FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    目白 「大はし」
    2008年02月22日 (金) 21:10 | 編集
    今日は友人と目白でランチ niko.gif
    ちょっとゆっくり話しがしたくて、以前から気になっていたお蕎麦屋さんで。

    駅前を通る目白通り。賑やかな通りを歩いていくと、いつしか懐かしいアーケードのある商店街に続いてく。そろそろかな・・・と思ったころ、ようやくすっきりとした外観のお店に行き当たる。

    08-2-22 店

    目白 「手打ち蕎麦処 大はし」


    どこか喫茶店のような感じもするガラスの扉を開くと、小奇麗に纏まったすっきりとした店内。4人がけのテーブル席が3つに、2人がけが2つのみの小さなお店だが、気取らず寛げる空気にほっとさせられる。

    先客は2組ほど。ほぼ昼時にもかかわらず、駅からちょっと離れているせいもあって、がやがやとした雰囲気はなく静かで落ち着いているのが何よりうれしい。
    二人で空いていた窓際のテーブル席に腰を下ろすと、すぐににこにことした女将さんがお茶を出して下さる。

    08-2-22 品書き 店内
    まずは、と品書きを二人で吟味。
    リーズナブルに並ぶお料理が、どれもとても美味しそう。

    壁に貼られた品書きも一緒に眺めながら、いくつかのお料理をお願いする。


    08-2-22 ビーr
    お料理が決まったところで、まずはビールで乾杯。

    女将さんのお勧めで、お店でしか飲めないという、「アサヒのプレミアム 熟撰」を。
    成るほど、これはなかなか。ホップ感がよく、アサヒっぽくない「味」のあるビールで、すうっと喉を潤す。


    そして、頼んだお料理も次々に目の前に置かれる。

    08-2-22 三種

    内容をお聞きして頼んだ「三種盛り」。
    鰊煮に、板わさ、エシャレットともろきゅうの盛り合わせ。。
    思ったよりずっとにこの板わさが美味しく、しかもすべて二切れづつ盛ってくださる配慮が、とてもうれしい。

    それに・・・、白子好きとしては、注文したくなってしまう「しらすみょうが和え」。

    08-2-22 じゃこ

    小口切りされた茗荷は、胡麻油で予め和えられていて、シラスの塩味とちょうど合わさり絶妙な味わい。これは美味しい heart.gif

    08-2-22 いか

    好物の「いかの一夜干」。
    焼き加減もよく、ふわりと柔らかいイカは、しみじみとして美味しい。

    となったら、お酒も頂きたい、と、品書きを見るとこれもうれしい「日本酒お試しセットもございます」の文字。早速それをお願いする。

    08-2-22 利き酒

    小さなグラスに注がれ、きちんと銘柄が下に置かれてる。「獺祭 純米吟醸」に「夜明け前 しぼりたて」「作 純米」というラインナップにうれしくなってしまう。

    08-2-22 めごち

    そして・・・、「ほたて」「牡蠣」などの中から選んだ「めごちの天ぷら」。
    両開きされて揚げられためごちは、カラリとした衣に身がふんわり。ここの天ぷらもきちんとした仕事がなされ、かなり美味しい。
    「二つに分けましょうね niko.gif」と、天つゆも二つにしてくれる女将さん。うれしいなぁ~・・

    と、とても心地よく、話もはずみ時間もあっという間に・・。
    そろそろ、ラストオーダーの時間になってしまったので、お蕎麦も注文。

    まずは、友人の頼んだ「かけそば」から。

    08-2-22 かけ

    板わさに、飾り三つ葉が盛られた美しい「かけ」そば。私も少々頂くと、きりっとした鰹の風味が香るすっきりとしたかけ汁。

    08-2-22 かけ食べ

    やや白めの蕎麦は、するりと喉越しよく、汁にからまり美味しい。

    続いて私の頼んだ「鴨せいろ」。

    08-2-22 鴨せいろ

    たっぷりの鴨汁に、薬味には、大根おろし、山葵、生姜、葱の4種類。

    08-2-22 せいろ

    白めの細切りの蕎麦は、ピンとした面持ち。手繰り寄せると、軽やかに蕎麦の風味も感じられ、口に含むときりりっと冷水で〆られた感触が心地いい。細いながらもしっかりとした腰があり、かみ締めていくと甘みをも感じられる。

    08-2-22 せいろ食べ

    一方熱々の鴨汁は、鴨の旨味が溶け出た、結構しっかりとした味付け。細身の蕎麦と絡め頂くと、するるっと入ってしまう美味しい鴨汁。やや固めではあるが、鴨肉もたっぷり5枚も入りボリューム満点。

    さらに、蕎麦湯と一緒に別に猪口を出してくださり、それに注ぎ沸けて頂けるのがうれしい。
    猪口に鴨汁を分け入れ、蕎麦湯を注いでたっぷりと頂くと、お酒を頂いたのも忘れてしまうように、す~と体に染み入ってくる。

    始終にこにこと親しみやすく、あったかい女将さんの接客がとてもうれしく、気持ちのいいひと時に。
    丁寧に作られる美味しいお料理に、しっかりとした天ぷら。するりと喉越しのいいお蕎麦となったら・・・、
    今度は、是非、夜にでももっとゆっくりと訪れてみたい、と思ってしまう。

    ご馳走さまでした~hahha.gif
    こういうお店が近くにあると、うれしいな・・・。


    *お品書き
    せいろ 700円、鴨せいろ、海老天せいろ 1,300円、なめこおろし 900円、辛味大根おろし 800え、つけとろ 1,000円、かけ 750円、鴨南蛮、天ぷらそば 1,300円、にしんそば 1,100円、湯葉そば 1,300円、山かけ、さつま 1,000円、なめこ 950円など

    鴨ロース焼き 1,100円、三種盛り、煮豚スライス 500円、月見芋、たたみいわし、にしんの甘露煮、しらすみょうが和え 400円、焼き味噌 250円、真いかの一夜干 450円、めごちの天ぷら、ホタテの天ぷら、牡蠣の天ぷら 750円など・・
    利き酒せっと 500円、澤屋まつもと、〆張鶴、神亀、雪中梅、獺祭り、楯野川など 500円~



    「手打ち蕎麦処 大はし」

    新宿区下落合3-15-21  03-3953-5741
    11:30~14:00 / 18:00~21:00 水曜、第2,4火曜定休  禁煙(だと思う)


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008/08/29(金) 16:47:52 | | #[編集]
    蕎麦麩羅座様
    東風庵さんと・・・、そうだったのですか。

    ここの天ぷら、非常によかったです。是非一度・・(^^)。
    それ以外のお料理も、きちんと仕事のなされた美味しいお料理。しかもリーズナブルなのがうれしいです。

    そして、この女将さん♪
    ほんっとにあったかくていい女将さんなんです。すっかり女将さんのこと好きになっちゃいました。
    2008/02/23(土) 10:32:41 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    私も今年は・・・
    yukaさん、こんにちは。 大はしさん、好きですよ~。
    こちらのご主人も松江ふる川さんや、銀座東風庵さんと同門の・・・。

    むか~し?!伺ったら、 『 今、天ぷらやってないんです・・・ 』 と。
    その時は残念ながら、頂けませんでした。
    (一時天ぷらを出さなかったそうです。)

    なかなか目白の方には出られませんが、
    今年こそこちらの天せいろ、食べに行きたいと思いま~す!

    あっ、でもなんでお店の名前が “ 大はし ” なのかなぁ・・・?
    と、突然疑問に思ったりして・・・(笑) [ ご主人のお名前とは不一致。]
    それでは、また・・・。
    2008/02/23(土) 10:17:28 | URL | 蕎麦麩羅座 #Em2V9n2M[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >