深大寺 「玉乃屋」 初詣そば

2008/01/01/22:25  [東京都下の蕎麦]調布市 画像あり

2008年も無事に明け、元旦・・・。

のんびりとお雑煮の朝ごはんを取り、さて、毎年恒例の深大寺に初詣 futt.gif

人ごみに揉まれながらもようやく参拝も済ませ、今年は久しぶりに深大寺でお蕎麦を食べよう~と、軒並みつらなるお蕎麦屋さんをあれこれ吟味。

結局、かなりご無沙汰している「玉乃屋」さんで、今年切ってのお蕎麦を頂こうと、神代植物園入り口前へと向かう。

08-1-1 店2


08-1-1 看板

十割手打ちそば 「玉乃屋」。

歴史を感じるような、年季の入った看板は貫禄があるなあ・・・。
構内目の前にある、深大寺きっての老舗の蕎麦屋「嶋田屋」さんの行列もすごかったけど、さすがに元旦の今日。お昼も当にすぎた時間にもかかわらず、外の縁台の席も中の席も満席で、すでに5~6人の人が並んでる。

08-1-1 本日の蕎麦
ま、これは想定内のこと、と行列に並びながら、ふと見ると、おおっ、ここにもきちんと蕎麦の産地が書かれてる。

今日の蕎麦は、茨城県猿島郡堺町とのこと。
ふむふむ・・・futt.gif   


思ったより回転がよく、スムーズに順番となり、縁台の席のひとつに腰を下ろす。

春先や秋口だったらこの縁台の席は、懐かしい茶屋気分、いや、言い方変えればオープンテラス♪。深大寺ビールを傾けながら季節の花木を見つめ寛ぐのは気持ちいいだろうなぁ~などと、ふと思う。

・・・けど、今日はちと寒い・・・ase.gif

せっかくの十割手打そば、「もり」で頂きたいところだけど、どうしても温かい物が食べたくて、「たぬきそば」を即効お願いする。

08-1-1 たぬき

程なくして目の前出された「たぬきそば」。三つ葉に刻み柚子が散らされているが、揚げ玉の乗せられただけの非常にシンプルなデフォルト。

まずは、待っていました・・・、とばかりに汁を一口。
すっきりと、というよりは、やや薄めな感じの味だが、それはそれであっさりとしていて悪くはないかな?ただ、ちょっとぬるめなのが残念ではあるけど、元旦でこのお客さんを考えたら、まあ、仕方ない。

08-1-1 たぬき食べ

と、やや、沈みかけつつも蕎麦を手繰り頂くと・・・、これが美味しい onpu.gif

手打ち感たっぷりの素朴さのある蕎麦は、温かい汁に浸されながらも、もちもちっとした腰がしっかりと感じられる。しかも穀物の風味、感触が豊かで、とても美味しい。

こ、これは・・・、通常の日にちゃんと頂いてみたいなぁ、と思ってきてしまう。
と、途端満足な心地になり、つつつっと、お汁まですっかり頂いてしまう。

一方の彼の「月見そば」。
これも、かなりシンプルだけど、半熟になった白味と黄味のコントラストが美味しそう~。

08-1-1 月見

「うん、旨い・・」と、彼もつぶやきながら、これもあっという間に食べてしまってる。

久しぶりの「玉乃屋」さんの、縁台で頂いた思いかけず美味しい初詣そば。
体もほっと温まり、満足な気持ちも頂いて・・・、
ご馳走さまでした~hahha.gif

今年は幸先いいかもしれないかしらん~・・・futt.gif


*お品書き
もり 700円、ごま 800円、とろろ、冷山菜、おろし 900円、ぶっかけ 1,100円、天ざる 1,300円、かけ 700円、たぬき 750円、月見 800円、やまかけ、山菜 900円、なめこ 1,000円、力 1,100円、天ぷら 1,300円

つまみ山菜 300円、蕎麦みそ 350円、みそおでん 400円、おでん 550円、にしん 600円、深大寺ビール 500円 清酒 450円~



08-1-1 旗
「深大寺そば 玉乃屋」

調布市深大寺元町5-11-3
0424-85-0303 
09:30-16:30 月曜休
お店のHP



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/840-e8f3ae4f

◄ prev next ►