FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    青梅市 「和楽」
    2007年08月11日 (土) 21:58 | 編集
    ここ何日も続く猛暑。朝から既に熱を帯びた風が吹くのに、ぐんなり。
    少しでも涼を感じられるところへ・・・と、前回通りがかったお蕎麦屋さんに寄りながら、奥多摩の方へ行ってみようか、と向かってみることに。

    そろそろ東京から移動しているようで、道もいつもよりは空いている♪。新青梅街道を進み、青梅市へ入り、「青梅新町」の交差点を左折すると、道沿いにまだ新しそうな趣きのあるお店が目にとまる。

    20070811215138.jpg

    前回、はこのお店の前を通り、大きな緑の暖簾が気になっていたところ・・・。
     
    石臼 自家製粉 「そば処 和楽」


    車を止め、扉を引いて入ると、所々に禅味ある飾りつけなどしつらった、ほどよくまとまった店内。入ってすぐ横には、「本日の蕎麦 : 茨城堺町 」と産地の書かれた紙の張られたガラス張りの打ち場があり、期待が高まる。 

    その打ち場の向かいに一枚板でできゆったりとした8人がけのテーブが鎮座し、その奥にちょっと高めにつくられた小上がりの席が4卓。
    テーブル席の方に腰を下ろし、品書きを広げると、「ああ・・、多摩地区ってやっぱりいいなぁ futt.gif」 なんて、思ってしまうリーズナブルなお品書き。鴨汁や肉汁にもとても惹かれたけれど、さすがにこの暑さ、やはりせいろでさっぱりと頂きたくて、「天せいろ」をお願いすることに。

    20070811214820.jpg
    頼むとすぐに、鮫皮の卸に山葵が出される。鮫皮の卸がねは時々見かけるけど、ハケまで付けてくれるのは珍しいなぁ。

    それを擦りつつ、お蕎麦を待つのも楽しい時間。
    「山葵、せっかくだから、奥多摩で買って来ようか~」なんて話ながら。


    そして、程なくして目の前に「天せいろ」が、にこやかな笑顔で出される。抹茶塩の添えられた天ぷらに、蕎麦、それに薬味には大根おろしと浅葱、蓋付の小鉢に刻み海苔も添えられ、「よかったらお蕎麦に乗せて食べて下さい」とのこと。

    20070811215258.jpg

    まずはお蕎麦から・・・。顔を寄せると、この時期にも関わらすふわり~と香る香ばしさがうれしい。

    20070811215401.jpg

    手繰り寄せると、丹精に切り揃った蕎麦には、びっしりと透明感のある蕎麦の粒が込められている、粗挽きの蕎麦。

    20070811215321.jpg

    口に含むと、適度な腰かげんが歯に当たり、プツンっと切れ喉元をするりと通りすぎる。歯離れがいい蕎麦で、さすがに時期的なものもあって強烈な風味とまではいかないが、そこはかと蕎麦の風味を感じられる、上品な粗挽き。

    汁は優しく漂う鰹の風味のやや薄めの汁で、どっぷりと漬けてもいい感じ。何よりも、擦りながら、ねっとりとした感覚のある山葵が美味しい。

    20070811215243.jpg

    一方天ぷらは、素上げのような甘くてホクホクのサツマに、ピーマン、ナス、エリンギ、カボチャ、そして立派な海老と、これも盛りだくさん。始めはさくさくっと美味しいのだけど、やや時間が立つと、ふにゃっとしちゃったのが残念ではあるけど、豪華な盛り付けに満足な天ぷら。

    20070811215345.jpg

    しかも・・・、150円増しの彼の大盛りの盛り方は見事っっ。山だっ。

    やや白濁した柔らかい蕎麦湯を注ぎ頂くと、ぺこぺこだったお腹も大満足。ふっと厨房を見やると、ご主人も、接客をして下さった奥様(?)も、凛々しく素敵な美男美女。ううむ・・、お蕎麦屋さんって、美男美女が多いなぁ、なんて思ってしまったり~・・。

    「ありがとうございました~niko.gif」と、気持ちのいい明るい声で、お二人で言って下さるのもとても気持ちよく、お店を後に。

    ご馳走さまでした~hahha.gif
    ぜひ、次回は、こちらで「鴨汁」か「肉汁」も頂いてみたいな~・・・

    さてさて、奥多摩に山葵漬けを求めに。。


    *お品書き
    せいろ 700円、肉汁 850円、鴨汁 950円、とろろ 850円、天せいろ 1,300円、かけ 700円、肉南蛮 850円、鴨南蛮 950円、天麩羅 950円、とろろ 850円、鍋焼きうどん 1,100円、味噌煮こみうどん 1,000円、天丼 1,000円、卵丼 650円、親子丼、開花丼 850円

    天麩羅 1,000円、鴨焼き 650円、おでん、もつ煮込み、板わさ 500円、そばがき 800円、澤ノ井、麒麟山 500円など



    石臼 自家製粉 「そば処 和楽」

    青梅市新町8-20-9
    0428-33-0141
    11:00-20:00
    火休
    禁煙(と思う)P1台


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ・・・様
    コメントありがとうございます♪
    肉汁・・、次回は頂いてみますね(^^)

    あ、もうたくさんありますよ~。
    なかなか全部行けてなくて、うずうずしているところです。

    2008/06/22(日) 07:52:29 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008/06/20(金) 23:16:59 | | #[編集]
    お笑い芸人様
    コメントありがとうございます。
    お近くなんてうらやましいです。是非♪
    お料理もおでんなどから揃っていて、良さそうでした。

    店内もゆったりと落ち着いた清潔だし、お蕎麦もよかったです。奥様もとても気持ちがいい方で・・・、とてもうらやましく思ってしまいます(^^)
    2007/08/16(木) 16:26:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    この店ご近所なのですが、まだ行ったことがありません。

    こうやってyukaさんに画像付きで紹介頂くとヨダレが・・・。

    食べに行きたいなって思いました!

    お食事をしながらの画像撮影ご苦労様でした。

    これからも良いお店を紹介してくださいね!

    楽しみにしています!
    2007/08/16(木) 10:10:34 | URL | お笑い芸人 #/hUTybz.[編集]
    よ・・・・・・様
    はい、とてもきれいな蕎麦でした。
    気持ちのいい奥様の接客も、心地よかったし、がんばって欲しいな、と。

    又、訪れてみようと思います(^^)。
    でも、この辺り、ちょこちょことお蕎麦屋さんが点在していて、迷ってしまいますね~
    2007/08/12(日) 08:26:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    以前少し通いました
    一生懸命やってらっしゃるお店です。
    今後ともご贔屓ください。

    ご主人、女将ともまだお若い方々、
    店も2年目くらいですかね?

    蕎麦は頑張ってると思うんですよ。
    (こんな素人が思うだけです・・・)
    筋がいいなって思いました。

    2007/08/12(日) 01:12:35 | URL | よ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >