FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    上石神井 「あずみ」
    2008年05月29日 (木) 21:11 | 編集
    友人から、個展を開いているとのお便りを受け取り、雨の中荻窪へ。
    し、しかし、今日は又なんて寒いんだろう~・・・itata.gif

    と、バスで向かおうと上石神井に降り立ち・・・
    当初は、西荻窪の老舗のお店でお蕎麦を、などと思っていたのだが、
    こう寒いと、何だか田舎風の太目のお蕎麦で温かいものが食べたくなってくる。

    と、いつしか訪れた信州内藤流をうけつぐ、懐かしさ感じる太めのお蕎麦を出すお店を思い出し、そちらに向かってみようと・・・。

    08-5-29 店

    上石神井北口に伸びる、ささやかな商店街を進んでいくと、程なく、
    さりげなく佇む、町の蕎麦屋風情でありながら、しっかりと「信州内藤流」の文字を掲げたお店。

    上石神井 「信州内藤流 手打ちそば あずみ」

    思えばとても久しぶり。
    扉を開けた店内は、それでも以前に訪れたままの、ほのぼのとした蕎麦屋の雰囲気。
    テーブル席5席に、小上がりがふたつの小じんまりとしたお店ではあるが、ひとつひとつのテーブルがゆったりと取られているので、窮屈さは感じない。

    程よい感じでお客さんが寛ぐ中、空いていたテーブル席のひとつに腰を落ち着け、後ろに流れるBGMに耳を傾ける。
    この和の雰囲気には似つかわしくないような、流れるのは心地のよいクラッシック・・・
    とほおっとしていると、親しみやすそうなやや年配の花番さんがお茶とお絞りを出して下さる。

    こういう気取りない和やかな雰囲気は気持ちも楽でいいなぁ~、と置かれていた品書きを開く。以前訪れた時見た品書きそのまま。

    08-5-29 品書き
    こういうのがちょっとうれしく、懐かしく見ながら、玉子とじにしようか、山かけにしようかと思っていたら、「おまつり蕎麦」なる珍しいお蕎麦が。
    「トリ肉、椎茸、竹の子、卵 賑やかなお蕎麦です」
    と書かれていて、何だかとっても美味しそう♪
    ということで、それをお願いすることに。 


    待つ間、写真入りの品書きを改めて開いて見ていると、最後のページには、何やらずらりと書かれたページまで。

    08-5-29 説明08-5-29 説明2

    ふむふむ・・・これによると、
    内藤流手打そばの、正当なる流儀継続者はここなのか・・・。八王子のお店とのつながりはあるのかなぁ、などと思って読んでいると、目の前に「おまつりそば」が置かれる。

    08-5-29 お祭りそば

    これは楽しい♪
    1.5cm程の厚切りの板わさが二切れに、卵焼き、竹の子、味付けされた椎茸に彩りよく小松菜があしらわれ、横には贅沢に海老の天ぷら。さらに、真ん中には玉子も落とされている。
    成るほど~、これは「お祭り」だ niko.gif

    まずは、蓮華ですくい汁を頂くと、口当たりの柔らかい熱々の汁。洗練された、とか、上品な、とかいうのではなく、なんだか懐かしい感じの味わいで、しみじみとしてくるよう。

    08-5-29 お祭りたb

    そして、下に沈んだ蕎麦を手繰り寄せると、念願通り、挽きぐるみの田舎風の太めの蕎麦。
    しっかりとした腰が温かい汁の中でもそのまま残され、噛み締めるのも楽しい。
    ふうふうしながら、この蕎麦を頂いていると、信州の風景、安曇野の山々が思い出されてくるよう。

    歯ごたえのある板わさも良く、ほっこりと炊かれた椎茸のほんのり甘い味わいも、しゃきしゃきとしながら甘みのあるたっぷりと入った葱などなど、一つ一つを食べるのも楽しい。
    そして・・・、半分ほど食べたところで、真ん中の玉子をわくわくして崩すと・・・

    08-5-29 お祭りたまご

    半熟にはちょっと熱が入りすぎちゃった感じではあるが、汁に溶かしながら蕎麦に絡めていただくのも又乙な味わい。

    最後に頂く海老の天ぷらも、海老の旨さのしっかりと味わえる美味しい天ぷら。
    サクサクっとした衣の部分と、汁を吸った衣の部分の両方を味わえる醍醐味まで。

    結構しっかりとした量もあり、全部頂いたらお腹もいっぱいになり、じわりと汗ばんでくるほど体もぽかぽか・・・futt.gif

    こういうお蕎麦もいいなぁ、たまに無償に食べたくなってしまう、
    素朴で、ほのぼのとした、田舎風のいかにも蕎麦という、お蕎麦。

    「寒かったけどすっかり暖まりました~」
    と、伝えると、
    「本当に寒いですよねぇ、今日は・・・」
    と、微笑んでおっしゃって下さった花番さんもうれしく、裏からはきちんと顔をだして下さるご主人の心遣いもうれしい。

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    又、来よう・・・。
    ちょっと太めで、ぬくもりのある田舎風のお蕎麦。
    添えられていた野沢菜が、又、美味しかったなぁ・・・futt.gif


    *お品書き
    もりそば 680円、二枚もり 990円、釜揚げそば 840円、戸隠山芋蕎麦 890円、お祭りそば 1,260円、天もり 1,380円、卵とじ 680円、山かけ 840円、あげ玉そば 680円、など

    わさび芋、板わさ 各470円、野沢菜360円、冷酒 520円



    08-5-29 看板
    信州内藤流 手打そば 「あずみ」

    練馬区上石神井4-4-22
    03-3929-6088
    11:00~15:30 / 17:30~20:00
    水曜休 前回の訪問


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    tatenon様
    本当に・・・
    久々に訪れて、なんだかほのぼの~とできてよかったです。

    あの、野沢菜も美味しいですよね♪

    「内藤流」の唯一の正統のなぞが、さらに深まってしまいましたです・・・(^^;;
    当の信州には、残っていないのかしら?
    2008/06/01(日) 10:54:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ここ、たまにいくとなんということもなくの~んびりした気分になれるお店。近所で好きなお店です。

    昔、中目黒あたりにあった「あずみ」…ここはおそろしく「固い」そばだった…の直弟子みたいですね。
    当時、中目黒のあずみでは内藤流の「正統な」伝承者はうちだけ、と主張していましたが、何を持って「正統」というのかは、私は知りません(笑)
    2008/05/31(土) 11:45:02 | URL | tatenon #-[編集]
    こま板様
    はい♪
    八王子の「吾平」さんです。
    こちらのお蕎麦も、やっぱりほのぼのとしてよかったんです(^^)
    2008/05/31(土) 09:54:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ☆まがり★ 様
    ちゃんと伺い、
    じっくりと見てきましたよ~、個展。

    いやー
    でも本当に寒い日でした。
    こういう日には、ありがたーい蕎麦だったです(^^)
    2008/05/31(土) 09:53:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よしの様
    そうなの、唯一の正統はどこなんだろう・・・?
    としばし、考えてしまいました(笑)

    でも、ほのぼの~としたいいお店です(^^)。

    それはそうと、よくweb上でお読みになりました♪
    そうなんです、すごい達筆。
    気持ちのいい筆跡で、私もしばし読みふけってしまった次第。
    そうそう、京の小町を泣かせたや~、ですもの、ね(^^)
    2008/05/31(土) 09:52:29 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    (□。□-) フムフム
    信州内藤流ですか・・・
    八王子にも内藤流の看板を置く店ありましたっけ?
    2008/05/31(土) 00:11:02 | URL | こま板 #4JcWZNxE[編集]
    田園都市線
    の青葉台駅の近くの蕎麦屋さんも
    こんなお蕎麦出してたなぁ
    確かそれは五目蕎麦って
    なんかラーメンみたいな名前だったと思う
    たまにはいいですよね
    後、ネタ的にはまつり蕎麦頂いて
    ご友人の個展に行くのを忘れてたりすると
    もう一度行く理由が生まれるわけですが・・・
    2008/05/30(金) 13:07:37 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    信州内藤流
    >八王子のお店
    4本麺棒、でしたっけ?
    ここにも「正統」の名乗り合戦か?
    確かに仰るように、
    >素朴
    >気取りのなさ
    >寛げる雰囲気
    は共通のように思います。

    しかし達筆、饒舌なご店主、奥様?ですね。
    安曇野の美しさ、豊かな自然が余さず述べ尽くされている・・・
    (感嘆、感心)

    さておき、都都逸なんですかね、あの
    「一夜穂高の山葵になりて~・・・」っての。
    あれが良かった!(最高)
    安曇野の山葵って本当に立派ですものね。
    2008/05/30(金) 10:59:26 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >