FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    野方 「太平庵」
    2007年06月26日 (火) 19:54 | 編集
    月曜と月末の雑用などなどで、昼時を逸してしてしまったので、今日は久しぶりに野方の「太平庵」さんでお昼を頂こうと、途中下車。

    20070626194442.jpg

    何時きても活気ある野方の商店街の中ほど。町の蕎麦屋風情ではあるが、どこか気品も感じられる店構え。
    ・・しかし、すごいっ、もう2時になろうとするのにお店の前には自転車が何台も止まってる。

    野方 「太平庵」  

    外に止められた自転車の数から予想はしていたけど、お店もほぼ満席の賑わい。相変わらず地元を中心に愛され、親しまれているのをひしひしと感じさせる。
    なんとか空いていた小あがりの席に腰を落ち着けると、変わらぬ女将さんの笑顔がお出迎え。 

    20070626195013.jpg
    腰を降ろし、ほっとし出されたお茶を頂きながら品書きを開く。
    来る道中ははっきりしない天気で、今日は温かいお蕎麦を頂こう~、と心に思っていたのだが・・・

    開いた品書きは、又季節が変わって珍しい品々が並んでる。ん~・・u-n.gif うれしく迷ってしまうなぁ。


    「根菜せいろ」も気になるし、季節の「鮎天ぷらせいろ」も食べてみたい・・・。が、この「ナスあんかけせいろ」?「なす三昧」?は、なんぞや・・と、見つめることしばし。

    女将さんがゆっくり悩んでいる時間を考慮し(この気の遣いがうれしい)、「どうしましょう?」と聞きにきてくれたので、「なすあんかけせいろ」をお聞きすると、水なすをあんかけ仕立てで作り、別皿でせいろと別に出してくださるとのこと。一方、「なす三昧」は、賀茂なすの田楽に、ナスの塩もみ、ナスの天ぷらにせいろの文字通りなす三昧。夏の野菜の中でもとかくナスは大好きなので、迷った挙句にこの「ナス三昧せいろ」をお願いする。

    20070626194715.jpg

    程なくして、目の前に出された「なす三昧せいろ」の豪華な品々に、うっとりしてしまいそう~

    20070626194646.jpg

    まずは・・、塩もみナスを一口。塩加減も程よく、さっぱりと大葉ともまれたナスが口に爽やか。そして・・、天つゆの添えられたナスの天ぷらを。

    20070626194619.jpg

    丸々一本のナスを半分に切り、下半分だけ衣をまとった天ぷら。箸で割りいれると、とろ~っとした身が現れ、これがまろやかで瑞々しい。口に含むと、表面はからっとしつつ、まどろむように溶けていくようなナスが非常に甘い・・・。お、美味しいぃ~。

    20070626194515.jpg

    お蕎麦も気になりつつも、取りあえず一口、と「賀茂ナス田楽」も切り分けて頂くと、これ又、こってり甘めの味噌がたっぷりかけられたナスがほこほこしっとり。しかも、皮はパリパリでこれも楽しめちゃう一品。

    し、しまった・・・。これはお酒が欲しくなっちゃうじゃないの~。
    この一品で十分楽しめそう。(次回はそうしようっと heart.gif)

    と、改めてお蕎麦へ・・。丹精に切りそろった細切りの蕎麦はエッジも鮮やかな凛々しい面持ち。手繰り寄せると、ふわり~と蕎麦の香りが鼻腔をくすぐる。

    20070626194853.jpg

    口に含むと、そ、そうだったんだっ!と思わせる、この穀物の凝縮した感覚のあるタイプの蕎麦。もちもちとした腰が心地よく、噛み締めると甘みのある蕎麦が旨いっ。実に、素朴な蕎麦の感覚がじわじわと感じられる蕎麦。



    まずは蕎麦だけで楽しみ、ちょっと甘めの蕎麦汁と共に。そして、ナスの天ぷらと交互に頂くと、ナスが蕩けながら口の中で蕎麦と一体になり、たまらない・・。夢中になって蕎麦を手繰ってしまってる。

    蕎麦を食べ終える頃合を見て出される蕎麦湯は、やさしく白濁したクリーミィーで熱々。「田楽のお味噌が又、ご飯にいいのよ niko.gif」と、女将さんに言われ、田楽と一緒に添えられた「小ライス」を頂くと、これがまたまた大満足 ♪。お酒にも合いそうなものだが、これと頂くご飯が美味。塩もみと一緒に頂くと、「食べられるかな?」なんて思っていたご飯までペロリ~。

    少々バテ気味だったのに、お腹もいっぱいになってすっかり大満足 futt.gif

    帰り際、「美味しかった~っ」と伝えると、「じゃ、今度はぜひ、水ナスのあんかけも食べてみて」と女将さん。ここは、定番のメニューも充実しながら、こうした季節の品書きがあるのがたまらない楽しみ。
    水ナスも、「鮎の天ぷら」もこの時期の間に頂いてみたいな・・・。

    今日も又、ご馳走さまでした~ hahha.gif

    地元に愛され、気兼ねなく居心地のいいお店。まったく・・、野方の町も迷っちゃうなぁ~・・・


    *お品書き
    せいろ 550円、天せいろ 1,200円、若鮎の天ぷらせいろ 1,380円、根菜せいろ 780円、鴨汁せいろ 1,150円、地鶏汁せいろ 1,000円、豚汁せいろ 900円、つけとろ 840円、ナス三昧せいろ 1,260円、なすあんかけせいろ 1,150円
    (ランチ)小天丼とそば、カレーうどんと小ライス、卵とじそばセットなど 840円~
    つまみ 400円~ 生ビール 580円、菊秀 (本醸造)480円(特別純米)780円



    20070626194233.jpg
    「きそば 大平庵」

    中野区野方5-19-11 
    03-3337-4082
    11:30~15:00 / 18:00~21:00
    土曜休 禁煙
    これまでの訪問


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    yuukarin様
    大平庵さんは、いいですよね♪
    バリエションもいろいろ楽しめる上に、蕎麦が本当においしい。
    根菜せいろはまだ頂いていないので、私も行ってみます(^^)。

    かわむらさんもいいですよ。
    ぜひぜひ♪
    2008/03/27(木) 09:36:22 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    初めまして
    初めまして、様々なお店の情報、とても参考になるので拝見させていただいています。
    今日、初めて野方の大平庵さんに寄せてもらいました。
    根菜せいろを頂きましたが、とても美味しかったです♪
    野方にこんなに素敵なお蕎麦屋さんがあったなんて、これからもまた寄せてもらおうと楽しみが増えました☆
    『かわむら』さんにも是非伺ってみようと思っています♪
    2008/03/26(水) 23:01:52 | URL | yuukarin #AxcnxqmQ[編集]
    ケニー様
    泳いだ後に、ビールでぷはっ、しながら頂くのも美味しそうですね♪
    ぜひ、じゃ、次回は(^^)。

    こちらの蕎麦も、いいですよ~。しかも品々が豊富で楽しいです。
    2007/06/28(木) 11:48:05 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    有難うございます。
    yuka様、早速、禁煙情報を有難うございます。
    昨夜下井草のプールで泳いだ後、新井薬師前に向かう途中、20時頃に野方駅を通過していました。こちらに寄るチャンスだったのに、残念です。
    2007/06/27(水) 12:52:57 | URL | ケニー #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >