FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    大泉学園 「むら季」
    2008年06月15日 (日) 23:50 | 編集
    休日出勤と、彼が出かけてしまったが・・・、
    せっかくのこの日曜日。ずっと食べてみたいと思っていた、「むら季」さんの週末限定粗挽き蕎麦が頂ける m001.gif と、ご近所のお友達に声をかけ、早速と家を出る。  

    逸る気持ちで自転車にまたがったが、せっかく訪れるならお酒もちょっと頂きたい・・・
    と、ひばりが丘から電車に乗り込みお店へと niko.gif

    練馬西税務署へ向かう小さな商店街を駆け出しそうになりながら歩いていくと程なく、道沿いに小さい間口に、しっかりと「手打ち」の看板の掛かったお店に行き当たる。
     
    08-6-15 店

    大泉学園 「手打そば むら季」

    08-6-15 店前
    お店の前の入り口横には、黒板が置かれ・・・

    書いてある、書いてある heart.gif

    「限定15食 あらびきそば」
    の文字 niko.gif



    確認するようにしみじみと見つめ、暖簾の横の扉を開き店内へ。

    08-6-15 ビール
    午後2時もすぎようとする週末の昼下がり。
    中休みのない今日は、まだまだ程よくお客さんが寛ぐ和やかな空気の中、友人の笑顔が迎えてくれる。

    まずは・・・、友人が先に頂いていたビールを私も頂き、乾いた喉を潤わせる。
    ん~、このビール美味しい~っheart.gif


    程なく、そっと出されたお通しは、美しく輝く「冷やし揚げ茄子」。

    08-6-15 通し

    丁寧に茶筌に切り込みの入った揚げなすは、とろりとして甘みがあり、この季節にはたまらない一品。
    天盛りにされた大根おろしに、紫蘇の風味が又よく、これだけでお酒がすすんでしまいそう。

    「ま、ちょっとゆっくりしましょう」
    と、品書きを広げると、毎回見入ってしまうほどに達筆で書かれた「本日のお品書き」。
    お聞きすると、ご主人のお母様の手だとのこと。

    08-6-15 品書き

    そして、ほれぼれするような文字で書かれた「本日のお品書き」の中から、お願いした品々。

    まずは、気になった「かぼちゃ寄せ(そぼろあん)」。

    08-6-15 かぼちゃ

    南瓜の切り身がすり流されて固められ、その切り口が目にも美しい「かぼちゃ寄せ」。
    さらりとかけられたそぼろの餡が上品で、たっぷりと添えられた茗荷がうれしい。

    08-6-15 かぼちゃアップ

    箸を入れるとさっくりとし、ぷるるっと口どけのいい南瓜寄せ。
    まるで、茶碗蒸しか卵豆腐に南瓜を篭め固めたような一品で、これは美味しい~っ
    かけられたそぼろ餡がさらに味に深みを加え、絡め頂くとさらに旨い。

    瑞々しい質のいい山葵が添えられた「湯葉刺し」。

    08-6-15 湯葉刺し

    思ったよりもたっぷりと盛られた湯葉刺しは、味が濃い。
    醤油など付けずとも、しっかりと大豆の濃い風味に甘みがあり、山葵をちょこっと乗せただけで、十分に堪能できるもの。
    これだけ味のしっかりと味わえる湯葉は、久しぶり。

    さらに、この季節のみの味わいの「稚鮎の天ぷら」も。

    08-6-15 ちあゆ

    珍しい山椒の葉の天ぷらの添えられた稚鮎は、春に出回っているものよりも、一回り大きくなった鮎の天ぷら。
    ほろ苦いワタの部分がなんとも言えない味わいに、ほっこりとした鮎が美味しい。

    となったら・・・と早速お酒が欲しくなり、「黒帯」をお願いする。

    08-6-15 黒帯

    金魚鉢を思わせる涼しげな酒器に注がれたお酒は、きりっとしながらも、芳醇な旨味があり、じっくりと味わいのあるお酒。

    このお酒に、さらに出して頂いたのが、「蕎麦掻の揚げ出し」。

    08-6-15 そばがき揚げ出し

    これが又、うれしくなってしまうくらいに美味しい一品。
    周りがカリッと揚げられた蕎麦掻は、口に含むととろ~りふんわり。舌の上で溶けていく最中に、じわ~と蕎麦の風味を残していく。これは美味しい・・・。

    08-6-15 ズッキーニ

    すべてが美味しいお料理に、ゆっくりと会話にお酒を楽しんでいると、お母様が、
    「お客様に立派なズッキーニを頂いたので、作ったのでよかったらどうぞ」
    と出して頂いた、ズッキーニとチョリソの蕎麦汁炒め。

    とろっとしたズッキーニに、蕎麦汁の出汁が絡まり、時折チョリソのピリっとした辛味の刺激が美味しい。

    ・・・と、たっぷり蕎麦前を堪能し、念願のお蕎麦を頂くことに。

    08-6-15 三色

    ご主人にお願いして出して頂いたお蕎麦は、うれしい「三色盛り」
    目的の週末限定の「粗挽き蕎麦」を先頭に、珍しい「太打ち」に、「せいろ」の三色。

    まずは、やっぱり待ちきれず、楽しみにしていた「粗挽き蕎麦」から。

    08-6-15 粗挽き

    手繰り寄せる蕎麦は、きりっとした断面の挽きぐるみの蕎麦。その中には、蕎麦の欠片が豪華に散りばめらた、やや太めの細切りの蕎麦。

    手繰り顔を寄せた途端に、込み上げてくるような濃い風味。
    まるで、とうもろこしと言うおうか、アスパラガスと言おうか、野菜の持つ香ばしく甘みのある香りがぐわ~っと鼻腔に立ち込める。

    08-6-15 粗挽き食べ

    この香りにうっとりしつつ口に含むと、もちもちとしたしっかりとした腰加減。
    噛み締めると、香り以上の、暖かみのある濃い風味が口いっぱいに広がる。
    これ、お、美味しい~っっlove.gif

    熟成させたわけでもないのに、この濃い味わい。
    もう、夢中で汁など漬けずに頂いてしまう、粗挽きの蕎麦。

    そして、定番の「せいろ」をも。

    08-6-15 せいろ

    手繰り寄せると、これ又「粗挽き」とは異なる香り。
    ふわりと漂う小豆のような柔らかさのある香りをしっかりと感じ、口に含むとこれもしっかりとした腰加減。

    噛み締めると、非常に甘みが濃い。
    粗挽きとは又違う、穀物の甘みがじわりと広がる蕎麦に、これもうれしく手繰ってしまう。。

    そして最後に、どっしりとした「太打ち」の蕎麦を。

    08-6-15 太打ち

    これが又不思議な香り。
    まるで・・・、酒蒸しまんじゅうのような、ほんわ~かお酒の香る!と思わず私がつぶやくと、

    08-6-15 太うちは

    お母様が、「そう、これはお酒で打っているんですよ」と、品書きを広げて見せて下さる。

    これは面白い!
    蕎麦十割を、酒で打っているお蕎麦とのこと。

    と、改めて口に含むと、もっともっちとした歯ごたえも楽しく、ふわ~っと広がるお酒の優しい風味。これが、又美味しくて、噛み締め噛み締め味わえる蕎麦。

    三色それぞれが、どれも美味しくすっかり満足な心地に・・・。
    長年修行、そして「まつや」さんで働いてきたご主人の蕎麦は、熟練した余裕のようなものを感じさせる、安定感のある蕎麦。

    08-6-15 蕎麦湯

    と、しみじみと感じながら、頃合いを見て出された蕎麦湯を注ぎいれると、これもとろっとろの滑らかなポタージュ仕立て。
    出汁のバランスのいいもり汁に注ぎいれ頂くと、ほお~と体に染み渡るよう。

    と、蕎麦湯をゆっくりと頂きながら余韻を噛み締め、語っていると、中休みのない今日、ご主人がおもむろに追い討ちを始めてる。

    08-6-15 切り1

    目の前で打たれているご主人の俊敏な、職人技の熟練した動きはなんて美しいんだろう・・・と、しばし見入ってしまう sunglass.gif

    08-6-15 切り2

    08-6-15 切り3


    08-6-15 きり終わり

    打ち終えた蕎麦を、愛おしそうに丁寧に収めるご主人の姿を見つつ、友人と共にそろそろと席を立つ。

    暖かくて親しみやすいお母様の応対も心地よく、そして、ご主人の真面目で熱心な姿に、とても気持ちよくお店を後に。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    ああ、あの粗挽きは、又是非頂きたい。
    それ、と・・・、ちょっと気になる「きのこのカレー南蛮」も食べてみたいな niko.gif

    *お品書き
    せいろ 650円、おかわり 550円、ぶっかけ小海老 950円、野菜天せいろ 1,050円、天せいろ 1,400円、かけ 650円、たぬき 750円、玉子とじ 800円、かきあげ 1,300円、鴨せいろ 1,300円、鴨カレー南蛮 1,400円、きのこカレー南蛮 1,200円、ゆばそば 1,400円など

    揚げなす 450円、板わさ 550円、だし巻き 600円、そばがき 800円、かきあげ 900円の定番メニュー他、日替わりの品々あり
    黒帯、大信州、加賀鳶ほか 600円~



    08-6-15 看板
    「手打そば むら季」

    練馬区東大泉7-37-11
    03-3923-4722
    11:30~15:00 / 17:00~21:30
    (土日祝)11:30~20:30(中休みなし)
    木曜定休 店内禁煙
    P2台 これまでの訪問





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    武蔵野の森のたぬきさん
    でしょでしょ、
    私も、こちらも大好きなお店です。

    あああ、ちょっとご無沙汰していました。

    はいっ!
    しかと伝言、承りましたです。
    そう言ってもらえるなんて、本当にうれしい限り。
    ぜひ、近々…(^^)。
    (たぬきさんの事も、お聞きしようっと♪)
    2009/03/08(日) 23:12:01 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    伝言です
    一週間程前に訪問しました!
    美味しい「せいろ」が頂けました♪
    とっても居心地の良い店内でしたよ。
    厨房近くの一等席でした☆

    そうそう、店主さんが
    「yuka」さんにお会いしたら
    「来て下さい、とお伝えください」
    ですって。
    お伝えしましたよー♪
    2009/03/08(日) 15:31:54 | URL | 森のたぬき #uG9d5srs[編集]
    喰意地師(^^;様
    ちょっと弱いとこではありますが・・・(お腹)
    食べてみたいです♪。
    そんな事言って、美味珍味、いっぱーいお知りで、お作りになっているの、知ってますよん。

    いえいえ、何をおっしゃいますの。
    「物知り師」だと、思ってます~(^^)
    2008/06/20(金) 07:45:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    意地?
    ハッ
     はっ 
      腹が・・・
    いかん、今日喰った自製の○○が当たったか・・

    フ~~ッ さっぱりさっぱり
     サ~~~テッと
      今度はこの前作った アワビの・・いや、アワビもどきのチョット小柄なトコブシの味噌漬けでも炙って・・・

    yukaさん
     斯様に我がお手製はスリルに充ち満ちておりまっせ。
      単調な人生に飽きたら
       喰い師お手製の数々を・・
    刺激だけはあるかもね!?
     腹に・・

    もしかしたら私「蕎麦喰い師」ならぬ「何でも喰い意地師」かも・・

    2008/06/19(木) 22:04:40 | URL | 喰意地師 #ZEqp4aRo[編集]
    酔い師様
    よ、酔い師・・・?(笑)

    さすが、お詳しい~。
    夢八さんじゃないけど、私までよだれがでてしまいそうです。
    食べてみたーい。

    というか、頼んでみればよかったです!
    酔い師様お手製のも、食べたいなー・・・
    2008/06/17(火) 10:58:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    夢八様
    そ、そんな~、
    夢八さんも、いろいろいろいろ、素敵な、そして美味しそ~なお店、たくさん回られているじゃないですか(^^)。
    私こそ、うっとりと見せて頂いているんですよ。

    でも、「きょうや」さんも、こちらも、すごくお勧めです!
    こちらの粗挽き、期待以上のもので、本当にうれしくなってしまいました。
    2008/06/17(火) 10:56:55 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    juuwarisoba様
    そうそう、そうです♪
    こちらのご主人、長く神田まつやさんで働いていらっしゃったので・・・。
    酒で打つ太打ち、私も初めてでしたが、風味もよく、よかったです!
    あ、きっと・・・
    予約しなくちゃ、ならないかも。。。
    2008/06/17(火) 10:55:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    半解凍
    これはよいことを聞きました。
    確かにルイベですから、凍らせるのでは
    と思いましたが、
    漬けて、その後開いて凍らせるのですか。
    やってみます。
    半解凍位が美味しそうですね。
    2008/06/16(月) 17:22:42 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    口溶け
    イカのルイベはワタを取り出し墨袋をはずし、普通は醤油と酒と味醂の漬け汁に入れ冷蔵庫で一晩ほど寝かせ、開いた身で巻き上げ凍らせたものだと思います。(ワタと共に大葉等を一緒に巻くところも多いです)
    私は漬け汁に味噌も入れて作りますが、これは濃厚で美味しいですよ。半解凍の状態で口に入れるとワタがネットリと溶けて・・本当に酒がはか行きます。
    夢八さんも一度お試しのほど。
    2008/06/16(月) 13:11:11 | URL | 酔い師 #ZEqp4aRo[編集]
    次から次へ
    いかルイベってどんなものだろうか。

    粗挽きもおいしそうだし、
    このところ、矢継ぎ早に良い店に。

    酒で打つ太打ちもいいですね。
    まつやだと、予約だし、
    yukaさんの次から次への訪問で、
    ↓きょうやもいきたいし、

    行きたいところばかし・・。

    2008/06/16(月) 11:31:38 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    お酒で打つ太いそばは、『まつや』のあの有名なそばですね。
    こちらに行けば、いつでもあるんですね。
    一度食べたい。
    2008/06/16(月) 08:23:25 | URL | juuwarisoba #mQop/nM.[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >