FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    駒込 「玉江」
    2007年07月26日 (木) 10:06 | 編集
    かなり前に、ソバリエさんの情報を見て以来、ずっと行ってみたいと思っていたお蕎麦屋さん。完全予約制の上、4人以上から…とのことで、なかなか行けずにいたこところ、申し出たらあっという間に人数も揃って念願の「蕎麦会」へと…。

    予約の電話を入れてお話したご主人がとても感じがよく、もう何日も前からわくわく love.gif
    各々現地でということで、駒込の駅から住宅街の奥のお店へと地図を見ながら向かう。

    全くの住宅街の中、何とか探し当てたお店は、とてもシンプルな佇まい。気をつけなくては全く気づかずに通り過ぎてしまいそうな店に、小さく掛けられた看板だけが目印。
     
    20070726093827.jpg

    駒込 「手打そば 玉江」

    全日予約のみの、秘密のお蕎麦屋さん。

    途中でばったり友人と出会い、二人でどきどきしながら扉を開く。靴を脱いで上がると、テーブル席が並べられたすっきりとした店内に、日の光の注ぎ込む清潔なひとつの部屋。既に着いていた友人たちが座っていてほっと…futt.gif
     
    20070726093512.jpg
    テーブル席には、一人ずつ今日の献立が、丁寧に書かれて置かれてる。
    こういう演出だけで、もうなんだかとてもうれしくなってしまう。
    初めてお会いしたご主人も又とてもいい方で、すっかり気持ちもほぐれてくる。


    献立と一緒に、予め用意されているのが、「揚げ蕎麦」と「蕎麦味噌」。

    20070726093748.jpg

    ようやく人数も揃ったところで、キリンとハートランド二種類のビールを出して下さり、まずはこれで乾杯。
    ぱりぱりとした揚げ蕎麦の塩加減もよく、非常に香ばしい(いつの間にかなくなっていた? tententen.gif ) 。 蕎麦味噌はかなりこってりとしたもので、これは日本酒に良さそう~。

    20070726093500.jpg
    と、「こちらに日本酒も用意してありますので、お好きにやって下さい」とのこと。
    「浦霞」「一耕」「八海山」の三種のお酒が、それぞれ素敵な片口と用意されている。

    す、すごい…。
    聞いていた以上の配慮に改めてびっくり。


    と、次第にお酒へと…と、楽しみ始めたところで、まずは「蕎麦クレープ」が大皿に豪快に盛られて出される。(これは4人分)

    20070726095822.jpg

    蕎麦粉十割で焼かれたクレープに、きゅうり、白髪ねぎ、かいわれ大根に錦糸玉子が並べられ、これに自家製の蕎麦味噌を載せて頂くというもの。

    20070726093411.jpg20070726100700.jpg

    肉や様々な野菜などが練りこまれたこの蕎麦味噌は、なんて奥が深いんだろう…。味噌の味の中に優しく複雑な旨みが凝縮されていて、これだけででも食べてしまえそう。
    その蕎麦味噌を、クレープに載せ、野菜や卵をくるんで頂く。蕎麦粉十割だからだろうか…、非常に軽やかな口当たり。かみ締めるとふわりと溶けてしまうような滑らかさのあるクレープで、これはいい。蕎麦味噌に野菜がうまく合い、ペロリと頂いてしまえる一品。

    20070726093627.jpg
    ほっとしたところで、テーブルの横に置かれていた「火群(ホウロ」から焼き海苔と、薄い板若布が炙られたものが出される。

    とろり~と、すぐに口の中で溶けていくような海苔の美味しさ、海の香ばしい味わい深い若布にお酒も進む。


    と、お酒にあまり強くない友人が「お水を…」とお願いすると、ご主人が「韃靼蕎麦茶」をピッチャーで出して下さる。私もちょっと頂くと、この韃靼蕎麦茶の美味しいこと。これまで飲んだ蕎麦茶の中で一番香ばしく、味わいのあるお茶かも…。

    などと、感動してると各々にほかほかと湯気の立つ「早そば」が出される。
    20070726094815.jpg

    蕎麦掻きとは又違う、この「早蕎麦」。とろ~りふわっふわの蕎麦に、細切りにされた大根が混じり、とてもいいアクセント。これに浅葱、海苔、山葵が添えられ、蕎麦汁をかけて頂くと、もう、目じりが下がってしまいそうな位に、優し~い味わい。蕎麦の香ばしさに、口当たりの優しい食感。お粥よりも体に染み入るようで、これはいいな~…。

    頂きながら、ひとつひとつ説明して下さるご主人のお話も興味深く、ご主人のお人柄がじわじわと染み入ってくるよう。
    と、しみじみしたところで…

    次の品は、「鴨の南蛮漬け」(4人前)。

    20070726095307.jpg

    これも大皿に豪快に盛られた鴨肉がたっぷり。しかもこの鴨肉がとても柔らかく、ほろっとこぼれ鴨肉の旨さがしっかりと味わえる。南蛮漬けの味付けもよく、これはいい。添えられた葱もとろとろに柔らかく、鴨の旨さがじっくりと染み入って味わいのある葱。ん~、やっぱり鴨と葱の相性はいいなぁ。

    あっという間に皆で食べてしまうと、続いて「そば法度」が各々、これも湯気を立てて出される。

    20070726095533.jpg

    大根にきのこ類など、たっぷりの野菜に板状に切られた蕎麦が、とても優しいしみじみとした出し汁に浸されて出される。

    江戸時代に、南部藩主が蕎麦は贅沢だ、と禁じていたそうで、「蕎麦切り」ではないと言い逃れて食べていたところから、「蕎麦法度」の名前になったという平たい蕎麦。

    20070726095359.jpg

    まずは頂くこの汁が、格別に美味しい。体の芯に染み渡るような、しみじみとした味わい。鰹の出汁だけですよ、とおっしゃっていたが、様々な野菜から出る出汁が、上品な中に入り込められ、これはもう、たまらない。
    そして、その中にある板蕎麦も又、口に含むとほろほろとして溶け広がり、蕎麦の風味を残していく。この汁に合わさり幸せな気分になってしまう…。当時の庶民の人々に思いを馳せながら大事に頂く。
    一概に「蕎麦」と言えども、いろんなものがあるんだなあ…。

    と、すっかり満足に浸っていると、テンポよくさらに「蕎麦掻揚げ」。

    20070726094955.jpg

    一口大に作られた蕎麦掻きは、表面がカリカリと揚げられ、たっぷりの大根おろしが添えられて出される。これに蕎麦汁をかけて…

    20070726094924.jpg

    口に運ぶと、まるで耳たぶのようにふわっとろっ。表面のカリカリとした歯ごたえも気持ちよく、口の中で解けて行くような上品で軽やかな蕎麦掻き。大根おろしのぴりりっとした辛味が又、清涼感を感じさせ、これはいい。
    ん~…、なんてレベルの高い蕎麦料理。ずっと蕎麦のお料理が続いているにも関わらず、飽きのない素晴らしい献立に、すっかり関心してしまう。

    そして、最後のお料理は、締めくくるかのようなしっかりとした味わいのある「なすのそばみそ掛け」。

    20070726095326.jpg

    一度素揚げされた、細切りの長ナスにししとう。それに掛けられたそばみそは、甘さのない味噌の味わいが堪能できるまったりとしたもの。
    最後の締めくくりにとてもいい。

    ここで、ほっと改めてお酒をじっくり頂き、〆の「せいろ」蕎麦に。

    20070726095854.jpg

    丹精に切りそろえられた細切りの蕎麦で、その切り口は凛々しく角が立っている。顔を寄せると、強くはないがふわりと蕎麦の香りが立ち込める。常陸秋蕎麦で打った二八の蕎麦。

    20070726095914.jpg

    よく見ると細かな蕎麦の粒が表面を覆う、粗挽きの粉も含まれた蕎麦を口に含むと、しっとりとしたしなやかな腰。ゆっくりとかみ締め味わうと、優しく蕎麦の風味がゆっくりと広がっていく。

    20070726095837.jpg

    趣味から始めたそうだが、蕎麦打ちを始めて20年になるそうで、ご主人のお人柄が表れたような温かみのある蕎麦。

    鰹の風味の立つすっきりとした辛汁のバランスもよく、これだけ頂いた後だというのにすっかり頂いてしまう。何人かはさらにお変わりまでも…niko.gif

    20070726095343.jpg

    そしてうれしい、最後の「デザート」は、柚子ゼリー。ほんのり甘酸っぱい、ぷるぷるのゼリーが、食後にとてもうれしい一品。
    いやあ、心から大満足のお食事会に…hahha.gif

    十分すぎるほどの、とても丁寧で暖かいお持て成しのお料理に、お酒も頂き…、なんて贅沢なひととき。しかも、「埋めてみて」、と、「常陸秋蕎麦」の玄蕎麦のお土産まで頂き、なんだかじわっm002.gif としてしまうような、心に温かいものを感じて…。

    本当に、ご馳走さまでしたhahha.gif
    そして、心やさしいお持て成しを、ありがとうございました。
    又、ぜひぜひ…訪れたい。

    皆様も、お付き合い下さり本当にありがとうございました~niko.gif


    *おまかせ 4,000円~

    20070726093532.jpg
    「手打そば 玉江」

    文京区本駒込5-34-6
    03-5814-0977
    03-5814-0955(そば工房)
    全日予約制





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/02/23(水) 09:31:07 | | #[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/02/12(土) 00:03:35 | | #[編集]
    グルメF様
    コメントありがとうございます。

    そうだったのですか・・・。

    私も最近、食べログでのランキングなどを見て、
    す、すごい・・
    と思っていたところです。
    しかも完全予約のお店、大変なんじゃないだろうか、と。。

    なんだか、びっくりして・・・しまっています。
    2008/07/02(水) 14:26:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    主人と話ました
    はじめまして、スゴイ蕎麦ブログですね。
    さて、玉江ですが今は6千円と直接出向いて聞きました。
    さらに値上がりしたということでしょうか。
    こんなつもりじゃなかったとも言ってました。
    反響に戸惑っているご様子です。
    できれば休みたんだとも。
    従いまして予約はしませんでした。
    2008/07/01(火) 00:16:24 | URL | グルメF #e29PEQhk[編集]
    ジゲン様
    早速読ませて頂きました。
    もうもう~
    どんなに有意義な時間をお過ごしになられたか、しっかりと伝わる力作!

    なんだか、私もとてもとてもうれしかったです♪
    ご主人の笑顔が、脳裏に浮かんできました・・・。

    ああ、私もまた、
    行きたくなっちゃったです。。
    2008/04/16(水) 20:00:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    行ってきましたよ!
    こんにちは。

    行ってきましたよ。
    御主人とも思いっきり意気投合しました。

    値上げしたのか?
    5,000円だったですが、ぜんぜんOK!
    一升瓶ほとんど空っぽにしました。(笑
    超楽しかったですよ。
    食べログにもっといろいろ書きたかったのですが、4000字制限があるのでトホホ・・・ま、いいや。(笑

    ほしひかる殿、yuka殿に感謝感謝です!
    2008/04/15(火) 22:36:15 | URL | ジゲンACE #mQop/nM.[編集]
    ジゲン様
    まあ、羨ましい~です(^^)。
    思う存分楽しんできてください。
    「食いしんぼ万歳」に加わるのを楽しみにしてます♪
    2008/03/16(日) 10:22:59 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    楽しみ~
    こんにちは。

    4月13日、訪問してきます~

    楽しみです~
    2008/03/15(土) 15:07:37 | URL | ジゲンACE #mQop/nM.[編集]
    みっきー様
    うふふふ(^^)

    アリだったんですよ~。
    たっぷり・・、堪能してきて下さい♪

    ぜひぜひ、感想、お待ちしています!
    あー、
    私も又、行きたくなっちゃいました~・・・
    2007/09/12(水) 21:27:24 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    す、すごい。。。
    yuka様、早速のご回答本当にありがとうございます!
    うへえ、このお料理がお酒代込みで4000円って、本当にそんなことアリなの?アリなの~~~!!!
    近々確認してまいりますね。ますます訪問が楽しみになってまいりました。(^ー^)
    2007/09/12(水) 17:42:24 | URL | みっきー #-[編集]
    みっきー様
    うふふふふ(^^)
    そうなんですよ、そうなんですよ、
    信じられないですよね。
    私も、お酒込みの、4,000のコースでした。
    (ブログの中のもの、すべてです!)
    本当に、素晴らしいお店です!

    ご主人にもよろしくお伝え下さい。頂いた苗もすくすく育ってますと・・・。
    2007/09/11(火) 18:39:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こちらのコースはおいくらでした?
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    こちらのお店、あまりにも素敵な紹介文に感動し、早速予約してしまいました!
    同行予定の者も、ブログを拝見し、物凄く楽しみにしています。
    が、電話で「4000円のコース」をお願いしたものの、はて?このお値段でご紹介のすばらしいメニュー全て出していただけるのかしらと心配になってきました。
    yukaさんが召し上がったのはおいくらのコースですか?また、お酒代はどのぐらい見込めば良いでしょうか?
    あつかましくて申し訳ないですが、教えてくださいますと助かります。どうぞよろしくお願いします! m(_ _)m

    2007/09/11(火) 18:03:27 | URL | みっきー #-[編集]
    のんべい様
    人数は交渉次第でなんとかなると思います。本当に気持ちのいいご主人で、とても温かな心地になるひと時でした。
    ご家族で伺うのもいいですね(^^)。

    駒込、帰りにのんびりと散策しましたが、和やかでいい町でした。ゆっくりと歩いてみたい感じです。
    2007/07/28(土) 08:36:50 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ☆まがり★ 様
    そうっ、価値あるんですよ~(^^v

    気が向いたら・・・、ぜひ。
    2007/07/28(土) 08:35:02 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    元地元住人です
    駒込で生まれて育ちましたが、地元を離れて30年もすると様変わりするのですね
    知りませんでしたが、美味しそうですね~
    4人からの予約制が一寸引っかかりますが
    前に益子で山菜料理+手打ち蕎麦に家族
    6人で行った事を思い出しました
    家族で是非行きたいと思います
    2007/07/27(金) 12:39:42 | URL | のんべい #fiYwLGL2[編集]
    唾気が止まりませぬ
    美味しそうな料理ですね~
    く~堪らぬ
    でも予約制ってのはちょっと苦手かも
    その価値は充分にありそうですが
    2007/07/27(金) 12:10:07 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >