FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    阿佐ヶ谷 「東」
    2008年03月11日 (火) 23:39 | 編集
    午前中に池袋で仕事を済ませ、午後から吉祥寺でのレッスン・・・。
    これは丁度いい♪、と、前々から友人に教えてもらっていた、途中の阿佐ヶ谷にあるお店でお昼を食べて行こう~と、途中下車。

    阿佐ヶ谷駅北口、ごちゃごちゃとしたアーケードを抜け、ちょこちょこと並ぶ小さな商店街へと入っていく。きちんとした番地を聞いていたわけではなく、「ヨジカワ」の途中とだけ聞いていたので、右を、左を・・・と、この道でいいのかな、とちょっと不安になりながら進んで行くと・・・、程なくしてふっと前に「蕎麦」の文字の書かれた看板が目にはいる。

    ここだ・・・onpu.gif  

    08-3-11 店

    ちょっとチェーンのお店っぽい明るい看板ではあるけれど、横に立てられた旗にはきちんと「手打ちそば」の文字。入り口に置かれている品書きにざっと目を通して、扉を開き店内へ・・・。

    阿佐ヶ谷 「蕎麦酒房 東」


    足を踏み入れると、入り口すぐのところにはきちんと捏ね鉢が置かれてる。
    ほんのりと照明を落とし、和のテイストが行き渡った広々とした店内は、心地のいい空間。
    厨房に面してすっと伸びるカウンター席、その後ろにはゆったりと配されたテーブル席が3卓。その奥にはこれもしっとりとした小上がり席が4席置かれてる。

    08-3-11 店内

    もうすぐ1時になろうとするお昼時、何人かのお客さんが和やかに寛いでいる姿も微笑ましく、私も空いていたテーブル席に腰を下ろす。
    すぐにキビキビとした花番さんが、笑顔でお水を出して下さり、置かれている品書きに目を通す。

    おお、これはいい感じ hahha.gif
    まず開いたお酒のページには、写真付で結構豊富なお酒が並ぶ。
    さらに、「おつまみ」や「蕎麦料理」も、リーズナブルにずらりと揃う品書きに、思わず笑みがこぼれてしまいそう。成る程・・・、「蕎麦酒房」と名乗っているあたり、お酒もお料理もしっかりとしたものを揃えているんだなぁ、と、じっくりと眺め、とりあえず今日はお蕎麦を、と・・・。

    冷たい蕎麦、温かい蕎麦、それに丼、セットもの、とこれも豊富な品書きに、あれこれと悩みながら、中にあった「舞茸天せいろ」が800円っ??と驚き、これをお願いしてみることに。
    (「月見せいろ」にも、すっごく惹かれたけど・・・)

    程なくして、まずは「舞茸天ぷら」が天つゆと共に置かれる。

    08-3-11 舞茸てんぷら

    見るからにカラリと揚げられた舞茸の天ぷらは、思ったよりもたっぷりと盛られてる。
    箸を入れると、さくっと音の立つ天ぷらは、かぶりつくと茸のジューシーなエキスがじわりと口に滴る、美味しい天ぷら。
    ん~、これはいい。塩でもちょっと頂きたくなってしまうなぁ。

    08-3-11せいろ

    などとすっかり満足しながら、この舞茸の天ぷらを頂いていると、時間差で「せいろそば」も目の前に置かれる。

    四角の蒸篭に盛られているお蕎麦は、きりっとした面持ち。時々蕎麦の欠片の混じる蕎麦を手繰り寄せると、強くはないがきちんと蕎麦の香りが感じられるもの。

    08-3-11 せいろアップ

    「北海道幌加内産」と表に書かれていたのを思い出し、口に含む。
    きちんと冷水で締められた蕎麦は、シコシコとしたしっかりとした腰。喉越しもいい蕎麦は、はじめはあまり風味を感じられなかったが、食べ進むに従って、北海道独特の甘みを次第に感じてくる。うんうん、悪くない♪

    しかも、ちょっと舐めてみる汁は、途端にふわ~っと漂う鰹の香りの高い汁。すっきりとしながらもまろやかさが加わった感じで、これは・・・、鰹以外に鯖節も使っているのかな??
    あまり濃い目ではない汁なので、時折とっぷりと漬けて頂くと、蕎麦に風味が増すように、するするっと頂いてしまう。

    食べ終わる最後の一口くらいのタイミングで出してくださる蕎麦湯は、ナチュラルだが熱々のもの。
    これを注ぎいれたっぷりと頂くと、すっかり満足な心地に浸ってしまう。

    これはいいなあ~。
    花番さんの対応もとても心地よく、これだけ揃ったお料理は是非一度、誰か友人と共にあれこれと頂いてみたい、と、心から思ってしまう。

    しかも、これだけ豊富に揃ったお蕎麦も興味深く、これもいろいろと食べてみたい。

    と、かな~り満足な心地になりながらお勘定を。
    帰り際、サービス券まで頂けたのが、これまたうれしく・・・
    ごちそう様でした~hahha.gif

    今度はゆっくりと、又来てみようっと♪


    *お品書き
    もり 550円、月見せいろ 650円、冷やしそうめん 680円、冷たぬき、冷きつね 700円、月見納豆 780円、なめこおろし、とろろ、舞茸天せいろ 冷やし和風そば(冷中華風) 800円、冷豚しゃぶ、納豆おろし 880円、鴨せいろ 950円、天せいろ 1,200円、卵とじ 650円、坦々うどん、肉南、鳥南、カレー南 700円、親子南、山かけ、肉せいろ 800円などなどまだまだ・・・
    親子丼 800円、カツ丼 850円、カルビ焼き定食 980円、とんかつ定食、天丼、ポークソテー 1,000円他(セット850円~)

    蕎麦味噌 300円、蕎麦刺身 580円、蕎麦蒲焼(食べてみたい!) 680円、出し巻き、親子煮 580円、とりわさ、山かけ納豆、板わさ、イカ沖つけ、炭焼きイカ 480円、豚角煮、まぐろ山かけ、とり塩焼き、鴨スモーク 580円他多数・・
    鳳凰美田、星自慢、渡舟、神亀、石鎚、獺祭、七田、八海山、浪の音、いづみ、雪漫々他 580円~

     

    08-3-11 そば産地
    「蕎麦酒房 東」

    杉並区阿佐谷北1-27-6
    03-3223-3111
    11:00~15:00 / 17:30~23:00
    月曜定休
    (機械切蕎麦の出前も 受付~19:00)



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ・・・さま
    ありがとうございます。
    2008/03/27(木) 09:26:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008/03/26(水) 01:08:48 | | #[編集]
    サイコ様
    お久しぶりです(^^)。
    そうそう、サイコ様は、パン大好きだったんですよね。
    ここ阿佐ヶ谷もパン屋もなにげに多く、今回も途中で見つけた、かわいらしい町のパン屋さんで、買ってきました。

    お蕎麦屋さんも、多いんですよ・・・。
    中央線は、どの駅も特色があって、本当に楽しいです。

    えっと、はい(^^)。あとで・・・
    2008/03/13(木) 07:49:40 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    阿佐ヶ谷もステキな街
    ひさびさのコメントです。
    阿佐ヶ谷っていろんなお店ありますよね。
    かわいいカフやパン屋さん。
    そしておいしそうなお蕎麦屋さんもあるんですねえ。
    中央線沿線は奥が深いしお値段も良心的。

    ところでyukaさんの授業ってどんなでしょう!?おいしいお蕎麦の講義とかあったら楽しそう。私はパンの食べ歩き講座とか?しちゃおうかなあ。なあんて。

    今度こっそり教えてくださいね。
    2008/03/12(水) 18:13:13 | URL | サイコ@hearty #dAcHtRKY[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >