つれづれ蕎麦 
    久米川 「手繰りや 玄治」
    2008年03月07日 (金) 23:28 | 編集
    昨夜の余韻(笑)に浸りつつも、朝イチで市役所へ赴き、面倒な雑用をこなした後は、ピラティスでインナーマッスルに刺激を与えて・・、ちょっとした充実感を感じながら、さてさて、今日は・・・niko.gif

    少々お昼には遅くなってしまったけど、「通し」でやっている久米川のお店へ、手挽きリベンジをしようと再び向かう。

    08-3-7 店

    モザイク通りから、ウィング通りに差し掛かると程なく、「手打そば」の旗が目に入り、変わらぬ佇まいのお店に辿り着く。

    久米川 「手繰りや 玄治」

    午後2時も過ぎようとする昼下がり。
    暖簾を潜って入った店内は、もう既にお客さんはなくゆったりとした空気の中、心地よくジャズが流れてる。

    やはり、町がら神田、あるいは吉祥寺とは違うんだなぁ~(当たり前か)などと思いつつ、又してもストーヴ近くのテーブル席に腰を下ろす。

    08-3-7 定休日
    「いらっしゃいませ」と、笑顔で迎えて下さる女将さんが、レモン風味のお水を出して下さり、ふっと横を見ると・・・
    おっ♪定休日が決まったよう。

    お聞きすると、「1の日っと、分かりずらいかもしれませんが・・・」とおっしゃりながら、それでも「通し」の営業はそのままとのこと。
    これは、やっぱりうれしいなあ。


    午前中はあったお日様も、やや陰りを見せたこともあり、来る途中にすっかり凍えてしまったので、まずはやっぱり「熱燗」をお願いし、ちょっと暖まろうかと。

    08-3-7 熱燗

    いつまでも熱々で頂けるのがうれしい、お湯を貼った燗付け器で出される浦霞を口に含むと、かじかんでいた足先にほっとぬくもりが伝わるよう。

    08-3-7 あて

    そして、共に出された今日のアテは、早春らしく「蕗の煮物」。
    しゃきしゃきっとした歯ごたえに、春の味わいを感じられる、このちょこっとしたアテがうれしい。

    08-3-7 品書き 料理

    落ち着いたところで、何か・・・と、品書きを見ながら、ふっと横を見ると、大きな笊に遊び心のある品書きが貼られてる。
    しかも、なかなか魅力的な品書きがぺたぺた貼られていて、ちょっと迷ってしまいそう~heart.gif

    「チーズの味噌漬け」、「ししゃもの天ぷら」、「青ねぎのヌタ」・・・、どれも魅力的な品書きの中から、今日は、「大好評」となっている「海老しんじょう」をお願いすることに。

    08-3-7 海老真丈

    後ろから聞こえてくる、軽やかな揚げ音を聞きつつ熱燗を傾けていると、程なくして目の前に、「海老しんじょう」が置かれる。
    「その・・、『うさぎ』と呼んでいるんですが、耳をはさむと塩が出ますので、それで頂いて下さい」とのこと。

    08-3-7 海老真丈アップ

    言われたように、まずはかわいらしいうさぎの耳を挟むと、中のピンクソルトが粗挽きされて出てくる。これは面白~い hahha.gif

    そして、添えられたプチトマトを口にほうばると、ぷしゅ~と弾けるトマトが甘い♪
    続けてこんがりと揚げ色のついた海老しんじょうを箸で摘むと、裏側はレンコンの薄切り。これにふわりとした海老しんじょうが、口にほどけていくようでとても美味しい。

    満足な「海老しんじょう」に、いつまでも熱々熱燗を、後ろのジャズに耳を貸すでもなく、読みかけの文庫本を取り出しながら、ゆたっりと身を委ねる、心地よいひと時 futt.gif

    08-3-7 品g回208-3-7 品書き1

    中休みのない気兼ねなさも伴い、ゆっくりした後は、さてさて、リベンジの手挽き蕎麦を。
    と、改めて見つめる品書きの「桜・海老ちらしそば」に目が止まり、その横の、「3月まで期間延長」の「鴨せいろ」にさらに興味が沸いてくる。

    と言う事で・・・sunglass.gif
    「鴨せいろ」を「手挽き」のお蕎麦でお願いすることに。

    08-3-7 鴨せいろ

    程なくして目の前に置かれた、念願の「手挽き蕎麦」。
    ところどころに、蕎麦の欠片の散った細切りの蕎麦はたっぷりと盛られ、ほかほかと湯気を立てた鴨汁に、美しいピンク色の鴨ロースが盛られてる。

    08-3-7 手挽きアップ

    まずは、お目当てだった「手挽きそば」。
    手繰り寄せると、強くはないが蕎麦の香りを感じられ、口に含むと、もちっとした歯ごたえ。ざらりとした感触まではいかないが、それでも粗挽きの良さをも感じれれ、これがうれしい。風味はやや弱いのは残念だけど、それは蕎麦にもよるのかな・・・。

    08-3-7 鴨汁

    そして、しっかりとそのままの蕎麦を味わったところで、鴨汁も。
    焼き目のつけられた葱が乗る鴨汁は、甘みをかなり押さえた辛口の仕上がり。やや醤油が強いのか、濃い目な感じではあるが、熱々のこれが蕎麦と絡まると、ほのかに蕎麦に甘みを感じさせてくれるよう。

    とろりとした葱、そして中に入った鴨肉も味わいがありながらふわりとし、これは美味しい。

    08-3-7 鴨ロースト

    すっかりお蕎麦を頂き、この鴨汁に熱々の蕎麦湯を注ぎいれながら、鴨ロースをも・・・。
    ほんのりレモンの風味を感じさせる、すっきりながら馬味のあるジューシーな鴨ロース。思わずお酒をお変わりしたくなってしまくなってしまう niko.gif

    なんて思いつつも、薄め薄め鴨汁に蕎麦湯を注ぎ、たっぷり頂くと、来るまでの間の寒さもどこかに忘れてしまったかのように、体の末端までほっかほか。

    すっかり満足な心地でお勘定を、と向かうと、打ち場のご主人も顔を出され、お声をかけてくださる。
    うんうん、いいお店だなあ・・・futt.gif

    念願の手挽きを頂けたことがとてもうれしく、お店を後に。
    ご馳走さまでした~ hahha.gif
    今度は、「たなか」さん直伝の暖かいお蕎麦も頂いてみようかな、などと、次への期待もさらに膨らながら・・・


    *お品書き
    せいろ、手挽きせいろ 600円、のりかけ、めかぶ 800円、とろろ 900円、二枚重ね 800円、二色 900円、野菜天せいろ 900円、海老天せいろ 1,200円など

    玉子焼き 400円、めかぶとろろ 600円、そばがき 800円
    浦霞、越州、緑川 500円~600円



    08-3-7 看板
    「手繰りや 玄治」

    東村山市栄町2-38-2
    042-398-5833
    11:00~21:30 
    1のつく日が定休日
    禁煙 前回の訪問




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    かぶ様
    お、じゃあ、産地も変わったんですね♪
    私が頂いたのは、茨城産だったので、これも興味あります。
    桜海老のお蕎麦も気になるし・・
    ししゃもの天ぷらも気になるし・・

    私も又、訪れてみます(^^)
    2008/03/25(火) 11:24:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ラッキーディ
    また玄冶さんのお蕎麦を食べたくなり行ってきました。
    今日はお蕎麦オンリーで手挽き2枚で・・・
    すると、1枚目は福島産そば粉のお蕎麦2枚目は栃木産そば粉のお蕎麦が頂けました♪(* ̄ω ̄)v
    福島産のお蕎麦はそばの味がしっかりしていて、栃木産のお蕎麦は香りが堪能できました。
    個人的には福島産が好みでした。
    いつもは2枚とも同じ産地のお蕎麦だそうですが、時々1枚1枚別の産地のお蕎麦が頂ける時があるようで、ラッキーディだったらしいです。
    2008/03/25(火) 08:19:34 | URL | かぶ #-[編集]
    恵比寿様
    そうなんです、お料理が増えて、またさらに楽しみが・・・(^^♪
    手挽きも、さらにさらに期待のもてるところ、いいですよね~。

    あきる野、これから桜の時期にもさしかかり、いいだろうな、と思います。
    ぜひ、瀬音の湯と併せて・・・(^^)
    2008/03/10(月) 10:36:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ゴエモン様
    そ、その「治部煮そば」、とっても気になっていたんです!寒いうちに是非頂いてみたいな~って。
    それとも、やっぱり気になっていた「桜海老ちらしそば」。んー、これも食べてみたい・・・。

    一品料理も増えたのもうれしく、(ししゃもの天麩羅、私も気になっていたところです)。ますますうれしい限りです。
    私も又、訪れたいです(^^)
    2008/03/10(月) 10:34:40 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蕎麦前の
    酒肴が何気に豊富で通し営業は嬉しいですよね。 良い酔いっと♪
    今後の手臼挽きに期待している恵比寿です♪♪

    春の多摩庭蕎麦はあきる野散策をしてみたいと思ってます♪
    2008/03/10(月) 09:06:35 | URL | 恵比寿 #-[編集]
    両親と妹
    を連れてまたまた行き(1人では週一ペースで来店)、治部煮あんかけ蕎麦、桜海老ちらしそば、肉汁うどんを食べました。どれも美味しく、特に海老ちらしはさっぱりしていて好みの味。肉汁うどんは自家製のラー油がまた味を深めてくれて最高でした。
    一品系は自分的にはさつま揚げがオススメです。今度はぬた・ししゃものてんぷらも食べてみようと思います。
    玉子焼きは出汁まきと通常の二種類から選べるそうです。
    2008/03/09(日) 22:32:06 | URL | ゴエモン #9Knn1zq6[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >