FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    麻布 「たじま」
    2007年10月09日 (火) 20:25 | 編集
    前回訪れたら、臨時休業で入れなかった「たじま」さんへ、今日はリベンジ。少々遅くなってしまったが、いそいそと有栖川公園横の坂を登って向かう。 

    20071009201802.jpg

    真っ白な壁に覆われたスタイリッシュな佇まい。切り込みになった窓からほのかに中の明かりが垣間見え・・・、よかった hahha.gif。今日はやってる・・・。

    西麻布 「蕎麦匠 たじま」 

    控えめに埋め込まれた看板の「蕎麦」の文字がなかったら、まずお蕎麦屋さんだとは、到底思えないような不思議な店構え。

    20071009201503.jpg
    それでも、きちんとお店の前には品書きが置かれていて、その上には、まるで「書」の額縁のように、お昼のメニューが掛けられている。

    これだ♪
    お料理にも定評のあるお店。このランチが今日のお目当て niko.gif


    壁の裏のアプローチを進んで、中を伺いながらガラスの扉を開こうとすると、すぐ、白い作務衣のお兄さんが、笑顔で出てきてくださる。すごい、対応いいんだなぁ、と思っていると、「すみません、今日はもう、お昼の品書きは終わってしまったんですが」、とのこと。 
    が、が~ん・・・u-n.gif
    仕方ない・・・。見ると、すでに時計は一時半を越えようとしている・・・。

    「いいです・・」と、答え、中に入ると、かなり照明を落とし、まどろんだ明かりに包まれた一つのフロア。すっきりとシンプルにまとめられ、乱れなく揃った木のテーブルが7つ、ゆったりと配されている。先客は二組。静かに、静かに憩ってる・・・。

    空いているテーブルの一つに通されて、椅子に座ると、これが座り心地のいい椅子。テーブルに触れる木肌の感触がなめらかで気持ちがいい。今日はランチを食べて・・・、の予定だったが、それも無いのなら、とちょっとだけゆっくりさせて頂くことに。

    20071009201525.jpg
    お酒の品書きには、いくつかのお酒が並び、ちょっと肌寒いのでぬる燗を頂きたくて、お兄さんにお聞きし、薦められた「大七」をお願いする。

    突き出しには、こってりとした蕎麦味噌。
    先の細い箸も口に気持ちいい。


    それと・・・、掻き揚げを頂こうかと思ったが、野菜料理に定評があるそうなので、「野菜の小鉢」の中から「根三つ葉と人参の白和え」をお願いすると、今日はないとのこと・・・。で、選んだのが、ちょっと気になった「焼き椎茸の酒盗和え」。

    20071009201828.jpg

    程なくして出された椎茸は、ほっこりと焼かれ、出汁で溶かれた酒盗で和えられている。
    これが、まずいわけがないっ
    椎茸の旨味に、酒を盗んでも・・の、酒盗がからまり、非常に満足な一品。
    静かな空間で、ちびちびと頂きながら、この空気の中に同化していくような気持ちに浸っていく・・・。

    〆のお蕎麦を・・と、改めて品書きを開き、某所で見てちょっと気になった「花野菜の冷かけそば」を探したが、見つからない。お聞きすると、もう終わってしまったとこのこと。さすがに、こう涼しくなったら、「冷かけ」じゃないか、とこれも諦め・・・、シンプルに「もり」をお願いする。

    20071009201924.jpg

    まずは、汁の入った蕎麦猪口と薬味が置かれ、続いて目の前に置かれた「もりそば」。
    グレーの細身の蕎麦は、きれいに切り揃った丹精な細切り。

    20071009201848.jpg

    手繰り寄せると、清々しくフレッシュ感のある穀物の香りが豊かに漂う。新そば・・?と、ふと顔を上げると、レジの下には「新蕎麦 北海道雨竜産」と書かれてる。

    口に含むと、冷水できりりと締められた心地が気持ちいい。かみ締めるとしっとりとした腰のある蕎麦で、まだ風味は弱いものの、のど越しの爽やかなもの。
    汁はかなり濃い目のしっかりとしたもので、これはちょこっと漬けるだけで十分。

    20071009201627.jpg
    朱塗りの湯桶で出された蕎麦湯は、十分に白濁していて熱々。予め猪口に汁が入っているので、加減がやや難しいが、後に蕎麦湯だけで頂くと、蕎麦の味わいが溶け込んだ蕎麦湯で、これが美味しい。

    控えめな量の蕎麦だけど、たっぷりと蕎麦湯を頂いたらお腹いっぱいに niko.gif


    始終丁寧な接客も気持ちよく、ご馳走さまでした~ hahha.gif

    でも、是非一度、こちらのランチを頂きにきてみたいな・・・。


    *お品書き
    もり、かけ 700円、にしん 1,400円、玉子とじ、辛味おろし 850円、山かけ 1,000円、鴨汁、小海老掻き揚げ 1,500円、穴子天ぷら 1,400円、納豆そば 900円
    ランチ 1,000円、そばコース 3,000円

    板わさ 600円、身欠にしん 700円、だし巻き 800円、野菜の小鉢 600円~800円、秋茄子と合鴨ロースの炊き合わせ 1,000円、きの子と湯葉の茶碗蒸し 900円、天ぷら盛り合わせ 1,000円など
    加賀鳶、大七、天吹、小左衛門、うごのつき、鳳凰美田、くどき上手、菊正宗 650円~1,000円



    20071009201555.jpg
    「蕎麦匠 たじま」

    港区西麻布3-8-6
    03-3445-6617
    11:30~14:30 / 17:30~21:30
    日曜定休 禁煙




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    夢八さま
    野菜料理を、とても楽しみにしていたので・・・、
    次回は、たっぷりと小鉢を頂いてみたいです。

    それと、夢八さんプロデュースの「冷かけ」が食べられなかったのが、本当に残念でした~・・・
    2007/10/11(木) 10:01:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よ、様
    アルバイト?そ、そうだったんですか~?
    (大使館で?、なーんて^^)

    そうなんです、とてもすっきりとした、おしゃれなお店で・・。
    堀井、いいですよね。やっぱり、あそこも。
    前回、夏休みの時い行ってしまって、入れずじまい。近々行ってみようっと・・・。

    2007/10/11(木) 09:57:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    T様
    なるほど~、大使館。
    それでいつも、警備員の方がいるんですね。(私も気になってました・・)

    鳥そぼろ丼、ちょっと食べてみたかったです。小鉢は、やっぱりお野菜の小鉢がうれしいですよね・・・。

    うふふ、なんだか分かるような気がします(^^)
    2007/10/11(木) 09:56:13 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    東京のたけるママ様
    そうなんです・・・。
    お、終わってしまっていました~(涙)。

    まあ、でも10月も半ば、当たり前だったかも知れません・・。今度は、「かけ」を頂いてみます(^^)
    2007/10/11(木) 09:54:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    江戸前の蕎麦を追いかけてて
    好感が持てる蕎麦屋さんです。

    なんと言っても野菜料理と蕎麦前が
    いいです。

    雰囲気も清々しくて憩えるので
    いいかなと思ってます。
    2007/10/11(木) 08:07:36 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    ごめんなさい。生粉のようです。だからかぁ。
    2007/10/11(木) 08:06:03 | URL | T #-[編集]
    港区西麻布
    なんだか30ウン年前に通ってましたね・・・
    週に2回くらい
    (ええ、アルバイトに・・・)

    で、なんかすっごいスタイリッシュなお店そうなんで、二の足三の足踏んづけそうですねえ・・・。(汗
    (やっぱり更科堀井か?今後は)
    2007/10/10(水) 22:45:43 | URL | よ #-[編集]
    控え目の量ということでしたので、ランチ、鳥そぼろ丼大をお先に頂いてきました!
    鳥そぼろ丼は抹茶茶碗くらいで、野菜も気になっていたのですが小さな冷奴でした。
    つゆは確かに辛口、ホントちょこっとで充分ですね。蕎麦は九一くらいかなあ。
    先客は女性カップルが3組、熟年男女カップルが2組、と女1人の方で、男1人は私だけ、蕎麦前も頂けずでした。
    店構えも見ていたはずなのに、幟も交差点から確認していたのに、韓国大使館警備のお巡りさんに気圧されて1度通り過ぎてしまいました!少し先のタイル貼の塀の方に引き付けられてしまったよう!
    2007/10/10(水) 19:45:17 | URL | T #-[編集]
    たじまさんに行かれたんですね。今日もう一度「花野菜の冷かけそば」を食べようと思っていたんですが、時間が折り合わず大庵で・・・・。そうですかもう終わってしまったんですね・・・・。たじまさんのツユ確かに辛口ですが、後を引く美味しさですね。かけのツユも美味しいですよ。本むら庵がなくなって依頼、港区でお気に入りになりつつお蕎麦屋さんです。
    2007/10/10(水) 18:44:15 | URL | 東京のたけるママ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >