FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    青梅 「月夜の童屋」
    2007年07月16日 (月) 22:53 | 編集
    連休最後の一日。お天気にもなったし、すっかり気に入ってしまった「Fukushimaya」に買い物がてらに、ちょっとドライブ。

    20070716224014.jpg
    新青梅街道から新奥多摩街道へ入り、程なく進む道沿いに、ゆったりとした駐車場を携えたモダンな黒塀のお店が突然現れる。

    月のイラストが描かれた赤い暖簾が、ほのぼのとした印象を齎す、なんだか素敵な佇まい。


    20070716224419.jpg

    車を停めると、お店の横に鳥居のような門があり、風流な風が吹き抜ける。
    まるで、どこかの山道へ続く入り口かのよう・・・

    青梅市河辺 「手打そば 月夜の童屋」


    20070716223900.jpg
    ワクワクドキドキしながら鳥居を潜ると、金魚の泳ぐちょっとした池などがある石畳が続く。小道の周りを木々や植栽が囲み、このちょっとした間を歩いているだけでうれしくなってきてしまう。 

    しかも、ふっと顔を上げると・・・、


    すぐ下は崖になっているようで、この景観・・・。

    20070716224357.jpg

    奥多摩の山並みの景色にしばし見とれながら、さてと前へ進むと、木々に埋もれるかのようにひっそりとした扉に行き当たる。

    20070716224450.jpg

    木々の陰りに、ほんのり灯る豆電球。何の看板もなく、山奥の草庵か、まるで隠れ家の扉のよう。

    20070716224204.jpg
    どっしりとし扉を開いて入った店内は、明かりを落としたしっとりとした空間。ほんのり照らされる白熱球の橙色の明かりが柔らかく、木々の暖かみにあふれてる。
    ずらりとお酒の並んだ一枚板のカウンター席が窓に面し、テーブル席が3卓、畳の間には小あがりがゆったりと配されていてる。

    2時になろうとする時間、それでも店内はほぼ5分の入り。皆休日の昼下がりをゆっくりと寛いでいるよう。「お好きなところにどうぞ~」と通され、カウンターがとてもゆったりと作られているので、そこに並んで腰を下ろす。

    冷たい蕎麦茶とお絞りが出され、テーブルに置かれた品書きを広げると、蕎麦は「ざるそば」と土日限定の「十割蕎麦」。その他、いくつか冷たい蕎麦も温かい蕎麦も並ぶなか、面白いのは「トッピング」にたまご、温泉たまごが書かれてる。たまご好きとしてはどうしても気になってしまって、私は「ざるそば」とこの「温泉たまご」を。

    一方彼は、「サイドメニュー」にミニネギトロ丼と牛丼があったのがうれしいらしく、「ざるそば」と「ミニ牛丼」を。

    20070716224056.jpg
    頼むとまずは、卸し金に載せられて山葵が出てくる。瑞々しい切り口の山葵を摺ると、甘みのある山葵で質がいい。

    これは・・・、奥多摩の山葵かなぁ。


    摺りつつ壁に描かれた招き猫をほのぼのと見つめながら待つと、しばしして目の前に「ざるそば」が置かれる。

    20070716224608.jpg

    丸型の笊にこんもり盛られた蕎麦は、薄い茶色のやや平打ちの中細の蕎麦。

    20070716224555.jpg

    北海道幌加内の蕎麦を二八で打った蕎麦を手繰りよせると、軽やかな香りが鼻腔を掠める。

    20070716224523.jpg

    口に含むと、しっかりとした腰。すすり込むというよりは、ちょっとかみ締めて頂くと、もちもちとした感触が心地いい。かみ締めるのが楽しく、食べ進めるとほのかに蕎麦の風味と甘みが感じられる。

    20070716224121.jpg20070716224134.jpg

    やや甘めの鰹の風味の濃い目の汁でまずはこれを楽しみ、その後でさてさて、と温泉たまごへ。まずはそのまま箸を入れると、鮮やかな黄身が現れ味が濃い~heart.gif
    お好みで頂いて下さい、と言われたので、ちょっと迷いながらもこれに汁を注ぎいれ、たまごを蕎麦に絡めて頂くと、これがまった~りとしたたまごのコクが加わり、これはたまらない buchu-.gif

    すっかり夢中で食べ進めてしまう。しかも、底が丸く下がった笊なので、量もたっぷり。これだけでかなりお腹も満足に。
    この腰のしっかりとした蕎麦は、温かい汁に放っても美味しいだろうな・・・と、新たな興味まで。

    20070716224505.jpg

    彼の牛丼(漬物付き)も又、ミニにしてはかなりきちんとした量で、町場の牛丼というよりは、スキヤキ風の味付け。お肉も柔らかく、何よりも味付けがとてもいいと、彼も満足そう。

    20070716224039.jpg
    やや白濁した蕎麦湯を頂きながら、目の前に置かれていたミニアルバムを手にすると、焼酎のリストがずらり~と。芋、麦、米、黒糖などなど、かなりの種類。しかもほとんどの焼酎が、一杯290円というのだから、これはうれしい。

    ん~、車でなかったらなぁ・・・ase.gif


    お料理も手ごろな価格から揃っているし、しかもここも中休みがないらしい。近くにあったらどんなにか・・・、とご近所の方がうらやましくなってしまう。
    とは言え、このゆったりとした雰囲気で頂くお昼も、又これはこれでいいものも。

    きびきびと動く花番さんの対応も心地よく、お勘定を。帰りにはサービス券 m001.gif まで頂いちゃったし、今度はこちらの「十割そば」も頂いてみようかな・・。

    久しぶりの青梅の蕎麦。ご馳走さまでした~hahha.gif
    ん~、ここも又、走る先々にも気になるお店がいくつもいくつも・・・。


    *お品書き
    ざるそば 840円、十割そば(土日限定)1,050円、とろろそば 1,050円、辛味大根おろし 950円、車海老と野菜の天ざる 1,575円、かけ 787円、たぬきそば 840円、山かけ 1,050円、車海老の天そば 1,260円、月見そば 945円、ざるうどん 840円、カレーうどん 945円、味噌煮こみうどん(ご飯付)998円、鍋焼きうどん 1,155円など
    たまご 84円、温泉たまご 157円、ミニねぎとろ丼、ミニ牛丼 350円

    そば味噌 105円、漬物、塩辛 315円、板わさ 399円、もつ煮込み、牛皿 420円、出し巻き 682円、ちりめんじゃこの掻揚げ 682円、小海老と貝柱の掻揚げ 735円など・・
    ビール 430円、出羽桜、天狗舞、八海山、久保田千寿、澤ノ井純吟 630円~、焼酎多数 各290円


    20070716224110.jpg
    「手打そば 月夜の童屋」

    青梅市河辺町1-800
    0428-23-677
    11:30~20:30
    火曜、第三水曜定休日
    2時まで禁煙 P多し




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ソバツユ様
    さすがっ・・・、行かれていましたか。。

    この辺り、本当に迷ってしまいますよね(^^)
    何度も何度も通わなくちゃ~・・と、行く毎に思ってしまいます。
    そうそう、奥多摩の山葵はいいですよね♪
    2007/07/18(水) 20:51:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    以前に一度
    自転車で青梅まで行った往きに見かけて入りました・・・
    奥を廻って入るから落ち着けました、雰囲気はよかったですね♪
    お蕎麦の味は覚えていません(失笑)
    お陰ですっかり忘れていたお店思い出しました・・・
    多摩の山葵良いですよね、これからの青梅楽しみにしています♪
    2007/07/18(水) 16:10:00 | URL | ソバツユ #tHX44QXM[編集]
    よ様 (って、もしかして・・・)
    ということは・・、私はラッキーだったんですねぇ。
    台風あとだったかしら?割合すんな~り入れてしまいました。

    おおっ、エビスも430円?(小瓶の値段ですねぇ)。しかも、焼酎も・・。
    と、車での身にはつらいのですが・・(^^;;

    へそ??
    2007/07/18(水) 10:33:42 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    真秀様
    ぜひ、いい感じのお店ですよ♪
    とはいえ、ここに来る間にもいくつも行ってみたいお店が次々にあって、迷ってしまいそうです(^^;;

    こちらにお出かけの時には、ぜひ、FUkushimayaで、お刺身やお肉、卵も(^^)
    あ、プリンも美味しいんですよ~
    2007/07/18(水) 10:31:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ぱぽ様
    一度行ってみたいな、と思っていたんです。
    本当、あのイラストがほのぼのとしていて、居心地のいいお店ですね。
    今後は、ぜひ、お座敷に座ってみます。
    そうなんですよ~、焼酎安いですよね!
    ミニは、牛丼とネギトロ丼がありました。
    2007/07/18(水) 10:29:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    Manoa様
    コメントありがとうございます。
    そうそう、ちょっとトイレはびっくりしちゃいました(^^;;

    17時過ぎ・・、
    っていうと、私たちの方がちょいっと早かったっ。
    本当に、またまたニアミスですね。
    昭島の養鶏場?
    あ、それも行ってみたいです。今回は、Fukushimayaでいつもの卵を・・・。
    よかったら教えてください(^^)
    2007/07/18(水) 10:27:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なんどかお店の前には
    行ったことはあるのですが、いつも休日は
    クルマがずらり・・・ってのを見て、ついつい
    退散!!

    一度だけ平日の2時頃かな?伺いました。
    焼酎瓶の並ぶカウンター。

    あそこって、エビスビール中瓶が確か450円??
    ・・・430円か!!驚きの低価格。お薦め。
    (私としてはもう少し不便なロケーション??
    の方ががよかったな・・・なんて・・・汗)
    ヘソがグニュ~なんです!!
    2007/07/18(水) 00:27:32 | URL | よ #-[編集]
    いつもは、
    この辺は、青梅街道をそのまま
    上がって行ってしまうのですが、
    こんなお店が有ったのですね。

    寄ってみなくては。
    2007/07/18(水) 00:01:45 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    素敵なお店ですよね
    わたしも過去に2~3回行ってますが、かわいらしく雰囲気が
    あって気に入ってます。焼酎の一升瓶の並ぶカウンターも
    いいし、多摩川の臨める座敷もいいです。
    そしてyukaさんの絶妙な記事がお店の魅力を余すところなく
    伝えてますね、さすが。
    また行きたくなっちゃいました。焼酎290円てのとミニ牛丼が
    あるってのは知りませんでしたよ(笑)。
    2007/07/17(火) 18:36:38 | URL | ぱぽ #-[編集]
    超ニアミス
    雨上がりもいい雰囲気ですね。
    トイレが外にあるプレハブなのが、唯一の難点かな。
    連休最終日の昨日は、私も17時過ぎに福島屋に居ました。
    卵は昭島で発見した養鶏場で買いましたよ。
    まだ食べてませんが。
    2007/07/17(火) 15:24:33 | URL | Manoa #NQlQj7kE[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >