FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    護国寺 「蕎すけ」
    2008年05月02日 (金) 20:51 | 編集
    蕎麦友達のお誘いに合流しようとしたが・・・、昼までには終わる予定の築地での所用が長引き、間に合わずに断念・・・ase.gif

    すでに1時も過ぎた時分。
    だったら・・・と、市ヶ谷の「大川や」さんが新しく出したという、姉妹店へ伺ってみることに。

    08-5-2 店

    護国寺の駅を出てすぐ。
    音羽通りに面して、立派な講談社の建物のほぼ真向かいに、ガラス張りのすっきりとした佇まい。

    護国寺 「笊そば 蕎すけ」

    ここも又、先月14日にオープンしたばかりの新しいお店 niko.gif

    ガラス扉の奥に、赴きのあるえんじの暖簾がかけられているのを見つめ、扉を開く。
    と、すぐに感じのいい花番さんが出てきて下さり、空いている席へと通される。

    まだ新しいにもかかわらず、しっくりと落ち着いた空気は心地よく、腰を落ち着けながら、周りを見渡す。
    浮いた感じもなく、モダンになりすぎない程度に盛り込んだ、和の空気。
    テーブル席のみいくつか清楚に並べられたお店は、落ちついていて居心地もいい。

    と、ほっとした心地で、出して頂いたお茶を頂きながら、置かれている品書を開く。

    08-5-2 ランチ1
    もりそば 600円・・
    これはいいな~、などと思い、一通り目を通すと、テーブルの端には「ランチ限定 日替わり膳」なるものも。

    野菜料理、天ぷら三点、味ご飯、十割そばで1,000円とはお値打ち onpu.gif


    そして・・・、広げた品書の中に、「枡酒」の文字も見てしまい、友人たちとの昼酒も出来なかった寂しさに、まずは「枡酒」をお願いしてしまう。

    08-5-2 酒

    快く受けて下さり、陶器の器に枡が置かれ・・・、
    豪快にこぼして注いでくれるのが、ちょいっとうれしい heart.gif

    08-5-2 通し

    あてには、定番の「粗塩」に、しっとりとした「切干大根の煮物」の小鉢。
    このちょっとした充てが添えられるのは、やはりいいな~ futt.gif

    そして・・・、せっかくなので、この「日替わり膳」を、お蕎麦を後にしてお願いすることに。

    頼むとまずは、「野菜の小鉢」が置かれる。

    08-5-2 小鉢

    今日の小鉢は「とろろのすり流し汁」。
    やさしい出汁で引かれた、やわらかくとろりとしたとろろ汁に、小口切りにされたインゲンが甘い。
    ゆっくりこれを口に含みながら、頂く枡酒が美味しい。

    そして、程なくして揚げたての「天ぷら」が、天つゆとパウダーソルトを添えて出される。

    08-5-2 天ぷら

    ナスに蓮根、そして才巻海老の三種。
    お昼のご膳だからといって、手ぬかりのない、香ばしい胡麻油の香りが漂うきちんとした天ぷら。
    さくっとした衣に、素材がきちんと生かされていて、ひとつひとつが美味しい。
    ん~、流石、「大川や」さんのお店だ、と思わせられる。

    しみじみと味わいながら、ゆったりとした空気の流れる店内で、しばし憩うひと時 futt.gif
    お昼の営業が3時までなのもうれしく、読みかけの文庫本を広げ楽しんだ後に・・・

    「お蕎麦を・・・」と、お声かけ。

    08-5-2 そば

    茨城、堺町の蕎麦を十割で打った蕎麦。
    つやつやとした丹精な細切りの蕎麦を手繰り寄せると、ふわ~と芳しい香りが漂う。

    08-5-2 そばアップ

    それを楽しみ、口に含むとしっかりとした腰。
    滑らかな表面の蕎麦で、のど越しもよく、するりと喉元に落ちていく。
    その後で、ゆっくりと広がる蕎麦の風味。出来たばかりとはいえ、「大川や」さんの蕎麦同様のきちんとした蕎麦で、安心して味わえるもの。

    08-5-2 蕎麦湯
    頃合を見て出された蕎麦湯は、しっかりと白濁して熱々。
    もり汁に注ぎいれ頂くと、ほっとした心地を、改めて感じてしまう。

    う~ん、これはいいな~futt.gif


    と、ほぼ満足に浸ったところで 、そうそうと、「味ご飯」。

    08-5-2 ごはん08-5-2 ごはんアップ

    もしかしたら・・・ と、(期待して)思っていたご飯は、予想的中
    うれしい「竹の子ご飯」。ほんのりと竹の子の風味を感じるご飯に、これも大満足。

    すっかりと頂くと、お腹もいっぱ~い niko.gif

    心ゆくまでにのんびりとお酒に、うれしいお昼のご膳を頂き、満喫した心地。
    お勘定をしながら、
    「こちらでは、粗挽きはやらないのですか?」
    と、お聞きすると、様子を見て・・・、とのこと。
    「大川や」さんの粗挽きは大好きなので、是非♪と、お願いしながらお店を後に。

    オープン仕立てながら、浮いた感じもなく、しっとりとしたお店にすっかり好印象。
    お料理もなかなかリーズナブルに揃っていたのもうれしく、
    又ぜひ、伺いたいと思ってしまう。
    できるなら・・、粗挽きもやってくれたらいいな~と思いつつ・・・

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    大好きな人達とランチできなかったのは、悲しかったけど、
    でも、これはこれで、ちょっといいひと時だったな~・・・futt.gif


    *お品書
    笊そば 600円、おろし 800円、なっとう 900円、鴨笊 1,200円、穴子天笊 1,200円、才巻海老天笊 1,600円、かけ 600円、京きつね 800円、揚げ餅おろしそば 900円、鰊そば 1,200円など 大盛300円

    板わさ、鳥わさ、うるめ鰯、生ゆば刺し 600円、しらすおろし 700円、そばがき、玉子焼き、鳥たたき 1,000円、鳥白焼き、穴子白焼き 1,300円、鰊旨煮 850円、あぶり鴨 1,500円、穴子天ぷら 750円、才巻海老天 950円など
    小ビール 400円、ビール 600円、枡酒、燗酒、梅酒 600円、地酒いろいろ(別メニュー有)



    08-5-2 看板
    「笊そば 蕎すけ」

    文京区音羽2-4-2 ノーブル音羽1F 
    03-3941-3377
    1:00~15:00/17:30~22:00
    (土曜)11:30~21:00
    日曜祝日定休 禁煙




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    shin様
    難しいですよね・・・。
    その蕎麦の拘りとかを考えると、高くても高いと思わなくなってしまう事もあるし、非常に難しい基準です・・・。

    ね♪、でも枡酒頼んでしまいたくなりますよね。
    ここは、バリューだと、私は思いました。
    2008/05/06(火) 12:11:12 | URL | yuka #-[編集]
    蕎麦は高いか....?
    yukaどの 
    友人に「蕎麦は割高じゃない?」とよくいわれます
    安ければ安い方がいいけど、どのくらいが目安かがわかりません
    高いを主張する友人に聞いて見ると、もり600円が目安だといいます
    まさにこの店なら安くていい店になります
    僕もここに来れば升酒とセットを間違いなく頼みそうです
    2008/05/05(月) 19:05:16 | URL | shin #eqo2pWHE[編集]
    夢八様
    えへへ・・(^^;;
    いや、友達が、既に行かれていたので、お聞きしていたんです。

    駅でてすぐ目の前だから、分かりやすいです。
    蕎麦は、ちょっと違うかしら?「大川や」さんでは、粗挽きしか食べたことがないもので・・・(^^;
    ぜひ、試して教えてください。
    2008/05/04(日) 12:30:36 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ここも、はや・・!

    先日、たじまのご亭主から電話番号を
    教えてもらったばかり。

    昨日、案山子行きました。
    ひたひたと、また追いかける感じですね。

    大川さんとは蕎麦の実が違いますね。
    ブレンドを変えてあるのかな。
    2008/05/03(土) 11:02:49 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >