矢川 「素朴庵」  新旧田舎蕎麦

2007/10/12/21:06  [東京都下の蕎麦]国立市 画像あり

新そばの文字を町で目にするようになった頃から、北海道の蕎麦を使う「あの」お店もきっと・・・と、そわそわ。先週末は臨時休業で行くのを留まった事もあり、今日は、花活けの仕事の後、ひとつ用事を目黒で済ませると、一途「矢川」まで向かう。

いやぁ、気づかなかったけど、目黒からだと、結構遠いんだなぁ~・・・a.gif

駅を降り立ち、すっかり秋の装いの街路樹を眺めながらお店へと向かうと・・・
 
20071012210123.jpg

出てる、出てるっ。「新そば打ち始めました」の貼り紙が・・・onpu.gif

矢川 「手打蕎麦 素朴庵」


午後1時過ぎ。入った店内は、程よくお客さんが入り、和やかな、いい感じの空気が流れてる・・・futt.gif  

そっと空いていたテーブル席に腰を下ろし、壁に張られた目新しい「山形だし」や「氷見なます」などの文字を眺めながら、ぼんやりとしていると、「あら hahha.gif 」と、奥様が出てきてくださる。

20071012210319.jpg
この一瞬の笑顔が、とてもうれしい・・・。

「お酒?」と聞かれてしまったけれど、
今日は、とりあえずお茶を・・・ase2.gif

冷たい蕎麦茶は香ばしく、とても美味しい~。


さて、と品書きを広げ、二色にしようか、三色にしようか、それとも掻き揚げを頂こうか・・、などと悩んでいると、手のあいたご主人が出てきて下さり、「新蕎麦になったんだよっ」と、うれしそうに声をかけてくださり、「ぜひ、今の時期にしか食べられない、新そばと、旧蕎麦を食べ比べてみて」とのこと。

そ、そうだった・・・sunglass.gif
二つを比べられるのは、正にこの時期ならでは。

じゃ、ぜひそれを・・・!と、お願いしつつ、そう言えば、まだこちらの「そばがき」を頂いていなかったことを思い出し、まずは「そばがき」をお願いする。

20071012201947.jpg

程なくして、目の前に出された「そばがき」は、かけ汁の汁に浸され、見た目にも豪華に蕎麦の粒の浮いた粗挽き。

20071012201839.jpg

まずは一口、これまでに食べた「かけ」でよく知ったかけ汁を頂く。
ああ・・・・・・・、美味しい futt.gif
喉元で感じる、すっきりとしていながら柔らかく、風味の深いかけ汁。これが、すぅ~っと、五臓六腑に染み入るよう。

20071012201804.jpg

ほおっとしたところで、そばがきに箸を入れると、もちもちとした感触。口に含むと、もっちりとした口ざわりが、次第に溶け出し、田舎蕎麦を思い出す濃く香ばしい風味がいっぱいに広がる。これはいい・・・。思わずお酒を頂きたくなってしまいそう。
だが、この汁に浸されていることで、そばがきを頂き、ちょっと汁を・・と、交互に楽しめるのが非常にいい。
なぜ、今まで頼んだことがなかったのかしら~・・・。

ゆっくり、味わって頂き・・・、さてさて、メインの新旧田舎蕎麦の味比べ。

新

まずは、「新蕎麦」から。幌加内の蕎麦、挽きぐるみ粗挽きの十割蕎麦。

新

まあまあ、新そばだから・・・、などと思いつつ、口元に寄せると、bikkuri.gif  これが新そばっ??と思ってしまう程の、豊かな香り。その香ばしい、珈琲ともナッツとも言える香りにうっとり。

新

口に含むと、しっかりとしていながら、こちらの田舎にしてはしっとりとたおやかさのある腰加減。噛み締めると、香りに負けず、これも新そばとは信じがたいような、濃い風味が豊かに広がる。これは・・、この、新蕎麦はすごいっっ love.gif
すっかり夢中で食べてしまう、今年の「田舎」蕎麦。

そして、続いて、去年ものの「田舎」蕎麦。ん~、見た目はほとんど同じ・・?

古

手繰り寄せ、漂う香りも、ほぼ互角の芳しい蕎麦の香り。

古

噛み締め頂くと・・・、ん?もちろん、味わいの濃さもほぼ同様の旨さながら、こちらの方が、やや硬質感が感じられる・・?(湯で具合の加減もあるかもしれないけど)。しかも、比べてみると、なんと、新そばの方が、味が濃い!ただ、これが熟成された蕎麦ならではなのだろうか、後に残る甘みがこちらでは楽しめる。

大好きな田舎蕎麦の二種に、心から満喫した蕎麦。いやぁ、これはたまらない・・。

そっと出してくださる、濃厚なポタージュ系の蕎麦湯を、お変わりして、心から堪能したひと時。ここの汁が、また美味しくて・・・。
蕎麦湯を頂きながらの、ご主人、奥様とのお話がかけがいのないひと時。

いやぁ、今年の蕎麦は、いいなぁ~onpu.gif
これは、ちょくちょくと足しげく通ってしまいそうな予感・・。

ご主人、奥様、今日も本当にご馳走さまでした~hahha.gif
うふふ、又、来ま~す♪


*お品書き
もり、かけ 735円、田舎,更科そば 840円、二色そば 945円、三色そば 1,365円、とろろ、おろし、山かけ、山菜 945円、きのこ、にしん 1,050円、辛味大根おろし、ワサビぶっかけ、けんちん 1,155円、掻き揚げ天そば 1,365円、
かき揚げ 735円、山菜おろし、山葵芋、素朴煮 315円、舞茸おろし 525円、豚角煮 630円、出し巻き 735円、そばがき 525円、お酒 420円など・・



20071012210301.jpg
「素朴庵」

東京都国立市谷保 6721-1 
042-571-0019
10:00~15:00 / 17:00~20:00
月曜、第1,3火曜休  
店内禁煙 Pあり
これまでの訪問






関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/770-7cf8d799

◄ prev next ►