つれづれ蕎麦 
    代田橋 「まるやま」 projects ⓧ .
    2008年05月17日 (土) 11:48 | 編集
    前回、「志美津や」さんで行われた「熟成蕎麦食べ比べ」の折り・・・
    ご同席して下さっていた「まるやま」さんのご夫妻が、「次回はうちでも・・・」とおっしゃっていた言葉を、聞き逃すわけがなく niko.gif、着々と話がまとまり・・・。

    昨夜は、何日も前から楽しみにしていた、いよいよその日、「まるやま」さんでのお蕎麦の会。

    08-5-16 看板
    午後4時から~との、(半端?)な時間に集合とのことで、いそいそと用事を済ませ、私もお店へと。

    代田橋駅から甲州街道を渡る歩道橋を渡ると程なく。

    看板が目に入り、心もそわそわ onpu.gif。 


    お、うれしくも、お店の前の札は「準備中」。今日は、思う存分、貸切で♪

    08-5-16 店

    代田橋 「手打蕎麦 まるやま 長寿庵」

    何日か前に転倒してしまい、まだ少し痛む膝を堪えて階段を降り向かったお店へ辿り着くと、もうそれだけでほっとした気持ちで、扉を開く。

    すでにほとんどの(前回同様の)メンツが揃った中、ひとつひとつテーブルの上に置かれていく前菜の品々に、心ときめいてしまう~

    08-5-16 前菜

    揃ったところで、まずは永福町「松坂酒店」オススメの、珍しい日本酒ベースの柚子酒を食前酒で頂き、ビールで乾杯~。

    前菜の小鉢は、私にはとてもうれしい「竹の子のキンピラ」。

    08-5-16 前菜 筍のきんぴら

    そして、美しく盛り付けられた三点盛りの一つは、「こごみの胡麻マヨネーズ和え」。
    こごみの優しいオツな粘りに、この和え衣がとても美味しい。

    08-5-16 三種 こごみ

    しっかり出汁の味わいのある「出汁巻き卵」。
    甘さ控えめの玉子焼きはお酒によく合う。この玉子焼きの味付けは私の好きなタイプと、これは一度、焼きたてのホカホカも食べてみたいなぁ~。

    08-5-16 三種 玉子焼き

    そして、懐かしい味付けの「蕗と薩摩揚げの煮付け」。
    こういうしみじみとしたちょっとした一品はとてもうれしい。

    08-5-16 三種 蕗の煮付け

    と、こんなお料理を前にしていたら、早速ビールから皆、お酒に変えて。
    今日のお酒のラインナップも、これまた見事 heart.gif

    08-5-16 酒108-5-16 酒2

    「一本蔵」、「香露」「木戸泉」それに、「上喜元」活性濁り酒。

    08-5-16 酒308-5-16 酒器

    それに・・・宮崎の霧島酒造の「赤霧島」。
    それぞれに、好きなお猪口を選んで、好きな美酒をも頂いて・・・

    いると出されたのが、オリジナル料理の、「蕎麦がきのさつま揚げ風」。
    蕎麦の風味のある、まるで薩摩揚げ。表面はかりっと揚げられ、中はもちもちとして、味わいがしっかり。これ、美味っしぃ~

    08-5-16 そばがきさつま揚げ

    さらに・・・、これも自家製の「漬物盛り合わせ」。
    きゅうり、ラディッシュの浅漬けに、なま酢漬け、筍、蕪、人参の額漬け。

    08-5-16 漬物2

    続けて、これも私には又とない楽しみ、「竹の子の酢味噌がけ」。
    ふぅむ・・・、竹の子と酢味噌の相性もすごく美味しい。これは、来年やってみようっと♪

    08-5-16 筍の酢味噌和え

    まだ頂いたことのなかった、「焼き蕎麦味噌」。
    具がたっぷり込められた味噌は、とても香ばしく、これだけででも、たっぷりとお酒が頂けちゃいそうな焼き味噌。

    08-5-16 焼き味噌

    どのお料理も、本当に美味しくて、「まるやま」さんのお料理の美味しさを改めて噛み締めているところで・・・
    いよいよお蕎麦が出されることに。

    まずは・・・、「打ちたて 粗挽き蕎麦」から。

    08-5-16 1当日粗挽き

    瑞々しくたたえた丹精な細切りの蕎麦は、手繰り寄せると香ばしい香りが豊かに漂う。

    08-5-16 1当日粗挽きアップ

    「一時、粗くしてなかったんだけど、最近又、ちょっと粗く弾くようにして・・・」と、ご主人がおっしゃっているように、透明な蕎麦の粒が表面を豪華に覆っている。これはうれしいな~♪

    08-5-16 1当日粗挽き食べ

    口に含むと、どこか感じる蕎麦の欠片の感触。そうそう!初めて伺った時、こんな感じだった、とぼんやりと思い出しながら、噛み締めると、これもうれしく広がる穀物の風味。もちもちとした感触も心地よく、うれしく、するるっと食べてしまう。

    続けて、二枚目は、なんっと!「まるやま」さんでも熟成を・・・??
    と驚いた、「田舎蕎麦」熟成二日目。

    08-5-16 2田舎二日目

    お、これはいい!
    やや太めに切られた挽きぐるみ。もちもちっというよりは、もっちりとした歯ごたえがあり、風味も豊か。
    これで、温かい漬け汁でなんて、すごく頂いてみたいな~

    08-5-16 2田舎二日目食べ

    さらに続いて、「粗挽き蕎麦 熟成三日目」。
    香りは、打ちたてに比べ深みのある香ばしさに変わってる。ただ、やや歯ぬかり感も出た感じもし、ん~、これは微妙かな~。。

    08-5-16 3粗挽き三日

    と、食べ終えたところで、出されたのが、「大根と豚の角煮」。
    ほっこりと炊かれた豚肉は、ほろほろっと身がこぼれるようで、苦手な私でも美味しく頂いてしまう。なんと言っても、味付けが本当に美味しい。

    08-5-16 大根と豚の角煮

    そして、あれこれと又、ゆっくりお酒を頂いていると・・・

    試作品との、「ぶっかけしゃきとろそば」が置かれる。

    08-5-16 4ぶっかけしゃきとろ

    粗挽きのお蕎麦に、千切りにされた胡瓜、山芋が載せられ、各々蕎麦汁をかけて頂く一品。
    しゃきしゃきとしながらも、山芋の粘りが楽しく、これは美味しい。これから暑くなる季節にはうってつけかも♪
    希望としては・・・、鶉の卵あたりが乗っかっていたら、もっとうれしいな~ futt.gif

    続けて、これもびっくり、変わりそばまで打っていたとは・・の、「紫蘇切り」も。

    08-5-16 5紫蘇切り

    ぷるぷるっとした腰が清々しい蕎麦は、噛み締めると、途端、紫蘇の粒が弾けたかのような、新鮮な紫蘇の香りが口にぱっと広がる。これが、一呼吸入るような、さわやかな風が過ぎ去るかのように感じて、美味しく食べてしまう。これは汁なしでいけちゃう程。

    いやはや・・・、おそれいった。。

    と、ほっとしているところで、「天ぷら」まで・・・onpu.gif

    08-5-16 天ぷら

    天ぷらは、味の濃い海老に、大好きな帆立、それに春の味覚のコシアブラ。
    そして・・・、食べてびっくりのプチトマト。ん~っ、旨いっ。
    薄めの衣でさくっと揚げられた天ぷらは、どれも満足のいく美味しい天ぷら。
    そうだった・・・!こちらの、穴子の天ぷらは、絶対食べにこなくては。。

    そして、ちょっと歓談の時間を置いた後に・・・

    ぶっかけ続きで「ぶっかけ 辛味おろし蕎麦」。

    08-5-16 5ぶっかけ辛味おろし

    程よい辛味の紫大根。それにたっぷりの質のいい鰹節がかけられた一品。
    すがすがしい大根おろしに、すでにお腹もかな~りいっぱいになっているにもかかわらず、するすると喉を通り過ぎてしまう。

    と、同時にさりげなく出された「フルーツトマト」。
    これがっ、あま~いっっ

    08-5-16 フルーツトマト

    さらに、ぶっかけ三品目の「ぶっかけ 海老おろしそば」。
    小海老をさくっと揚げた天ぷらが乗るもので、これは、海老好きには、うれしい一品。
    お腹いっぱいでも食べてしまうよ~・・(^^;;

    08-5-16 6ぶっかけ海老おろし

    そして・・・、締めくくりは「かけそば」で。

    08-5-16 7かけ

    琥珀色のかけ汁を、すっと頂くと、これが上品な鰹の風味でいっぱい。ん~っ、このかけ汁、非常に美味しい・・。
    飲んで、食べた後に、すぅ~っと通り過ぎていく、優しさに満ちた汁。

    08-5-16 7かけアップ

    中に浸された蕎麦は、温かみを帯びたことによる、蕎麦の風味をふわりと醸し出す。温かい汁の中でもしっかりとした腰を残し、それでいて穀物感が味わえる。

    こ、これは・・・
    時を変えて、こちらの卵とじも絶対食べてみなくては・・・っ。

    皆、すうっかりお腹いっぱいの、心から満喫した思いで、表情もおっとりと・・・futt.gif

    最後に出されたデザートの、メロンにアメリカンチェリーが又美味しく、あれこれと交わす歓談の時。

    08-5-16 デザート(メロンチェリー

    ああ、至福の夕べ。
    お料理に蕎麦がよかったのは元より、さらに、皆さんとあれこれと話せたひと時が何よりも楽しい。

    4時から始まったこの宴も、いつしか腕の時計も10の数字を過ぎ始め・・・
    まだまだ、話したりないような心地を抱えながら夜は更けていく。。

    まるやまさん、
    そして、みなさん、
    本当にありがとうございました~hahha.gif

    ん~・・・
    楽しかったなぁ~と、二つ先の駅を経由して家路へ。。futt.gif  

    08-5-16 箸置き
    自家製粉 石臼挽 
    「手打蕎麦 まるやま」

    杉並区和泉1-2-3
    03-3321-1478
    11:30~15:00 / 17:00~21:00
    木曜定休 禁煙 
    前回の訪問





    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    matsuzakaya様
    私もお会いできて、うれしかったです。
    本当に美味しかったですね~(^^)。
    又、ぜひ、ご一緒しましょう♪

    それはそうと・・・・

    はい!褒めすぎですっっ(^^;;
    2008/05/22(木) 09:30:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まるやまさ~ん。美味しかった!
    先日はご一緒させていただきありがとうございます。とっても楽しいひとときでした。

    それにしてもyukaさんはいっぱい食べるのに細くて綺麗で若くて・・・・誉めすぎ?ビックリしましたよ。

    是非また今度もご一緒できればと思います。失礼しまーす。
    2008/05/22(木) 03:30:44 | URL | matsuzakaya #SVUff9GE[編集]
    ひめはるぜみ様
    そうなんです、とても大変だったのでは、と思います。
    その分、心から楽しませて頂きました。

    蕎麦って素敵ですね♪
    お料理、蕎麦、そして、楽しい語らい・・
    この日もまた、素敵な夜でした。
    2008/05/19(月) 11:02:54 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    夢八様
    はい(^^)。
    とても幸せな宴でした♪

    蕎麦も料理も、そして、ご主人に奥様がとても気さくで素晴らしいお方なんです。

    熟成・・
    蕎麦も今、この時代になってきたのでしょうか・・
    2008/05/19(月) 11:01:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    Hosanm様
    ほんと、よく食べましたよね~。
    私も、すごくお腹いっぱいの至福の心地でした。
    そうそう、課題は「穴子の天ぷら」。
    それに、卵とじ、カレー南蛮に、おかめ、山かけ、花巻き、ごまだれ・・・

    まだまだ食べたいもの、ありますね(^^♪
    2008/05/19(月) 10:59:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    写真を見せていただくだけで
    美味しさが 伝わってきます。すばらしい料理ですね。
    これだけ 準備されるために 大変な手間・ヒマかけられたのでしょうね。全力投球のご馳走ですね。
    びっくりいたしました。そして ご馳走様でした。
    2008/05/18(日) 08:03:59 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    羨ましい!
    すごいご馳走ですね。
    山菜も漬物もオリジナルで、ご亭主の
    意気が伝わってきます。

    蕎麦も粗挽き熟成、いいですね。
    僕も大川やで1日熟成食べたけど
    香りがピンと立ってました。

    そんな企画ありましたら
    是非、声を!
    2008/05/18(日) 08:02:33 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    こうして写真を見ると、
    あらためてあの至福の時を思い出します。すごい料理と蕎麦だ。
    これで、あなご天と卵とじと鴨汁せいろがあれば、「まるやま」さんフルフルコースですね。
    2008/05/18(日) 07:57:53 | URL | Hosanm #N5gprbWI[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >