FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    (閉店)東村山 「かなさご」
    2007年09月22日 (土) 23:03 | 編集
    9月も後半過ぎたと言うのに、まるでまだまだ夏のような暑さ。
    とは言え、朝晩は涼しくなってきた今日この頃。冬眠してしまう前に、もう一度見たいなぁ~・・・と、でっかい亀 に会いに、久しぶりに「かなさご」さんへ hahha.gif

    20070922230027.jpg
    線路沿いから見える看板のどでかい「そば」の文字を微笑ましく見ていたら、おっ♪左上になんと、
    「新そば入荷」の文字。 

    そっか・・・、
    確かこちらは幌加内の蕎麦だから、
    もう新蕎麦になったんだ。

    相変わらず、ほのぼのとした佇まい。お店の外にも、暖かい空気が漏れこぼれ、流れてくるかのよう。

    20070922225812.jpg

    東村山 「手打 かなさご」

    扉を入ると、すでに1時も当に過ぎた時間にも関わらず、テーブル席は賑わっている。「奥どうぞ~」と声をかけられ、今日もギャラリー兼の次の間のテーブル席に腰を下ろす。 

    出されたお茶を飲みつつ、品書きを開きながら、前回訪れた時から気になっていた「きのこそば」があるのを確かめ、すぐにそれをお願いすることに。

    外の東屋も、ロッジの中にいるような雰囲気も、相変わらず草原の中の少女のような奥様も、すべて心を和やかにさせてくれる、暖かいお店。
    東京にいるのを忘れ、どこかの高原にでもいるような気持ちに浸りながら待っていると、しばしして奥様がにこにこしながら「きのこそば」を出してくださる。
     
    20070922225913.jpg

    お、美味しそう hahha.gif
    挽きぐるみの田舎蕎麦の横には、抹茶茶碗のような深めの器に、たっぷりのきのこ汁が湯気を立てて添えられている。

    20070922225827.jpg

    まずは、新そばになったお蕎麦から。挽きぐるみのやや黒めでちょっと太めの蕎麦を手繰り寄せると、爽やかな蕎麦の風味がふわりと立つ。口に含むと、この太さが心地よいしっとりとした腰。田舎蕎麦の持つ、独特の素朴感たっぷりの蕎麦で、かみ締めるとこれもやさしく風味を感じられる。

    長さや太さも所々まちまちなのに、お店の雰囲気そのもののような、ほのぼのとしたものを感じるこの蕎麦が、なんだか妙に美味しい。

    そして、念願の「きのこ汁」。三つ葉の飾りをあしらった汁は、見るからに具沢山。

    20070922225841.jpg

    まずは一口すすってみると、きのこの風味がよく出た味わいのある汁。これは旨いっ。素揚げされたとろとろの茄子がコクを加え、エノキ、しめじ、なめこなどのきのこが本当にたっぷり heart.gif 

    20070922225858.jpg

    しかも、この汁がこの素朴な蕎麦に非常に合う。温かい汁に浸ることで、もちもちさを加え、蕎麦の風味をさらに感じられるよう。きのこ汁の風味と蕎麦の味わいが合わさり、これはいいなぁ~love.gif
    あまりに美味しくて、お蕎麦をお変わりしたくなりそうに、夢中で食べてしまった「きのこそば」。これは、寒くなってきた頃にも、食べたいなぁ~。

    熱々で、やや白濁した蕎麦湯を注ぎいれて、すっかりきのこ汁も頂くと、汗が出てきちゃうけど、これは本当に満足な一品 niko.gif

    ・・・と、ほっとして、窓から外を見渡し探したけれど・・・、今日は亀が見当たらない。あまりに暑くて隠れちゃったのかな hanamizu.gif

    そうこうしている間にも、次つぎにお客さんが訪れる。皆、ご近所の方々のようで、馴染んだ様子でくつろぎ始め、ご主人奥様と親しげにお話なさっている様子に、このお店の人気の程を、しみじみと思わせる。

    お勘定をしながら、二三お話させて頂くご主人が、ほんっとに素朴で飄々としたお方。このご主人に、ふわふわとした奥様。不思議なこのお店の魅力に私もすっかり、気に入ってしまってる。いつか、こちらでものんびりと蕎麦前から寛いでみたいなぁ。

    ご馳走さまでした~hahha.gif
    亀には会えなかったけど、きのこ蕎麦に大満足。
    でも、本当に寒くなる前に、又来てみようっと。


    *お品書き
    もりそば 650円、大盛り 800円、得もり 950円、天ぷら付もりそば、炊き込みご飯付もりそば 850円、とろろ 800円、きのこつけ汁 850円、鴨汁 1,200円、納豆、おろし、カレー南蛮 850円、
    カレー 小600円、大800円(サラダ付)、豚角煮 500円、田楽 300円、そばがき 600円、揚げそばがき 700円、そばがきぜんざい 500円
    焼酎蕎麦湯割り、日本酒(国盗)450円、



    20070922230044.jpg
    石臼挽き自家製粉 手打そば
     「かなさご」

    東村山市諏訪町1-20-22
    042-392-7321
    11:30~18:00
    月・火曜定休(祝日営業)

    前回の訪問



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    拝読させて頂きました
    9月にも、ご来店して頂いてたんですね。
    いつもご来店ありがとうございます。

    看板の新蕎麦入荷はたぶん・・・去年のままだと思います。
    今年は幌加内の蕎麦は天候不順で10月に入荷しました。

    そばがき系はそばがきでもよし、揚げてもよし、デザートでも美味しいですよ。

    お蕎麦で母の考案で、くるみそばも置いてあります。
    冷たいお蕎麦なので、この時期は時々注文される程度ですが美味しいですよ。

    ボリューム満点のお汁粉も、またオススメのデザートの1品です。

    10月からでしたか玄蕎麦が年々高騰した為、50円UPさせて頂いています。

    弁慶は夏場に洗濯干し場の方に、掘った穴に住み着いてる模様です。

    お忙しいとは思いますが、またのご来店をお待ちしております。
    2009/11/28(土) 22:20:20 | URL | 手打ちそば かなさご #P5UOYoCo[編集]
    cox-ken様
    この「揚げそばがき」、(写真で見て)
    すごく気になっていたんです。
    きのこの餡がかかってるんですよね~。

    次回は、ぜひいただいてみます!
    同様に、このきのこそばも絶品でしたよ(^^)
    2007/09/25(火) 16:41:50 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よ様
    は、はいっ(^^)ゝ
    次回は「はや川」さんに・・・・。

    ワビスケ元気でしたよ~。
    大人しく、横たわってました。
    このお店の、この素朴さは、ほんっとにいいですよね・・・
    2007/09/25(火) 16:40:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    はるばると…
    はじめまして。いつも拝見させて頂いてます。

    「かなさご」さんを訪ねて、はるばる横浜から自転車で行ってきました。
    おそばも炊き込みご飯もVERY GOOD!でしたが、空腹に耐えかねて、おそぱの前に注文した「揚げそばがき」が絶品!!

    ご主人によると「きのこの味が良く出てたでしょ」とのこと。
    強くお勧めデス。
    2007/09/24(月) 20:58:52 | URL | cox-ken #-[編集]
    お近くですから
    はや川さんにもお顔をお出しくださいませ。
    (宣伝、失礼!)

    かなさごさん、懐かしいなあ。
    ワビスケも元気かなあ。
    あの素朴さが味わいありますね。
    なんか腹が減ってきた・・・
    (昼食後だけど・・・)
    2007/09/24(月) 12:18:01 | URL | よ #-[編集]
    ☆まがり★ 様
    うふふ(^^)

    きのこは、今が旬♪
    いやぁ、このきのこ蕎麦、よかったんですよ・・。

    で、まがり様も、明日は、きのこ蕎麦なのかしらん(^^)
    2007/09/23(日) 21:44:36 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    きのこ蕎麦うまそー
    夏休みバケイションから帰ってきたら早速
    ってとこが素晴らしい
    近所の更科がきのこ蕎麦がなかなかいけてたので
    明日にでも行ってみようかしら
    2007/09/23(日) 20:14:36 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >