FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    立川砂川 「むらやま」
    2007年11月11日 (日) 22:15 | 編集
    「立川タウン」のサイトを見てずっと気になっていたところ、まあやんさんのブログに出ていたので、途端興味しんしん。今日は、彼も仕事でいないことだし、ぶらり~と行ってみようか、とぷらぷらと向かってみることに。

    住所を見たらなんとか歩けそう?と、玉川上水駅から散歩がてらに芋窪街道を砂川七番の駅に向かって歩く。駅を超えたところにある「いなげや」さんを目印に、左折した「すずかけ通り」沿いにあるはず・・・と、ひたすら歩いていくと・・



    殺風景な通り沿いに、ふっと現れる、緋色の暖簾。
    そこだけ、まるで野の里の田舎に訪れたような、ほのぼのとした山小屋を思わせる佇まい。

    立川市砂川 「手打そば むらやま」

    がらがら・・・と、扉を開けて店内へ。 
    午後2時になろうかとする、休日の昼下がり。カウンター、三卓ある堀炬燵式の小上がり席、テーブル席のひとつ、すべてがほぼ満席の賑わい。
    偶然入れ替わりに開いたカウンター席に、なんとか席を取ることが。ほっ。 

    すごいっ・・wao.gif、人気なお店なんだなぁ~・・。

    出してくれたお茶を頂き、置かれてい品書きを手にしながら回りを見ると、まだまだ注文の品が来ていないお客さんが多いよう。カウンターから見える厨房の中では、まだ若そうなご主人が一人で、ダンスでも踊っているかのように、てきぱきと蕎麦に天ぷらにと動いてる。

    これは、少々待ちそうだなぁ・・・、ということで~ sunglass.gif
    熱燗に、「胡麻和え」をお願いして、のんびりと構えることに。

    20071111194212.jpg20071111194226.jpg

    ほどなくして目の前に、「影虎」の熱燗と、突き出しには、こってり煮込まれた切干大根の煮物。
    ここまで歩く間に、ちょっと凍えそうな心地もしていた体に、あったかい熱燗がほおっと体を温めてくれる futt.gif。 充ての切干大根も、こってりとしていて、熱燗に丁度いい。

    ちびちびと頂きながら、眺めていると、オクラの下処理、胡麻の和え衣まで、とても丁寧に作っている様子に、すでに好感触 heart.gif

    20071111192254.jpg

    そして・・・、蕎麦を作る間に作って下さった「オクラの胡麻和え」。
    茹で加減、胡麻の和え衣、これが期待以上のぴたりとした旨さ。ううむ・・・、これはなかなか bikkuri.gif

    もしかして作り置きかも・・・、と思っていただけに、この胡麻和えにかなり満足しながら、お酒と共にゆっくりと頂く。
    その間にも、お客さんが帰られると又入り・・と、ご主人の手の休まることがない。それでいて、きびきびとこなしていく姿は、職人ならではの動きで見ていて気持ちいい。

    読みかけの本をめくりながら、時折、ご主人の動きに見とれながらゆっくりと寛ぐひととき。
    さて・・・、私もお蕎麦を。

    蕎麦は、二八の「せいろ」に、十割の「田舎」そして、「更科」の三種。更科はもう終わったとのこと、田舎にしようかな、と品書きを見ていると、なんとっっ、「鴨せいろ」が850円っっ??
    ・・・ならば~、と、「鴨せいろ」を田舎で、とお願いすることに。

    20071111192236.jpg

    程なくして出された、台を田舎に変えて作ってもらった「鴨せいろ」。

    20071111192142.jpg

    まずは、十割で打たれた「田舎そば」から。
    挽きぐるみの蕎麦は、江戸蕎麦よりもやや太めの蕎麦。ところどころ、わずかに蕎麦の欠片が見え隠れする蕎麦は、エッジも立った丹精なもの。

    20071111192128.jpg

    手繰り寄せると、ふわりと香ばしい蕎麦の香りがきちんと漂う。口に含むと、しっかりとした腰加減。かみ締めると、若いような蕎麦の風味をまず感じ、じっくりと噛み締めていくと素朴さを携えた穀物の風味がゆっくりと漂ってくる・・・。

    すっかり蕎麦に満足したところで、鴨汁を・・・。
    ほかほかと湯気を立てた鴨汁の表面には、細かく切られた鴨肉と、葱が浮かんで見える。

    20071111192218.jpg

    おもむろに蕎麦を手繰り、鴨汁に浸すと、中にはスライスされた鴨肉が3切れ沈んでいて、これがほっこりとした鴨肉で美味しい
    濃すぎない鴨汁も、しっかりと鴨の出しが染み出ていて、やや太めのしっかりとした田舎蕎麦に絡み、蕎麦の風味を際立てるかのよう。これはいいっ♪
    そのままで・・、鴨汁に絡めて、と夢中で手繰ってしまう。

    頃合見計らって出された蕎麦湯は、十分に白濁した熱々のもの。これを注ぎ、ちょっと薄めて頂くと、改めてこの鴨汁の旨さを堪能する思い。量もしっかりとあったので、すっかりお腹いっぱ~い buchu-.gif

    ほおっとしていると、やっと手の開いた様子のご主人に、カウンタ越しに「どこの蕎麦ですか」と尋ねると、北海道幌加内とのこと。さらに、「どちらかで修行を・・?」とお聞きすると、なんとっ、中野の「さらしな総本店」で2,3年ほどおられたそう。田無店の方にも、何度か行ってましたよ、の言葉に、すっかり親しみを感じてしまう niko.gif

    お料理にもつつがなく(なるほど、この胡麻和えは・・・♪)、見ていた天ぷらもとても美味しそうだったし、そしてこの蕎麦。
    「今日で、丁度一年なんです」とおっしゃるご主人。これからも多いに期待してしまう。

    夜には、さらに一品料理も増えるようだし、二八のお蕎麦や、見ていた種物のお蕎麦もとても美味しそうだったし・・・、
    又、ゆっくりと訪れてみよう。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    扉を出ると、一雨通り過ぎた様子のしっとりと濡れた外の通り。
    一雨の間の、ほんのひとときの、素敵な時間だったなぁ・・・futt.gif


    *お品書き
    せいろ(二八)650円、さらしな、田舎 750円、とろろ、鴨汁 850円、納豆 830円、天せいろ 1,450円、かけ 650円、玉子とじ 750円、きのこそば 950円、にしん 1,150円、鴨南蛮 1,250円、天ぷらそば 1,450円

    そば味噌、お新香 400円、胡麻和え 450円、板わさ、特性サラダ、川海老の唐揚げ 500円、にしん煮、玉子焼き 550円、野菜天ぷら 700円などなど
    ビール 500円、熱燗(影虎)500円、八海山、菊姫 700円


    20071111194240.jpg
    「手打そば むらやま」

    立川市幸町2-17-8
    042-536-6430
    11:00~15:00 / 17:00~21:00
    月曜、第三火曜定休日
    P2台
    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ひめはるぜみ様
    ま、まさか・・・(^^;;

    お願いしたんです。
    注文するときに、「田舎で鴨汁してもらえますか?」とお聞きしたら、OKとのことで。
    ぜひ、ひめはるぜみさんも、田舎食べてみて下さい。
    こちらの田舎は、繊細さのある田舎でとてもよかったです。
    2008/01/12(土) 12:33:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いってきました
    お昼ごはんに いってきました。外見より中が広く まさに 山小屋のようでした。
    このブログと 紹介されていた「まあやさん」のブログどうりの お店でした。
    同じ鴨汁を食べましたが、yukaさんには十割でしたが、僕には二八でしたよ。きっとお店の方も yukaさんのオーラに圧倒されて 十割を出されたのかな(笑)

    2008/01/12(土) 08:29:16 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    Satoshi様
    コメントありがとうございます♪♪

    ええっ、東大和まで??
    玉川上水より遠いじゃないですか・・・。
    すごい。

    はい(^^)。
    いいお店でした。
    まだ、いくつか気になるお店のあるこの辺り。なかなか楽しそうです。
    2007/11/17(土) 09:16:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    すれ違いでした
    こんばんは。
    その前の週に食べに行きました。
    すれ違いでしたねぇ~
    いいそば屋さんでした。
    それにしても玉川上水駅から歩いたのですかぁぁ。
    私は帰り道を東大和市駅まで歩きました。
    駅前の薬用植物園は私のお気に入りです。
    2007/11/16(金) 23:28:20 | URL | Satoshi #mQop/nM.[編集]
    真秀様
    ええ~、真秀さんのところからだと、もっと便利かとぉ~(私より)。
    なかなか、いいお店だったので、機会があったら行ってみて下さい(^^)
    2007/11/13(火) 09:24:59 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よ様
    できて一年だそうですよ~。
    なかなか、よかったです。田舎はさらしなさんのよりも好みかも・・・。

    はい(^^;
    モノレール乗ればよかったのですが、一駅じゃん♪なんて思って歩いてしまって・・・。
    このあたりだと、あとキッコウさんにも伺いたいと思っているんです。
    「薮」も、チェックしてみま~す(^^)
    ありがとうございます。
    2007/11/13(火) 09:23:17 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こないだ
    五日市街道を車で横田基地方面へ向かっていたら、
    看板を見かけたですよ。

    聞かない名前だったんで
    チェックして置かねばと思っていたんですが、
    こういうお店でしたか。

    タイミング的に「よ」さんは、ご存じないかもですね。
    行ってみたいけど、場所が微妙に自宅から不便な場所なんですよね。
    え?車?飲酒運転するわけに行かないしねぇ。
    2007/11/12(月) 13:40:14 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    はあ、こういうお店が
    あったんですかー!シラナンダ!
    この地理ですと、玉川上水から多摩モノレールで砂川七番か泉町体育館まで行った方がよさそうです。
    暖かいお蕎麦も美味しそうですね。

    泉町体育館近くの町蕎麦「薮」も定食が中心ですが面白いですよ。そうだな、昭島つつじヶ丘団地の「丸福」を小さくしたみたいなところだけど。
    2007/11/12(月) 13:29:23 | URL | よ #-[編集]
    東京のたけるママ様
    雨の日の、寒~い時にいいかもしれないですよ、この鴨汁。
    天下ごめんほど、具だくさんではありませんが、しっかりと作られたもので、よかったです。何よりこれが、850円・・・。うれしいことです♪

    ぜひ♪、あ、玉川上水から歩くと、結構ありました~(^^;;;
    2007/11/12(月) 10:49:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まあやん様
    はい、今までちょっと躊躇していたのですが、まあやんさんの記事をみて、やおやっと行ってまいりました(^^)。
    とにかく、ご主人が親しみやすく真面目な方で、一生見命やっているのが、とても好感をもってしまいました。

    関係ないのですが、なぜか、まあやんさんの方に、コメントが入力できないのです。ん~、ブログ登録しないとだめなのかしら?
    2007/11/12(月) 10:47:35 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    おぉ~またもやぁ・・。私もまあやんさんのブログを見てむらやまに行く予定でしたが、土曜日雨で断念・・・。
    鴨汁をみてると千利庵さんの天下ごめんを思い出し凄く行きたくなってます・・・。
    皆さんの情報で行きたいお店がいっぱいです・・・。
    2007/11/12(月) 10:41:10 | URL | 東京のたけるママ #-[編集]
    早速、行かれたんですね。店主はさらしな総本店などで修行されたとか~蕎麦のできのよさ、納得できました。
     私は平日におじゃましましたが、2時過ぎにそれだけ客の出入りがあるとなると、地元にすっかり根付いているようで、なによりです。
    2007/11/12(月) 08:59:20 | URL | まあやん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >