FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    立川 「なかさと」
    2008年05月15日 (木) 22:50 | 編集
    立川の市民会館に午後からの所用で出向いたので、今日は、久しぶりに途中の「なかさと」さんに伺ってみることに。なんでも、「十割」「二八せいろ」の他に、「粗挽き」もやっていると聞いて、気になっていたところ・・・niko.gif

    初めて伺った頃から、ほぼ二年ぶり?
    久しぶりに、「ウィング通り」を歩き、行き着いたお店は記憶のままでなんだか懐かしい。

    08-5-15 店

    通りに面して、打ち場がおかれた、どこか優しくかわいらしい雰囲気。がしかし、お店の前にはしっかりと「石臼挽き手打ち」と書かれた看板が置かれてる。

    立川 「国産石臼挽 手打ち蕎麦 なかさと」

    昼ちょっと過ぎ。入った店内は、ほぼ満席。
    周りにはたくさんの飲食店がある中、これはすごい、と、何とか空いていた入り口近くのテーブル席に腰を下ろす。

    すぐにかわいらしい奥様からお茶を出され、置かれている品書きを手にすると、まず「昼定食の紙が上に置かれてる。
    「掻き揚げにせいろ、ご飯かデザート」、それか、「煮物に温泉卵、せいろにご飯」のセットのようで、見ると皆さんそれぞれそれを頂いている様子。
    しかも、この内容で980円はたしかにお値打ち・・・と、私もそれに決め、中の蕎麦のメニューから気になった、「粗挽き」で作って頂くことに。

    待ちながら、記憶を思い起こし、ぐるりとお店を見渡すと、ちょっとレイアウトが変わったよう。
    左手の小上がりの席はそのままだが、右側は一列、壁に面してのカウンター仕立て。
    ちょっと不思議な感じもするが、一人ほっと入ってお酒なんか頂くのはよさそうだなぁ、などとふと思う。

    さらに、正面の壁には黒板が掲げられ、本日のお料理の品書きも。
    ちょこちょことした、小鉢のようなお料理の品々は、どれも手ごろな値段で美味しそう。
    夕暮れ辺りにちょこっと頂くのにいいなぁ、などと早くも思ってしまう。

    などと考えていると、程なくして目の前に「昼定食」がお盆に乗せられ置かれる。

    08-5-15 そば定食

    おお、これは豪華に盛りだくさん onpu.gif
    煮物に、温泉卵、粗挽きのお蕎麦に、ごはん、漬物が乗せられて。
    ほぼ同時に訪れたお客さんの頼んだ掻き揚げも、りっぱな大判のもので、それも美味しそう。

    08-5-15 そば

    まずは・・・、興味しんしんだった、「粗挽き」のせいろから。
    切り幅も整った端正な細切りの蕎麦は、見るとその切り口もざっくりとして鮮やか。
    手繰り寄せると、甘みを感じるような柔らかい穀物の香りが鼻腔をくすぐる。

    08-5-15 そばアップ

    口に含むと、しっとりとした腰加減。歯を包み込むような腰の蕎麦で、よく見ると、透明な蕎麦の粒が表面を覆ってる。

    猛々しい粗挽きというのではなく、繊細な粗挽きの蕎麦。
    かみ締めかみ締め頂いていると、ずんずんと蕎麦の甘みが濃く広がる。
    ふむふむ美味しい・・・futt.gif

    つゆは鰹の出汁の香る、やや濃い目の汁。
    蕎麦に浸し頂くと、さらに蕎麦の甘みが増すかのよう。

    と、半分以上楽しんで食べたところで・・・
    品書きの「温泉卵」の文字を見つけた時から、やってみたかった、一技を sunglass.gif

    08-5-15 温泉たまご08-5-15 温泉たまごあぷ

    温泉卵を半分、汁に入れ、蕎麦に絡めて頂くと・・・
    ん~、これまた、卵の濃いまろやかなコクが加わり、旨いっ love.gif

    しかも、鮮やかで濃いオレンジ色の卵で、とても美味しい温泉卵。
    どこかの、拘りのある卵なのかな・・・?

    と、すっかり満足でお蕎麦を食べ終え、優しく白濁した蕎麦湯を頂き、煮物をも。

    08-5-15 煮物あぷ

    ほこほこっとしたじゃがいもに、とろ~っと味の染みたたまねぎ。それにしゃきしゃきとした青梗菜で、上品で優しいお味の、美味しい煮物。
    これは・・・、こちらのお料理も頂いてみたい、と改めて思ってしまう。

    そして、残りの温泉卵はご飯に載せ、パリパリとしたお新香と共に頂くと、すっかりお腹いっぱ~い niko.gif
    この内容だったら、皆さん喜んで集まるだろうなぁ、と納得するお昼の定食。

    帰り際、顔を出されたご主人に、お聞きすると、こちらは北海道音威子府の蕎麦で打たれているとのこと。
    他の「十割」と「二八」のせいろは、音威子府と浅間山麓の蕎麦をブレンドしていると・・・。
    と、以前頂いた、弾きぐるみの十割蕎麦のことを思い出す。

    とても真面目そうなご主人も、にこにことして優しい応対の奥様も心地よく、いいお店だな、っと心に思う。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    いつか、夕方に訪れて、ここでちょっとゆっくりとしたひと時をもすごしてみたいな・・・。


    *お品書き
    もり、かけ 680円、粗挽き 850円、生粉打ち 1,000円、とろろ 1,000円、とりせいろ、きのこせいろ 1,030円、鴨せいろ 1,470円、天もり 1,580円、月見 890円、とろろ 1,000円、とり南蛮、きのこ南蛮 1,030円、鴨南蛮 1,470円、
    お昼の定食二種 980円(粗挽きは170円増し)

    焼き味噌 300円、板わさ 350円、煮込み 400円、とりわさ 450円、掻き揚げ 450円、ほかいろいろ
    高清水、出羽桜、田酒 400円~


    <span style=08-5-15 看板" border="0" />
    「手打ち蕎麦 なかさと」

    立川市錦町1-5-22西野ビル1F  
    042-524-5758
    11:30~14:00、17:30~20:00  
    日曜休 禁煙
    前回の訪問


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    よしの様
    そうなんですよ~
    12時くらいに伺ったのですが、その頃合は、健全なお昼の時間でした。
    (どういうこっちゃ??笑)

    今回は、所用でゆっくりできなかったのですが、今度は、その後の部に伺い、餅つきをしてみようかと思ったしだい。

    そうそう、市民会館に行ったら、
    私もすぐ!「そば菜」のご主人を思い出していました(^^)
    2008/05/18(日) 00:58:19 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    場所柄?
    ランチが人気で、これが終わらないと
    モチつけない。
    午後1時半を過ぎると、さ~っと潮が
    引くように静けさが訪れる。

    それからですねえ、漬物、生湯葉、
    烏賊のげそとかモツ煮なんぞではじめ
    ちゃいます!

    〆は粗挽きか十割なんだが、もう両方
    は胃の腑に収まらない・・・

    立地条件が・・・良いような・・・悪いような・・・
    ご主人は一生懸命勉強中のようですよ。

    あ、「そば菜」さんにも行ってくださいな!
    2008/05/17(土) 10:38:40 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >