FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    国分寺 「一乃屋」 最後の蕎麦
    2007年10月29日 (月) 20:09 | 編集
    つい先日、今月末でお店を閉められてしまう、との情報を聞き(C様ありがとうございます!)、もう、限られた日にち、どうしても最後に行っておきたくて、少々無理な大回りをして立ち寄ることに。

    国分寺駅南口。
    賑やかな商店街の丁度中ほどを、右に折れた路地沿い。老舗らしいしっとりとした風情の佇まいに、しっかりとした文字の看板がすぐに目に留まる。

    20071029194839.jpg

    国分寺 「禅味 手打そば 一乃屋」  

    20071029194637.jpg
    扉を開けようと、前まで来ると・・・

    本当だ hanamizu.gif
    「10月末日を持って閉店」のお知らせが入り口横に貼られている。

    なんだか、心寂しい気持ちを感じながら扉を開く。



    昼ちょっと過ぎ。
    扉を開けて入った店内は、年月をかけて積み上げられたような空気が染み渡る空気。衝立の置かれた小上がりの席が両脇に並ぶ、田舎の家屋を思わせるような懐かしい風情いっぱい。

    近所の方々や、学生さん、サラリーマン、職人さん・・、様々な人々で賑わう中、何とか空いていたテーブル席のひとつに腰を落ち着ける。  

    20071029194442.jpg20071029194346.jpg


    ちゃきちゃきとした花番さんが、すぐにお茶と漬物を出して下さり、頂ながら、ほぅっと周りをしみじみと眺める。

    この空間が、もうじきなくなってしまうなんて・・と、思うと感慨深い・・・u-n.gif


    置かれた品書きにも丁寧に目を通す。禅味会独特の細長い品書きには、そば、うどん、そして、わらびなどを初めとする食べてみたかったようなお料理が並び、もっと早くに訪れてこの懐かしい気持ちにさせられる畳の間で、ゆっくりと憩ってみたかったなぁ・・・と、悔やんできてしまう。

    と、ぼんやりしていると、注文を取りに来てくださったので、迷わず「鴨汁そば」をお願いする。うどんを食べている人の方が多いようだけど、禅味会の「手打そば」のお店。私はやはり、お蕎麦で・・・。

    20071029194319.jpg
    頼むと程なくして、まずは薬味の、摩り下ろした生姜に、大根おろし、葱が出される。

    生姜がたっぷり~。


    出されていたお漬物を頂きながら待っていると、お勘定をする方々が、皆、「移転とか・・じゃ、ないんですか?」とか、「寂しいわぁ~・・」などと、告げながら帰っていく。しっかりと地元に密着していたのを、しみじみと感じさせられるよう。

    20071029195029.jpg

    そして、程なくして目の前に置かれた「鴨汁そば」。

    20071029194926.jpg

    蕎麦は、やや太めの田舎風の挽きぐるみ。艶々と輝き、たっぷりと盛られてる。

    20071029194906.jpg

    「新そば」と書かれているのを見ながら手繰り寄せると、ふわりと漂うのは、清々しいフレッシュ感を感じさせる蕎麦の香り。口に含むと、やや柔らかめのもっちろりとした素朴な歯ごたえ。かみ締めると、ゆっくり、穏やかに蕎麦の風味が伝わってくる。

    鮮烈な、とかそういうのではなく、ほのぼのとした味わいが感じられるような、素朴な温かみ。

    20071029195007.jpg

    鴨汁は、脂がうっすらと浮き、ぶつ切りの鴨肉、葱が盛りだくさん。こんなに鴨肉がふんだんに入っている鴨汁も珍しく、しかも、ほろほろっとこぼれるように、とても柔らかい

    じっくりと煮込まれたような鴨肉でありながら、旨さがありこれは美味しい・・・!太めに切られた葱もとろっとし、その両方の出汁が濃厚に汁に染み出でて、やや太めの蕎麦に実にいい。

    かなりたっぷりの量にもかかわらず、するすると入っていってしまう。やはり・・・、禅味会のお店の鴨はどこも美味しいなぁ~・・・futt.gif

    頃合見て出された蕎麦湯は、うっすらと白濁した熱々のもの。注ぎいれ、たっぷりあったにもかかわらず、この鴨汁もすっかりと頂いてしまう。いあやぁ、お腹いっぱ~いの、大満足 niko.gif

    さすがに、気になる「うどん」まで食べる余裕はなかったけど、最後に、こちらで「鴨汁そば」を食べられたことをうれしく思う。いや、やはり・・、他の種物にも食べてみたいものがあったりで、まだ・・、もうちょっとやっていてもらえれば~・・、などと、再び思ってきてしまう。

    ご馳走様でした・・・niko.gif
    そして・・・、お疲れ様でした。
    最後に頂いた、心染み入る「鴨汁そば」。胸に秘めて置こう・・・。

    20071029194410.jpg
    「禅味 手打蕎麦 一乃屋」

    国分寺市南町3-4-18
    11:30~14:30 / 17:00~20:30
    11:30~15:00(土曜)
    (日曜、毎月17日休)
    10月31日まで




    20071029194707.jpg20071029194425.jpg



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    tatenon様
    さすが、行かれてましたか…。
    そうなんです。あのほのぼのとした風情がなくなってしまいかと思うと、とても残念です。
    最後に行けてよかった…、と思ってます。
    2007/10/31(水) 10:27:15 | URL | yuka #VwhHdBBk[編集]
    東京のたけるママ様
    そうなんです・・・。
    なんとも、残念で、さびしく思っています。

    ぜひ、最後に行かれて下さい・・・・・・
    2007/10/31(水) 09:04:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    えっ!
    閉店ですか、うーん…
    最近の店とは違う、いかにも昔ながらの禅味会らしいほんわかした貴重な店だったので残念です。
    2007/10/30(火) 20:45:32 | URL | tatenon #-[編集]
    あっ、今日は「一乃屋」が載ってると思ったら閉店・・・。 「一乃屋」会社の近くなんです。時々訪れていたのですがぜんぜん知りませんでした・・・・。明日最後にいってますね。
    2007/10/30(火) 10:06:57 | URL | 東京のたけるママ #-[編集]
    ひめはるぜみ様
    本当に、寂しいですね。
    いろいろなお客さんが、惜しんでいるようでした・・・。

    ここの鴨なべを、ワイワイとつつきたかったなぁ~・・、なんて思っています。
    せっかくの、新そばの時期だけに惜しまれてなりません。

    でも、最後に伺えてよかったです。
    2007/10/30(火) 09:51:24 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    さようなら かずのや
    私も 夜に 家族で伺いました。
    ほっとする 空間がなくなることは 残念です。漬物に出てきた つぼ付けで 口をさっぱいさせながら、帰ります。

    さようなら 一乃屋
    2007/10/30(火) 07:33:12 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >