FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    狭山 「なお光」
    2008年03月23日 (日) 23:55 | 編集
    お天気もいいことだし、と、ドライブがてらに再び狭山の「サイボク牧場」へ。
    彼が言い出した提案を待ってました♪とばかりに、お昼は、前回「サイボク牧場」からの帰りに見かけたお蕎麦屋さんへと、向かってもらう。

    08-3-23 店

    国道16号線から「サイボク牧場」への道案内を頼りに進んでいくと、牧場のすぐ手前に、清楚に佇む一軒家屋のお店が道沿いに現れる。

    狭山市 「そば処 なお光」


    お店の前にたっぷりと取られた駐車場は、8割がた埋まってる。昼時でもあるし、混んでいるのかな・・と、少々不安になりつつ扉を開く。

    すっきりとし清潔感漂う気持ちのいい店内。右側にテーブル席が二卓に、左側には大きく取られた窓に面して、掘りごたつの小あがりの席が3つ並んでる。予期した通り、お客さんで賑わっている中、なんとか空いていた小上がりの席のひとつに腰を下ろす事が。
    よかった・・・futt.gif

    「いらっしゃいませ~」と明るい声で花番さんがお茶を出して下さり、頂きながらふと見る窓の外は、自然にまかせて生え伸びたような雑木林のような中庭。通り沿いだというのを忘れてしまう自然溢れた景観に、ふっと心が和むよう。

    08-3-23 窓から

    これはいいなぁ・・futt.gif・、と思いつつ品書きを。

    温かい蕎麦、冷たい蕎麦といくつか並び、ちょこちょことしたお料理も揃ってる。
    まずは「もりそば」と・・・、と思っていると隣のテーブル席の方が食べている、鉄板に乗せられた油揚げがとても気になる。品書きの中に、「油揚げステーキ」なるものの文字を見つけ、頼んでみることに。

    08-3-23 油揚げステーキ

    程なくして、ジュ~ジュ~っと音を立てた「油揚げステーキ」を、ご主人自ら出して下さる。
    「薬味の上と、周りの鉄板にお醤油をかけて召し上がって下さい。」
    とのこと。

    08-3-23 油揚げステーキじゅわ

    言われた通りに、お醤油をかけると、まさにステーキ onpu.gif
    じゅわわわわ~っと醤油が沸き立ち、すぐに香ばしい香りが立ち込める。

    08-3-23 油揚げステーキアップ

    周りはぱりっぱりに焼かれた栃尾焼き。中はふわりとし、かけられたたっぷりの大根おろしに葱が又良く、下からは香ばしい醤油の味がじゅわっと口に入ってくる。
    これは美味しい~・・

    油揚げの軽さもよく、できることなら、ビールでも頂きたくなってしまう一品。

    堪能しつつ油揚げを食べ終えた頃合に、いよいよお蕎麦が置かれる。

    08-3-23 もり

    陶器の器にすのこが敷かれて盛られた蕎麦は、目をみはってしまう粗挽きの蕎麦 bikkuri.gif

    8-3-23 もりアップ

    きりりっとしたエッジの蕎麦の表面にはびっしりと覆う、赤、茶、透明の蕎麦の粒。

    08-3-23 もりどアップ

    その姿にうっとりしつつ、手繰り口に含む。きりっと締められたのも心地のよく、しっかりとした腰。噛み締めると、もちもちとした感覚をしっかりと感じ、同時に舌を掠めていく、野趣長けたざらりとした感触 love.gif

    08-3-23 もり食べ2

    粗い粒のこの掠めていく蕎麦の欠片の感触がたまらなく、ゆっくりと噛み締めて味わう。香り風味は穏やかではあるが、噛み締めていくうちに、次第にさらり~と吹き抜けていくように穀物の香ばしさと、甘みを残していく。

    見た目以上にしっかりとした量があるのもうれしく、何度も何度もこの感覚を楽しむ。
    添えられた汁は、私にはやや甘めではあるが、風味のいい鰹の出汁がしっかりと感じられ、まろやかに仕上がったもの。

    やや短めなものもあるものの、十割でこれだけの粗挽きを食べられることにうれしくなってしまう。食べ終えてしまうのを惜しいように思いつつ、すっかり満足な心地に浸ってしまう futt.gif

    08-3-23 もり 大盛

    「大盛り」を頼んだ彼の蕎麦は、これも豪快に盛られてる。山になって盛られた蕎麦は、「もり」の二倍近くありそうな・・・。

    08-3-23 蕎麦湯
    蕎麦湯はきちんと頃合を見て出され、優しく白濁した熱々のもの。汁に注ぎいれ頂くと、改めて甘さを感じるが、優しいかけ汁のようでこれもいい。

    何本か残しておいた蕎麦に注ぎいれ、にわかかけそばにして頂くと、穀物感がさらに増す蕎麦に、温かい蕎麦もイケルと実感。これは温かい蕎麦も食べてみたいなぁ。


    明るく、気持ちのいい空間で頂けた粗挽きの蕎麦に、大満足 niko.gif
    お勘定を、と席を立つと、きちんとご主人も顔を出して下さり、ちょっとお話も。

    お蕎麦は、福島の山都で習われたそうで、今は音威子府の蕎麦を30メッシュにかけて打たれているとのこと。
    温厚そうなご主人は、にこにこと「又いらっしゃって下さい」と、おっしゃって下さり、ぜひ又食べに訪れたいと、心から思えてくる。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    狭山もたくさんの魅力的なお蕎麦屋さんばかりで、うれしく悩んでしまうなぁ・・・。


    *お品書き
    もり 730円、大盛 940円、すずしろ 840円、山菜おろし 900円、つけとろ 950円、鴨せいろ 1,200円、天ざる 1,260円、かけ 730円、月見、なめこ 780円、山菜 840円、力、とろろ 950円、天ぷらそば 1,200円、鴨なんばん 1,260円

    そばがき 840円、油揚げステーキ 630円など



    08-3-23 看板
    「そば処 なお光」

    埼玉県狭山市柏原1521-8
    042-900-0660
    11:00~20:00
    金曜日定休 P多し


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ありがとうございます!
    とっても参考になりました~。
    これから検討しまーす。花と筍の時期のうちに♪
    2008/03/27(木) 09:29:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008/03/25(火) 23:17:57 | | #[編集]
    よしの様
    そう、こちら、中休みないんですよ~♪
    (これだけで、好印象?笑)

    いや、以前は、ここまで粗挽きではなかったかもしれないです。50メッシュ、40メッシュときて・・
    今ようやく30メッシュで打っていると、ご主人がおっしゃっていました。

    又・・・
    こちらにいらっしゃることがあったら、
    秀庵と梯子でゼシ!です。
    2008/03/24(月) 22:04:12 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    粗挽き十割
    美味しそうですね!粗挽き。

    一度伺ったことがありましたが、丁度その時切れていて、
    今打ちに掛かってますってところで、比較的?お若い方が
    のしに掛かったところだったと思いますよ・・・今から○年前
    だかな・・・
    (その前に「奈加一」に行って振られた後かもしれない)

    で、それからはず~っと例の「秀庵」にばっかり通ってて・・・

    今度は行こうと思ったら道間違えたりして行けません。これも運命かな?

    因みに中休みないなら、あの時待ちますと言って打ち上がりをいただけばよかったんだろうね。確か普通のせいろにしてしまいました。(昔話)
    繁盛していて結構なことだと思いました。
    2008/03/24(月) 21:49:56 | URL | よしの #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008/03/24(月) 21:41:17 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >