FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    新小岩 「北乃屋」
    2007年09月10日 (月) 21:53 | 編集
    土日庵を後にし、新小岩駅方面へ。
    先日、とあるきっかけでお会いしたご主人のお店へ訪れてみよう~と。

    目指すお店は、蔵前橋通りから曲がった、車の行きかう環七沿い。高い看板が遠くからも目に付く、駐車場のたっぷり取られた、日本家屋風の広々としたお店。

    20070909211730.jpg

    江戸川区興宮町 創業大正13年 「手打そば 北乃屋」  

    通りから入り口へ入ると、品書きのサンプルが店頭に置かれた、老舗の蕎麦屋ならではの佇まい。

    扉を開き入ると、大きく窓の取られたとてもゆったりとした一つのフロア。ちょっと民芸調和風のファミリーレストランの風情もあるが、年季積み重なったしっとりとした空気が流れてる。
    どのお客さんも、気取らずのどかに食事をしたり、憩っている様は、これはこれで、とてもゆったりと落ち着いた空気。  

    にこやかに通して下さる花番さんの接客も気持ちよく、テーブル席の一つに腰を落ち着けると、前の壁にずらりと木の札に書かれ掛かった品書きがとてもリーズナブル。
    改めて、置かれている品書きにも目を通すと、蕎麦からうどん、丼ものに定食などなど、バリエーションに富んでいて、あらゆるニーズに対応できそう。

    ふっとドライブ途中に、あるいは、仕事の途中にでも、こういうお店があったなら、とても便利だろうな~などと思わせられる。

    と、ご主人も顔を出してくださり、少々お話なども。
    まだお若いながらも、落ち着いて穏やかそうなご主人は、三代目の貫禄もあり、見ていても頼もしい 。せっかくなので・・・、と、再び冷酒を頂き、ちょっとゆっくりとさせて頂くことに。
    片口の器で出される冷酒には、たっぷり2合は飲めそうな程の蕎麦味噌が、こんもりと添えられるのもうれしいサービス。
     
    それと、これもいくつか並ぶお料理の中から、「お新香盛り合わせ」と、「出し巻き玉子」を。

    20070909211929.jpg

    これで、270円っっwao.gif、とびっくりのお漬物は、糠漬けに浅漬けがたっぷり盛られて、どれもが美味しい漬物。うれしいな~。

    20070909211744.jpg

    作り置きではなく、きちんと焼きたての出し巻き玉子には、屋号が刻印され、大根おろしもたっぷりと。熱々のうちに口に運ぶと、しっとりとした出汁巻きで、こちらはほんのり甘めの、ご飯にも合いそうな、関東風の玉子焼き。お店それぞれで、玉子焼きの違いが表れ、食べ比べるのもこれまた楽しい。

    ゆったりとした空間で、のんびりとさせて頂き、さてお蕎麦を・・・。
    種物も各種揃っていて迷いそうだったけど、やはり基本の、「もり」と「かけ」を頂くことに。

    20070909211826.jpg

    福島県産の石臼挽き粉をブレンドして打たれた二八の蕎麦は、切り幅、長さのムラのない正当な江戸前の蕎麦。

    20070909211808.jpg

    手繰り口に含むと、しゃきっとしたしっかりとした腰。そして何よりも喉越しが清々しく心地いい。噛み締めるとほんのりと蕎麦の風味も漂い、セットや定食でもこの蕎麦が頂けるのは何ともうれしい。
    汁は、やや甘めではあるが、しっかりと出汁の取られたもので、万人受けする汁も心得たものと伺える。

    20070909211904.jpg

    一方かけ蕎麦も、これも旨い。見た目から想像したよりも、すっきりとしたかけ汁は、これも出汁が旨く取られたすっきりとしたかけ汁。しかも、温かい汁の中でも、しゃきっとした腰を失わずに楽しめる。

    頃合を見て出された蕎麦湯に、これまたびっくり。真っ白に白濁した濃厚なポタージュ仕立ての蕎麦湯で、かけ汁に注ぎいれて頂くと感動的。こういうお店で、こんな蕎麦湯が頂けるのも・・、これも又珍しく、ご主人の気合が伝わるよう。

    すっかり楽しみ、最後には挽きたての珈琲で食後のひと時まで。
    こういうお店も、やはり貴重なお店。何だか、全く違うタイプの2軒で楽しさもひときわ。

    ご馳走様でした~hahha.gif
    こちらも来て見てよかった・・・。お兄様と二人三脚で、ご家族揃って営むお店の暖かさ。いつか車で通りがかったら、是非又訪れてみたいな。


    *お品書き
    もり、かけ 550円、なめこそば 850円、つけとろ 900円、鴨せいろ 1,260円、天せいろ 1,575円、きのこそば 800円、あんかけ、月見、かき玉、おかめ 850円、カレー南蛮、山かけ 840円、鴨南蛮 945円
    カツ丼、親子丼 945円、そば定食、カツカレー定食 1,000円、カツ定食 1,050円、日替わりランチ 840円など


    20070909211602.jpg
    「手打そば 北乃屋」

    江戸川区興宮町10-1
    03-3651-4704
    P16台





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ☆まがり★ 様
    ほおお・・・、七五三のバイト!
    何を隠そう(笑)、私も実家の近くの神社で、赤い袴を履いて、七五三のバイトしたことがあるんですよ~。
    あ、もちろん、年末年始の神社も兼ねて。

    そろそろ、季節ですねぇ。。
    2007/09/11(火) 18:36:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そうそう
    一見、ふつーの立ち食い蕎麦にありそうな
    かけと思わせておいて
    汁をすするとじわーっと出汁が来る感じ

    いいですね

    新小岩も一回しか行ってないないけど
    懐かしい
    改装してしまい変わってしまったが
    駅前の西友は昔最上階に劇場があって
    しかも昔ながらのいい味だしてる舞台だったの
    七五三のバイトをやってて
    普段拙者は船橋と市原だったんだが
    一回だけヘルプでアシスタントとして
    新小岩の特設会場へ行ったら
    お客さんは客席で座って待ってて
    撮影は舞台のカーテン閉めて更に中を
    半分に割って
    着付けと撮影をやってたのだ
    船橋や市原の会場とはだいぶ違うの
    と、思った次第
    お蕎麦と関係ないですな
    失敬
    2007/09/11(火) 11:37:56 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    よ、様
    でしょ、でしょっっ。
    もっちろ~ん、私がこの、刻印のトコロ食べちゃいました(^^)。

    こういうお店もいいなぁ、としみじみ思った次第。
    むつかしい事はナシで、なんだかとってもいーい感じだったんです。要は、ご主人や働いている人の暖かさなんですよね。

    ああ・・これから、熱燗の季節。
    いいですねぇ~~~~(^^0ウットリ。
    2007/09/10(月) 23:11:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    出し巻きの
    写真に感激しました。
    よいですね!!

    これからサブイ時期に向かい、是非
    こういうお店で熱燗を傾けながら、
    しるまっから小一時間半はまったりと
    寛ぎたいです!!(涎)
    2007/09/10(月) 22:48:02 | URL | よ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >