つれづれ蕎麦 
    神楽坂 「生粉打ち亭」
    2008年03月18日 (火) 23:24 | 編集
    江戸川橋にあった「生粉打ち亭」さんが、移転してほぼ三ヶ月。新しいお店は、どんんなだろうと、興味を思っていたところ。東西線から有楽町線への乗り換えついでに、伺ってみることに。

    08-3-18 看板
    神楽坂からひたすら牛込中央通りを上って行くと、下町風情の残ったような優しい賑わいの中に、「たかさご」さんが見えてくる。

    ・・・と、思っていたら、ふいに目の先に目立つ緑の看板が現れ、あまりに「たかさご」から近いことに驚きつつ近寄ると・・、


    この辺りの風景からちょっと離れたような、水車の回る高級な民芸調の日本料理店のようなお店に行き当たる。

    08-3-18 店2

    神楽坂 「本物の手打ち蕎麦 生粉打ち亭」

    すぐはす向かいには、「志ま平」、手前には「たかさご」・・・と、あまりに密集して三軒もの蕎麦屋が並んでいることに、改めてびっくり。なんとも贅沢な通りだなぁ~・・wao.gif

    などと、感心しつつ、まだ木の匂いたつようなお店をしみじみと眺め、自動ドアを押して店内へ。

    入るとすぐ横には打ち場があり、目の前の真っ赤な野点傘が目に飛び込む。表の雰囲気同様、どこか民芸調の空気が流れる清潔ですっきりとした店内。

    08-3-18 店内

    ゆったりとしたテーブル席が3卓、奥には大テーブルが置かれた店内は、落ち着いた空気が漂っている。お昼のピークを過ぎた頃なのだろうか、他にお客さんもなかったので、ゆったりとしたテーブル席の一つに腰を下ろす。

    改めて見渡すと、客室の横には、ガラス張りの広々と取られた製粉室があり、何台かの石臼が置かれてる。蕎麦の保管、製粉に力を入れているのがひしひしと感じられ、期待も沸いてしまう。

    と、感心して見ていると、程なくして蕎麦茶が出され、頂きながら品書きを開く。
    お蕎麦は三種。江戸蕎麦、田舎蕎麦、津軽蕎麦・・・。
    それぞれのお蕎麦に、ランチのセットもある模様。

    08-3-18 品書きランチ
    とりあえず、「津軽の郷土そば」である「津軽そば」がよく分からなかったので、お聞きすると、「水ではなく豆乳でこねた蕎麦」とのことで、「のど越しがいいんですよ」とのこと。

    それもちょっと興味はあったが、今日は、「殻ごと挽きこんだ田舎蕎麦」をランチのセットで頂いてみることに。


    頼むと、すぐ、あっと言うまに出された「田舎蕎麦」のランチセット。

    08-3-18 ランチ

    長方形の蒸篭に盛られた、挽きぐるみの蕎麦に、日替わりご飯は鮭ご飯。それに蕎麦豆腐と、自家製糠漬けが、お盆に載せて出される。

    08-3-18 そば

    まずはお蕎麦から・・・。
    挽きぐるみの蕎麦には、ところどころに蕎麦の欠片が散った、やや平打ちぎみに打たれた細切りの蕎麦。手繰り寄せると、ふわりと穀物の香りが豊かに漂う。

    08-3-18 そば食べ

    口に含むと、しなやかな腰加減。やや水を纏ったような蕎麦は、かみ締めると、ねちっとした歯ぬかり感のある感触。風味は思ったほど強くはないが、のど越しよく仕上がっている。

    薬味に葱はなく、大根おろしと質の良さを伺える、瑞々しい山葵。汁はやや甘めの濃い目のもので、それそのものよりは、大根おろしを加え、ちょこっと付けて食べるといい感じ。
    ランチのセットとは言え、きちんとした量もあり、これだけでも結構十分に満足してしまう。

    さらさらとした熱々の蕎麦湯を注ぎいれ、ほっとしたところで、ランチのセットをも・・・。

    08-3-18 蕎麦豆腐08-3-18 額づけ

    小鉢の「蕎麦豆腐」は、蕎麦味噌がかけられ、時折混じった蕎麦の粒の感触がおもしろい。
    そして、「自家製」との額漬けは、額づけ本来の味わいがしっかりと感じられる美味しい漬物。

    08-3-18 しゃけ

    そして、表面にびっしりと載せられた「鮭ご飯」。これが美味しい
    鮭フレークではなく、きちんと焼かれた鮭を、手でほぐしたもので、鮭の塩加減もよく、たっぷりと乗せられた鮭に大満足 niko.gif
    食べられるかなぁ、などと思っていたのにひょろっと食べてしまうと、お腹もすっかりいっぱいになっての満足なランチに・・。
    しかもこれが、通常のお蕎麦の値段なんだもの、かなりのお値打ち。

    ゆっくりと食後の蕎麦茶を頂きながら寛いでいると、このゆったり落ち着いた店内で、のんびりと蕎麦前を頂くのもいいかもしれないなぁ、などとも思えてくる。
    見ると、品書きには、「ふぐの子の粕漬け」などの珍しいメニューも揃ってるし、これはちょっと食べて見たい・・・。

    これでまた、神楽坂のこの界隈で悩むハメになってしまうなぁ、などと思いながら、お店を後に。

    ご馳走さまでした~・・hahha.gif

    志ま平さんにも、又、行きたいな。。futt.gif 


    *田舎蕎麦ランチセット 1,000円


    08-3-18 店
    「本物の手打ち蕎麦 生粉打ち亭」

    新宿区納戸町10番地
    03-3235-7177
    11:30~14:30 / 17:30~21:00
    月曜定休 禁煙
    お店のHP




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    そば箸さま
    そう、これでせいろの値段とは・・、うれしいランチです。
    鮭ご飯、すごいでしょ、
    これは美味しかったです(^^)。

    職場の近く、帰り途中に、いい蕎麦屋があるのは、羨ましいことです。。
    2008/03/21(金) 09:43:12 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ガンマ様
    丸ごと一本の山葵はうれしいです。
    ん、その辺りはランチだったからなのかしら(^^;;

    鰻の串焼き?
    気づきませんでした~。
    私は、周りの和菓子屋さんに目がうつって仕方なかったです(^^)
    2008/03/21(金) 09:41:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ☆まがり★ 様
    いや、葱の時期じゃないからではなく、葱が蕎麦の香りをじゃまするのを避けて、だと思いますよ(^^;;

    結構、葱をつけないお店はあるようで、
    実は、私も蕎麦を食べるときに、葱は使わないのですが・・

    でも、立ち食い蕎麦では、たっぷり入れたいですよね(^^)
    2008/03/21(金) 09:40:24 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ランチ、すごいっ
    しゃけご飯、食べたいです!
    ランチだとすごく満足感ありますね~!
    蕎麦屋さんが近くにある会社がうらやましいです。
    2008/03/20(木) 21:03:41 | URL | そば箸 #oh4NkpYI[編集]
    山葵が‥
    17時半、夜の部開店直後に入って蕎麦前頂いた後で津軽蕎麦にしました。
    山葵が丸ごと1本ついてきたけど、これがすごく立派で、しかもかなり辛くてよかったです。
    ランチだとさすがに付かないんですね。
    関係ないけど「たかさご」との中間にあった鰻の串焼きを食べさせる居酒屋も気になりました(笑)
    2008/03/19(水) 22:40:20 | URL | ガンマ #-[編集]
    薬味
    この季節は葱の味が落ちるから
    付けてないないのかも
    この季節困るんだよなー
    葱が美味しくなくて
    立ち食い蕎麦だと葱が盛り放題じゃないすか
    つい、どっかり取っちゃって
    「あちゃー」
    ってなる事が多い
    早く葱の美味しい季節にならないかしら~
    2008/03/19(水) 12:58:55 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >