々のしっかりと地鶏の旨さの染み出でた汁が旨いっ。しかも温かい汁の中でも、しっかりと噛み応えのある蕎麦がうれしい。これは、冬にはたまらないだろうなあ。

    20070606225746.jpg

    最後に、ここの常連の友人オススメの、「とろろそば」。たっぷりで固めの自然薯の風味の濃いとろろに汁をかけてゆるめつつ頂くと、これも信じられないくらいにつる~と喉の奥へ。
     
    20070606225921.jpg

    それに追加で山菜二種、刻んで出され、

    20070606230453.jpg07-6-5.jpg
    1131077_4120514503.jpg
    これをとろろと混ぜて頂くと、
    とろろに山菜の歯ごたえと風味が加わり、
    も~たまらなーい。
    同じとろとろでも、メカブや納豆とはまた違う、この山菜の風味というのが新鮮でいい。
    すっかり虜になりそう。


    最後にはサラサラとした熱々の蕎麦湯をたっぷり頂き、満腹の大満足。

    帰り際には、「庭に埋めて、お浸しするといいわよ」と玄蕎麦のお土産まで・・。
    本当にご馳走さまでした~hahha.gif

    山菜が終わってしまうのは寂しいけど、「そろそろ美味しいトマトが入りますよ」と女将さん。それはぜひ、又たべにこなくちゃ。
    家族ぐるみで温かく、まるで親戚のように接してくださる、ここは本当に暖かい・・・。
    又、皆でワイワイとお邪魔したいな。
    やっぱり、板蕎麦はにぎやかなのが似合うなぁ・・futt.gif

    *お品書き
    権現板そば 900円、1.5人前盛り 1,300円、2人前盛り 1,700円
    にしんそば 1,300円、地鶏そば、原木なめこそば、とろろ、とろろめかぶ 1,200円
    にしん 600円、いかそーめん、ウィンナー 450円、イカ足揚げ、もつ煮 、とり手場揚げ 400円、さつま揚げ 350円、
    酒 400円、ビール 600円、発破(300ml) 1,200円、初孫 1,300円、花羽陽 1,000円など


    20070606230432.jpg
    みちのく山形
    「権現板そば 浅野」

    江東区三好2-15-7
    03-3642-3053
    11:00~15:00(夜は予約のみ)
    前回の訪問



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    サン様
    >山形は祖父母が住んでいた

    そうだったのですか・・。
    ここは、いいですよ~。近くまで来ることがあったら、ぜひです。
    とてもとても、心があったかくなる時間をすごせると、私も!保証します(^^)
    2007/06/12(火) 21:45:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    懐かしい♪です。
    山形は祖父母が住んでいたのですが、祖父が亡くなり祖母が東京に暮らすようになってからは年に一度の山形行きもなかなか行けなくなって。
    まめさんのお話、すんごく山形っぽいなぁ~って思って(*^^*)くふふうれしいなぁ♪

    げそ天も、こし油の天ぷらもなめこも山ふぐもニシンも板そばも♪みーんな山形っぽくて懐かしい♪行ってみたいです♪
    2007/06/12(火) 19:23:43 | URL | サン #xfGWKbWo[編集]
    まめ様
    な、なんというエピソード・・・(涙)
    そうなんです、そうなんです、そういうお店なんですよね。
    ちょっと、じ~ん・・としてしまいました。

    もし、私でも、それはそれは感動してしまっていると思います。
    こちらの蕎麦、本当に美味しいですよね♪
    原木なめこの、なめこもすっかり虜になってしまっています。
    しかも・・、あのこんにゃく、あれは・・、こんにゃくじゃないような、歯ごたえの旨さ。

    読んでいるだけで感動してしまうようなひと時、本当にうらやましいくらいです。でも、よかった・・。
    こういうお店に出会うと、人間ってあったかいな~・・、と改めて思います。
    本当にいいお話、ありがとうございました(^^)
    2007/06/10(日) 23:00:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    びっくり、これぞ下町??の温かみ
    清澄白河駅近くのギャラリーに行く前に、お昼をと尋ねると、「今日は早くからお客さんが多くて、すでにお蕎麦が終わってしまったんですよ・・・」との事、楽しみにしていたのにな・・と思いながらも仕方ないことだと友達としょんぼりしていると、「遠くからきたの?」、と聞かれ、「はい」 ・・ 「じゃ、お茶でも飲んでいきなさい」・・・・・・・・・・・・「時間ある?・・・30分待てる?」・・・などの会話があり、なんとそれから、打って頂ける事になったんです。
     じゃ、ビールでも飲んで待っていようとすると、お隣がすでに頼んでいたおそばを譲ってくれることにもなって、
    ほんとに快く、温かく<人情>を感じました。
     で、お蕎麦はもちろん、3点盛り、山ふぐも美味しかった。
     板蕎麦食べたあとから、打ち上がったお蕎麦で原木なめこも頂きました。
     あの蕎麦粉を見つけたから、蕎麦屋を開けたとも話してくださいました。
    「また、おいで~」って、
     お蕎麦譲ってくれた‘梅子さ~ん’たち、
    浅野さんを教えてくれたyukaさま、感謝で~す。
    心まで温かくなったおいしいお蕎麦屋さんでした。

     
     
    2007/06/10(日) 15:01:22 | URL | まめ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >