FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    落合 「秀山 やぶ久」
    2008年04月26日 (土) 23:59 | 編集
    都心でちょっと所用を済ませ、東西線に乗り換え「落合」の終点まで。
    ずっと行ってみたいと思っていたお店で、お昼を頂こうと・・・。

    08-4-26 店2

    早稲田通りを、新宿方面に歩き、東中野本通りに折れてすぐ。
    道沿いに、町の蕎麦屋風情でありながら、打ち場が外に面して作られ上品で落ち着いた佇まい。

    落合 「手打ちそば 秀山やぶ久」

    そろそろ2時になろうかという、週末の昼下がり。
    さすがに週末だからだろうか、まだまだ8割方席が埋まった、いい感じで賑わう店内。
    入るとすぐに、感じよく出てきて下さった花番さんに、「空いているお席にどうぞ~」と通され、一人にはやや贅沢な、4人がけのテーブル席に腰を下ろす。

    ほどよく照らされた照明の明かりに、入ってすぐのところには半月型のテーブル席。
    センスよく飾られた生け花といい、和やかで清潔感漂う店内は、とても心地がいい。

    さてさて・・・、と、すぐに出された蕎麦茶を頂きながら(これが美味し~い蕎麦茶♪)品書きに目を通す。

    冷たいお蕎麦、温かいお蕎麦、程よく揃った品書きに、天麩羅、お料理もなかなか豊富な品揃え。しかも、お酒もいくつか並んでいて、これはいい heart.gif

    と、すっかり好感を持ちながら・・・、
    来る道中、パラパラと振り出した雨にそのまま打たれてきたので、暖かいものが頂きたく、今日はまずは熱燗を。

    08-4-26 酒

    とても感じよく受けて下さり、しばしして出された熱燗には、
    「お通しの蕎麦豆腐です niko.gif
    と、うれしいお通しが添えて置かれる。

    08-4-26 酒のあて

    お店の石臼挽粉で作っているとの蕎麦豆腐は、さくっとして滑らか。口に含むと途端に溶け、ふっと香ばしさを残していく。

    これを頂きながら・・・、
    ゆっくりと品書きを吟味し、「鳥わさ」「鴨つくね」「親子煮」「こっぱ揚げ」などなど・・・
    いくつもの魅力的な品書きの中から、「当店の額漬け」という言葉に惹かれてしまい、「お漬物」をお願いすることに。

    08-4-26 漬物

    白菜、胡瓜、蕪、それに沢庵としば漬け。
    それぞれゆっくりと、熱燗と共に頂くと、このお漬物がほんっとに美味しい
    程よい漬かり具合の胡瓜の瑞々しさ、蕪のほんのり甘みを引き出した漬かり具合、そして白菜・・
    これが熱燗にとてもよく、とてもうれしくなってしまう。

    08-4-26 ひとこと
    ゆっくりと、この漬物に熱燗を頂ながら、
    ふと伝票の板に目を落とすと・・・

    こんな一言が書かれてる。
    ちょっとしたこの心遣いが、なんだかとてもうれしく、このお店の温かみを感じてしまう futt.gif


    非常に心地よくなり周りを見渡す皆さんも、本当に寛ぎ楽しんでいて、このお店の良さがじわじわと感じられくる。

    08-4-26 壁
    さらに・・・
    品書き以外にも、お酒がこんなにも揃っていることに気づき、これもうれしくなってしまう。

    これは・・・、
    かな~りうれしいお店かも onpu.gif


    と、心地よい時間をしばし堪能させて頂き・・・、
    〆のお蕎麦をも。

    改めて品書きを捲っていると、こちらのお蕎麦は二種ある模様。
    そばの実全体を挽きこんだ「石臼挽き」に、そばの実中心部分だけで打った白めの「白雪」。

    その二つを食べられる「相盛り重ねせいろ」もあったのだが・・
    今日の気分は、「胡麻だれ」か「とろろ」を食べてみたい。
    ということで、とっさに「とろろそば」を「石臼挽き」でお願いすることに。

    頼むと程なく、これもうれしい配慮、摺りげねに山葵と葱の薬味が置かれる。

    08-4-26 山葵

    ゆっくりと山葵の香りを楽しみながら摩り下ろし待っていると・・

    08-4-26 そば

    目の前に置かれる「とろろそば」。
    おっbikkuri.gif、 卵の黄身がとろろと別盛りで出されてる。

    08-4-26 そばアップ

    まずは肝心のお蕎麦から。
    真四角の蒸篭に盛られた蕎麦は、やや黒めのきりっとエッジが立ち、ところどころに蕎麦の星の盛り込まれた、瑞々しい蕎麦。

    08-4-26 そばどアップ3

    手繰り顔を寄せると、ふわりと香る爽やかさのある蕎麦の香り。
    まずはそのまま口に含むと、しっかりとした腰が心地よく、かみ締めると、これも柔らかく蕎麦の風味が広がってくる。

    しばしそれだけで楽しみ、さてさて、と、たっぷりと入ったとろろの器に汁を注ぎいれ頂くと・・・

    08-4-26 とろろ食べ

    これが又、美味しい

    まったりとしたとろろに、出汁のしっかりと取られた汁が交わり、コクのある味わい。蕎麦にからめ頂くと、蕎麦の風味にとろろの味わいがよく絡み、するするするすると食べてしまう。
    いやぁ、このとろろ、なんって美味しいんだろう・・・。

    08-4-26 卵108-4-26 卵2

    単独のとろろ汁を満喫したところで、ではでは、と卵を落としてみる。

    08-4-26 卵3

    鮮やかな橙色の卵を崩し、それを絡めて頂くと・・・

    お、おいっしぃ~・・・love.gif

    それだけでも十分くらいに美味しかったとろろに、さらに卵のコク、まろみが加わり、虜になってしまう美味しさ。
    しかも、それに蕎麦の風味も加わるときたら・・・
    大満足で、夢中で食べてしまってる。。

    08-4-26 蕎麦湯08-4-26 蕎麦湯汁

    お変わりしたくなってしまうくらいの思いでいる中、頃合もよく出された蕎麦湯を開けてみると、これもしっかりと白濁した蕎麦湯。

    一重にも二重にもうれしくなる心地で、この蕎麦湯をとろろ卵汁に注ぎいれ頂くと、言葉にはならない美味し~いとろろ蕎麦湯汁。
    この美味しさを、至福の心地で、たっぷりと頂くと、
    お腹もいっぱいの満喫した思いに浸ってしまう・・・futt.gif

    応対も感じよく、ゆったりとして寛げる素敵な空間。
    もっと早くに訪れていればよかった、と思ってしまう素敵なお店。

    と、すっかり気持ちよくお勘定を・・と、席を立つと、キャッシャーの前には、「玄蕎麦」「丸ぬき」「石臼挽き」「白雪」の蕎麦が並んで置かれてる。

    「どちらの蕎麦なんですか・・?」と、ついお聞きすると、「茨城堺のものを、ここで製粉しているんですよ」とのこと。
    「又、ぜひいらっしゃってください」
    と笑顔で見送られ、とても気持ちよくお店を後に・・・niko.gif

    ご馳走様でした~hahha.gif
    又、ぜひぜひ、伺わせて頂きます♪


    *お品書き
    せいろ 630円、重ねせいろ、合盛せいろ 1,180円、ごまだれ 830円、おろし 850円、とろろ 880円、本鴨せいろ 1,380円、野菜天せいr 1,260円、穴子天せいろ、天せいろ 1,360円、かけ 630円、卵とじ 820円、山菜、力 850円、鳥南、カレー南 880円、にしん 1,200円、けんちん 950円、おかめ 900円など
    掻き揚げ天丼、親子丼 950円、カツ丼 1,000円、小(天、かつ、親子)丼 680円、そば定食 1,050円

    季節の天麩羅 680円~、野菜天麩羅 780円、穴子天麩羅 880円など
    さしみ湯葉、板わさ、鳥わさ 570円、やきとり、鴨つくね 420円、御新香、揚げなす 550円、もつ煮 680円、親子煮 730円、厚焼き 840円、鴨焼き 950円、にしん煮 650円、こっぱ揚げ、揚げ出し 630円、そばがき 950円など
    樽酒、八海山、久保田、黒龍、田酒、九平治、越の誉、幻の瀧など 630円~1,050円


    08-4-26 品書き 当店は
    手打ちそば 「秀山 やぶ久」

    中野区東中野4-27-31
    03-3362-1188
    11:00~15:00 / 17:00~21:00
    (土日祝日は中休みなし)
    木曜日定休日



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    えんじゅ様
    ここも酒肴が魅力的で、ついつい盃がすすんでしまうお店ですよね♪
    桜切り、頂けたんですね。
    私も気になりつついるところです。

    ほろ酔い気分で、肌にも優しくなったこの季節の夕暮れの道のり。
    気持ち良さそうなお姿が目に浮かびます(^^)。
    2009/04/13(月) 07:31:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    さくらそば
    あちこちで 季節モノそば切りの話題を読むたびに
    ”いつか私も・・・”と心に秘めていました。

    今夜 運よくこちらで「さくらそば」の出会いいただきました。

    きれいな桜色だったのですが地酒2合入れたあとだったので
    yuka様のように繊細な堪能は出来ずじまい・・
    (今日はどうしても蕎麦やの禁煙席で日本酒が飲みたっかたので・・・)

    忘れずにレシートもらい、行きは長かった道のりが
    帰りはほろ酔い気分で苦にもならず・・・いい夜でした。
    2009/04/12(日) 23:44:54 | URL | えんじゅ #M3VoGxh6[編集]
    tatenon様
    そうそう、ここもいい蕎麦なんですよね♪
    庶民的でありながら、花番さんの応対もしっかりとしていて、お料理もきちんと美味しい。
    すばらしいお店です。

    週末は中休みナシっていうのもうれしい限りです。

    ぢゃ、私は、次回はそっちに・・・( ^_-)
    2008/08/30(土) 18:01:05 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    某そば店…特に名を秘します(笑)…に行ったあと、こちらにも寄りました。出前までやってるしランチは安くてお徳なメニューでいっぱいなのでびっくりしましたが、値段からは考えられない見事なそばで満足。2店続けてラッキーでした。

    なお、店内満員でだめかと思ったら、2Fにも座敷があるのですね。今度は夜も行ってみたい店です。通勤経路で便利なのも嬉しい。
    2008/08/30(土) 17:31:28 | URL | tatenon #JXoSs/ZU[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >