つれづれ蕎麦 
    神谷町 「巴町 砂場」 趣味のとろそば
    2008年05月13日 (火) 22:45 | 編集
    いつもの朝方の東武での仕事を済ませ、赤坂の本部に所用で向かい、ほっとしたら・・・
    なんだか今日は妙~に、「とろろそば」が食べたい気分。

    「とろろ蕎麦」と言ったら、ちまたで有名な「巴町砂場」の「趣味のとろそば」。
    これはまだ食べたことがなかったなあ、と、さほど遠くないので、向かってみることに。

    08-5-13 店

    もう10年近く前になってしまうのだろうか・・・。当時近くのSヒルズのオフィスで働いていた頃に、時々訪れては、卵とじやかき玉蕎麦をたべたなあ、などと思い出しながらお店へと向かう。

    桜田通りに面して建つ、老舗の貫禄をどこか漂わせた、すっきりとして上品な佇まい。

    神谷町 「巴町 砂場」

    扉がちょっと新しくなったかな?などと思いつつ、入り口をしばし眺めて店内へ。

    足を踏み入れると、すぐに明るく「いらっしゃいませ~」の声で出迎えられる。

    右側には待合スペースに小上がりの席、そして左側には、壁に面して並べられたテーブル席に、真四角のテーブルに、長テーブル。

    ああ・・・、この雰囲気、変わってないな~・・futt.gif
    と、当時の思い出などがさささ~と脳裏を過ぎり、懐かしさに浸ってしまいそう。

    お昼をちょっと過ぎた1時ころ。
    もう、そろそろ空いてきた頃合かと思いきや、意外にもまだまだお客さんが寛ろいでいて、さて、どこに座ろうか・・と、思っていると、
    「こっち、どうぞ。狭いとこより、ゆっくりしてね」
    と、真ん中のテーブル席を指して下さる。

    こんな格式ありそうなお店にもかかわらず、親しみやすく暖かなもてなしが心に染み入りるように感じ腰を下ろす。

    「決まったらお声かけて下さいね」
    と、おっしゃって出してくださったお茶を頂きながら、すぐに「とろそばを・・・」とお願いしようと思っていたのだが・・・、
    あまりに心地のいい対応に、懐かしさもあって少しゆっくりしていこうかな、などと思ってしまい・・・

    今日も又、この寒さ。
    「熱燗を・・・」と、ついつい、お願いしてしまう。

    「はい futt.gif
    と、これもあったかい笑顔で受けて下さる花番さんがとてもうれしい。 

    08-5-13 酒

    そして、程なくして出された熱燗。
    「よかったら・・・」と、出してくださったあては、なんと二品も。
    注ぎいれ、思った以上に熱々のお酒を頂きながら、これもうれしく口にする。

    08-5-13 空豆

    季節の空豆は、きちんと剥きやすいように切れ目が入れられ、薄皮を剥いてほうばるとほこほことして、ほわ~と甘みが広がる。

    08-5-13 わさび

    それと、山葵の茎かと思いきや、思いがけない「大根葉のごま油炒め」
    香ばしいごま油の風味に、しゃきしゃきとした大根が、熱燗にとても合う。

    これだけで、もう何も頼まなくても十分楽しめる~ onpu.gif
    と、ちびちびと熱々のお酒を頂き寛いでいると・・・、

    「これも、よかったら、ね♪」
    と、なんっと、お刺身まで出して下さるではないの

    08-5-13 刺身

    しっかりと歯ごたえのあるタコ刺に、さっぱりとしながらも味わいのある鮪の赤身。
    心からうれしく頂く、このサービス。
    当時は、ここでお酒を頂いたことは一度もなかったけれど、なんって素晴らしいお店なんだろう~love.gif

    聞くでもなく、耳に入ってくる常連と見られるお客さんと、花番さんとのやりとりが心地よく、これらのお料理に、お酒でほっと息つき憩うひととき futt.gif

    と、寛ぎ、そろそろ・・・と、思っていた所に、新しく入ってきたお客さんが「とろそば」と注文しているのに便乗し、私も花番さんに「私も・・、とろそばを niko.gif 」とお願いする。

    「もう、よろしいんですか?」
    と、これも微笑んで受けて下さり、残りのお酒を飲みつつ、待っていると・・・

    08-5-13 とろろ汁08-5-13 とろろの卵

    まずは、薬味の葱と山葵に、
    「下に卵が入っていますから、ね♪」
    と、たっぷ~り入ったとろろ汁が目の前に置かれる。

    どれどれと、箸を入れると・・・、
    本当だっonpu.gif 箸で摘んでしまえる位に、しっかりとした卵黄が埋まってる♪

    待ちきれず、まずはそのまま、ちょとこのとろろを頂くと、これが旨いっ
    そば汁と予め混ぜられたとろろは、どこまでも滑らかで、濃くがある。丁度程よい粘り具合に、優しく味わいのある風味がたまらない。
    これだけで、もう一本頂けてしまいそう・・・

    08-5-13 とろそば

    などと思っていると、お蕎麦も目の前に。

    08-5-13 そば

    控えめに盛られた白めの蕎麦には、ちぎられた海苔が降りかかっている。
    まずは、そのまま口にする蕎麦は、しこしことした腰のある蕎麦。瑞々しさもあり、大きな特徴はないにせよ、これはこれで美味しい。

    08-5-13 そばアップ

    そして、このとろろ汁に絡めて頂くと・・・
    ん~っlove.gif、これは美味しい。

    「何が『趣味』なのか」、
    という (自分の中での長年の) 問いに、言葉にはならないが、なんだか分かるような気がしてしまう、このストレートな蕎麦とこのとろろ汁とのハーモニー。(大げさ?^^;)

    08-5-13 そば食べ

    静かに、卵を崩さぬようにして、半分程楽しみ、その後で、えいっと卵をも絡めたとろろで頂くと、卵のまろやかなコクが加わり、新たな美味しさが押し寄せる。
    この一重、二重の楽しみが、たまらなくうれしい。

    そして、惜しくも食べ終えてしまった後に、さらさらとした熱々の蕎麦湯を、この「とろろ卵汁」に注ぎいれると、ぱっと散る卵が美しい。
    これもたっぷり、注ぎいれ、注ぎいれ頂き、ほお~っと、最後の余韻に浸る。

    08-5-13 店内に
    この美味し~い、とろろ汁を頂きながら、ゆっくりと店内を見渡していると、

    こんな貼り紙も。。

    「茨城下妻 常陸秋蕎麦」を毎日製粉していると。
    こ、これもちょっと食べてみたいな~・・・


    さてさて、ここは早速に・・・、お勘定を、と席を立つと、
    「今日は寒いから、温まったでしょう~」と、又、優しい笑顔で言葉をかけて下さる。
    なんて、気持ちのいいお店なんだろう・・・。
    どの花番さんも、皆心分かった方ばかりで、このひとときがとても心地のいいものに。

    あの頃の私には、まだまだ分かることのできなかった、このお店の良さをしみじみと感じてくるよう。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    扉を出るまで、「ありがとうございました」と、揃って笑顔でおっしゃって下さる言葉が、又暖かい。

    老舗ならでは、の、この人情身あふれた心遣いが、心に染み入り・・・
    又、時々、訪れてみようかな・・・futt.gif


    *お品書き
    せいろ、かけ 735円、月見、たまごとじ、かき玉 945円、肉南蛮、カレ南蛮、おかめ、あんかけ、特製ごまざる 1,050円、趣味のとろ蕎麦、かしわ南蛮、そばがき 1,470円、かき揚げそば、かき揚げ天せいろ、山かけ、天ぷらそば、天せいろ 1,995円、
    木の葉丼 1,155円、きじ焼き丼、親子丼 1,470円、かき揚げ丼 1,995円など

    焼きのり、板わさ、親子煮、鳥わさ、天すいなど・・575円~
    お酒 840円



    08-5-13 看板
    「巴町砂場」

    港区虎ノ門3-11-13 サヴァックスビル1F
    03-3431-1220 
    11:00~14:30 / 17:00~19:30
    土日祝日 定休
    禁煙




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    nihombashi 様
    えええっ、びっくりしました!
    慌てて調べたら、、、
    本当に閉店されちゃうんですね。
    悲しすぎます。
    その前に、ぜひ行こうと思います。
    お知らせ下さり、本当にありがとうございました!!
    2017/06/05(月) 12:37:41 | URL | yuka #-[編集]
    いつも蕎麦屋さん巡りの参考にさせていただいております。ありがとうございます。
    とっくにご承知とは思いますが、この、巴町砂場が閉店とは驚きで、、、言葉がありません。池之端といい、巴町といい、ずっとそこにあるとばかりおもっておりましたのに、、。
    2017/06/04(日) 10:30:12 | URL | nihombashi #-[編集]
    蕎麦喰い師様
    並木藪、行ってますよ~。
    ここしばらく何年か行ってないですが、旧つれづれに載せているはず・・・。

    はい(^^)。ちゃんとスポーツ新聞も出してもらいまいた。

    そうですね・・・
    久々に又、訪れてみようかと思います。
    老舗には、老舗にしかない味わいと、良さがいっぱいで、やっぱり大好きです。

    卵とじ・・・、これを食べてみたいなぁ。。
    2008/05/16(金) 15:27:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ☆まがり様
    私も家では、皮ごとコンロで焼いて食べます。
    茹でるより、甘みが出るんですよね(^^)

    でも、まがりさんって、結構お料理なさるんですね。すごいです♪
    2008/05/16(金) 15:24:45 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    趣味のトロトロ・・
    老舗話なものでちょっと
    yukaさんのデータ見たら何と並木藪に行っていないでは
    あそこでは冷たい蕎麦の上に最初から出汁で割った(っと、言ってもネットリ自然薯系の感じ)トロロが乗ってきます。面白いのは冷たい蕎麦なのに「やまかけ」と呼ばれていること。
    並木藪のお蕎麦は?っと聞かれるとビミョーですが、蕎麦の香り、雑穀味、甘さに目を閉じても一度は味わっておくことをお勧めです。間違いなくあの汁については、最初酷評がでるような気がしますが、懲りずに幾度も試して、あの汁の味、香りの面白さを感じると良いかも。話題がずれて申し訳有りませんでした・・ついでに言うなら並木藪の「とじ」「おかめ」「鴨南」どれも個人的には好きです。なんせ私の蕎麦屋歩きの原点のお店ですから。
    2008/05/16(金) 14:23:52 | URL | 蕎麦喰い師 #ZEqp4aRo[編集]
    いいっすね~
    ほんと、ここ数日寒かったっすね
    今日は良い天気で生き返ったようですよ
    拙者は空豆は薄皮ごと食べる派です
    自宅ではもっぱら鞘ごと黒くなるまで
    炙ってから鞘を剥いて塩を付けて
    頂きます
    この時出来るだけいい塩を使いたいですね
    とろろ蕎麦食べたくなった~
    2008/05/15(木) 13:30:12 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    南無様
    私が、ゆぅっくり寛いでいる間のお客さんには、確かに小鉢のご飯が出されているようでした。
    でも、1時半を超えたくらいから、どのお客さんにも出していなかったようなので(私も)、ご飯なくなっちゃったのかもしれないですね(^^;;

    それもちょっと、食べてみたかったです。
    2008/05/14(水) 20:37:02 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    夢八様
    こちら、やっぱり、しっとりといいお店です。
    ぜひ・・・。

    もう一合?
    はい・・(^^;;
    二時で中休みに入ってしまうというのが、足止めになりました(笑)
    2008/05/14(水) 20:35:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    jin-n様
    ほんっと・・・
    5月も半ばだというのに、熱燗が欲しくなってしまう、この寒気・・・。

    jinさん、今ごろ、どちらかで、しっぽりやっているのかしら(^^)
    今日も冷えますもの、ね♪
    2008/05/14(水) 20:33:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    あれ?
    小飯は出ませんでしたか?
    残ったとろろをご飯にかけて、ズルズルッとやると旨いんです。
    あっ、もちろん、そば湯の分は残しておいてね。
    2008/05/14(水) 18:05:41 | URL | 南無 #ZsCrwfD6[編集]
    熱燗・・・すすみそう
    僕もしばらく行ってない。
    今年のテーマが、老舗なんですが、
    つい忘れます。

    とろそば、別もりの玉子、隠しが
    いいですね。きめも細かくて。

    熱燗、もう一本行きたくなったでしょう。
    2008/05/14(水) 16:29:28 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    温まりたいですよねぇ
    私も、昨晩は、とある居酒屋で、ビールを飛ばして、いきなり熱燗。

    ホッ・・・。

    最近、蕎麦禁断症状なので、会社近くの成富か布恒更科でも、今晩に・・・。
    2008/05/14(水) 10:50:46 | URL | jin-n #3aXRcdxk[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >