FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    池袋 「宮城野」
    2008年06月03日 (火) 22:13 | 編集
    池袋での仕事を終えたら、すっかりお昼もとうに過ぎ、お腹もペコペコ。
    しかも、ちょっと荷物を抱えた身にこの天気。と、遠出は諦め、駅近くのお店へお昼を頂に・・・。

    08-6-3 店入り口
    池袋東口。サンシャイン通りすぐの、人通りの多いビルの二階。
    何度も前は通りながらも、まだ入ったことがなかったお店。

    ビルの入り口には、ショーウィンドウで品書きが置かれ、ちょっと目をやり隣の螺旋階段を上っていくと・・・。


    階段の上に作られてあるお店の入り口は、外の喧騒とは打って変わって落ち着きしっとりとした風情。

    08-6-3 店

    中からは、おだやかでゆったりとした静かな空気が流れ出ているよう。

    池袋東口 「手打そば 宮城野」

    暖簾の奥のずっしりとした扉を開くと、中はしっとりとした大人の空気。
    照明が程よく落とされ、落ち着いた和の空間が広々と広がっている。

    これは・・、東銀座のお店とは又ぜんぜん赴きが違うなぁ。
    と、入り口に立っているとすぐに花番さんに案内され、空いていた席のひとつに腰を下ろす。

    08-6-3 店内

    すでに午後1時もとっぷりと過ぎた昼下がり。
    ちらほらと適度に入ったお客さんの姿も心地よく、すっと一人でお蕎麦を頂いている人、和やかにいくつかのお料理を前にそば前を楽しんでいるおじ様と、お客さんの層も広いよう。

    疲れもほっと休まっていくように感じながら、出されたお茶を頂き、置かれた品書きを開く。

    お、これも銀座のお店とは全く番う品揃い。
    お蕎麦の品書きが豊富で、これが又よく分からない珍しい名前がずら~りと。
    金色蕎麦?中古そば?ふくろとじ?黒双?

    そして、その品書きの下にそれぞれ説明書きされているのを眺めながら、この落ち着いた空間でしばし休んでいこうと、お酒をお願いすることに。

    埼玉の「文楽」をお願いすると、暖簾の色と同じ緑の徳利で出される。

    08-6-3 酒08-6-3 あげそば

    あてに出された、蕎麦の尻尾の揚げ蕎麦を頂きながら、お料理の品書きを改めて吟味。

    今はお昼だからだろうか、蕎麦屋の定番を最小限押さえたよな、そう多くはない品書きの中から、それでも好物の「鳥わさ」の文字を見つけ、それをお願いする。

    08-6-3 鳥わさ

    程なくして出された「鳥わさ」は、三角の器に形よく盛り付けられ、点盛りで山葵がちょこんと載せられている。

    08-6-3 鳥わさ2

    お肉はさっと湯通しされ、予め出汁しょうゆで和えられているもので、自分で加減しつつ山葵を載せて頂くよう。しっとり柔らかなお肉に、ほどよい醤油の味付け加減で美味しい。
    ただ、もうちょっと冷えていたらうれしいかな~。

    かわいい兎のロゴの箸袋を見つめながら、ゆっくりとお酒と共に頂くと、だんだんに疲れも冷えも引いていくよう。
    と、看板、箸袋、お絞り・・・、至る所に書かれているこの兎のロゴが妙にかわいく、心に残る。
    お蕎麦屋さんで、兎のモチーフを使うところは多いけど、この兎は又一段と、叙情的で印象的。

    すわり心地のいい、しっとりとした空間で憩いの時を十分に満喫し・・・、
    〆のお蕎麦を。
    いろいろと揃った珍しい品書きにとても心惹かれたが、やはりせいろで頂きたい。
    お蕎麦は「せいろ」と「限定田舎」の二つが並んでいたので、花番さんにまだ残っているかどうか尋ねると、まだあるとのこと。

    「太打ちなんですか?」
    とお聞きすると、
    「いえ、そう太くはないです。使っている蕎麦粉が違うもので、やや硬めの蕎麦です」
    と説明され、せっかくの限定蕎麦、それをお願いすることに。

    出されたお蕎麦は、二段重ねにされた蒸篭に盛られて出される。

    08-6-3 田舎

    きりっと角の立った、挽きぐるみの蕎麦でやや黒め。江戸蕎麦よりやや太めの細切りの蕎麦は、切り幅、長さにもムラのない丹精なもの。
    手繰り寄せると、ふわりと清々しいような穀物の香りを放ってくる。

    08-6-3 田舎アップ

    口に含むと、しっかりとした腰。もっちもっちとした歯ごたえも心地よく、かみ締めるとこれも爽やかな穀物の風味を感じさえ、後に甘みを残していく。
    上品さのある田舎蕎麦という感じで、これはいい。

    汁も出汁の香るまろやかさのある、辛口のもの。
    ただ、蕎麦猪口が漆器というのが、ちょっと不思議な感覚も覚えたが、二段重ねの蕎麦は、思ったよりも量もあり、食べ応えも十分。すっかり満足してしまう。

    頃合をきっちり見て出された蕎麦湯は、片口の陶器の器に注がれて。
    しっかりと白濁した、別に作られたものと思われる蕎麦湯は、熱々でこれも美味しい。

    08-6-3 蕎麦湯

    汁に注ぎいれ、これもたっぷり頂くと、お腹いっぱ~い niko.gif

    すでに時間もとっぷり2時を回っているが、お昼の営業が4時までというのは、気分的にもゆっくりできて何よりもうれしい。
    見ていると、場所柄か、まだまだちらりちらりとお客さんも入ってきている様子。

    駅近くでありながらゆっくりと落ち着いた空間で、のんびりとした昼下がりをすごせるお店。
    しかも年中無休となったら、これはうれしい。

    ご馳走さまでした~ hahha.gif
    又、この池袋の喧騒に疲れたら、寄ってみよう。
    今度は、心惹かれる種物も食べてみたいな・・・。


    *お品書き
    せいろ 735円、田舎 892円、おろし 892円、とろろ 997円、鴨せいろ(花)1,260円(雪)1,575円、天せいろ 1,837円、納豆 892円、なめこ 976円、金色 892円、中古 997円、野菜皿 1,029円、都、納豆、金色 892円、力天 892円、カレー南、しのだ、精進、997円、とろろ、木ノ子 1,008円、帆立、しっぽく、ふくろとじ、湯葉 1,102円、穴子、黒双 1,260円、

    玉子焼き、もずく 420円、塩辛 472円、鳥わさ 525円、なめこおろし、板わさ 577円、天盛り 1,470円、
    文楽、黒帯 420円~



    08-6-3 看板2
    「手打そば 宮城野」

    豊島区東池袋 1-12-8
    03-3985-7195
    11:00~16:00 / 17:30~22:15
    (土日祝)11:00~22:15
    無休(臨時休業もあり)





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    jackie 様
    そうだったのですね。
    時間的に濃くなった蕎麦湯、だからこその美味しさだったのだと思います。

    随分ご無沙汰しているので、又伺ってみようと思います。
    2012/10/05(金) 09:27:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そば湯
    昔の記事にコメントで恐縮ですが、宮城野のそば湯は蕎麦を茹でる釜から取ってますよ。うどんとは別の釜なので塩気も有りません。
    1時を回っていたとの事なので、濃度の有る美味しいそば湯だったのではないですか?
    2012/10/05(金) 09:00:14 | URL | jackie #-[編集]
    jin-n様
    いや・・
    お店の前まで行ったわけではないので、
    (大通りからちらと見ただけなので)
    私も、確信はないです。。。

    jinさんも、もし何か分かった、是非、教えてくださいっ
    2008/06/06(金) 22:27:07 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ええっー!
    では、こちらの間違いかもしれません。

    新橋の宮城野が閉店したので、それと、混同している可能性もありますが・・・。
    2008/06/06(金) 14:59:12 | URL | jin-n #3aXRcdxk[編集]
    jin-n様
    >東銀座の店を畳んだらしい?

    ええっ?
    本当ですか・・・?
    ちょっと前に通りがかった時には、看板はちゃんとあったと思ったのですが・・。
    何か分かったお知らせします!

    こちら、又東銀座のお店とは全く赴きも違い、ゆったりと落ち着ける雰囲気でよかったです。
    疲れた後にもいいかと(^^)。
    2008/06/06(金) 07:59:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ☆まがり★ 様
    そうなんです、あの池袋駅前、ごちゃごちゃとした中で、この雰囲気。
    ちょっとしたオアシスです(^^)。
    年中無休というのも、うれしいし、
    ぜひ、一休みも兼ねて、訪れてみて下さい♪
    2008/06/06(金) 07:56:05 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2008/06/05(木) 14:34:33 | | #[編集]
    東銀座の店
    最近、身近な方からの情報で、東銀座の店を畳んだらしい?と聞きましたが、何か、おっしゃってませんでしたか。

    護国寺での音楽練習の帰り、立ち寄りたいなぁ。
    2008/06/05(木) 09:48:06 | URL | jin-n #3aXRcdxk[編集]
    このお店は
    以前、池袋で飲む時にやーふーで
    検索したら出てきたので行って見ようと
    思いつつ、他のお店に流れてしまった
    なのでかなり気になるのですが
    繁華な街で喧騒を忘れられるのは
    ありがたいことですね
    最近池袋はとんとご無沙汰だなぁ
    たまには行って見ないと~
    なのだ
    2008/06/04(水) 12:42:54 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >