つれづれ蕎麦 
    ひたちなか 「満志粉」
    2007年07月01日 (日) 23:47 | 編集
    母の日、父の日とプレゼントを贈っただけだったので、と帰省。
    帰りに久々にひたちなかの親戚の叔母さんにも会いに行き…、今日のお昼はひたちなかで。

    お目当てのお店はいくつかあったのだが、すっかり話し込んでしまってお昼の時間も過ぎてしまったので、中でも一番近くのお店へと彼を急かして車を走らせる。

    20070701234959.jpg

    ひたちなか 「手打そば 満志粉」 


    広々とした駐車場を前に、落ち着いた日本家屋。横にあるのは打ち場だろうか…。
    20070701235631.jpg
    清楚な白い麻暖簾の靡く扉へと近づくと、どうやら間に合ったらしく「営業中」の立て札。
    よかった…futt.gif

    黒板に書かれた「おすすめ」の粗挽き田舎蕎麦に目が釘付け heart.gif になりながら店内へ。





    扉を開けるとすぐ、目の前に電動の石臼が回ってる。高い天井に手作り感のある木のテーブルが並び、どこかログハウスを思わせるような温もりのある店内。4人がけのテーブル席が2つに、8人がけの大テーブル、そして奥にはゆったりできそう小上がりの席。だが、なんともう中休み時間も間もないというのに、ほぼ満席。入れ違いくらいに空いたとみられる席を片付けてくれるのを待ち、なんとか座れることが。

    きょろきょろと見渡すと、すぐ後ろの壁には、道場さんの色紙まであってしばし眺めてしまう~。 

    程なくしてお茶と品書きを出してもらい、一通り目を通し花番さんに注文を。彼は「もりそば」の大盛りをお願いすると、既に大盛りの量はないとのこと。私は「粗挽き」をお願いすると、これももう終わってしまったとのこと…u-n.gif
    残念。。どうしても粗挽きは手挽きのため、一日10食程度しか作れないそうで、「出ない日もあるんですが…」とすまなそうにおっしゃってくださる。

    で、二人で「もりそば」と、「舞茸の天ぷら」を頂くことに。

    20070701234840.jpg

    まずは「舞茸の天ぷら」が塩を添えられて出される。見るからにからりとした天ぷらは、シシトウに舞茸がこんもりと6つも。
    さてさてと、箸をつけ頂くと、音がするくらいにサクっと揚げられた天ぷら。熱々でハフハウしながら頂くと、周りのカラリとした薄めの衣の中はほこほことしてジューシーな瑞々しい舞茸。これはいい。
    車でなかったら、お酒を頂きたくなってしまうもの。

    流れるようにして続いて「もりそば」。

    20070701234915.jpg

    底下げの蒸篭に盛られた蕎麦は、江戸前よりはやや太めの丹精に切り揃った蕎麦。

    20070701234857.jpg

    ここでの蕎麦はすべて常陸秋そばとのことで、やや緑がかったような蕎麦は、切り口も鮮やかに立った二八の蕎麦。顔を寄せると、柔らかく蕎麦の香りが漂う。

    20070701234933.jpg

    口に含むとしっとりとした腰。さすが「名人」と言われた蕎麦で、その切口、切幅にもムラの無い端正なもの。かみ締めかみ締め食べ続けると、非常に濃い蕎麦の甘みを感じてくる。
    ん~…、これは是非とも粗挽きや十割(これも品切れ)をも食べてみたい。

    汁は鯖節だろうか…、自然な出汁の甘みを含んだすっきりとしたもの。薬味の葱も山葵も丁寧に作られたもので、これもうれしい。
    頃合を見て出された蕎麦湯は、やや白濁した熱々のもので、とても滑らかな口当たり。汁を薄めつつすっかり頂いてしまう。
    いつもは、「汗かいちゃうから」とあまり蕎麦湯は飲まない彼も、珍しくたっぷり頂いているから、気に入ったんだろうな niko.gif

    来るまでには「間に合わないよっ!」と、やや不穏な空気が流れていた我々だけど、食べ終わったらすっかり穏やかな気持ちに変わってる。
    美味しいお蕎麦は平和をももたらす…?
    などと思いながら、さすが茨城の蕎麦。量もたっぷりで大満足。

    ご馳走様でした~hahha.gif
    とお勘定をすると、皆さん揃って頭を下げてくださるのも気持ちがいい。独特の訛りも温かく、又来てみたいな。粗挽きに十割、それと「舞茸つけせいろ」が気になって気になって…。

    …それにしても、この辺りもほんっとにお蕎麦やさんばっかりonpu.gif 
    毎度の事ながら、うらやましいなぁ… …


    *お品書き
    もりそば、粗挽きそば 700円、おろしそば、舞茸つけせいろ 900円、鴨汁せいろ 1,250円、天せいろ 1,300円、十割そば 1,000円、とうふ蕎麦 1,100円、かけ 700円、舞茸そば 900円など 大盛 200円

    舞茸天ぷら 550円、穴子の天ぷら 890円、揚げだしそばがき 750円、小女子の掻き揚げ 420円、身欠き鰊 550円、たまご焼き 570円、そば焼きみそ 300円など



    20070701235617.jpg
    「手打そば 満志粉」

    ひたちなか市高野3267
    029-285-0031
    11:30~14:00 / 17:00~19:30
    月曜定休
    P8台 店内禁煙






    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    つくばランチ食べ歩き2様
    コメントありがとうございます。

    本当にそうですよね・・。
    こちらの、粗挽きを是非食べに、再訪したいと思っています。

    つくば様も、美味しいお店ありましたら、どうぞ教えてください(^^)
    2007/12/09(日) 12:08:55 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ここも行きました。
    このサイトの茨城の店が気になって、つぎつぎと行ってます。

    この店もさすがは名人という感じですね。
    2007/12/08(土) 22:17:50 | URL | つくばランチ食べ歩き2 #WzzJX4NY[編集]
    ふつ~様
    「木挽庵」も、前回尋ねたんですが、「蕎麦売り切れ」の札がかかっていて、泣く泣く・・。

    なので、今回はこちらに伺ってみました。
    いやはや、それにしても蕎麦屋ほんっとに多いですよね、この辺りも・・・
    2007/07/14(土) 07:45:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    この辺には
    彼の有名な木挽庵もありますし、田圃の中には他にもいろいろありますね、遠くてなかなか行けませんがぼちぼちです・・・
    2007/07/13(金) 23:35:05 | URL | ふつ~ #h2xkut0A[編集]
    T様
    うふふ(^^)。よかったです。
    そうそう、延期のままですもの、やりましょう♪
    2007/07/03(火) 09:52:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    満志粉、いいですよねえ。見てるだけで涎が…。
    頓挫してしまった水戸ツアー、やらないとね。
    2007/07/03(火) 08:12:01 | URL | T #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >