千歳台 「仙味洞」

2007/12/29/23:16  [東京の蕎麦]世田谷区 画像あり

お正月に向けて、あれこれと買出しに行く途中、ちょうど昼時に通りがかったので、久々に寄っていこうか、千歳台のお店へと。

07-12-29 店

千歳台 「仙味洞」

心和ませられるような、素朴にかけられた茶の暖簾。
店先から見える打ち場では、ご主人が鍛錬に蕎麦を打っている・・・futt.gif
普段の土日だと、なかなか入れないこともある人気のお店。でもさすがに暮れも迫った今日は、すんな~りと畳の間のテーブル席に通される。

古く懐かしい、ちょっと擦り切れた畳の部屋。民話がふっと思い出されるような、柔らかい茶色の明かりは、心を和ませてくれる優しい空気。ほのぼのとした雰囲気が店のすみずみに流れていて、田舎に帰って来たような心休まる気分になってくる・・・。

出されたコップ水を頂きながら、品書きを開く。
こちらのせいろも田舎も、素朴な風情の甘みのある美味しいお蕎麦だから、久々に冷たい蕎麦をとも思ったが、なんだか温かい汁蕎麦が食べたい。こちらの温かいお蕎麦も美味しかっなぁ、と思い出されて、私は「山かけ蕎麦」を。彼もつられてか、温かい「なめこそば」をお願いする。

それと、天ぷらの盛り合わせ(小)を、おかず(?)に。

07-12-29 てんぷら

程なくして出された天ぷら。しっかりとした海老が二本に、ナス、ピーマン、かぼちゃが添えられて。衣の香ばしい天ぷらは、塩でも天つゆでもどちらでも美味しく、ほおっとひと心地。

続いて・・・、「山かけそば」が目の前に置かれる。

07-12-29 とろろそば

どっぷりとした器には、真っ白なとろろがふわりとかけられ、黄味が小皿に別盛りされて。

まずは、汁を一口。すっきりとした甘辛の熱々の汁が、じわっと体に染み渡る。それにかけられたとろろは、とろっとろでとても滑らかな舌触り。

07-12-29 とろろそば食べ

やや太めに切られた蕎麦は、温かい汁の中でもしっかりとした腰を残し、穀物感のある美味し~い蕎麦。それをとろろにからめて頂き、途中で黄味を落とし入れて絡めて頂くと、まったりとしたコクが加わり、これは旨い love.gif

刻み海苔の香ばしさも美味しく、とろろと黄味の溶け込んだお汁もすっかり頂いてしまう。
ん~、満足満足 futt.gif

一方彼の「なめこ蕎麦」は、蒲鉾、青菜にねもこがたっぷりと入った上品な佇まい。

07-12-29 なめこそば

「ん、旨い」とつぶやきながら、彼も満足そう。

隣のテーブルではご家族が、これも楽しそうにお蕎麦を食べている。
あの鴨汁も美味しいんだよなぁ、などと思い出し、それも食べたくなってきてしまう。

ご馳走さまでした~ hahha.gif

久々の「仙味洞」のお蕎麦に大満足。
又、食べにきます・・と、掛けられた「友蕎子」の額縁を見やりながら・・・。


*お品書き
せいろ 730円、 田舎(限定20食)800円、 なめこおろし 940円、
とろろそば 990円、 鴨汁そば 1,080円、 天ざる 1,890円、
天鴨汁 2,100円、揚げ玉そば 780円、山菜そば 890円、鴨南蛮 1,150円、

常夜うどん(京風だしの卵とじ)、京風にこみうどん、
牛煮込みうどん(醤油だし)、味噌煮込みうどん、各1,360円



07-12-29 ごちそう様
「蕎亭 仙味洞」

世田谷区千歳台3-9-5
03-3484-4548
11:00-15:00 / 17:00-20:00 
水曜休 P9台
これまでの訪問


関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/838-7512519b

◄ prev next ►