豪徳寺 「あめこや」

2008/03/26/09:54  [東京の蕎麦]世田谷区 画像あり

昨夜は、久しぶりに学生時代の友人と会うことに。
だったら・・・と気になっていた、夜の「あめこや」に伺ってみようと、待ち合わせ niko.gif

08-3-25y 店y

夕方の買い物に急ぐ人々の波が途切れた頃あいに、通りに面してほんのりと明かりの灯ったお店は、とってもいい感じ。

豪徳寺 「AMECOYA-あめこや-」

一足先に到着していた友人はすでにビールを頼んでいたので、私も急いで乾杯~。

08-3-25y ビールy08-3-25y きんぴら

あてには、かわいい小鉢に盛り付けられた大根のきんぴら。

久々に会う友人だが、すぐに話が盛り上がる。やっぱり学生時代の友人はいいなぁ~futt.gif、と感じ入りながら、頼んだお料理の数々。

まずは、前回訪れた時から気になっていた、「木村さんの長芋」の「味噌漬け」。

08-3-25y 病も

サクサクとしながらも、長芋独特のねばりがよく、味噌の風味が染みてこれは美味しい。

そして、春らしく「春の山菜の天プラ」。

08-3-25y てんぷら

タラの芽、ふきのとう、こごみ、博多蕾菜(つぼみな)。
薄い衣でからっと揚げられたとても美味しい天ぷら。ほんのり感じる春ならではの苦味が、何とも言えない。初めて食べたつぼみなは甘みがあり、これがとっても美味しい。

そして、「筍」の文字を見たら、素通りできない私がリクエストした、
「筍と合鴨つくねの炊き合わせ」。

08-3-25y たけのこ

上品な出汁で炊かれた筍は、独特の歯ごたえがあり、ん~美味しい
添えられた京にんじんに、合鴨つくねは軟骨が混ぜられていて、コリコリとした歯ごたえが楽しい。とても上品に作られている一品で、あまりに美味しく出し汁まで頂いてしまう。

もう少し何か頂きたくて頼んだ、「おすすめメニュー」の中に書かれていた一品、
「海老しんじょとレンコンの挟み揚げ」。

08-3-25y 海老しんじょう

しゃきっとしたレンコンに、ぷりっぷりの海老が贅沢に詰まったしんじょ。これも軽やかにさくっと揚げられたのが非常によく、絶品の一品。いやぁ、こちらのお料理のレベル、どれも高い・・・wao.gif

08-3-25y 品書き408-3-25y 酒

落ちつたところで、お酒をも・・。
やっぱりまずは、好みの「鳳凰美田」に、「飛露喜」を順番に頂く。ヨーヨーを思わせるガラスの猪口がかわいらしい。

お酒に合わせたくて、頼んでしまったのが、前回いたく気に入ってしまった、
「アボガドとくりーむチーズのおかか和え」。

08-3-25y アボガド

やっぱりこれ大好き

と、すっかりこちらのお料理のすべてに満足したところで、石臼挽き自家製粉に変えたとのことで、楽しみにしていたお蕎麦をも・・・。
二人で改めて何にしようと、品書きの蕎麦のページを改めて吟味すると、さらに豊富になったメニューにしばし悩んでしまう。
今までの定番の冷たいお蕎麦に、温かい蕎麦、その下には「二種のもり蕎麦」なるものまで加わり、さらに珍しい「ごまねぎそば」に、「福島産青さべっこう海苔そば」、「蛤そば(温・冷)」・・・。

悩んだ挙句、二種もりと迷ったが、初めて見る「青さべっこう海苔そば」を頼んでみることに。

08-3-25y 海苔汁アップ

頼むと程なくして、まずはほかほかと湯気を立てた、真っ青真っ黒の海苔汁が出される。一口頂くこれが、お、美味しい~っlove.gif
青さにべっこう海苔の磯の香りいっぱいの香ばしさ。その根底にはこれも丁寧に取られた出汁がきれいに引かれ、非常に旨い。これはいい!

08-3-25y くるみ汁

一方彼女が選んだのは「くるみ汁」。
泡立てられたような見るからにクリーミーな胡桃汁で、これもとても美味しそう。後でちょっと頂いてみると、やさし~い甘みに胡桃独特のコクのある風味が広がり、これもとても美味しい胡桃汁。

と、お汁が並べられたところで、かわいらしい奥様が、にこにことしながら、
「せっかくですので、お蕎麦、二種お出ししますね」。
と。これは、なんって、うれしい onpu.gif
ということで、まずは「福井大野」のお蕎麦が、それぞれ二人の前に置かれる。

08-3-25y 海苔汁

笊に盛られた大野の蕎麦。艶々と輝く、切り幅、長さにもムラのない、丹精な細切りの蕎麦。

08-3-25y 大野

手繰り寄せ口に含むと、心地のいいしなやかな腰。大野にしてはやや香りは穏やかではあるものの、噛み締めると香ばしさが、ふわりと漂ってくる。

08-3-25y 大野アップ

そのままでも美味しいお蕎麦だが、このべっこう海苔汁に絡め頂くと、細切りの蕎麦によく絡み、これが堪らない美味しさ。海苔の風味と蕎麦が融合した風味に、もう夢中になってしまう。

そして、食べ終えた頃合に、二枚目「茨城 八千代」の蕎麦が置かれる。
 
08-3-25y 八千代

色の違いの分かる、八千代の蕎麦を手繰ると、これがとても芳しい。常陸秋蕎麦独特の甘みを含んだような穀物の香りが豊かに漂う。

08-3-25y 八千代アップ

しっとりしたたおやかな腰はそのままで、噛み締めるとこれもやはり味が濃い。これは・・、確かに数段美味しくなっている♪と、うれしくなり、これもそのままでも食べてしまいそう。
と言いつつ・・・、やはりこちらでも、べっこう海苔汁とのハーモニーを楽しみ、様々な味わいに大満足 niko.gif

最後には、サラサラとした熱々の蕎麦湯を注ぎいれ、このべっこう海苔汁を頂くと、上品で極上のお吸い物を頂いているかのよう。
すぅ~っと、体に染み渡り、飲んだ後の胃に優しく行き渡る。

お料理の美味しさ、そして最後に頂けた美味しいお蕎麦に、大満足の夕餉に。
始終、にこやかで柔らかい対応をして下さる若奥様もとても心地よく、後ろで時折話しかけてくださるご主人もりりしくとても素敵な方・・・heart.gif

しみじみと、このお店が自分の沿線にあったらなぁ~と思いつつ・・
ご馳走さまでした~hahha.gif

今度は・・、噂の(?)「かけそば」も頂いてみたいな・・・niko.gif

Jちゃん、ありがと~niko.gif

*お品書き
長芋の味噌漬け 380円、春山菜の天ぷら 600円、筍と合鴨つくねの炊き合わせ 700円、海老しんじょとレンコンの挟み揚げ 680円、アボガドとクリームチーズのおかか和え 450円
ビール 450円、鳳凰美田、飛露喜 700円~

二種もり 880円、胡桃汁そば、青さべっこう海苔そば 850円、鴨汁そば 950円、蛤そば 1,000円など


08-3-25y そばの実
「AMECOYA - あめこや -」

世田谷区豪徳寺1-46-14
03-3439-3602
17:00~23:00
月曜、第一火曜定休
お店のHP

前回の訪問





関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/907-25427832

◄ prev next ►