FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    あきる野 「加賀屋」
    2008年02月11日 (月) 19:14 | 編集
    一昨日の雪はどこへやら、気持ちいいお日様がさんさんと降り注ぐ朝、醤油も切れそうな事だし「キッコーゴ」、「Fukushimaya」でお買い物でもしながら、ドライブしようか・・・と、久しぶりにあきる野へ。

    途中、住宅街の中の素朴なお蕎麦を頂こうと向かうと、残念な事に定休日。仕方ない・・と、「キッコーゴ」へ向かいがてら、何度か見かけた看板のお店でお昼を頂こうと、急遽向かってみる事に。

    08-2-11 打ち場
    五日市街道沿い、キッコーゴ醤油のすぐ近くの看板を目印に横道を降りていく。
    矢印に誘われるように民家の中へ入っていくと、程なく立派なお庭の入り口に辿り着く。

    お店の前には東屋のような休憩所や、その後ろには外から眺められる打ち場があり、ちょっと覗き見ながらお店へと・・・。


    ほのぼのとした、緑に囲まれたお店。
    今時、玉簾というのも珍しく、なんだか東京だという事を忘れてしまいそう・・・futt.gif

    08-2-11 店

    あきる野 「手打そば 加賀屋」

    入り口近くに置かれた地元の朝採れ野菜の販売に、ちょっと心を揺られながら扉を開く。
    「いらっしゃいませ~♪」と明るい声に迎えられた店内は、ほのぼのとした民家のお座敷が広がっている。

    素朴に一枚板で作られたテーブルが6卓程並べられたお座敷に、横の窓際にはゆったりとした縁側があり、ここにも3卓ほどテーブルが置かれている。

    08-2-11 店内

    暖かい日が差し込んだ縁側の席が気持ちよさそうで、そのひとつを選んで腰を下ろす。
    暖房などいらないくらいぽかぽかとし、窓からは下の野路が見下ろされ、すっかり寛いでしまうのどかな空気 futt.gif。        
    08-2-11 品書き
    にこにこと笑顔で出して頂いたお茶を頂きながら、ほっとして置かれた品書きに目を通す。

    なんともシンプルなお品書き wao.gif
    もり、ざる、とろろに冷したぬき、それにかけ、山かけ、たぬきのみ。
    裏には、ちょっと拘りが書かれていて、「昔ながらの家庭の味を引継ぎ、つなぎは山芋と卵を使っています」と・・・。


    「お蕎麦にはちょっとした天ぷらが付きます」と書かれているのがうれしく、「山かけそば」にも惹かれたが、素を味わおうと二人で「もりそば」をお願いすることに。

    柔らかい静寂、差し込める日の光、奥からかすかに聞こえる楽しそうな話し声。
    待ちながら次第に心がゆったりと休まっていくような、暖かい空気に満ちている。

    ほおっとこの空間に浸り始めたころ、「ちょっとした天ぷらですが、召し上がって下さい futt.gif」と、天ぷらの小鉢と共にもりそばが置かれる。

    08-2-11 もりそば2

    天ぷらの他に、大根の醤油漬けも添えられたもりそばは、どっしりとした弾きぐるみの太めの田舎蕎麦。

    08-2-11 そばアップ2

    手繰り口に含むと、素朴な蕎麦の香りにしみじみとした風味。もちもちっとした食感の腰のしっかりとした蕎麦は、人の暖かみに満ちている。しっかりと噛み締めながら頂いていると、「つなぎは・・」とか、「香り、風味が」とか難しい事考えずに、素直に美味しいでいいではないか、という気がしてしまう。

    ほんのり甘めの薄めの汁にどっぷりと浸しながら、一手繰り、一手繰りと頂いてしまう。

    08-2-11 天ぷら

    日によって・・・の天ぷらは、今日は小さな掻き揚げにさつまの天ぷら。これも素朴な家庭的な天ぷらだがサクサクとし、添えられた大根の漬物がとても美味しい。

    08-2-11 蕎麦湯
    蕎麦湯は、きちんと頃合見て出して下さる。

    注ぎいれようと蓋を開けてみると、意外にもしっかりと白濁した蕎麦湯 heart.gif
    注ぎいれ頂くと、まろやかで蕎麦の風味の溶け出た味わいで、これが又美味しい。


    たっぷりと頂くと、お腹もいっぱいになり満足な思いに・・・。

    時が止まったかのような不思議な時間に、いつまでもこの縁側に座って、夕日を眺めていたくなってしまうような心地にさえも。

    始終、心地よい笑顔でもてなして下さるのもとてもうれしく、ひょっこり山中で出会ったかのような不思議な心地。
    ご馳走様でした~ hahha.gif
    連休最後の一日に、こんな時間もいいなぁ、としみじみと。

    いつか、このお蕎麦で今度は温かい蕎麦を頂いてみたいな・・・futt.gif


    *お品書き
     もり 840円、ざる 945円、とろろ 1,050円、冷やしたぬき 12,08円、かけ 1,050円、山かけ 1,260円、たぬき 1,155円、小だぬき 525円、
    ビール 525円、オレンジジュース、コーラ 210円



    08-2-11 窓から
    「手打そば 加賀屋」

    あきる野市山田962-1
    042-596-1648
    11:00~15:00(そばがなくなり次第終了)
    月曜定休(祝日営業翌休)
    禁煙 P5台ほど
    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    よしの様
    七味とかはもらったことがありますが、ティッシュ????
    ちょっとなんだか、私ももらってみたくなってしまうような・・・(笑)

    あの縁側はいいです!
    昔のおばあちゃんちを思い出してしまうようで、なんとも和んでしまいました・・。
    2008/02/14(木) 10:41:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    裏話ですがぁ
    ここ何年かはないのでネ。

    確か暮か新年に当店に伺いますと、帰りがけにティッシュBOXを1個下さる。

    初めて行った時はホエ~(チーズを作る過程でできるアレではなく、驚きの声の、です)と思いましたが、その後はそろそろもらえるかと値踏みして伺ってたような(大笑

    店内が込み合うと、離れがありまして、それも2箇所ほど。座席の関係なんですけどね。
    勿論、縁側が特等席ですよ!(煙害ないし)
    2008/02/13(水) 21:37:22 | URL | よしの #-[編集]
    よしの様
    売ってました、売ってました♪
    美味しそう~なキャベツが・・。

    女性の打ち手とは知りませんでした。
    素朴であったあみのある、なんだかほのぼのとした気持ちになってしまったです。
    あの縁側はいいですね~。
    桜の時期に、訪れてみたいです。

    五日市・・
    うふふ、これも又楽しいところで・・・(^^)
    あの掻き揚げも又食べたいところです。
    2008/02/13(水) 10:19:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お店の入口
    でお野菜なんか売ってますよね。あれは女将さん(女性の打ち手なんですよ)のお姉さんが作っておられるとか?(ウロオボエ)

    太い田舎蕎麦、素朴な感じで、正に野趣に富むというものですよね。田舎で食べてるっていう気分も満喫できます。

    春先には縁側の桜が咲くので、ポカポカ陽気爛漫の中で蕎麦を啜ることができます。
    超越した気分になれば、あきる野、秋川を存分に味わえる。

    ところで、当店は結構人気で込み合います。かつて駐車場が一杯だと、さらに先に進めたものです(五日市方面へ)。
    2008/02/12(火) 13:00:04 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >