FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    新大久保 「近江家」
    2007年10月04日 (木) 21:27 | 編集
    掛け持ちでの用事をすませ、ほっと一休みしようと、3時からが営業時間というお店へ寄ってみようと向かう。…と、なんと今は、5時からに変更したとのこと…gessori.gif
    仕方なく戻りながら、さてどうしたものか。 

    気分はすっかり一休み蕎麦をしたくて仕方ない。でも、こんな中途半パな時間だし…。
    と、ふっと思い出し、急遽大久保で途中下車。久しぶりに「近江家」さんの気楽な雰囲気の中で一休みしよう~。 

    20071004212551.jpg

    新大久保駅改札目の前。
    中休みなしで営業している、よくある町の蕎麦屋然ながら、落ち着いた佇まい。
    「そば処 近江家」

    暖簾の奥に続く細いエントランスを進むと、どっぷり民芸調の店内に心休まる気持ち。午後4時という時間にもかかわらず、何人ものお客さんが寛ぎ、中には既に、何本かのお銚子を前に、いい塩梅の頃合になっているおじ様方も…niko.gif 

    空いているお席にどうぞ~と、ベテランの花番さんに通され、私も贅沢に4人がけのテーブル席に腰を下ろす。 

    20071004212358.jpg
    やや涼しくなってきたこの頃。
    お酒はぬる燗で…。
    出された徳利、お猪口に書かれた文句がとても楽しい。

    突き出しには、お酒にうれしい、こってりとした蕎麦味噌も。


    びっしりと書かれた品書きのお料理は、リーズナブルでどれもこれも食べてみたいものばかり。中から、去年食べ損ねてしまった、季節メニューの「秋刀魚の梅煮」が、今年も又書かれていたので、すかさずそれをお願いする。

    20071004212601.jpg
     
    程なくして出された「秋刀魚の梅煮」。柔らかく炊かれた秋刀魚は、思ったほど梅の味が強くはなく、秋刀魚の旨さを残して味付けされたもの。ほろほろ、とろっとした身に、ほんのりかけられた梅の霙餡。臭みも全くなく、これは美味しい…。

    お酒も思ったよりもたっぷりと入っているのもうれしく、横でベテランの花番さんが、新人花番さんに優しく、こと細かに接客のノウハウを教えている様子を見ているのも楽しい。
    派手さはないお店だが、しっかりとした接客は、こうして培われているんだなぁ~…。

    さて、前のおじ様達もお帰りになるようだし、私もお蕎麦を。
    季節の蕎麦の、「明太おろし蕎麦」とさんざん悩んだ挙句に、「おすすめ」と書かれていた「地鶏カレーせいろ」が気になり、今日はそれをお願いする事に。

    20071004212511.jpg

    程なくして出された「地鶏カレーせいろそば」。たっぷりの器には見てとれる程、たっぷりの鶏肉。薬味に紅葉おろしがつくのも珍しいが、ちゃんと蓮華を付けてくれる配慮がうれしい。(はねちゃうと大変 ase2.gif

    まずはお蕎麦を一手繰り。うっすらと香る蕎麦に、しゃきっとした腰。
    カレー汁は熱々で、この中の鶏肉、さすが「地鶏」と書かれているだけあって、これが旨い。

    20071004212524.jpg

    出汁の風味の感じられるカレー汁はやさしい味わいに、ほっとして食べたい…と思わせる和風テイスト。そのまま飲んでも美味しいようなカレー汁で、これはいいなぁ。

    20071004212540.jpg

    細めの蕎麦に、この汁がよく絡まり、一緒に頂くともう一枚おかわりしたくなってしまう程。カレーせいろにちょっとはまりそう~?
    もっと寒くなってきたら、暖かいお蕎麦で「地鶏カレー蕎麦」もいいかもなぁ、などと思いながら、夢中で食べてしまう。

    最後には、熱々の蕎麦湯で溶いて、すっかりカレー汁を頂くと、うっすらと汗がにじんでくるよう。満足、満足 niko.gif

    たまにはここで、肩の力を抜いて、ぼおっとするのも悪くない。
    いや…、いつか何人かの友人達と、思い切りこちらのお料理を食べてもみたいな…、などと思いながらお勘定を。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    あ!「あさり南蛮蕎麦(バター入り)」も食べてみなくちゃっっ


    *お品書き
    せいろ 630円、地鶏カレーせいろ 950円、天せいろ 1,200円、合鴨せいろ 1,300円、おろし 780円、たぬき 630円、卵とじ 780円、天ぷらそば 1,000円、にしんそば 950円など多し

    おしんこ 420円、出し巻き玉子 650円、京にしん 500円、秋刀魚の梅煮 450円、などなど…多し
    菊正宗 450円、季節のお酒など


    そば盧 百人町「近江家」

    新宿区百人町2-4-2 サンビル
    03-3364-2341
    11:30~21:30 (日・祝日~21:00)
    土曜日定休   これまでの訪問

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    こいざき様
    ああ、これ、「黒田節」っていうんですね♪

    いやぁ、歌詞が楽しくて・・・(^^)
    ナルホド・・、
    近江なのに、福岡っと・・・
    2007/10/08(月) 01:03:29 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    黒田節
    あ、ごめんなさい。

    徳利、お猪口に書いてある
    「酒はのめのめのむならば…」って詞、
    福岡の民謡です。
    2007/10/06(土) 00:24:29 | URL | ごいさぎ #-[編集]
    こいざき様
    んんんっ?
    黒田節?

    よ、よく分からないです・・。
    すみません、未熟モノです~(^^;;;;;;;
    2007/10/05(金) 23:44:02 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ・・・様
    そうですそうですっ。
    すみません、抜けてました~(汗汗)
    2007/10/05(金) 23:43:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    「近江」屋さんが黒田節とはこれいかに。
    2007/10/05(金) 17:13:53 | URL | ごいさぎ #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2007/10/05(金) 14:28:30 | | #[編集]
    地鶏カレー蒸篭!
    出汁の利いたカレーに
    お蕎麦って何故か合うんですよねー
    美味しそ~う
    横浜に素敵なカレー南蛮でいいから
    お店ないかしらん

    週末は横浜そごうのレストラン街の
    美々卯へ行こうと思っていたのだが
    同じフロアーにやぶそばがありますね
    うどんと蕎麦で梯子ですかな
    2007/10/05(金) 12:35:27 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >