FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    武蔵関 「にはち」
    2007年10月11日 (木) 01:34 | 編集
    「つけとろ・・・」。
    朝から妙に頭に浮かんで仕方ない。・・ということで、吉祥寺に行く途中、久しぶりに「にはち」さんへ。
    バス通り沿いに、はめ込まれたような素朴な風情で静かに佇む。

    20071011011907.jpg

    武蔵関 「手打ちそば にはち」 

    考えてみたら、とっても久しぶり・・・futt.gif

    昼ちょっとすぎ。入った店内も変わらず、かわいらしさを残し和の要素を取り入れた、しっとりと落ち着いた小さな空間。入ってすぐのテーブルには、常連らしいおじ様が寛いでいる姿が好ましく、今日も奥のテーブル席に腰を下ろす。
     
    20071011012945.jpg
    すぐに出して下さったお茶を頂きながら、品書きを広げると、あったあった heart.gif
    念願の「つけとろ」・・・。

    頼もうとしてふと顔を上げると、短冊に書かれた品書きの中の「栗渋皮煮」の文字が目に留まる。


    今年、まだ・・・、栗を食べてない。しかも、自分で作るのは面倒な「渋皮煮」。これは食べてみたい~・・onpu.gif 、と、すがかさずお願いしてしまう。それと・・・、「つけとろ」を niko.gif

    頼むとすぐに出された「栗渋皮煮」は、とてもりっぱな栗がみっつ盛られて。

    20071011011944.jpg

    これで、お酒を頂く方もいらっしゃるんですよ、とおっしゃっていた栗は、甘みを押さえて煮込まれたもので、栗本来の味がぎゅっと詰まってる。

    20071011011925.jpg

    渋皮も柔らかく、ほっこりとした栗で、これは美味しい~ love.gif
    と、うれしくなりながら頂いていると、程なくして「つけとろ」が目の前に出される。

    20071011012034.jpg

    目の前に置かれた瞬間に、立ち込める濃く深い蕎麦の香り。これはすごい。エッジの立った細切りの蕎麦はムラがなく、美しく盛られている。

    20071011012003.jpg

    まずは、そのまま蕎麦を手繰り、口に含むとしゃきっとした腰が心地よく、噛み締めると香りに負けずに豊かに広がる、香ばしい蕎麦の味わい。そのままで十分楽しめてしまうもので、記憶以上に濃い風味に思わず、顔がほころんできてしまう。

    20071011011849.jpg
     
    一方、こちらの「つけとろ」は、ちょっと面白い。「その場で摩り下ろした山芋と汁を合わせた漬け汁」と書かれていた通り、予め汁に溶かれて出されるとろ汁。

    20071011011835.jpg

    この汁にくぐらせて頂くと、細身の蕎麦がよく絡み、しかもほどよいトロミが口に優しい。山芋独特の風味が、出汁の引かれたすっきりと汁と合わさり、するり~と入っていく。これはいい~ buchu-.gif
    するすると、夢中で手繰ってしまう、念願の「つけとろ」。粘りの強いどろっとした「つけとろ」もいいが、これは非常に優しく味わい深い。食欲がない時でも、これだったら食べてしまいそう。

    頃合見て出された蕎麦湯は、しっかりと白濁した熱々のもの。これに注ぎいれ頂くと、さらに旨い「山芋汁」になり、体にすぅ~っと染み入ってくるよう。

    ゆっくりと注ぎつつ、たっぷりと、残りの渋皮煮と共に頂き、幸せの心地に浸るひと時。
    ん~、大満足 futt.gif

    相変わらず可愛らしい奥様は、始終にこやかに丁寧な対応をして下さるのも、気持ちよく、久々に訪れたけど、ここもいいお店だなぁ~と、しみじみと思う。
    今度は、ゆっくりと蕎麦前から頂きにこよう・・・。

    ほんのちょっと時間だったけど、心地よい時間に、美味しいお蕎麦。そして、絶品の栗渋皮煮。
    ご馳走さまでした~hahha.gif

    あ、鴨汁蕎麦も、食べてみたいな・・・


    *お品書き
    もり 880円、田舎 930円、天もり 1,680円、つけとろ 1,080円、おろし 1,100円、胡麻汁 1,100円、鴨汁 1,200円。玉子とじ 1,050円、山かけ 1,080円、天ぷら 1,680円、鴨南 1,600円

    栗渋皮煮 300円、そばがき 900円、そば味噌 300円、蕎麦豆腐 450円、玉子焼き 780円、鴨焼き 1,100円、車えびと野菜の天ぷら 800円
    景虎、豊盃、竹鶴、眠龍、松の井 (600円~)


    20071011012915.jpg
    「手打ちそば にはち」

    練馬区石神井台7-9-6
    03-3920-2815
    11:30-14:30 17:00-21:30(L.O)
    火曜、第三月休  禁煙
    これまでの訪問




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    かおたいま様
    ほのぼのと・・・、
    いいお店ですよね(^^)。
    若奥様の応対も柔らかく、ご主人も凛々しい方。ちょっとご無沙汰していたのですが、又あの蕎麦を食べたくなってきました。
    コメント、ありがとうございます。
    2008/05/24(土) 11:14:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    検診のあとに
    月に一度近くの病院に心臓の検診に行きますが、終るとちょうど昼前です。そこで立ち寄るのがこのお店。ご主人が一人で仕事をされているかと思うとやがて奥様が現れて厨房に入ります。あまり広くないが和紙を利用した大きな灯がいい感じです。ほとんどもリをいただきますがきりっと立つようなのど越しがたまりません。
    2008/05/23(金) 17:13:28 | URL | かおたいま #CkLS6HGM[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >