浅草橋 「更里」

2008/04/21/23:55  [東京の蕎麦]台東区 画像あり

今日は、「更里」さんで開かれる、岐阜県中津川の恵那酒造さんの試飲会。
杜氏さんもいらっしゃっての催しにお招きされて、お友達と伺うことに niko.gif

08-4-21 店

きりりっとした看板の下に、今日は暖簾も取り込まれ・・・
08-4-21 店 貸切
「本日貸切」の張り紙が張られてる。


浅草橋 「手打ちそば 更里」



中の様子が垣間見える扉を開くと、奥では杜氏さんを囲んですでにお話が始まっている様子。
我々は入り口すぐのテーブル席で、静かにご相伴。

08-4-21 店催し
しばしして・・・、
皆がそろったところで、息子さんがお店の案内を持ってきてくださり、お店の名前の由来などをお話して下さる。

珍しいお名前の、「鯨波」。
豊かな自然に囲まれた蔵の様子に、お酒への期待も高まってくる。

08-4-21 品書き
テーブルの上には、このお酒を頂くためのお料理の品書きも。

やがて…
みな揃ったところで、まずは「純米吟醸無濾過生」が注がれ乾杯~onpu.gif
ふわりと香る、上品できれいなお酒。それでいてしっかりと飲み応えもあり、これは美味しい


そして、お料理も目の前に。まずは、美しく盛り付けられた「三点盛り」。

08-4-21 三点

透き通ったガラス細工のような、つるるっと喉越し爽やかな「のれそれ」。

08-4-21 三点 のれそれ

それに、しっかりと味わいのある「とこぶし」。

08-4-21 三点 とこぶし

味のしっかり染みた「鰆の西京味噌焼き」。

08-4-21 三点 さわら

どれもが、お酒にぴったりのお料理に、お酒も進む

続いて、身がほろろっと崩れるほど柔らかい、「はたはたの南蛮漬け」。
きりっと利いた酸味が清涼感を感じ、これもいい。

08-4-21 はたはた

さらに・・、ちょっと珍しい「めひかりの唐揚げ」。
これらのお料理に、「鯨波」純米、本醸造と順を追って頂き・・・、

08-4-21 めひかり

さらには、普通酒のお燗も頂く。
「お燗にぴったりだよ」と、タイミングよく出される「ホタルイカの丸干し」。

08-4-21 ホタル

それにこってりと炊かれた「タラのアラ煮」。

08-4-21 タラ

これらのお料理に、蔵元さんたちを囲んでお酒も進み、盛り上がっていると・・・

08-4-21 ケーキ

なんってうれしい・・・naki.gif
サプライズで昨日が誕生日だった私にケーキまで。。
ろうそくの火を消すなんて、何年ぶりかしら、と思いながらすごく感激してしまう
ご主人、奥様、ありがとうございました~。

最後のお料理は、お酒の名前に合わせての配慮だろう「くじら刺し」(写真撮り忘れ)。
それに、我侭言って出して頂いた、豆腐の味噌漬けなどで、さらにゆっくりとお酒も頂き、大満足のひと時に。

〆には、こちらの「生粉打ち蕎麦」が出される。

08-4-21 せいろ

きりっとエッジの立つ、凛々しい蕎麦は手繰り寄せると、香ばしい蕎麦の香りが豊かに漂う。

08-4-21 せいろアップ

口に含むと、しっかりとした腰。
もちもちっとし腰は心地よく、かみ締めるとこれも豊かに広がる蕎麦の風味。
香ばしさと甘みが濃く、しみじみここの蕎麦の美味しさを実感してしまう。
いやぁ、大満足 niko.gif

さらさらとした熱々の蕎麦湯をゆっくり頂き・・・、
我々は一足お先にお暇を。

ご主人、杜氏さん、蔵元の皆様、ご馳走さまでした hahha.gif
すばらしいお酒に出会えたこともうれしく、又、思いがけずに祝って頂いた事が何よりもうれしい。


・・・が、
我々もさらに別所で。。sunglass.gif


08-4-21 具らs
「手打そば 更里」

台東区浅草橋1-11-3
3863-6288
11:30~14:30 / 17:00~21:00(土20:30)
日曜定休 禁煙
以前の訪問



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/936-9a2802ed

◄ prev next ►