FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    夏旅行④ 那須 「蕎心庵」
    2007年09月22日 (土) 22:22 | 編集
    9月20日  

    山形から辿り着いた、那須は又雨の中。 
    やや肌寒く感じながらの、白く濁った「鹿の湯」を思う存分堪能~futt.gif

    明けた朝は、輝く太陽が照り注ぎ、最後の夏休みに相応しい。
    どこか、清里を思い出させる那須の街並みを、ゆっくりとドライブ。お菓子の館や、納豆のお店をめぐり、「二本松ホウライ牧場」のソフトクリームをほおばり、なかなかご機嫌な昼前のひと時。 

    さて・・、旅蕎麦の最後の締めくくりを、こちらで頂きたい。
    二本松牧場から程近く、西那須インターに向かう途中の通りから一本入ったところにある、お店へと。
    20070921105231.jpg

    通り一本隔てただけで、車の喧騒から離れ静かに佇む楚々としたお店。
    木に彫られた看板も、靡く真っ白な暖簾も、野の里の草庵を思わせるような、心にすぅっと入り込む魅力を感じさせる佇まい。

    那須 「そば 蕎心庵」



    暖簾を潜り扉を開くと、木のぬくもりたっぷりの、柔らかな日の光が注ぎ込む明るい店内。 
    すぐに、笑顔の素敵な若い奥様に、空いていた席に通される。

    二つフロアに分かれた店内は、清潔感に満ち、心地よい空気。 
    すべてが小上がり仕立てになり、ゆったりと配されたテーブルに、ところどころに飾られた野の花などに、心穏やかになるような暖かみのある店内。

    すぐに出された冷たい蕎麦茶が殊のほか美味しく、しみじみと頂きながら置かれた品書きに目を通す。
    せいろから始まる蕎麦のメニュー、そして心惹かれるお料理。
    その後には、ここの出汁を取った成分が細かく記された成分表なども書かれており、ご主人の拘りが感じられる。

    初めてのお店だから・・・、やはり「せいろ」を頂こうか、と思ったが、季節限定と書かれた「冷かけそば」が気になり、聞きにきてくださった女将さん尋ねると、天ぷらや薬味を別盛りで出すぶっかけの蕎麦とのこと。

    「限定」の言葉に惹かれてしまい、咄嗟にそれをお願いすることに。
     
    20070921105216.jpg
     
    程なくして出された「冷かけそば」は、すり鉢の器に蕎麦が盛られ、別にたっぷりの天ぷらに、若布、茗荷などの薬味が盛られて出される。 

    予め盛られたものと違い、こういう出され方はとてもうれしい。
    まずは・・・、別に出して頂いた蕎麦猪口に汁を注ぎ、蕎麦そのものを楽しむ。

    20070921105356.jpg

    エッジの凛々しく立つ蕎麦を手繰り、まずはそのまま口に含もうとすると、ふわり~と、フレッシュな蕎麦の香りが漂う。

    お聞きすると、既に幌加内の新そばとのこと。
    それもうれしく、口に含むと、しっとりとした心地よい腰加減。太さ長さもムラのない、丹精な蕎麦を感じながら、かみ締めると、これもふわり~と、新鮮な穀物を感じる風味が豊かに広がる。新そばで、これだけの風味を感じられるとは、と、改めて感じ入る。

    そのままでも美味しい蕎麦を、さらにあらゆる素材がきれいにまとまり、柔らかく丸みのある汁と頂き、と、すっかり半分程楽しんでしまう。

    さてさて、天ぷらも・・・heart.gif

    20070921105301.jpg

    別に盛られた「冷かけ」の具材の天ぷら、これが又とても豪華。
    素揚げしたかぼちゃを先頭に、小海老の天ぷらが4尾、さらに、ズッキーニ、ゴーヤ、ナスなどなど、置かれた粗塩で頂く天ぷらが、とても美味しい。

    では、今度は「ぶっかけ」で niko.gif

    20070921105246.jpg

    残して置いた海老と、茗荷、若布、ゴマをトッピングして、上から汁を注ぎ入れる。しゃきしゃきとした水菜や茗荷が清々しく、汁に絡まる蕎麦が、又美味しい~。
    うむむ、これはいいなぁ、一度で二度楽しめる蕎麦

    20070921105427.jpg

    一方彼は、またまた、「せいろ」の大盛で。盛り方も豪華な大盛の蕎麦。

    20070921105652.jpg
    頃合を見て出された蕎麦湯を注ぎ入れると、これもうれしい、濃く白濁したポタージュ仕立て。

    汁に注ぐと、伸びの良い、美味しい汁を実感でき、たっぷり頂く最後の幸せ。


    蕎麦の旨さもさることながら、こちらの女将さんの接客がとても気持ちいい。なんだか、こちらも幸せになってきてしまうような、暖かい笑顔に、心地よいもてなし。

    いいお店だな・・・futt.gif と、心から思ってしまう。

    那須は、近い。
    又訪れることがあったら、是非又よらせてもらいたいと思うお店。
    その時は・・、オススメの「鴨せいろ」を頂いてみようかな。。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    あっという間の夏休み。
    今年も又、どこも皆、思い出深いなぁ・・・futt.gif


    *お品がき
    せいろそば 750円、とろろそば 1,200円、鴨せいろ 1,400円、天せいろ 1,350円、きのこおろしそば 1,100円、冷かけそば 1,250円、辛味大根 100円、大盛 250円

    きのこおろし、漬物 350円、黄金ゆば刺し 650円、鰊甘露煮 600円、玉子焼き 700円、そばがき 800円、鴨焼き 980円、
    帰山、久保田、王録、四季桜など



    20070921105611.jpg
    「そば 蕎心庵」

    栃木県那須郡塩原町大字関谷2043-5
    0287-34-0115
    11:30~14:00 / 18:00~20:00
    火曜、第2,4水曜定休
    P有り 記念




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    M様
    はい、ここ、私もとても気に入ったお店ですl。
    蕎麦も接客も心地よく、とてもいい思い出になっています。

    Mさんこそ、いろんなところに行かれてるんですね~(^^)。
    2009/04/08(水) 05:35:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    おはようございます。
    またまた過去記事へのコメントですいません。

    先日、那須へ行った折に寄ったのですが、 yukaさんもお気に入りの様子でしたので、うれしくなって思わずまたコメントしてしまいました。

    私の蕎麦マイブームに火をつけたような、いいおそば屋さんでした。

    それにしても yukaさん、いろんなとこへいかれてますねー。

    また遊びにまいります!
    2009/04/08(水) 05:03:17 | URL | M(エム) #klq26XPE[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >