つれづれ蕎麦 
    喜多見 「志美津や」
    2008年05月12日 (月) 22:03 | 編集
    「志美津や」のご主人が、先日那須の「胡桃亭」に行った際、蕎麦粉を購入なさったそうで、今日はその粉で打った蕎麦もあるとのこと・・・。
    「胡桃亭」は去る夏、定休日で伺えなかったお店。となったら、これは是非とっも食べてみたい niko.gif
    朝からそわそわしながら、新宿での所用を急いで済ませて、急遽喜多見へと。

    08-5-12 店

    きれいに咲きそろった草花が彩り、立てかけられたご主人の自転車も素敵なインテリア。

    喜多見 「狛江市で四十三年 石臼挽き自家製粉 手打そば 志美津や」


    すっかり用事を済ませたく、着いた時はすでに3時すぎ。
    でも、だいじょうぶ niko.gif
    こちらのお店は、中休みなし。なんだか底冷えのする変な気候の中、空かせたお腹をかかえながら、安心してお店の扉を開く。

    さすがにこの時間。既にお客さんはなく、貸切状態。
    「いらっしゃいませ」といつも変わらぬ、上品で素敵な笑顔のおばあちゃんに迎えられ、奥のテーブル席に腰を下ろす。

    まずは、蕎麦前でゆっくりしようと、冷えた体に熱燗を。

    08-5-12 酒08-5-12 あて

    お酒についてくるアテは、柔らかくこってりと炊かれた「煮昆布」。これが美味しい。

    それに、おばあちゃんの自家製糠漬けの味が忘れられずに、今日も「お漬物」をお願いする。

    08-5-12 漬物

    これぞぴいたり!の加減で漬かった、味のいい自家製糠漬け。それでいて、胡瓜も蕪も大根も、噛ぶりつくと滴り落ちるような瑞々しさ。ん~っ、やっぱり美味し~い love.gif

    他にお客さんもいなかったこともあり、顔を出して下さったご主人に「胡桃亭」のお話など聞かせて頂きなら、ゆっくりと楽しんでいると・・・、うれしい事に蕎麦友の一人も登場~♪
    すっかり話に花を咲かせながらの、楽しい午後のひととき。

    08-5-12 アスパラ

    そして、通常3本のところを気を遣って下さり4本で出して下さった、季節メニューの「アスパラの天ぷら」。
    なべくら高原から直送しているとのアスパラは、とても糖度が高い。
    程よく塩が振りかけられているので、そのまま被りつくと、しゃきしゃきとした歯ごたえ。
    さくっと揚げられた衣も心地よく、アスパラの甘みがじわ~っと広がる。
    これも、美味しい~っlove.gif

    すっかり二人で堪能し、さてさて、いよいよ噂のお蕎麦をと。

    08-5-12 胡桃のそば

    那須の「胡桃亭」さんの粗挽き粉、十割で打たれたもりそば。

    08-5-12 くるみのそば まる

    透明な蕎麦の欠片が豪華に散りばめられた蕎麦は、繋がりもよく、丹精に打たれている。
    手繰り寄せると、だだ茶豆とは又違う、ピーナツを思わせる甘みのような柔らかな香り。

    08-5-12 くるみのそばどアップ

    口に含むとたおやかな腰。これだけびっしりと細かな粒が盛り込められているが、思った程ざらつき感はなく、やや滑りのようなものを感じるもの。この感触を楽しみ、かみ締めると、じわ~と豊かな風味が広がってくる。確かに、これは美味しい。

    08-5-12 熟成くるみアップ

    強烈な印象というよりは、香り同様、優しく温かみのある印象を受ける、美味しいお蕎麦。

    と、しっかりと味わったところで、
    「今日は手挽きの粗挽きもあるけど、食べてみる?」
    とおっしゃって下さったので、喜んでお願いすることに。

    08-5-12 手挽き

    出された蕎麦を一目見てうれしくなってしまう、野趣さあふれた超粗挽き。
    これぞ、「志美津や」さんのお蕎麦と、豪華に散りばめられた十割の蕎麦を、見つめ手繰り上げる。

    そうそう、この香り heart.gif
    焙煎したかのような、香ばしい香りが豊かに鼻腔をくすぐる。

    08-5-12 手挽きアップ

    口に含むと、途端ざらりとした感触が舌を掠め、もちもち感のあるしっかりとした腰加減。
    噛み締めると、口いっぱいに豊かに広がる、香ばしい穀物の味わい。
    ん~、やっぱりこれは旨いっbuchu-.gif

    友人はさらにお変わりまで頂き、味わい尽くす「手挽き粗挽きの蕎麦」。

    最後には、しっかりと白濁した蕎麦湯を頂き、余韻を噛み締めるひととき。
    今日も又、素晴らしいお蕎麦に大満足で、充実した心地に。
    ご主人、おばあちゃまの暖かい微笑みに見守られ、すっかり気持ちよくお店を後に・・・。

    ご馳走さまでした~ hahha.gif

    駅までの道のりも、何のその。
    今週はいい始まりだ futt.gif


    *お新香 500円、アスパラの天ぷら 550円、燗酒 650円、せいろそば、田舎そば、粗挽きそば 800円、


    08-5-12 最後に・・
    自家製粉 手打ち十割そば 
     「志実津や」

    狛江市東野川4-13-5 
    03-3489-0381 
    11:30~20;30
    毎月6日・16日・26日原則
    禁煙 P有り 
    ご主人のブログ  これまでの訪問


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    またば様
    そうですねぇ・・・、
    難しいところです。

    玉乃屋さんもいいですよね。
    (今の時期だと、外は暑いかな?笑)
    私の、今年の初蕎麦は、ここだったんですよ♪
    2008/08/08(金) 10:38:46 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    早速にご返事など
    いただきありがとうございます。

    お店はそれぞれなので、量が少ないことを責めるつもりはないのですが、
    ズズーっ、ズズーっと3口もすすったら終わってしまうようだと、香りを
    楽しむ間もないと思うんですよね。 yukaさんのようにまず一献やってから。。。
    っていうなら良いんですけど勤務中ではそうもいかないしなぁ。。。(苦笑)

    私は自分でも蕎麦を打つもんですから、これだったら自分で打ったほうが
    いいかなぁ。。なんて思ちゃったりします。名人の蕎麦にはかないませんけどね。

    明日は久しぶりに深大寺の玉乃屋に行く予定です。(^^)v
    2008/08/07(木) 17:10:26 | URL | またば #/oWkqCwo[編集]
    またば様
    うーん、そうでしたか。
    重ねだと、二枚重ねて出してもらえるのと、大盛りもあるので、次回はその方がいいかもしれないです。
    大盛りは、結構量、あったと思います。
    (前に彼が食べていたので・・)

    深大寺も、今、どんどん手打ちのお店が増えて、おもしろいですよね。
    2008/08/07(木) 09:30:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いつも楽しく読ませていただいてます
    職場の近くにこんな店があったんだぁ。。と
    早速女の子を連れて、いざ参らんとばかりに寄ってみました。
    。。。が、ご紹介されている写真程の盛りはなく、ちょっとがっかりでした。
    更科生一本も是非食してみたいと思うものの、コストパフォーマンスが心配で
    躊躇しております。って訳で今日は深大寺に行ってきました。(笑)
    2008/08/06(水) 16:43:34 | URL | またば #/oWkqCwo[編集]
    よしの様
    おおおっ~
    よしのさんの、お顔が目に浮かぶようです(^^)
    そうそう、こちらのご主人!ら、ん、ど、な~なんですよーん。すごく素敵な馬でした。すらりとしたボディー、毛並みもよく・・・
    今、私も、ちょっといろいろ画策しているところです(^^)
    (あ、私はこれではないですが・・・)

    アスパラ、旬ですよっ旬♪
    いやー、美味しかった~です(^^)
    2008/05/14(水) 20:31:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    oh! ランドナーでないかい!
    フレーム、ハンドル(皮バーテープ)、マッド・ガード、起倒式ダイナモ、拘りのある一台、ですね。ハブ、ブレーキ(ワイヤーのアーチがイイ!!)、サドル等に時代の推移は感じます(FRメカは写真では伺えず残念)が、しっかりとWレバーで雰囲気があります。このワインレッド色(でいいかな?)は当方も好みで、P社ならば暗い焦げ茶、T社ならばワインレッドにしたいな(いや、したいな、ってだけでできないんですけど)、ランドナーを作るならば・・・(逆でもいいけど)。

    おいをい、なんのこっちゃ!!

    手挽きの粗挽き、美味しそうですね。(涎
    アスパラガス、そろそろ季節でしょうか?
    2008/05/13(火) 13:38:04 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >