FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    立川 「無庵」
    2007年11月15日 (木) 22:22 | 編集

    立川の昭和記念公園での展示期間もそろそろ終了に近づく今日は、再び受付係。ぽかぽか陽気の中、無事、午前中の当番を済ませて、午後番の人と交代し、作品を改め眺める。

    すっかり、色付いた木々の景色に、季節の移ろいに心揺さぶられる気持ちになりながら・・・、 

    さて niko.gif

    西立川、午後1時半。まだ間に合うかも!と、急ぐ心で、立川まで飛び乗り、小走りで向かう。

    20071115221403.jpg

    立川 「蕎麦会席 無庵」

    相変わらず、しっとりとした、無の空気が漂う落ち着いた店構え。よかった・・、間に合った 。

    暖簾を潜り、すぅっと照明の落とされた店内へ。蔵の中に入り込んだような心地になりながら、笑顔の花番さんに通され、真ん中の大テーブルの隅に腰を下ろす。広々とした空間には、それぞれ3組ほどの人々が、静かに楽しげに、この空間を楽しんでいる。 

    20071115221657.jpg
    出してくださったお茶を頂きながら、テーブルに置かれた品書きの他に、冷酒のリストをお願いする。

    ええと・・・と、迷っていると、「どんなのがお好みですか?」ときかれ、好みを伝えると、「喜正、すぐそこの五日市のお酒なんですが、これがいいと思いますよ」と薦められたので、それをお願いすることに。


    ここの花番さんは、いつも対応がとても心地いい。そして、程なくして目の前に、「喜正」が注ぎやすい片口で出される。

    20071115221529.jpg

    突き出しには、「煮昆布」。椎茸の佃煮が上にかかった、佃煮はしっとりと柔らかく上品な味わい。これ一つだけでもお酒を頂けてしまいそう。

    20071115221545.jpg
     
    それと、前回頂いてすっかり気に入ってしまった「旬の前菜盛り合わせ」をスモールで。こちらのお料理を、ちょこちょこといろいろ頂けるのは、とてもうれしい。

    20071115221511.jpg

    出されたひとつの大皿を見て、顔がほころぶ。
    彩り美しく盛り付けられた、今日の「旬の前菜」は、「ゆでピーナツ」に、「いくら」、「柿と銀杏の胡桃味噌和え」、「鰆の粕漬焼き」、「ずいきの煮物」、「卵寄せ」、そして、真ん中に粉雪がかかったような、「カワハギのとろろ昆布和え」。

    どれもこれも、一つとして外れのない、レベルの高い美味しいお料理。中でも、この「卵寄せ」の美味しさに、うっとり love.gif
    何ともこれは、非常に楽しめる、これとない盛り合わせじゃないだろうか・・。これが、500円なんだもの、お値打ちとしか言いようがないっ。

    20071115221709.jpg鰆のしっとりとした焼き具合に、柿と銀杏のほろ甘い味わいに・・・、そして、とろろと合わさったカワハギに、と、ゆっくりお酒と頂きながら、後ろに静かに流れるジャズに身を委ねながら寛ぐ、これとない一時。

    目の前に垣間見えるお座敷の奥に飾れた花に目をやりながら、昨日見た映画の「めがね」じゃないけど、たそがれてしまう・・・。


    すっかりこの時間を堪能し、そろそろお蕎麦を・・。
    「生粉、まだありますか?」」と、お聞きすると、今日はまだあるとのこと。まだ、こちらで「生粉打ち」を頂いたことがなかったので、ぜひ、それを・・・と、お願いする。

    20071115221646.jpg
    薬味は、「葱、おろし」と、「葱、山葵」から選べる中、今日は、「山葵で」。

    まずは、蕎麦猪口と薬味が目の前に置かれる。
    この葱の、丁寧なしつらえ。これだけでも、気持ちがいい。


    そして、程なくして目の前に「生粉打ち」が置かれる。細長い蒸篭に、二つ山にして盛られた蕎麦は、蕎麦の欠片が散った細切りの蕎麦。

    20071115221454.jpg

    新そばをややブレンドしている、との「生粉」・・・十割の蕎麦。手繰り寄せると、しみじみとした穀物の深い香りがじんわ~りと漂う。

    20071115221435.jpg

    香りに酔いしれながら、口に含む。十割なのに、このしとやかさ。しっとりと口にまどろみながら、後に香ばしい穀物の風味を残し、解け落ちていく。

    20071115221418.jpg

    二八の蕎麦に比べ、やや繋がりが短いものの、「無庵」独特の、この蕎麦。粗挽きの野趣さに加え、しどけゆくような蕎麦の優しさを携えた蕎麦。

    すっかり夢中で手繰り進めてしまう・・・futt.gif
     
    20071115221724.jpg
    頃合見て出された蕎麦湯は、十分に白濁したとろとろのポタージュ仕立て。

    蕎麦湯を薄め頂く一時が、また得も言われぬ至福のひととき。
    味わいながら、ゆっくりとこれもたっぷり頂くと、すっかり満足な心地でいっぱい。


    ご馳走さまでした~hahha.gif
    いつ来ても、満足度の高いこちらのお店。一歩足を踏み入れてから、出るまで心地よくすごさせて頂ける、完璧なお店。
    やっぱり・・・、「無庵」だ、と思わずにはおれない。

    又、来たい・・・、今日も又そう思いながら、お店を後に・・・futt.gif


    *喜正 800円、旬の前菜盛り合わせ(ハーフ)500円、生粉打ちせいろ 1,000円、品書きの詳細


    20071115221738.jpg
    「蕎麦会席 無庵」

    立川市曙町1-28-5
    042-524-0512
    11;30~14:30 / 17:00~21:30
    日曜、第1月曜定休日
    禁煙 前回の訪問





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    aiz様、よ様
    どうぞどうぞ~(^^)
    はたで読んでいるのも楽しいですね♪

    それはそうと・・・、
    「車屋」さんご出身とは。
    なんだか、私もすぐに、海ほたるを通って行きたくなっちゃってます。

    一泊兼ねて行きたいなー・・
    2007/11/19(月) 10:31:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    re:館山の「たちばな」さん
    わはは! 本当に掲示板にしてしまった!
    (すみません)

    >aiz さま
    以前はR.バッグの件で情報をいただきましてありがとうございました。

    掲題の件ですが、当地においては求めうる限りでone of the best 蕎麦屋s ということになりましょう。

    ご主人は多分40代、八王子の車屋さんで修行された由。自家製粉で神経の行き届いた細打ちです。温蕎麦にすると二八の素性のよさが分かります。

    二八と田舎十割があり、後者は限定品ですので早いときには午後2時前に売り切れとなることがあります。

    当地に来られたらお薦めしたいお店です。
    (ユカさん、長々と失礼しました!)
    2007/11/18(日) 18:55:50 | URL | よ #-[編集]
    >館山の「たちばな」さん
    >よ、様↑↑↑って美味いんですかー?
    以前サイクリングで前を通って気になっていたんです。
    駅からちょっとありそうだから、海ほたる通って、道の駅に車置いてポタリングしながら行くかな、、、

    *yuka 様 
    またコメント欄を掲示板がわりにしてしまいすみません。m(_ _)m
    2007/11/17(土) 22:26:19 | URL | aiz #kJo.AJT.[編集]
    よ、様
    ほんと、これはお得ですよね~(^^)。
    お酒を頂くには、なんともうれしい一皿。
    楽しみました。

    五日市の喜正、初めて頂いたのですが、かなり気に入りました。やわらかい感じの辛口のお酒ですねぇ。

    館山・・・、
    海ほたるを通って、行きたいです~。
    2007/11/17(土) 09:15:13 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    aiz様
    そうなんです、ここは(全部ではないですが)、スモールサイズでも作ってくれるので、とても有難いです。

    この雰囲気、
    本当に、心から寛いでしまえます。。

    ぜひっ、リベンジを♪
    2007/11/17(土) 09:12:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    あ~、その
    季節の~というのはお値打ちです!
    3種どころか7種じゃないですか!!

    秋川の「喜正」、あの純朴な味わい、どこか日向臭い香りがして・・・当店で出されるからには、それなりの評価を得たのでしょう。
    私的には多摩の酒らしくて大好きですよ!
    「あづまみね」・・・あの力強い生酒に打ちのめされてみたい・・・

    え?あ?蕎麦のハナシはどしたかい?

    そ~ですねえ・・・(絶句)

    館山の「たちばな」さんで、田舎十割をお試しください・・・(ってことで、失礼しました)
    2007/11/16(金) 23:07:58 | URL | よ #-[編集]
    安いかも
    この品々、このお店の雰囲気、、、
    至福の時間を味わって2300円なら安いかも!?

    前回行った時は中休みになってしまったのでリベンジしようっと!
    2007/11/16(金) 22:21:14 | URL | aiz #kJo.AJT.[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >