FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    幸手 「ふくろう」
    2008年04月06日 (日) 23:45 | 編集
    前日の夜あたりから、くしゃみに変わって咳が出て止まらない。
    それでも土曜日、週末の雑事などを済まそうと、あれこれと出回っていると、ゾクゾクと寒気が・・・。
    気のせいか、頭痛までするように感じ、家に帰ってこっそりと体温を測ったら、ナントっ38度

    こ、これは気合で治さなくてはっっ、と即、薬を飲んで・・・
    なんたって、明日は前々から楽しみにしていたお店へ行く日 u-n.gif。。。


               ・・・

    ・・・と、起きた今朝。
    ドキドキしつつ、再び体温を測ると、37度ちょっと。
    よしよし少し下がってる futt.gif
    これだったら、行ってしまおう!と、電車を乗り継ぎ、「幸手」へと・・・。

    08-4-6 看板
    何とかたどり着いた「幸手駅」は、お花見客で大混雑。
    そ、そんなに桜で有名なの・・・??、
    などと、人々に揉まれながらも、何とか皆と落ち合う事ができ、念願のお店へと。

    駅の目の前を通る道をそのまま歩いて行くと、お店の看板がお出迎え。


    東さくら通りと呼ばれる通りを、看板の指示に従って進んだ路地を入るとすぐ、緋色の暖簾のかけられた、ほのぼのとしたお店に行き当たる。

    08-4-6 店正面

    埼玉県幸手市 こだわり石臼挽 「十割そば ふくろう」

    と、近寄ってみてびっくり。
    玄関前にずらりと並べられた、空き瓶の蒼々たる数。しかも、扉の横には「杉玉」までぶら下げられている。
    ん~、これは、期待に熱なんて忘れちゃう・・niko.gif



    暖簾をくぐり、扉を開くと、まだ開店時間、間もないにもかかわらず、玄関には脱がれた靴がずら~り。
    すごい・・と驚きつつ、私も靴を脱いで店内へ。

    畳の部屋にいくつか並んだテーブル席、掘りごたつのカウンター席、とほぼ埋まっている中、予約をしていた我々は、奥の一枚板で作られた大テーブルでゆっくりと。

    08-4-6 壁
    腰を下ろして、ほっとしたところで、ふと見上げると目の前のカウンター席の上の壁には、半紙に書かれたお酒がずら~り。
    しかも200円(半合)、220円・・と書かれている値段に、さらにびっくり。

    なんて素晴らしい~・・・onpu.gif


    と、いたく感動している私に、誘ってくれた友人は、「だろ~ sunglass.gif」と、とても自慢気 。
    さてさて、早速品書きを。

    08-4-6 品書き 本日08-4-6 品書き こだわり

    蕎麦、うどん、そしてお料理がびっしりと書かれている定番の品書きだけでも十分なのに、さらに日替わりの品書きまで置かれてる。
    こ、これは蕎麦屋の域を超えている・・・wao.gif

    表表紙には「店主のひとりごと」が、これもびっしりと書かれていて、目を通すと、きちんとした拘りが感じられ、すっかり好感をもってしまう。

    あれやこれやと、皆でいくつかのお料理を選び、まずはオリジナルブレンド(?)ビールで乾杯~。
    ぽかぽかとした陽気の中歩いてきたからか、やや微熱を帯びた体のせいなのか、キンキンに冷えたビールが美味しい。。

    と、喉を潤せていると、程なくして奥様が何やら大きなお皿を持って現れ・・・

    08-4-6 お通し 蟹

    「お通しです。」と、
    ななな、ナントっ、立派な蟹一杯の乗せられたお皿を置いていく・・・bikkuri.gif

    お、お通し?、これが・・・a.gif??
    とこのあまりの大胆さに、度肝を抜かれてしまう。
    しかも、味が濃くとても美味しい蟹に、これだけですっかり満足しそうになっていると、さらに・・・

    08-4-6 お通し 筍

    再び大皿に、人数分の焼き空豆に、焼き竹の子までっっ
    ほんのりトウモロコシの甘い風味を感じる、新鮮な竹の子に心を奪われ、皮ごと焼かれた空豆もしっかりとして美味しい。

    と、豪華なお通しを満喫したところで、頼んだお料理が次々と置かれる。

    まずは・・・、人数分出して頂いた「本ししゃも」。

    08-4-6 ししゃも

    プリプリで、身のしっかりとした本ししゃも。さすが、スーパーで売っているものとはまるで違い、味がしっかり。

    08-4-6 ししゃもアップ

    となったら、とお酒をも・・と、まずは「大吟醸セット」を二つお願いし、全6種類をそれぞれ回し飲み。
    (さすがに今日は、あまり飲めないのが悲しい・・・hanamizu.gif

    08-4-6 酒108-4-6 酒2

    そして、これもど~んと大皿に、いくつか選んで頼んだお刺身が美しく盛り付けられて目の前に登場。

    08-4-6 刺身盛り合わせ

    「一本釣り活〆」と書かれた「太刀魚のお造り」。
    透けるように薄く削ぎ切りさらた太刀魚は、なんて美しい・・。

    08-4-6 刺身 太刀魚

    脂のしっかりとのった「近海生本マグロ」。
    口の中でとろっと溶けてしまう、極上の中トロに大トロ。

    08-4-6 刺身 まぐろ

    (高級魚)と書かれた、ちょっと珍しい「あずきハタのお造り」。

    08-4-6 刺身 あずきはた

    しこしことした歯ごたえが心地よく、甘みの濃い、「本つぶ貝のお造り」は厚岸産。

    08-4-6 刺身 つぶ貝

    どれもが素晴らしく美味しいお刺身に、すっかり心奪われそう・・・buchu-.gif

    そして、これ又豪快に出された「中華風海老マヨネーズ」。 

    08-4-6 大海老マヨ

    表面がカラっと揚げられた海老は、ぷりっぷり。和えられている手作りのタルタルソースも美味しく、食べ応えたっぷりでこれはいい!

    さらに・・・、「特上アンキモ(オリジナルポン酢回しがけ)」。

    08-4-6 あんきも

    新鮮なアンキモは、まろやかまったり。かけられたポン酢も拘りあるもので、とても美味しい。

    と、さらに追加で注文しようとしたら・・・、1時でオーダーストップとのこと。

    仕方なく皆諦め、最後の〆にお蕎麦を頂こうと、「野菜天ぷらサービス中」と書かれている「合もり」と、「鴨汁そば(幸手鴨使用)」を半々にお願いし、取り分けて頂くことに。

    08-4-6 蕎麦汁
    まずは「合いもり」のもり汁、蕎麦用、うどん用の二つに、葱、山葵、生姜の薬味と、天ぷらの塩が置かれる。

    天然天城山の本山葵と書かれている山葵だけあり、質のいい山葵。


    続いて、サービスの「野菜の天ぷら」も。
    紫芋、かぼちゃ、たらの芽、フキノトウに舞茸の天ぷらは、家庭的な感じもするがカラリとした衣がいい。

    08-4-6 蕎麦の天ぷら

    そして、長方形の板箱にたっぷりと盛られた、蕎麦とうどんの合いもり。これは二人分くらいありそう??

    08-4-6 蕎麦合盛り

    ちょっともらって頂いた、ぴかぴかと光って美しいうどんは、腰のしっかりとしツルツルもちもちとした美味しいうどん。

    08-4-6 蕎麦 うどんアップ

    そして、ちょっと遅れて、一番人気との「鴨汁そば」も出される。

    08-4-6 鴨汁そば

    まずは、「会津山都産」の蕎麦、十割で打たれた蕎麦をそのまま頂く。挽きぐるみでところどころに細かな星の浮く蕎麦は、会津の蕎麦独特の、素朴な風味。

    しっかりと噛み応えのある蕎麦で、噛み締めていくと、ふんわりと蕎麦の風味、甘みが広がってくる。どこか優しい気持ちになってくる温かみのある蕎麦。

    08-4-6 蕎麦アップ

    そして、たっぷりの器にほかほかと湯気を立てた鴨汁を頂くと、濃すぎず、すっきりとしながらも鴨の旨味がしっかりと感じられるもので、これは美味しい。中には、これも豪華にいくつもの鴨肉が入っている豪華な鴨汁。

    08-4-6 鴨汁アップ

    これにこの素朴な蕎麦をつけて頂くのが、又美味しい。ほんのり暖められた蕎麦は、穀物感が増し、鴨の旨味と合わさり、風味がさらに増す。

    さらに・・・、この汁でうどんも頂いたりと、皆でとりわけながらすっかりと頂いてしまう。
    熱々のさらさらとした蕎麦湯を、鴨汁に注ぎ頂くと、すっかりお腹もいっぱい niko.gif

    08-4-6 ケーキ
    ・・・が、さらに、
    こ、こんなものまであるのっ??

    と驚く、「自家製ケーキ」も二つだけ頼むと、今日のケーキはチーズケーキとのこと。
    きちんと飾りつけられたケーキは手作りの良さがあり、なかなか美味しい。


    少々、お昼の時間が短いのが寂しいところだけど、このお店のすごさを感じ入り、たっぷり満喫~futt.gif

    こんな我々にも、優しく応対してくださった奥様、帰り際にはわざわざ顔を出してくださったご主人の心遣いもとてもうれしく、大満足でお店を後に。

    ご馳走さまでした~ hahha.gif

    ここは、是非又、体調万全にして伺いたいな~ niko.gif


    *お品書き
    ざるそば 840円、水そば 950円、板そば 1.260円、月見イモそば 1,050円、鴨汁そば 1,370円、王様天付きザルそば 2,000円、カレー汁そば 1,110円、合いもり 1,260円、かけ 840円、天ぷらそば 1,410円、カレー南蛮そば 1,150円、かえし煮そば 1,470円、にしんそば 1,160円など



    08-4-6 店の看板
    会津山都産そばを雪室貯蔵、
    挽き立て 打ち立て 茹で立て

    こだわり石臼挽 100種の地酒
    十割そば 「ふくろう」 

    埼玉県幸手市東2-2-9
    0480-43-1431
    11:30~13:30 / 17:00~21:00
    木曜、第三水曜定休





    その後、せっかくここまで来たなら~・・・と向かった、「権現堂桜堤」

    P1020053.jpg

    満開の桜に、一面の菜の花。なんて絶景・・・・。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    新明町様
    はい、私も楽しみにしています。
    もし、お昼に伺うのであったら、仕舞いが早め(1時)なので、開店と同時くらいに入った方がゆっくりできると思います(^^)。

    田端の玄庵さんも、すごく♪
    いいですよ(^^)。
    お蕎麦も料理も、ご主人も・・・
    こちらも是非、行かれてみて下さい。
    2008/04/10(木) 09:42:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ありがとうございます
    早々のお返事ありがとうございます。
    ひとりでも大丈夫そうですね。
    ちょっと遠いですが、春日部に時々用事がありますので、その時に足を伸ばしてみます。
    実現しましたら報告させて頂きます。
    田端のお店にも言ってみたいですね。
    子供の時に田端に住んでいたもんですから。
    立石の玄庵さんにも何度かお邪魔しましたが、系列が一緒なら期待を裏切りそうにありませんものね。
    2008/04/09(水) 15:34:41 | URL | 神明町 #-[編集]
    神明町様
    コメントありがとうございます(^^)

    >ひとり飲みが好きなものですから
    私と一緒ですね♪

    大丈夫ですよ、ここ、お一人でも。
    カウンター(掘りごたつ式、ちなみにテーブルは掘りごたつではないです)があるので、そこにはお一人のお客さんもいらっしゃいました。

    それに、お刺身なども、今回は7人で訪れたので、こんなですが、一人だったらこんなにはならないはずですもの。
    ぜひぜひ、伺ってみて下さい♪

    お酒も、半合単位(これがやっすーい!)で出してくれるので、いろんな種類も一人で楽しめると思います。
    行かれて、もしよかったら、報告下さい(^^)。
    絶対、堪能できると思います。
    2008/04/08(火) 18:16:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    南海しのぶ様
    そ、そんなに有名だったんですね!
    いや、納得です。
    本当に見事な花(と人・・・^^::)でした。

    この一面の菜の花に、こんもり咲き誇る桜の山・・・
    黄泉の道への入り口かと思ってしまったほど。。(あんまり美しくて)。

    あ、はい、
    靴脱ぎます~(^^)。
    だ、ダメですか??(焦)
    2008/04/08(火) 18:12:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    不躾ですが
    いつも拝見させて頂いております。
    不躾ですが、ふくろうさんにお邪魔してみたくコメントで質問させて頂きます。
    当方お酒とお蕎麦が大好きでございます。
    こちらは、一人でお邪魔するには不向きでしょうか?私はひとり飲みが好きなものですから。
    2008/04/08(火) 17:02:03 | URL | 神明町 #-[編集]
    靴脱ぐんですかぁ
    権現堂の桜堤は有名で毎年必ずニュースになりますよ。
    この日曜に行ったのなら凄かったでしょう。人手も桜も。
    「ふくろう」、看板だけ知っていましたが行ったことはありませんでしたが、興味が出てきました。
    それにしても靴脱ぐんですね。
    2008/04/08(火) 14:20:45 | URL | 南雲しのぶ #Fja1oSPs[編集]
    takashi様
    はいっ、思いっきりびっくりしてしまいました。
    何しろ、目の前に蟹がどーんっっ、なんですもの(笑)。
    牡蠣もいいですね~。

    友人が初めて来たときは、なんっと、ふぐだったらしいです。
    んー、すごすぎです(^^)
    <でもうれしい・・・。
    2008/04/08(火) 09:49:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008/04/08(火) 08:54:59 | | #[編集]
    やっぱし
    ここのお通しにはびっくりしますでしょ。
    私がはじめて行ったときは、牡蠣でございました。
    「こんなの頼んだか」と首をひねってしまいますよね。(笑)
    2008/04/08(火) 06:30:04 | URL | takahiro #-[編集]
    JIN様
    い、いや・・・(^^;;
    いくら私でも、会津までは行けませんよ~。

    ここは、埼玉の幸手市です。
    すばらしいでしょ(^^v
    2008/04/08(火) 06:23:59 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    う~ん
    すごい!

    熱を押して会津まで・・・。
    そして、yuka様をそこまで動かすに充分な、お店。

    行きたいけど、無理だろうなぁ・・・。

    最高!!
    2008/04/07(月) 23:52:53 | URL | JIN #3aXRcdxk[編集]
    実は、
    日曜日は、権現堂桜堤へ伺って
    「ふくろう」さんに寄る予定だったのですが、
    急な情報で行き先を変更したんですよ。

    行ったら、鉢合わせしていたかも。(笑)


    しかし、写真が...蕎麦屋の写真では無いように見えますね。
    いいお店だ。(笑)
    是非、行かねば。

    「権現堂桜堤」は、いい場所でしょ。
    お勧めの場所の一つです。
    2008/04/07(月) 23:37:07 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    ひめはるぜみ様
    でしょ、でしょっ?
    っていうよりも、目の前に出されて本当にびっくり仰天、ハトの豆鉄砲でした。

    こここそ、もちょっと近くに・・
    できれば、こっち方面に欲しい!!
    お店です(^^)
    2008/04/07(月) 22:08:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うふふ、夢喰い師様
    なんだか、メルヘンなHNですね(^^)。

    そうそう、私も訪れてみてびっくり!
    これは、ガイドブックなんて頼りになりませんっ。
    行ってみて初めて、このお店の凄さを知りました。
    惜しむらくは、さすがにあまりお酒が飲めなかったこと。
    絶対、リベンジしたいです♪
    2008/04/07(月) 22:06:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こ、今度は・・(笑)魚喰い師様
    はいっ(^^)。
    やっと、やあっと行ってきました~。

    え?そ、そりゃあ、蕎麦屋でしょう~。
    「美味しい肴に旨い酒、最後に蕎麦を締めくくってもらおうと・・・」

    と、書いてありました(^^)。
    とはいえ、いやはや、ここのお料理、魚には、感服です!
    クセになりそうに、又行きたーいお店になってしまいました♪
    2008/04/07(月) 22:03:44 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    これは 恐れ入谷の鬼子母神
    すごいお店ですね!びっくりデス。まいりました。
    2008/04/07(月) 21:56:00 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    熱、冷めましたか
    わお!

    そんな感じですか。

    玄関から意表突かれますね。
    僕も喰い師さん同様
    蕎麦にたどり着けないかもしれないですね。
    2008/04/07(月) 14:38:50 | URL | 夢喰い師 #D2os1cdk[編集]
    ハテッ??
    とうとう行きましたか

    あそこって
     蕎麦屋なのかな ???
    新蕎麦の熟成されてきた頃に行くと、yukaさんでも「ホウッ!」っと言えるお蕎麦のときもありますよ・・・
    それにつけても魚類の美味い事。いつぞやは蕎麦にたどり着けなかった事があります。
    2008/04/07(月) 13:57:00 | URL | 魚喰い師 #4.RiCmsY[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >