FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    大塚 「一文字」
    2008年01月10日 (木) 22:02 | 編集
    掛け持ちでの所用を済ませたら、すっかりお昼も取れずに3時を過ぎてしまった hanamizu.gif
    どこか中休みのないお店へ行こう、と・・・

    08-1-20 店

    大塚駅北口ロータリーすぐ前。雑然とした駅前のビルに埋もれるように、ふっと佇むしっとりとした街中にある昔ながらのお蕎麦屋さん。

    大塚 「手打そば 一文字」

    ロータリーを渡り、「営業中」の札を確認して、年季を感じる格子の扉を開く。

    08-1-10 店内08-1-10 店内2

    ほお~、なんともいい感じ hahha.gif
    使い古されたテーブル席に奥には囲炉裏端。民芸風の懐かしい風景の店内は、優しい空気に包まれているよう。ちょっと疲れ気味の体にすうっと馴染んでくる。

    囲炉裏の席も魅力的だったけど、先にお客さんがいたので、窓際の長テーブルの端に腰を下ろす。
    ふわふわの座布団は、体をすっと包むようでとても座り心地がいい。

    にこにこした花番さんにコップ水を出され、置かれた品書きを開く。
    せいろに割子・・・?大好きな若鳥せいろに野生鴨せいろなどなど、冷たい蕎麦、温かい蕎麦、それに天丼などのご飯ものも。何にしようかなあ、と見ていると・・・

    08-1-10 酒品ながきアップ
    お酒のところに目をやると、ここもお酒は一種類のよう。
    菊正宗か何かかな?と思いきや、「ひだ正宗」熟成古酒21°と書かれてる。
    これは珍しい、一種のみで古酒が置かれているなんて・・。

    と、今日は飲むつもりはなかったのに、ついつい「お酒を」、と・・・m002.gif


    程なく盆に乗せられて出されたお酒は、これがなんともレトロな徳利に。
    珍しいのは、お猪口が塗りのされた枡で出される。

    08-1-10 酒

    予め枡に入った枡酒はあっても、自分で枡に注いで飲むのは初めてかも、と口に含むと、これが美味しい。まろやか~な熟成されたお酒は、口当たりがとても柔らかく、後にじわりと酒の旨さを残していく。

    充てに出された切り昆布の煮物も、甘さを控えたすっきりとした味付け。

    と、何か欲しくなり、「お新香」も追加で。

    08-1-10 お新香

    紅しょうがは(私には)余計だけれど、瑞々しい美味しい糠漬け。
    お酒を口に含んだ後のお新香が、清涼感をもたらせてくれる。

    とゆっくり味わっていると、ぽつりぽつりとこんな時間にもかかわらず、お客さんが入ってくる。こういうゆったりとした流れが又、心地いい futt.gif

    さて、私もそろそろお蕎麦を。
    珍しい「割子そば」も気になったが、ちょっと温かいものを頂きたくて、あったらついつい頼んでしまう「鳥せいろ」をお願いする。

    08-1-10 鳥せいろ

    程なくして出された「鳥せいろ」は、(「割子」があるから)丸い蒸篭かと思ったが、正方形の蒸篭に盛られて。
    薬味は、浅葱にこれも珍しいニラのみじん切り。

    08-1-10 そばアップ

    まずは、そのまま蕎麦を手繰り口に含む。香り風味は強くはないものの、しっとりとした腰に、冷水で〆られたつるつるっとした蕎麦が心地いい。どこか素朴な感じの残るもので、ほのぼのとした気持ちになってくる蕎麦。

    08-1-10 かしわ汁アップ

    そして、「鳥汁」。熱々の鳥汁は、これも甘すぎない、鳥の出汁の染み出たもの。これはいい。鶏肉は、ちょっと少なめではあるけど、ふわふわで柔らかい。あまりに具が多いより、かえってこのくらいの方が蕎麦を食べやすい。何より、汁がとても美味しい。

    08-1-10 蕎麦湯もうしで
    「蕎麦湯をご用命の方は申し出下さい」
    と書かれているので、(これも面白いなぁ・・・)、花番さんに告げ、お願いした蕎麦湯は、さらさらとしながらもしっかりと白濁したもの。

    鳥汁に注ぎいれ頂くと、体もほおっと温まり、すっかり飲み干してしまう。


    ん~大満足 futt.gif  
    ひもじかったお腹もいっぱいになり、体もぽかぽか。
    花番さんの対応も心地よく、すっかり気持ちのいい思いでお勘定を。

    「ありがとうございました~」と、奥からきちんと挨拶してくださるご主人の声を、うれしく聞きながらお店を後に。

    ご馳走さまでした~hahha.gif
    ここも、いいおみせだなぁ。中休みがないのもうれしいことだし、又、ちょこっと寄ってみよう~ niko.gif


    *おしながき
    ざる 800円、割子そば、おろし、納豆 900円、若鳥せいろ、とろろそば 950円、揚げ餅そば 1,100円、山菜そば 1,300円、野生鴨せいろ 1,550円、車えび天せいろ 1,600円、追加割子 200円、追加せいろ 350円、月見、玉子とじ 800円、おかめ 900円など

    そばがき 1、200円、しいたけ炭火焼 1,100円、山菜盛合せ 800円、もつ煮 700円、山芋、なめこおろし、板わさ、お新香、板わさ、枝豆 500円、
    ひだ正宗古酒 650円、粋蕎 800円、ビール 500円


    08-1-10 店遠目
    「手打ちそば 一文字」

    東京都豊島区北大塚2-14-2
    tel.03-3910-5820
    11:30~21:30(~20:00土日)
    日・第2土曜定休



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    江後田のナナハンライダー様
    ここもそうだったのですか・・・。
    鴨汁も気になったのですが、「野生」にちょっとびびってしまいました(^^;;。

    次回は頂いてみます。
    狭山にも行かなくちゃ(^^)
    2008/01/12(土) 12:38:07 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    tatenon様
    やはり・・、年季を感じたのは、月日が重なってのことだったのですね。
    よかったです。
    初めて訪れたのですが、気に入ってしまいました。
    2008/01/12(土) 12:36:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ROM専様
    コメントありがとうございます♪

    こちらは、岩舟さんと反対側(都電乗り場じゃないほう)です。
    なかなかよくて、気に入ってしまいました。
    中休みがないというのも、うれしくて・・・。
    是非(^^)
    2008/01/12(土) 12:35:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    東京遊園地評論家様
    面白いブログですね♪
    今後、参考にさせていただきたいです(^^)。

    うふふ、本当に美味しかったです。
    お蕎麦はいいですよ(^^)
    2008/01/12(土) 12:34:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    みぞろ木さんのコメントありがとうございます!
    ここ 一文字さんも私 ゆかりの蕎麦屋さんですよ…! 是非とも鴨汁も いけるので…ご賞味ください また 楽しみに観させていただきます!
    2008/01/12(土) 12:16:06 | URL | 江古田のナナハン ライダー #-[編集]
    懐かしい。記憶が正しければ、約25年前に(当時私は大学生)行きました。当時もそんな雰囲気だったような気がします。
    2008/01/11(金) 23:07:45 | URL | tatenon #-[編集]
    あけましておめでとうございます。
    いつも楽しく拝見してます。
    自分は大塚駅前といえば岩舟しか知らなかったので、今度一文字さんにも行ってみよっと。
    いい店教えてもらっちゃった♪感謝です。
    2008/01/11(金) 22:30:27 | URL | ROM専 #-[編集]
    ああ・・おいしそうな写真です!そば食べに行きたくなりました。
    2008/01/11(金) 11:11:33 | URL | 東京遊園地評論家 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >