虎ノ門 「虎ノ門砂場」

2007/06/25/22:40  [東京の蕎麦]港区 画像あり

以前、しゅうちゃんさんのブログで「虎ノ門砂場」が改装のため、仮店舗で営業していると聞いて、行ってみたいなぁと思っていたところ。友人も「行ってみよう♪」となり、お店で待ち合わせ。
 
そういえば、「巴町砂場」には何度か訪れたことがあったけど、「虎ノ門砂場」は伺ったことがなかった・・・。などと思いつつ、旧店舗あたりを目指して通りを進むと、一本前の通りの角に、ささやかに「→砂場」の看板が置かれてる。角を曲がり、「虎ノ門恵み屋」を通り過ぎると程なく、人通りの多い通り沿いに、すっきりとしたモダンな建物に行き当たる。あまりに旧店舗のお店と雰囲気が違うのに、わかっていながらびっくり wao.gif

1

ガラス張りの奥に見え隠れする黒木の柱が垣間見え、シックな喫茶店のようでも・・・。そこに掛けられた涼やかな暖簾が品格をかもし出している。

 虎ノ門 「虎ノ門砂場」






20070626103322.jpg
すでに到着していた友人は、焼酎の水割りを始めていたので、私はビールの小で、とりあえずぷはっ heart.gif

ビール小は、最近はあまり見なくなったラガーの小瓶で出される。大だけでなく、小があるのはやっぱりうれしいな。
お通しは、質のいい枝豆。 


すでに頼んでいてくれたお料理は、瑞々しい「お新香」に、ほんのり甘めの熱々の「玉子焼き」。
 
20070626103337.jpg20070626103220.jpg

玉子焼きが日本酒を恋しくさせるので・・、まずは「今月の冷酒」を頂き(ん~、名前失念っ)、その後で、今日はなんだか肌寒さを感じたので、燗酒を・・

20070626103445.jpg20070626103429.jpg

夕方にはちょっと早めの時間にもかかわらず、適度に客が出入りし、のどかな空気が流れているのは中休みなしのお店ならでは。BGMもない空間に時折聞こえる人々のかすかな話し声が心地いい。
しかも見渡すと、中もとても素敵な空間。黒木の柱に白い壁のコントラストがモダンで、ほんのり落とした照明がしっとりとした空間を作ってる。これが仮店舗だなんて勿体ないなぁ・・・futt.gif
花番さんの接客も気持ちよく、会話も弾んで非常に気持ちのいい時間。

続いて、「どんなのかなぁと思って」と友人の頼んでくれていた、「薄焼き」。

20070626102746.jpg

そば粉で作られたクレープ状の薄焼きに、サラダ菜、レンコンのきんぴら、蕎麦味噌、白髪ねぎ、青菜の胡麻和えが添えられて出される。クレープに、これらを乗せて丸めて食べると、和風北京ダックのよう。蕎麦味噌の味がとてもよくて、重そうに感じたのに意外にさっぱりと食べてしまう。これは面白い。

20070626103240.jpg20070626103303.jpg

何かちょっと、お酒に合いそうなものが欲しくなり追加で「浅利の酒蒸し」を。頼むと薄い鉄鍋にぐつぐつ湯気を立てて出される。
浅利の身がぷりっぷりで、薄めの上品な汁がすぅ~っと体に染み渡る。燗酒でまったりとした口に旨い。

20070626103038.jpg

ついでに、「蕎麦屋の焼き鳥」も・・・。
出された焼き鳥は、蕎麦屋には珍しく串に刺さって。こんがりと表面を焼かれた鶏肉は柔らかく、蕎麦汁仕込みなんだろうか、からめられたタレが美味しい。

何本か銚子も重ね、すっかり満喫~・・・
そろそろお蕎麦を頂こうと品書きを広げると、老舗の蕎麦屋ならではの豊富な品々が、見ていても楽しい。中から、「茗荷そば」と悩んだ末に、私は久々に「納豆そば」を。

20070626102856.jpg

目の前に出された「納豆そば」を一目見て、これまたびっくりっbikkuri.gif
冷たい蕎麦の上に納豆、薬味、卵黄が載って出されるのを想像していたら、納豆と卵を丁寧に泡立てうっすら黄色がかった納豆卵汁がたっぷり丼を覆ってる。

20070626102835.jpg

この納豆汁がたまらないくらい柔らかく、まるでメレンゲのように空気感たっぷり。卵と蕎麦汁、納豆の味わいがまろやか且つふわふわで、クセになってしまいそう。細めで腰のしっかりとした蕎麦にきれいに絡まり、すすり込むと得も言われぬ幸せを感じてきてしまう love.gif
椎葉の「いそゆき」に更にコクが加わったようで、これははまりそう♪

20070626102726.jpg

一方、友人は「卵とじそば」。正当な卵とじで、ふわっととじたられた卵が柔らかそう。かけ汁はややしっかり目だがすっきりとしたもの。

とても居心地のいい空間で、すっかり長居をして語らえ、心から満喫したひと時。
お勘定をしつながら、「すっかり長居しちゃって・・・」と言うと、「いえいえ、蕎麦屋ですもの、お酒を頂いてゆっくりして頂けるのはうれしいですよ」と、やさしく微笑んでおっしゃって下さった女将さんの言葉がとてもうれしい。
本当に今日は、ごちそう様でした~ hahha.gif

この素敵な店舗が仮なのは、ちょっと惜しいけど、改装が済んだお店にも是非伺ってみたいな・・・。


*お品書き
もりそば 630円、わかめそば、茗荷そば、納豆そば 850円、おろし 900円、とろろ 1,000円、辛味せいろ 950円、天せいろ 1,650円、穴子天せいろ 1,700円、野菜天せいろ 1,050円、鴨せいろ 1,800円、きつね、たぬき 730円、わかめ、卵とじ、かき玉 850円、カレー南蛮 900円、かしわ南蛮 950円、おかめ 1,050円、ごぼう掻き揚げそば 950円など

そばみそ 320円、おしんこ 420円、焼き海苔、焼き鳥、板わさ、玉子焼き 630円、巣籠そば、揚げ出御前 650円、薄焼き、浅利の酒蒸し 700円など
ビール(大)630円(小)430円、お勧めの燗酒 550円~、十四代、八海山、出羽桜、久保田萬寿、まんさくの花、田酒、枡酒など 610円~



20070626103402.jpg
「虎ノ門 砂場」

港区虎ノ門1-10-6
03-3501-9661
仮店舗(港区虎ノ門1、TEL03-3501-9661)
11:00~20:00(土~15:00)
日曜・祝日定休







関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/688-1fe02f76

◄ prev next ►